よみもの

病気の原因の約9割は活性酸素が原因?!活性酸素は身体を錆びさせ、万病を招く一大要因です。活性酸素に負けないために今すぐできるアンチエイジング対策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
15455148839_f5b8bff34d_b

若く、健康でいたい。
みんなが望むことでは無いでしょうか?


engagement-1718244_960_720
大切なのは身体を錆びさせる活性酸素と上手く付き合うことです。


アンチエイジングな生活をするのに避けて通れない活性酸素とは

basket-1644563_960_720
私たちは生きていくために食べ物を食べます。
食べ物から栄養を摂り、エネルギーに変えて私たちは生活しています。
この栄養をエネルギーに変えるときに酸素を燃焼させます。

この際に大体の酸素は水になります。
その酸素の一部は変化して活性酸素になります。

活性酸素って実際どんなもの?

kid-1241817_960_720
体内では1日約60ℓ活性酸素ができていると言われています。
その中で身体に有害とされる悪玉の活性酸素は0.1%程度です。

あとは身体にとって必要な働きをしてくれます。

活性酸素の良い影響

活性酸素は私たちの身体に侵入してくる細菌やウイルスなどから身体を守ってくれます。
活性酸素は人間の免疫機能に欠かせない働きをしてくれます。

活性酸素の悪い影響

活性酸素は身体の正常な細胞や組織にも作用します。
本来必要なものを溶かしたり、酸化させてしまうため悪影響を及ぼします。

アンチエイジングの大敵の酸化って何?

酸化とは


酸化(oxidation)
物質が酸素と反応して酸化物となること。
もしくはある物質から水素が奪われる反応。

と定義されています。

apple-661726_960_720
リンゴをむいておいておくと茶色くなってしまったことは無いでしょうか?
女性であればアメピンをお風呂場に置いておいてさびてしまったことはないでしょうか?

それがいわゆる酸化です。
これと同じ現象が身体の中で起きているのです。

病気の原因の90%は活性酸素が原因

cold-1947995_960_720
90%の降水確率と天気予報ででていたら傘は持っていきますか?
多くの人は持っていくと答えるでしょう。

実は病気の90%は活性酸素が原因と言われています。


しかし病気の90%が活性酸素が作っているという事実があっても、
予防と言う名の傘をさしている人は現状ほとんどいないでしょう。
ここを予防するかしないかで、将来の身体はがらっと変わってきます。

活性酸素から身体を守るためには

そもそも活性酸素は何からできるのでしょうか?

people-2592247_960_720
1.タバコ
2.化学物質
3.肥満
4.不規則な生活
5.激しい運動
6.紫外線
7.電磁波
9.ストレス
10.アルコール
11.食品添加物
12.排気ガス


活性酸素はありとあらゆるものからできています。
今多くの人が持っているスマートフォンなども電磁波を出すので活性酸素の発生の原因となっています。

外を歩けば強い紫外線にあたり、排気ガスを吸う。
現代社会で生きているだけで活性酸素を発生させる生活をしているということなんですね。

なぜ活性酸素が病気の原因になるの?

blood-1813410_960_720
活性酸素単独では病気にはなりません。
身体の様々なものと反応することで病気を引き起こします。

例えば動脈硬化を例に挙げてみましょう。

1.LDLコレステロール(悪玉コレステロール)増える
2.活性酸素と結びつくことで酸化LDLコレステロールとなる
3・酸化LDLが血管壁に入り、泡沫細胞をつくる
4.泡抹細胞が増殖し、血管を塞ぐ
5.動脈硬化が起こる


こうやってできた動脈硬化は心筋梗塞や脳卒中の原因となります
このようにして活性酸素は次々に病気を引き起こしていくのです


血圧を下げるために運動、減塩。
コレステロールを下げるために食事制限。
これももちろん大切です。

そこにさらに活性酸素を減らすというのも健康のために効果的でなので是非生活に取り入れて欲しいですね。

活性酸素ってどんなものがあるの?



・スーパーオキシド
このままの状態だとあまり身体に毒性はない。
体内で多く発生する活性酸素

・過酸化水素
オキシドールとも呼ばれる消毒剤になる
酸化力はあまり強くない

・ヒドロキシルラジカル
活性酸素の中で酸化力が一番強い
生活習慣病や老化を引き起こす最大の原因

・一重項酸素
酸化力が強い
紫外線により発しやすい

にわけられます。
この身体に害があり、酸化力が強いものを減らしていく生活をするのが健康で若々しく生きていくのに必要なのです。

活性酸素に負けないライフスタイルとは

mediterranean-cuisine-2378758_960_720
現代社会は活性酸素を発生させるもので囲まれています。
そのなかで活性酸素を発生させないこと、活性酸素を除去するものをとることで対処していくことが大切です。

活性酸素に打ち勝つビタミン類

ビタミンA、C、Eはビタミンエースと呼ばれ抗酸化物質としては代表的な物質です。

ビタミンA

colorful-carrots-3440368_960_720
緑黄色野菜に多く含まれます。
新鮮な、色の濃い野菜ほどこの栄養素は多く含まれています。
油と一緒に摂ることで吸収率が上がるので、天然の良い油で調理して効果をアップさせましょう。

ビタミンC

sunset-675847_960_720
体内で作ることのできないビタミンの1つです。
15世紀から17世紀にかけて流行した壊血病の原因の栄養素です。
海上では野菜や果物が十分に取れないため、ビタミンCが不足します。
それにより皮膚や粘膜から出血し、脱力感、鈍痛が悪化してきて死に至るというものです。

抗酸化力が非常に強いのですが、身体に蓄積ができず必要量以上は尿から排出されてしまいます。
熱にも弱いので調理にも注意が必要です。

● IN YOUも推薦のビタミンC


ビタミンE

almonds-1768792_960_720
抗酸化が強いのが特徴。細胞は脂質でできていますが、その酸化も抑えてくれます。
ナッツや植物性の油に多く含まれています。
その酸化力から日焼け後に食べることによって新陳代謝を活発にさせ、日焼けのダメージを回復させることもできます。

他にもまだまだある抗酸化物質

ビタミン類は抗酸化物質として優秀ですが、それ以外にも抗酸化力のあるものはたくさんあります。

水素

air-bubbles-230014_960_720
水素は身体に悪影響のあるヒドロキシルラジカルのみに反応する抗酸化物質としては優秀なものです。
水、カプセル、吸入などで目にすることができます。
しかし依然ニュースになったようにきちんとした水素量が入っていないものも多く出回っているのも事実です
選ぶときには正しいものを選ぶように注意してください。

コエンザイムQ10

brothers-457237_960_720
コエンザイムは20歳くらいを境に年齢と共に徐々に体内から減ってきてしまう抗酸化物質です。
アンチエイジングやエネルギー産生にも効果があるので有名な物質の一つでしょう。
肉、魚、ナッツ、野菜などに多く含まれています。

ポリフェノール

two-types-of-wine-1761613_960_720
多くの食品に含まれている色素の成分です。
抗酸化物質として活性酸素の除去作用も強いのですが、アルツハイマー型認知症の原因物質の除去作用もある物質です。
有名なものだと赤ワインのポリフェノールやチョコレートのカカオポリフェノールなどがあります。
大豆イソフラボンなども有名ですが、実はポリフェノールの一種です。

活性酸素を発生させない生活

活性酸素は普通に生きているとどこでも発生する可能性があります。
避けられるもの、避けられないものがありますができるだけ回避していくほうが錆びない身体作りには必要です。


みんな持っている携帯電話も活性酸素の原因!

girl-1245713_960_720
今携帯を持っていない人はほとんどいないと言っても過言ではないでしょう。
その多くはスマートフォンになってきていると思います。
このスマートフォンの電磁波は体内で活性酸素を発生をさせる働きをします。


そのためフランスを筆頭に様々な国でスマートフォンを制限する政策をとっています。
特に小児や妊婦は注意は必要です。
16歳以下はスマートフォンの使用が制限されていたり、おなかの付近に電磁波が当たらないようにするなどの注意が喚起されています。
日本ではまだこの制限はあまり騒がれていませんが今一度使い方を考えてもいいかもしれませんね。

えっ運動も!? 活性酸素の発生を促進する激しい運動

sport-2250970_960_720
激しい運動は活性酸素を発生させます。
身体のためを思ってやった運動が逆に身体をさび付かせることもあります。

もしその様な強度の高い運動をしなくてもいいのであれば、強度を下げた運動に切り替えて行うのも良いですね。
どうしても避けられないものであれば、抗酸化物質を取りながら運動するのもいいかもしれませんね。

紫外線

woman-591576_960_720
通勤していても、室内にいても避けられないのが紫外線です。
実際に肌老化の原因の80%は紫外線といわれるほど紫外線による酸化は大きいです。
曇りの日でも、真夏でなくても一年中紫外線対策はしておくのが良いでしょう。
目からも紫外線は入ってくるのでサングラス等の使用もお忘れなく。

食品添加物

packed-korea-1509130_960_720
現代人は忙しくてついつい既製品の食事で済ましてしまうことも多いでしょう。
しかし既製品は食品添加物が多く含まれているものも多いです。

お腹は満たさせるかもしれませんが、それによって発生した活性酸素で身体は傷ついているかもしれません。
たまには自分のために時間を使って、オーガニックな食材買ってゆっくり料理をしてみるのも良いのではないでしょうか。

錆びない生活をするために・・・

little-girl-2516582_960_720
現代社会で生きていると、どうしても避けられない活性酸素もあります。
しかし工夫次第で回避できるものも多いのです。

多くの病気の原因となるのでなるべく活性酸素を発生するものを避けて生活するのが健康の近道です。

活性酸素との戦いは毎日のことなので、活性酸素とは無縁な生活を習慣つけていきたいですね。
全ての人の毎日がアンチエイジングで健康な生活になりますように。


活性酸素除去対策に。オーガニック抗酸化対策パウダー。スプーン1杯で1日に必要な【野菜果物に含むORACの量】に相当。

0621181614_5b2b6cde1a968

・身体の内側から若々しく!強力な抗酸化作用をもつ9種類の果物、ナッツがたっぷり。新鮮なフルーツの栄養素と酵素を凝縮。
・手の平8杯分の野菜と果物に含まれるアンチ・オキシダントの量に相当!小さじ1杯でORAC4000に相当。
・カラダの酸化は様々な病気を引き起こします。抗酸化物質を効率よく摂取し、様々な病気からカラダを守りましょう。
・抗酸化の美容効果で健康的な美しさを目指しましょう。カラダの中から若々しく。サビないカラダへ。

●アンチオキシダント スーパーフード
ACO(Australia Certified Organic)/USDA認定食品

・いつまでも若々しく健康的な美しさを願う方に、ビューティーサポートフードとして。
・喫煙、環境汚染、有毒物質、食生活の偏りが気になる方に。運動をたくさんする方にも。
・ダイエット中の栄養補助食品として。
・豊富な植物成分が毎日の健康と美をサポート!

フリーズドライで凝縮された9つの天然果実成分

・話題のアントシアニンを豊富に含むアサイベリー&ブルーベリー。
・βカロチンやゼアキサンチンの豊富なゴジベリー。
・ポリフェノールたっぷりのオリーブ、ラズベリー、ストロベリー。
・美容サポートにザクロ。
・栄養価に着目したコーヒーの実とカカオが含まれています。


・アンチオキシダント・フードに含まれる成分中の抗酸化物質
ヒドロキシチロゾール、ゼアキサンチン、アルファ&ベータカロチン、ルテイン、リコピン、アントシアニン、クリプトキサンチン、キサントフィル、エピカテキン、ゲルセチン、ブニカラジン&エラグ、クロロゲン、ガリウム、フェルラ&コーヒー酸等


オススメの記事

活性酸素はあらゆる現代病の原因。抗酸化物質ファイトケミカルやビタミンミネラルを摂取して活性酸素を撃退しよう。

万病・老化の原因〝活性酸素〟には体内酵素〝SOD〟が有効?!活性酸素を除去するSODが豊富な食品・飲み物と、若々しく老けない体でいる方法。

あらゆる万病の原因になる活性酸素の発生原因とは?活性酸素を除去するのにオススメな食べ物リスト。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

ざくろジュース

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

古村優里
北海道出身、神奈川在住の薬剤師。大学卒業後は年中無休24時間オープンのハードな病院で最先端の医療を学ぶ。医療の技術は進化しても患者さんが減らないことに疑問を抱く。そこで病気になってからの治療も大切だが、まずは病院に来なくても良い状態を作ることが大切との答えに行き着き予防医療の分野で週末起業。現在はコスメコンシェルジュや、ファイナンシャルプランナーの資格も取得。トータルで幸せな人生を作るサポートをしている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. china-1177660_960_720 死亡者数の多い卵巣がんの主要な症状と、卵巣を健康に保つために日頃…
  2. satoimo 【食養レシピ】シンプルがおいしい!とろける里芋の揚げだし。
  3. 32594324091_678b6f556f_b 漢方が合わない・効かない体質ってあるの?向き不向きがあるって本当…
  4. cereals-1340235_960_720 5人に1人が発症するアトピーとアレルギー。アトピーを完治させた私…
  5. therapist 【今、「体と心のバランスを整えるための食」が見直される時。もう、…
  6. doubt-in-410340_960_720 ガン、アレルギー、鬱病。増えゆく疾患は、日本人の腸内環境が危険な…
  7. strawberry-82529_960_720 残留農薬 第1位の果実「苺」。甘い味に隠された恐ろしい農薬の実態…
  8. spices-389914_960_720 五臓六腑を触って東洋医学的セルフ健康診断!無意識の『感情のクセ』…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • IN YOU 編集部
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 佐野亜衣子
  • 松永加奈恵
  • 工藤 万季
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • うちゅう
  • riko tanaka
  • 河口あすか
  • lelien
  • ZuYu
  • yuriesasaki
  • 前之園知子
  • amikuwamura
  • 煙山 昭子
  • 福原真一郎
  • 松橋佳奈子
  • yokosato
  • 池田 歩
  • 霜崎 ひろみ
  • Kawasaki Mariko
  • 中村 りえ
  • hata ikue
  • Akitsu Kitahara
  • 桺町 瑠璃
  • haruna
  • ayukotaniguchi
  • 永樂茶百合
  • 井村 政子
  • 柳千妃路
  • 滝野 清
  • みずしま さちの
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • mamiko
  • 加藤 晴之
  • 古村優里
  • 柳原 里実
  • MARIE
  • YoshiAraki
  • 清岡 美音
  • 小西 尚子
  • Kayo
  • AYANO
  • 加藤 貴大
  • ゆみえこば
  • UharaRisa
  • 山﨑 拓
  • 室谷 真由美
  • 森智世
  • 山口 りりこ
  • 薬膳 ともこ
  • 坂の上零
  • Ayako Endo
  • 豊池 晃
  • 大矢 純子
  • 深井ゆきえ
  • arikawatoshiko
  • 鈴木 こなみ
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 小泉 沙耶
  • 栞
  • yumi
  • keiko nakagawara
  • jyuan
  • 袴田 はるか
  • joko
  • 佐藤いづみ
  • 神戸 貴子
  • Mao
  • InayoshiKyoko
  • 坂田 まこと
  • LEONA
  • みふすや
  • kana akiyama
  • 野上 きよ
  • kanekoyuka
  • akemi
  • ami iwasaki
  • 関塚 祥子
  • 佐々木 里奈
  • 由香
  • ネヤトネヤ
  • 桜桃
  • 石井ゆかり
  • 三浦 郁惠
  • nana
  • yoko
  • Nanas
  • 平野浩靖
  • 水鳥川崇春
  • 高波 紗希
  • 阿南 まどか
  • 高根 佳子
  • Ninomiya Koji
  • Nomura Yoshimi
  • ELINA HARMONY
  • suzuki ayuko
  • oyue
  • ayumifukuda
  • 藤本まりん
  • NORIKO
  • 池田 純一
  • 齊藤幸恵
  • Jurio Miki
  •  肖瑶
  • 細川 夏実
  • 原田 美穂
  • 瀧島 有
  • 日向葵
  • yoshimike
  • 岡田ゆみ
  • 山片彩乃

カテゴリー

PAGE TOP