お悩み別

冬の痒みは乾燥肌だけが原因ではなかった。肌に軽く触れていただけなのに!あなたの着ているその「化学繊維」が知らないうちに引き起こす意外な肌トラブル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dresses-53319_960_720

そのかゆみの原因は本当に乾燥だけ?

こんにちは。安室です。

今回は昨年発症した“アレルギー”についてお伝えします。
大人でもなってしまうこのアレルギー。

日に日に寒さも厳しくなり空気もだいぶ乾燥してきました。
空気が乾燥すると私たちの肌も乾燥して、カサカサしたりかゆくなったりしてかき傷が出来てしまっているかたもいるのではないでしょうか。

肌の弱い子供に多いのだとか。

乾燥
しかしそのかゆみ、実は乾燥だけが原因なのではないかもしれません!

保湿・スキンケアで対策をしてもなかなかかゆみが消えない場合は何を疑いますか?

oil-3006588_640
カサカサになってかゆくなった肌は乾燥が原因と考える方が多いと思います。

乾燥で肌が痒くなって赤くなってしまったり引っかき傷で血だらけになってしまっても、おそらく一般的な医療施設のほとんどでは、「季節性の乾燥からくる痒みですね」と言われることでしょう。

そんな時はまず肌を乾燥から守るために、オイルを塗るなどの保湿などのお手入れをしてみて、
しかし、それでもまったくかゆみが消えない場合は、もしかするとアレが原因かもしれません。

保湿

では、一体何を疑うべきなのでしょうか?


肌に触れているものといえば?

私たちの肌に毎日触れているものといえば・・・洋服です!

服
私は特に乾燥肌というわけではありませんでしたが、ある日、「あれ?かゆい!もしかすると無意識のうちにかいていたかも!」と思うようになりました。
ひどい時はじんましんのように、皮膚がミミズ腫れのようになっていて、症状は日に日に悪化していきました。

そして、さっそく気がついたその日から何が原因か探し始めました。


食べ物や化粧品など、色々な原因が考えられます。
私は色々な原因を一つずつ洗い出していきました。

そして、その原因のひとつに、“洋服の素材”が浮かび上がりました。

私の場合は、ちょうど今のような寒い季節に、
化学繊維で作られた冬用の温かいインナーを着ていたことにより、かゆさや炎症が増したので「・・・・・もしかすると」と思ってやめてみたところ、その効果には、驚きました。

私が着ていた服の素材。

その素材とは“化学繊維”です。


化学繊維って?肌にはどう影響するの?

closet-912694_640
私たちが着ている服の多くは化学繊維でできています。

そもそも化学繊維とはどのようなものなのでしょうか?
化学繊維には大きく分けて再生繊維と合成繊維の2種類があります。

再生繊維は植物の成分から作られています。
繊維のもとになる“セルロース”という物質を取り出し、これを薬品で溶かし、無数の細い穴から押し出して繊維にします。レーヨンなどがこれにあたります。

合成繊維は石油から作られています。

石油
石油の成分から繊維の成分のもとになる物質を取り出し、
それにたくさんの化学物質を何百万個とつなぎ合わせて、混ぜ溶かしながら、レーヨンと同様に無数の細いところから押し出して出来上がります。

ナイロンアクリルポリエステルなどがこれにあたります。
ポリエステルは“ポリエチレンテレフタレート”と言い、よく聞く「PET(ペット)」と略されています。
つまり衣料に使われているポリエステルはペットボトルと同じ原料ということです。

なんだか意外ですね。

ペットボトル
近年は汗を吸収して発熱するように工夫された“吸湿発熱繊維”というのも販売され、化学繊維が主流になってきています。
この“吸湿発熱繊維”は寒い季節には重宝しているかたも多いかと思います。

この温かくて、洗濯してもすぐ乾き、お手入れもラクな化学繊維でできたインナーや洋服はとても便利。

しかし、これらの化学繊維がなぜ肌トラブルを起こすのでしょうか?

その原因は化学繊維の特徴である“速乾性”にありました。

shopping-606993_960_720
どの繊維もある程度の水分を大気中から吸収して含んでいますが、繊維の種類によって吸収する水分の量は違います。
合成繊維は水分の量が極めて低く、それに比べてコットンやシルク、麻やウールなどの天然繊維は高くなっています。

この水分の割合は公定水分率というものであらわされているので、よく使われている繊維をいくつか比べてみましょう。

公定水分率が低い方から並べてみます。


ポリエステル  0.4%
アクリル    2.0%
ナイロン    4.5%
コットン    8.5%
レーヨン    11.0%
シルク     11.0%
麻       12.0%
ウール     15.0%


(引用:日本化学繊維協会 http://www.kaizenken.jp/db/chap1/data1_1/3_property/1_1_3_1.pdf

合成化繊ポリエステル0.4%、アクリル2.0%に対し、この時期に着る機会の多い天然繊維のコットンは8.5%ウールに関しては15%と水分含有量に大きく差があります。

これだけを聞いてもピンときませんが、例えば“湿度”で考えてみると分かりやすいかもしれません。

湿度が低いと空気が乾燥して私たちの肌も水分を奪われてカサカサになります。
逆に湿度が高いと肌もジメっとしてきます。

つまり、湿度が低い状態が合成繊維のような公定水分率の低い水分を保持しにくいもので、
湿度が高い状態がそれぞれの繊維の公定水分率をオーバーした時にあたります。

最適な湿度の状態がこの公定水分率の値です。
乾燥する季節に公定水分率が最も高いウールを着るのは実はとても理にかなっているのです。

水分

肌トラブルの原因は化学繊維の速乾性が大きな要因の一つ

tshirt-2428521_960_720
さて、ここで本題に戻ります。
肌トラブルの原因は化学繊維の特徴である“速乾性”であると先述しました。

それはこの水分を保つことが出来ない公定水分率の低い繊維が、
体表から蒸発した水分や肌に含まれている水分を奪ってしまっていることが原因だったのです!

自分の家にある洋服を全て天然繊維のものに変えてみた結果・・・・

天然繊維の底ヂカラは化学繊維以上でした!

コットン
化学繊維が肌の水分を奪うということを知ってから、持っている化学繊維の洋服を全て天然繊維のものに変えてみました。

天然繊維の洋服を着ている時は、なんとまったくかゆみもかぶれも出なくなったのです!

天然繊維のチカラはすごいです。


良かれと思って温かいインナーを着ていただけなのに、
知らないうちに“化学繊維アレルギー”を発症していたのでした!

天然繊維のものは肌に優しいだけでなく、肌ざわりも良いので、一度着始めると手放せなくなります。
仕事で化学繊維の洋服を着る時は、その下に必ずコットンなどを着て、化学繊維が肌に触れないようにしています。

これだけでも全然違います!


また、今の季節のように寒い時期は、

公定水分率の高いコットンやシルクをインナーにすると、化学繊維で作られたものとは比べ物にならないほどとても温かいのです!
もともとの肌質が乾燥肌のかたは、水分含有率の高いシルクのインナーを1番内側にして、その上にコットンやウールを重ねる着かたが乾燥対策、寒さ対策になりオススメです。

天然素材インナー

知らないうちに発症しがちな、化学繊維アレルギーになるまえに・・・

sink-1913458_960_720
化学繊維アレルギーは私のように気がつかないうちに発症していることが多いです。
そのため、単なる乾燥肌と思ってしまいがちですが、ひどくなると洋服だけでなく寝具など肌に触るもの全てから症状がでてきます。

ですので、少しでもかゆさが続いたら食べ物以外だと、化学繊維アレルギーを疑ってみてもいいかもしれません。

ハート
また、洋服のタグに「綿100%」と記載がされていても、その衣類の総重量の5%以下であれば
化学繊維などが混ざっていてもそのように表示ができるので、気にしながら選びたいところです。

人間も自然界の一部です。

天然の自然から生まれたものを感謝しながら使用し、環境にももちろん肌にも優しく共存していけると良いですね。

IN YOUMarketで天然繊維の洋服を買ってみよう!

1219141014_5a389f36b1e68
ご紹介するこのウールインナーは
ウールの中でも細くてなめらなニュージーランド産の最高品質の原毛”メリノウール”を使用しています。

ニュージーランドの広大で自然が育んだ牧草地帯は
大地の起伏があり、適度な降雨もある事から牧羊環境としては
生産の大半を締めているオーストラリアよりも適しており 良質な”メリノウール”を産出するといわれています。

オーガニックな環境でのびのび育った羊によって 良質で極細の原毛となり
ウールの中でもより刺激の少ない上質な着心地を実感していただけますよ。

オススメの記事

いまだ日本国内で使われ続けるネオニコチノイド系農薬 安全神話の崩壊と、いつ誰に発症するか分からない化学物質過敏症。

もう柔軟剤は使わない!洗濯物をケミカル柔軟剤や、危険な化学物質なしで安全にふわふわにする裏技テクニック

人工的な香りから化学物質過敏症を発症し、人生を狂わされた人の事例をご紹介します。人工的に作られた「いいニオイ」の正体。香りがある日突然人生を狂わせてしまうかも。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

安室 和代
整体師・ライターとして活動しています。体質改善のためにマクロビオティックや薬膳を始め、東洋医学や自然療法の学びを深めるようになりました。 今では施術数約8000件以上もの臨床経験を基にお身体のケアだけでなく食事や生活スタイルも含めた健康管理のサポートや健康系のイベントの企画・制作・運営等も手がけています。“みなさまの毎日に健康とワクワクを!”提供中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. DSC_2331 噂のシリコンバレー式「完全無欠コーヒー」をヴィーガンの人でも飲め…
  2. nectarine-1074997_960_720 毎日食べている野菜と果物に含まれる危険な残留農薬量ランキング ワ…
  3. feet-49032_960_720 私が出会った究極の「五本指ソックス 健康法」を始めてから身体が変…
  4. IMG_3562 デトックス・ヴィーガン生春巻きの作り方。デトックスキノコ『タモギ…
  5. strawberry-82529_960_720 残留農薬 第1位の果実「苺」。甘い味に隠された恐ろしい農薬の実態…
  6. 元organicadviser.001 8/18 夏に輝くおとな女子へ!これで夏のデトックスは完璧。超豪…
  7. 630_420C 糖質は、制限でなく「選択」を。時短・節約・お手軽!身も心も元気に…
  8. 臨床経験から思う、患者の生死を決める理由とサバイバーの特徴とは。…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 越野美樹
  • 佐野亜衣子
  • 松永加奈恵
  • 工藤 万季
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • うちゅう
  • riko tanaka
  • lelien
  • 河口あすか
  • yuriesasaki
  • 煙山 昭子
  • 池田 歩
  • yokosato
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • 福原真一郎
  • ZuYu
  • 霜崎 ひろみ
  • 桺町 瑠璃
  • haruna
  • hata ikue
  • 永樂茶百合
  • 中村 りえ
  • ayukotaniguchi
  • Akitsu Kitahara
  • Kawasaki Mariko
  • 柳千妃路
  • amikuwamura
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • mamiko
  • 滝野 清
  • 加藤 晴之
  • 井村 政子
  • MARIE
  • みずしま さちの
  • YoshiAraki
  • 古村優里
  • Kayo
  • ゆみえこば
  • AYANO
  • 加藤 貴大
  • 山﨑 拓
  • 柳原 里実
  • UharaRisa
  • 室谷 真由美
  • 森智世
  • 山口 りりこ
  • 小西 尚子
  • Ayako Endo
  • 豊池 晃
  • 清岡 美音
  • arikawatoshiko
  • 深井ゆきえ
  • 薬膳 ともこ
  • 坂の上零
  • keiko nakagawara
  • 栞
  • joko
  • 袴田 はるか
  • 鈴木 こなみ
  • yumi
  • 小泉 沙耶
  • jyuan
  • 坂田 まこと
  • 佐藤いづみ
  • Mao
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 関塚 祥子
  • 大矢 純子
  • 佐々木 里奈
  • akemi
  • みふすや
  • ami iwasaki
  • InayoshiKyoko
  • 桜桃
  • 由香
  • ネヤトネヤ
  • 平野浩靖
  • 阿南 まどか
  • 水鳥川崇春
  • Ninomiya Koji
  • 三浦 郁惠
  • kana akiyama
  • nana
  • yoko
  • 高根 佳子
  • 細川 夏実
  • 岡田ゆみ
  • yoshimike
  • Nomura Yoshimi
  • ayumifukuda
  • ELINA HARMONY
  • 高波 紗希
  •  肖瑶
  • 神戸 貴子
  • NORIKO
  • suzuki ayuko
  • 日向葵
  • 齊藤幸恵

カテゴリー

PAGE TOP