オーガニック

5000円以上の化粧品が実は原価5円程度だったことに愕然。 長く使われているものには深い意味がある。古来から続いてきた天然植物ヘチマであなたの肌は生まれ変わる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cream-621340_960_720

こんにちは。IN YOUオーガニックアドバイザー 佐藤ようこです。
11月も終わり、本格的な冬が始まりますね。

日本の素晴らしさのひとつは四季があることだと思いますが、
寒いのが苦手な私は、「気を引き締めてかからなければ!」と鼻息を荒くする季節です。笑

forest-1818690_640

お肌の悩みはありますか?


四季があることが嬉しい反面、季節によって異なる肌ストレスに悩まされている方は
少なくないのでは?

女性にとって、肌の状態は日々のモチベーションにも関わる重大事項!

春〜夏は紫外線
秋から冬は乾燥
そして、一年を通して、精神的なストレスも。。。

肌を健やかに保つために大事なことって?


badesalz-1620255_640
肌の綺麗な人や、肌の専門家、メイクアップアーティストなど
今まで何人もの講演を聞きましたが
「肌を健やかに保つために大切なことはなんですか?」
という質問に対する答えはみんな同じでした。


それは
クレンジングと保湿
です。

何を塗るかではなく、何を落とすか。

girl-2071564_640
肌の調子が良くないなあ。。。という時。
「何が足りないのかな?もっと美容液?もっとオイル?」と考えがちではないでしょうか?

でも実は、何かをプラスする前に
まずは汚れをしっかり落とせているか?が問題なのです。



もちろん、「しっかり汚れを落とせているか?」を考える際には
クレンジングがどんな材料で作られたものか?

ケミカルか?ナチュラルか?オーガニックか?ということも
しっかりチェック!

クレンジングは肌に不要なものを除去するための行為です。
もしもクレンジング剤自体に、ケミカルなものや肌に悪影響を与えるものが入っていたとしたら
何のためのクレンジングなのか、わからなくなってしまいます。


美肌は保湿が作るという基本。

cream-2664896_640
現代はある意味、乾燥の時代と言えるのでは?

オフィスや電車などに限らず自宅でも、エアコンをはじめとした冷暖房器具を使うことによって、
私たちは1日24時間、1年365日、乾燥にさらされています。

さらには、快適に過ごすためのエアコンが
夏なのに、冷えを作ったり、
冬なのに、汗をかかせたりとかえってストレスを作り出してしまうことも。

そんな環境の中で重要なのが保湿です。
シワもシミもたるみも、保湿をすることで肌の機能を正しく働かせることができれば
ケアは可能なのです。


私たちが健康を維持するために水分が必要なのと、
肌が健康であるために保湿が必要なのは同じことだと言えるかもしれません。

クレンジングと保湿、何を使う?

化学的に合成された成分をふんだんに使った高額な化粧品が
必ずしも、私たちの肌を綺麗にするとは限らない。

cosmetics-2389779_640
食品の安全性を語る際、
「長く食べ続けてきているものが安心」という基準があります。


化粧品も同じではないでしょうか?
昨今は、次から次へと新しい化粧品が開発されますよね。

雑誌やタレント、女優さんとコラボしました、とか
多くの化粧品メーカーでも、毎シーズン新しい化粧品がCMに登場しています。

でも、そんな中には「容器代の方が原材料費よりコストが高い」なんていう
「粗悪品」もあるのが現状!
ある有名メーカーの人気化粧水の話ですが、
店頭に並ぶと5000円の化粧品が、実は原材料費たったの5円と聞いた時は
あまりにも驚いて鳥肌が立ちました。

ちなみに、この化粧品、容器代は50円とのこと!
容器代より安い原材料って一体なんなのでしょう??

perfume-2142824_640
化粧品は、手を変え品を変え、
「こんな高機能な商品ができました!」と宣伝してきますが
私たち人間の体の構造は何千年も変わっていません。


空気も水も昔と比べれば汚れてしまっている現代ですから
環境が変わった分、考慮することがあるのは否めませんが、
化学的に合成された成分をふんだんに使った高額な化粧品が
必ずしも、私たちの肌を綺麗にするとは限らないのです。


食品同様、化粧品も自然派を使いたいと思った。

lavender-blossom-1595581_640
ここ数年、オーガニックの人気はどんどんあがっていますが、
それは、食品に限らず、雑貨や化粧品も同様。
オーガニックの化粧品やおしゃれな石鹸を扱うお店も、どんどん増えています。

一方で、従来型の大手化粧品メーカーなどは
「〇〇成分配合でシミが消えます」「△△がハリを与えます!」とたくさんのCMを流しています。
もしかしたら、そんん宣伝文句にワクワクすることもあるかもしれませんね。

でも、安全性や信頼ということを考えると「昔ながらの物」に対する安心感は決してないがしろにできないものです。

乾燥や紫外線など、肌に過酷な環境を甘んじて受け入れざるを得ない現代は
敏感肌など、肌の状態が万全でない方も多いため、「昔ながらの安心」の重要性は高いと言えるのではないでしょうか。

昔ながらのヘチマ水がすごい。


数々のコスメメーカーの戦略に踊らされる現代人。

でも本質的なことを知りたいなら、昔の人たちの知恵を知ると、良いかもしれません。

実は最近、ヘチマが話題だということを知りました。

plant-2703098_640
ヘチマ水ってご存知ですか?

ヘチマの茎から滴る液体だけを集め、薄めたりせずに
低温で加熱殺菌と濾過のみをした、100%天然のエキスなんです。

INYOUでも話題になったヘチマ水はこちら。これぞ天然100%のものしかも無農薬!


1013205531_59e0a9b3d9fad
最近は市販品でもヘチマ水を見るようになりましたが、

ほとんどは、栽培過程での農薬や除草剤の有無が不明だったり
ケミカルな添加物を使ったり、薄められていたりするもの。


せっかくの貴重なヘチマ水も、栽培方法や加工方法にこだわらなければ
化学合成された化粧品となんら変わりありませんから勿体無い。


せっかくの自然の恵みなら、ちゃんとこだわったヘチマ水を使いたいですよね。

ヘチマ水、普通の化粧品と比べてなんだか頼りない?
いえいえ!サラサラなのに使ってびっくりの高品質。

ヘチマ水
実は、ヘチマ水は化粧水としての用途だけでなく、
民間療法として、咳止めやむくみ、利尿作用のある飲み薬としても使われていたのだとか。

合成の石油由来コスメに慣れた私たちは自然の化粧品を使うと「うーんこれって効果あるの?」と思ってしまいます。

でも、お肌が不自然にしっとりしたり、お肌がもちもちしているように見えるのは
合成された成分の効果だと思ったら・・物足りないくらいがちょうどいいのかもしれません。

ヘチマは、塗り薬としては、あせも、ひび、あかぎれに効くそうですから、
化粧水としての効果も期待できるのがよくわかりますね!
日焼け後の手当てにも使われたということですから、夏のお手入れにも心強い味方になりそうです。


「自然」って、こういうことなんだ。

girl-2169467_640
私がヘチマの水を使ってみた感想は「思った以上にサラサラ!!」
そう。今まで使ったことのあるどんな化粧水よりもサラサラなんです。

アラフィフに近づくにつれ、肌の乾燥を感じるようになり
「化粧水は、ねっとり系でないと!」と思っていた私にとってこのサラサラ感は、正直「潤いが足りないかも」と思うほど。

でも、不思議なんです。

サラサラだけど、それは「潤いが足りない」とは一線を画す感覚!
ヘチマ水と比べると、それまで使っていた化粧水がいかにベタつくかを感じます。


しかも、「こんなにサラサラだと昼間にカサつくかな」と思いきや、
一日エアコンの効いた部屋にいても、カサカサになることはありませんでした。
これこそ、植物の力ということなのでしょうね。

このヘチマ水を使った方々、どうやら同じような感想を持つ方が多いようで、
「お安いので、大して期待せずに使い始めましたが、不思議なくらいに馴染みました!」
「乾燥肌なので、ねっとり系の化粧水ばかり使ってきましたが、これが今までで一番保湿される!」
という声がたくさんあるようです。

ヘチマの石鹸もあるらしい

bad-1253889_640
IN YOUマーケットを覗くと、ヘチマ水だけでななく石鹸もあるみたいです。

天然保湿成分のグリセリンを残すことができる「ケン化法」によって、手間暇かけて作られていて、石鹸純度は99%。
もちろん、肌に刺激となるものは一切含んでいない。
お顔も、体も、赤ちゃんも、みんなこの1つでOK!

そもそも、大人には使えて赤ちゃんには使えないコスメって本当にいいものなんだろうか、と疑問に思いたくなります。

ナチュラルなことはシンプルなこと

model-1955513_640
現代はとても便利な時代です。
様々な専用グッズがあり、石鹸ひとつ取っても、洗顔用に赤ちゃん用に、、、と
枚挙にいとまがありません。

でも「便利」の中には「本当にそれ、必要なの??」と思うものも、たくさんありませんか?

本当は一つのものを多用途に使うことができる方が
少ないもので豊かに暮らせる、ということに多くの人が気付き始めています。

断捨離などの「捨てる技術」に関する関心が高まっているのは

そんな気持ちの表れなのではないでしょうか?


ヘチマグッズが、洗顔用から赤ちゃん用まで使えるように、
「本物のナチュラル」は、人間にも環境にも優しいもの。

20世紀は物を持つことで豊かさを実感した時代でしたが、21世紀は心の世紀と言われています。

ヘルスコンシャスなライフスタイルは、そんな心の世紀を実現するのに最適なのかもしれません。


人間にも環境にも優しい「ヘチマコスメ」をチェック!

1013205532_59e0a9b41f810
農薬や化学肥料を使わずに
北アルプス立山連峰の雪解け水に育まれた元気なへちまから作ったへちまスキンローション。
たい肥などの有機肥料による土作りを行い、除草剤などの農薬も一切使用していません。
合成保存料や合成香料などの指定表示成分が含まれないのはもちろん、原材料はへちまだけだから敏感肌の方も安心してつけられます。

IN YOUマーケットでは、あなたのライフスタイルを豊かにし、心を満たしてくれる
高品質で温かな心が込められた商品がいっぱいです!

IN YOUマーケットの扉を開いて、心の世紀に一歩踏み出してみませんか?
私たち、IN YOUのスタッフは首を長くしてお待ちしていますよ!


オススメ記事

誰の体にも必ず備わっているホメオスタシス。良く耳にするけれど何のこと?ホメオスタシスが正常に機能しなくなる3つの原因と表れやすい不調

あなたの生活が2世代先の子孫の健康まで左右する!あらゆる不調を招く重金属有害ミネラルを体に蓄積しないために今すぐできるデトックス方法


水銀・有害物質・添加物が不安?市販ツナ缶の中身を調べてみました!手作りで無添加ツナマヨを作ってみよう。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

yokosato
フードスタイルコンサルタント ファスティング指導・料理教室主催。 自宅出産、完全母乳育児、子供の大病などの経験から「食べ物が体を作る」 ことを身を以て知る。 ファスティングによって10kgのウェイトダウンに成功したことで デトックスと食の知識を伝える活動をスタート。 福島県福島市在住。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 冬至に取り入れたい冬の養生法を教えます。最も「陰」パワーが極まる…
  2. rice-1451575_960_720 白米は体に悪い?我が家の食卓から白米を追い出したい方必見!夫や彼…
  3. Unicode この冬は風邪をひきたくないあなたへ。『東洋医学』&『マクロビオテ…
  4. yoga-1146280_960_720 (1) 医療機関や代替治療でも注目を浴びるヨガの新たな可能性。初めての方…
  5. watermelon-932748_960_720 体の中からできる紫外線対策。食べる日焼け止め「すいか」を使った美…
  6. もう無駄にしない!余ったカレーの意外なアレンジ法・リメイクレシピ…
  7. 19113086_10154526528376302_1473405381_n 夏こそカラダは冷えています。低体温体質から抜け出すためのおすすめ…
  8. legs-194676_960_720 夕方からのむくみは水毒が原因かも。身近なアイテムでできる東洋医学…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 池田 歩
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • yuriesasaki
  • 煙山 昭子
  • haruna
  • 工藤 万季
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • lelien
  • 加藤 晴之
  • yokosato
  • 桺町 瑠璃
  • クレイトンまき
  • 室谷 真由美
  • ゆみえこば
  • riko tanaka
  • Mint
  • うちゅう
  • 霜崎 ひろみ
  • yumi
  • 加藤 貴大
  • 横田 浩
  • Mao
  • 佐藤いづみ
  • 坂田 まこと
  • 永樂茶百合
  • 足立 由紀子
  • AKIKO MIYAKAWA
  • akemi
  • AYANO
  • 東條 由美子
  • jyuan
  • MARIE
  • yoshi.fukusawa
  • 高根 佳子
  • hata ikue
  • 深井ゆきえ
  • yukiko
  • ami iwasaki
  • 山﨑 拓
  • arikawatoshiko
  • 結緒織
  • 山口 りりこ

カテゴリー

PAGE TOP