お手当法

いっ痛~い!「口内炎」と「歯ぐきの腫れ」の東洋医学から見た原因とは?根本的な原因から知って早く治すために必要な食べ物。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eat-2330850_960_720

こんにちは、望診法指導士、国際薬膳師の霜崎ひろみです。

d691e1c8b0668e5af7e0f2638b3041df_m
次々と花が咲く今日この頃、紅白のハナミズキがきれいに色づきはじめました。
木々が生い茂る春は、冬に溜め込んだものを デトックスするのに良い季節です。

半断食でデトックスするはずが・・・

というわけで、先日、約3日間、野菜や海藻のお味噌汁と玄米を1日2食、
よく噛んでいただくという半断食をしました。

582d53f7ff3c480c0c89b8ae9b7b258a_m
お腹が軽くなると、体の動きが軽くなり、頭もすっきりします。

またいつか、半断食については詳しく書こうと思いますが、
半断食は、いきなり始め、いきなり終わる、ということをすると、かえって体に負担になることがあります。

少し前から、徐々におかずの品数を減らしていき、半断食に入る。
終了後は、徐々におかずの品数を増やし、何日かかけて通常の量に戻していくというようにすると、体には負担がかかりにくいのです。



それがわかっていながら、半断食が明けた翌日の昼、どうしても外せないランチ会があり、
出てきたものを完食してしまいました。しかもデザートまで・・・。

マクロビオティックのお食事だったとはいえ、徐々に戻す時期なのに、
少量にしておかなければならないところを、、、です。

すると、翌朝、、、


翌朝起きると、口の中に違和感が・・・!


奥歯の中(歯ぐき)がうずく感じがしていました。
時間が経つにつれて、ズキズキが増し、お昼に持参したお弁当も、痛くてかめず、残してしまいました。

その後、どんどん痛みが増してきたので、
マクロビオティックのお手当「なすのヘタの黒焼き」を歯ぐきに塗りこみました。


以前、歯ぐきに違和感が起きたときは、これで落ち着いたのですが、
今回は根深かったようで、一瞬回復はするものの、また、逆戻りで痛み出して、結局、歯医者さんのお世話になりました。

「望診法」でセルフチェックの結果


体にあらわれる色やその他の特徴で、体の中の状態を予測する「望診法」を、
日々のセルフケアに役立てている私としては、
こういう時、まず、舌を見ます。

すると、舌の真ん中に黄色い苔がうっすらとついていました。
そうこうするうちに、上唇がヒリヒリしてきました。

胃熱舌
「望診法」で考えると、このような舌や、上唇には、共通するキーワードがあります。
それは、「胃」に熱を持っているということ。


舌の中央は、東洋医学で言うところの「脾」「胃」の状態と密接に関わる位置となり、
また、上唇は、「胃」の状態が現れるところなのです。


舌苔の色でわかること

□舌苔が黄色いとき、、、体の中に熱がある

□舌苔が白いとき、、、正常、または冷えている



ヒリヒリ唇でわかること

□体の中に熱がある

□体の中に一定にあるべき水分が損傷されている場合もある



よって、私は、半断食明けにいきなり、量も内容も通常の食事に急に戻したことにより、
「胃」が「熱」を持ってしまったのです。

そして、東洋医学では、「歯ぐきのトラブル」は、多くの場合、
「胃」と関連していると考えるため、「胃」に発生した「熱」が原因で、
歯ぐきにトラブルが起こり、歯が痛み出した、と解釈しました。

それを裏付けるのが、前述の舌の中央の黄色い苔、上唇のヒリヒリです。

「痛い!」口内炎も、口臭も・・・

実は、「胃」に「熱」が生じた時に、起こるトラブルに口内炎があります。
突然、ポツリと口の中に、口内炎ができてしまった、
という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、この「胃熱」は、口臭にもつながるのです!

痛くて、痛くてたまらない「歯ぐきの腫れ」や「口内炎」
を引き起こす「胃熱」は、どんな時に発生するのでしょうか?

a10106556d17bfa118445ad8edf05a12_m

「胃」に「熱」が生じる主な原因とは?

今回私がやってしまったように、「暴食」が一つの原因となります。
それも含めて、考えられる原因をマクロビオティック望診法では、以下のように考えます。

0835b025f2f7d931ae478a0591a56790_m
□暴飲
□暴食
□脂っこいもの、油ものの食べ過ぎ
□砂糖など、糖分の摂りすぎ
など


「胃」に「熱」が生じたらまずやるべきこと

*胃熱を作り出すものをストップする。
×暴飲
×暴食
×脂っこいもの、油ものの食べ過ぎ
×砂糖など、糖分の摂りすぎ
など


どれが多くても、胃が疲れていることは明白です。

まずは、胃をこれ以上疲れさせないようにして、
消化の良いお粥など、水分があって消化の良いものを食べましょう。

熱を冷ますために。

□うがいをする

〇どくだみ茶
〇ハブ茶
〇ビワの葉茶   のうがいがおススメです。

□熱を冷ます食材を中心に献立を立てる



セロリ、苦瓜、きゅうり、ズッキーニ、トマト、豆腐、こんにゃく、スイカ、湯葉、緑茶、金銀花 など
◎食べ過ぎないように腹八分目で。

●このタイプにオススメのオーガニックアイテム: 無農薬の緑茶・煎茶


口内炎のできない体へ

266845

西洋医学でみる口内炎

一般的に、「アフタ性」「カタル性」の口内炎が多く見られます。

アフタ性口内炎

アフタ性の口内炎は、白い膜に覆われた潰瘍のことで、ウイルス、細菌のほか、
ストレスなどが原因となるときもあります

カタル性口内炎

カタル性の口内炎は、口の中の粘膜が赤く腫れ、炎症を起こした状態です。
歯があたるなどして、刺激が加わったり、熱いものを食べて火傷するなどして、
そのあとに細菌が感染して起こります。

その他、ヘルペスや麻疹などのウイルス感染や、カンジダ菌によってできる口内炎もあります。

いずれの場合の対処法として、口内炎用の塗り薬が処方ることが多いですが、その他、うがいをして、口の中を清潔に保ち、疲れやストレスをめない、ビタミンB群を補給するなども挙げられています。

ビタミンB群を多く含む食材
あさり、しじみ、はまぐり、のり、わかめ、かつお、まぐろ、わらび、菜の花、ほうれん草、からし菜、納豆、枝豆、アーモンド、落花生 など

東洋医学で口内炎を予防する


西洋医学からみても、同様のことが言われる部分もありますが、東洋医学でみると、次のようになります。

口内炎ができやすい人が弱い臓器は・・・・・「脾」や「胃」


歯ぐきの腫れや口内炎ができやすい人は、消化器官である「脾」や「胃」の弱い傾向にあります。
また、疲れがたまる、睡眠不足の人、体が弱い人も口内炎を起こしやすくなります。
体力を損傷しないように心掛け、消化器官を強くしましょう。

消化器官「脾」「胃」を強くする
□食べ過ぎない
□水分も多く摂りすぎない
□よく噛む


□脾の働きを助ける食材を積極的に取り入れる:
米類、はとむぎ、じゃが芋、山芋、長芋、豆類(大豆など)、カリフラワー、ブロッコリー、
インゲン、なつめ、栗 など  特に、お粥がおすすめ。

●このタイプにオススメのオーガニックアイテム: 無農薬玄米


62038f225671ad36c1386b6bd8319d30_m
とにかく、何を食べても痛い、何もしていなくてもヒリヒリ感があるなど、
口内炎、歯ぐきの腫れは、不快なものです。

しっかり予防し、口内炎ができてしまったときは、最小限に食い止められるように、
取り入れられることをぜひ、お試しください。


余分な熱を冷ますオーガニックな食べ物をご紹介

1 農薬不使用のモリンガサプリメント

1009091742_57f98ca6800f6 純度100%農薬不使用モリンガサプリメント300粒今すぐここをクリック!

2 農薬不使用のモリンガジュース(無糖)

0812183523_598ecbdba6545 糖質ほぼゼロ!職場にも旅行にも持ち運び便利。水や豆乳に溶かしてごくごく飲める自然栽培モリンガドリンク【30本入り】今すぐここをクリック!

オススメの記事

疲れが取れないのには必ず原因がある!東洋医学から見た慢性疲労と臓器の関係と、体の疲れを取る疲労回復方法。

慣れない生活で胃に穴が空く前に!ストレスがたまると真っ先にダメージを受けるのは「肝」。東洋医学から見た今すぐできる食べ物と養生の対策法。

25年間できるのが当たり前だと思っていた口内炎。原因は大好きなパンと麺でした。これならあなたもできる!グルテンフリーならぬ「ゆるテンフリー」生活の始め方。

新常識!うがいは塩水で。風邪予防や口内炎、虫歯にも効果的な「塩うがい」とは。市販のうがい薬は喉の細菌バランスを乱す恐れも。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

霜崎 ひろみ
突然の子宮がん宣告をきっかけに、『毎日の食事で体が作られていたこと』、『ストレスがどんなに体に響いていたかということ』を実感する。『体のこと』、『心のこと』を、マクロビオティックや各種自然療法で学ぶ中、望診法に出合い学びを深める。更に、漢方、薬膳も学び、マクロビオティック上級望診法指導士、国際薬膳師、国際薬膳調理師、漢方上級スタイリスト、養生漢方アドバイザー等の資格を持つ。現在、マクロビオティック望診法指導士養成塾の山村塾http://goash.jp/にて望診法講座講師、東洋医学や薬膳講座の講師、出張講座、食事相談、雑誌やWebの望診記事の監修などを行っている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Sanitary_towels,Sunny_Days(UP_SIDE)アップサイド社製布ナプキン 安価で手軽な紙ナプキンの代償とは?私が布ナプキンに変えてから、体…
  2. fullsizeoutput_147 痩せやすい・太りやすいは遺伝子も関係?!日本人に多い3つの遺伝子…
  3. sport-2264825_640 手軽に取り組める”偽”ウエイトトレーニン…
  4. soy-milk-2084018_960_720 大豆をめぐる混乱。大豆は結局、身体に良いのか悪いのか?海外でも疑…
  5. salt-1884166_960_720 新常識!うがいは塩水で。風邪予防や口内炎、虫歯にも効果的な「塩う…
  6. cheese-steak-629342_960_720 女性の約4人に1人が抱える子宮筋腫。40歳過ぎに筋腫が見つかって…
  7. strawberries-1955280_960_720 アトピー性皮膚炎の症状が、季節の変化によって症状変化するのは何故…
  8. 244051868_624 落ち込みやすい、イライラ、鬱・・この症状がある人の食事のおそるべ…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 越野美樹
  • 佐野亜衣子
  • 松永加奈恵
  • 工藤 万季
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • うちゅう
  • riko tanaka
  • lelien
  • 河口あすか
  • yuriesasaki
  • 煙山 昭子
  • 池田 歩
  • yokosato
  • 前之園知子
  • 福原真一郎
  • ZuYu
  • 松橋佳奈子
  • 霜崎 ひろみ
  • 桺町 瑠璃
  • haruna
  • hata ikue
  • 永樂茶百合
  • ayukotaniguchi
  • Akitsu Kitahara
  • 中村 りえ
  • Kawasaki Mariko
  • 柳千妃路
  • amikuwamura
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • mamiko
  • 滝野 清
  • 加藤 晴之
  • 井村 政子
  • MARIE
  • YoshiAraki
  • みずしま さちの
  • ゆみえこば
  • AYANO
  • 加藤 貴大
  • 古村優里
  • Kayo
  • 柳原 里実
  • UharaRisa
  • 山﨑 拓
  • 室谷 真由美
  • 森智世
  • 山口 りりこ
  • Ayako Endo
  • 小西 尚子
  • 豊池 晃
  • arikawatoshiko
  • 薬膳 ともこ
  • 深井ゆきえ
  • 清岡 美音
  • 袴田 はるか
  • joko
  • 坂の上零
  • 鈴木 こなみ
  • 栞
  • 小泉 沙耶
  • yumi
  • jyuan
  • keiko nakagawara
  • 坂田 まこと
  • 佐藤いづみ
  • Mao
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 関塚 祥子
  • みふすや
  • 佐々木 里奈
  • akemi
  • ami iwasaki
  • 大矢 純子
  • 桜桃
  • 由香
  • ネヤトネヤ
  • InayoshiKyoko
  • Ninomiya Koji
  • 高根 佳子
  • 阿南 まどか
  • kana akiyama
  • 三浦 郁惠
  • nana
  • yoko
  • 水鳥川崇春
  • 平野浩靖
  • 日向葵
  • Nomura Yoshimi
  • ELINA HARMONY
  • 岡田ゆみ
  • 神戸 貴子
  • NORIKO
  • ayumifukuda
  • suzuki ayuko
  • 齊藤幸恵
  •  肖瑶
  • 細川 夏実
  • yoshimike

カテゴリー

PAGE TOP