メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

あなたを無意識にコントロールする子供時代のあなた「インナーチャイルド」。 その束縛を外し、今を楽に生きてみませんか?由井寅子さんにインタビューしました。

ー 自分を追い詰めて、追い詰めて結果、
   追い詰め抜いた結果大病に陥ってしまった。
 
ー どんなにがんばっても満たされない。

ー 自虐グセが止まらない。

ー プライドが高すぎて周りと打ち解けられない。

これらに心当たりがあるあなた。
もしかしたら、インナーチャイルド(幼少期のあなた)に問題を抱えているかもしれません。

今回は、
インナーチャイルド癒し」の啓蒙活動を行われている由井寅子先生に、
現代人が苦しむ心の生きにくさについて、取材して来ました!

インタビューの中では、とらこ先生のインナーチャイルド研究の原点ともなる、
その壮絶な半生も語ってくださいました。

最近話題になる「毒親」問題にも通じるものがあり、
人格形成真っ只中のお子様を持つお母様も必見の内容です。


“むかしながら”が現代の最先端!自然農スタイルを提案する日本豊受自然農



お前はいらない子だから遠慮して生きろ!
「条件付きの愛」のもと育ったとらこ先生の半生



生まれる数ヶ月前にお父様が亡くなられ、
望まれない中生まれたというとらこ先生。

お母様は男尊女卑の考え方の持ち主でもありました。

女はつまらん
女は力がない
女は男並に働けない・・・


なんで私だけ、こんなに苦しいんだろうと、
いつも考えていたといいます。

条件付きの愛で育ったとらこ先生は、
自分を過度に追い込む事で、他者からの愛を求めるようになります。

卒業後就職したTV局では、
皆の嫌がる夜間の中継業務を率先して引受け、
朝方帰る毎日・・・

「私はいらない子じゃないよね?」

それは、幼少期の「条件付きの愛」の呪縛が、
親子関係だけでなく、職場・友人関係にも影響を及ぼしていたからでした。

そんな生活は心身ともにとらこ先生を蝕んで生きました。
難病である潰瘍性大腸炎に罹患した彼女は、2年間の療養生活に入ります。



便器を見れば真っ赤な下血。
立つ事もままならない、
食べても血便として全て出る・・・・


それは絶望的な日々だったと言います。

ホメオパシーとの出会い



そんなとらこ先生を救ったのが、ホメオパシーとの出会いでした。

少し動くだけでも倒れていたような体に、
エネルギーがみなぎってきたのです。

心身ともに健康になったとらこ先生は、TV局には戻らず、
ホメオパシーの勉強を本格的に始めます。

人が生きるとはどういうことか、
自分をいたわるとはどういうことか。

辛い時は「私は夜の中継はできません」と、断っても良かったのだな、
自分を大事にするとはそこなのだな、と。

自分はいらない子じゃない!



ホメオパシーだけでなく、インナーチャイルドの癒しを自分自身に施したのです。
小さい頃の自分を抱きしめたんですね。

そして、イメージの中での母親と対話しました。
そんなある日、いつもは突っぱねるお母さんが抱きしめてくれたのです。


今では生まれ変わり、本当に幸せになりました。



ー自分を癒し自分を許し、
愛してあげる事がいかに大切か。

とらこ先生のインナーチャイルド研究の原点は、
ここにあります。


インナーチャイルドを癒す療法を学ぶコースではなく、
なぜセラピスト育成のためのコースを開いているのですか?



「自分を癒した体験で、一人でも多くの人を救ってほしい。
あなた一人だけで終わらせないでほしい。


このような理由から、療法のみを学ぶコースではなく、
セラピスト育成のコースにしているというとらこ先生。

「インナーチャイルドが犯罪を起こし、競争を起こし、自殺を起こす。」

とらこ先生は、この問題が諸悪の根源だと言います。

「私は、授業や講義で最新の事例をどんどん提供していきます。
みんなが治療家になればいいし、治療しあうのも良いですね。」

コースの紹介はこちら

このコースのオススメポイント

とらこ先生自身がインナーチャイルドの大きな問題を抱えていた



とらこ先生:
かつての私自身が、もう心の傷だらけだったんですね。
生きる意味が分からなかったんですよ。


当時TV局でかなり多忙な日々を過ごしていましたが、
その働く仲間や上司の「ありがとう」という言葉だけが喜びでしたから。

だから本当に「根無し草」というか、
私は何のためで生きてきたんだろう?と、
いつも悩んでいたんですね。

仕事場から家に帰っては、ポロポロと泣いていたのです。
人生をどうやって生きていけばいいかわからないし、
私はなぜこれほど愛されなかったのだろうと。


そして、インナーチャイルドの問題は、
意外な場面にも影響を及ぼしていました。


うまくいかない恋愛にもインナーチャイルドの影響が・・



とらこ先生:
当時私は恋愛が長く続かない事で悩んでいました。
ちゃんとした関係が結べなかったのですね。

この人がまた去るんじゃないか」とか、
この人がまた自分を否定するんじゃないか」とか、
お前なんか取るに足らない存在だと言われるんじゃないか」とか…
いつも構えていたんです。

なぜなら親にそうされてきたから。
でそうするとそこらへんを相手も感じとるんですね。

少し、「君のこういうところが嫌いなんだよ」と言われた時に、
普通なら、笑って「悪いところもあるわよ!」と言えばいいのに、

私完璧にやっている?
私うまくいってる?
私大丈夫?
嫌いじゃない?


・・・こう何度も言われれば、必ず相手は逃げていきます。
だから振られていたんです。


そこで気づいた「自分を一番苦しめていたもの」



そんなうまくいかない人生を送っていた時に、
とらこ先生はある事に気づいたと言います。

一番自分を愛していないのは、私自身


とらこ先生:
それを知った時には、もう驚愕しました。

そうやって自分自身を痛めつける人生を送ってきた結果、
自己免疫疾患ができたわけです。

こういう体験を通して、
世界に類がないインナーチャイルドセラピーをつくりました。
辛酸を嘗め尽くした由井寅子が編み出した「魂の叫び」のインナーチャイルド癒しなんです。

□ 愛されない悲しみが癒えない方々
□ いい人・できる人と思われたくて頑張っている方々
□ プライドや負けたくなくて戦っている方々
□ 自己卑下して死にたいと思っている方々


こういう方は、是非コースに来てください。
フラワーレメディーと、ホメオパシーも学べますよ。


インナーチャイルドセラピスト養成コース公開講座


インナーチャイルドについてもっと知りたい方へ



とらこ先生が問いかける、インナーチャイルドの問題。
気になる方は多いのではないでしょうか?

そんな方に朗報です!




9月からインナーチャイルドの新しい講座が始まりますが、
さらにZENホメオパシーについて、詳しく知りたいという方は、
オープンキャンパスで、
インナーチャイルドやマヤズム、ホメオパシー(脳神経と感覚)から農業総論まで、
とらこ先生の真髄が満載です!

また東京・用賀にある自然農場直営の和・オーガニックレストラン「豊受オーガニクスレストラン」では、

インドの伝統医学のハーブ「ホリーバジル」やアメリカインディアンが最も大切にするハーブ「エキネシア」、
クレオパトラが愛用したハーブ「カレンデュラ」などを発酵させた、生の酵素発酵酢などを使った料理も楽しめますよ! 

イベントに参加できない読者の方にも特別プレゼント


さらに、今回のとらこ先生のインタビュー記事掲載に合わせ、

インナーチャイルド癒しの極意が分かる、
とらこ先生のそのエッセンスの部分の動画が公開されました!!

インナーチャイルドについて詳しく知りたい方は
必見の動画です!


インナーチャイルド癒しを含めたとらこ先生のZENホメオパシーの魅力を知りたい方は、

ホメオパシー統合医療専門学校CHhom公式サイトを、
ホメオパシーについてはこちらの動画をご覧ください。


インナーチャイルドセラピスト養成コース公開講座


とらこ先生のインナーチャイルド&ホメオパシー入門DVDプレゼント希望の方は、
こちらもご覧ください。

インナーチャイルド/ホメオパシーについて徹底的に学ぼう!
ライブ・オープンキャンパスがこれから始まります!



9月7日(土) 【東京ライブ・全国中継】

インナーチャイルドセラピスト養成コース オープンキャンパス

⭐︎ オープンキャンパス(参加無料)に参加いただくと、
 とらこ先生 最新DVD「お彼岸とインナーチャイルド」(1080円)のDVDをプレゼント!


その他 とらこ先生にライブで会えるイベント
9/10(日)【品川】マイナビ農業NEXT AGRI PROJECT
“むかしながら”が現代の最先端!自然農スタイルを提案する日本豊受自然農

以下のイベント IN YOUジャーナル購読者と申込時に記載いただくと
 とらこ先生 最新DVD「信仰心を目覚めさせ幸せに生きる」のDVDをプレゼント!


9/15(日)【大阪】とらこ先生 ライブ講演会

「信仰心を目覚めさせ幸せに生きる2」

9/16(月・祝)【島根/松江】とらこ先生 ライブ講演会

「信仰心を目覚めさせ幸せに生きる2」

10/13(日)【福井】とらこ先生 ライブ講演会

「信仰心を目覚めさせ幸せに生きる2」

10/14(月・祝)【金沢】とらこ先生 ライブ講演会

「信仰心を目覚めさせ幸せに生きる2」

番外編 10/20(日)【静岡函南 豊受自然農園】

とらこ先生と行く!『豊受自然農 秋の収穫祭』


編集後記



とらこ先生のホメオパシー統合医療専門学校
名前に冠されているホメオパシーだけでなく、
インナーチャイルド自然農法など、統合的な内容が学べる学校でした!

自分を許し、自分を愛そう。
自分自身を癒す人ができる人は人を癒す事ができる。

インナーチャイルド癒しは、
私自身の実体験から生みだされた、
心と体と魂に浸透する、
これまでにないインナーチャイルドセラピスト養成コースです。

自らの命を輝かせ、
喜びを持ってこの人生を生き抜いて欲しいと願ってやみません。

CHhom学長 由井寅子



由井 寅子さんプロフィール


日本ホメオパシー医学協会(JPHMA) 名誉会長
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHHOM) 学長

愛媛の農家出身。東日本大震災被災地訪問がきっかけで農業法人日本豊受自然農を設立し、農業に本格参入。
在来種の自然な種子、土壌菌を大切にする土づくりを重視し、
農薬、化学肥料不使用の自然型農業を実践し静岡と北海道の農場で300種以上の在来種農作物を栽培する。

六次産業化で畑から自然化粧品、加工食品など100種以上を製造し、
東京・用賀で和&オーガニックの農場直営レストランやショップ事業なども自前で展開。

好きな言葉「迷ったら自然に戻ろう」
また、難病大国日本で、発達障害や自己免疫疾患、心の病、アレルギー、
医原病など現代の様々な難病に有効な日本発のホメオパシーメソッド「ZENホメオパシー」を確立し、
その中では、食養生、インナーチャイルド癒し、霊性向上なども組み合わせて実践。
今世界が最も注目する国際的なホメオパシー療法家の1人。

大半の日本人が「ホメオパシー」と言う言葉を耳にした事のなかった1995年より、
日本でのホメオパシー講演、ホメオパシー健康相談を開始。

1997年4月、日本初のプロフェッショナル・ホメオパス養成学校、ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー
(RAH 2010年から現カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)を設立し、
1998年には日本におけるホメオパシー医学の普及、学術・研究、教育、ホメオパスの職業地位確立、
国際交流などを目的に、日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)を設立。

現代西洋医学(アロパシー)全盛、クスリ大国の日本においてホメオパシーの本格導入を行い、
ホメオパシー普及、臨床開発体制、専門家教育、ホメオパスの職業的確立、
セルフケア、レメディーの国産化、重要なホメオパシー文献の日本語訳やガイドブックなど
基本書の出版など、ホメオパシーの土台づくりを行った。

現在、約300ケ所の日本ホメオパシーセンターで、
600名のJPHMA認定ホメオパスがホメオパシーでの健康相談を行っている。


過去の記事はこちら

【和食ハーブ&NonGMO】自然農&和食で体の内から美人に。
豊受オーガニクス 由井寅子さんをご存知ですか?(前編)


【和食ハーブ&NonGMO】自然農&和食で体の内から美人に。
豊受オーガニクス 由井寅子さんをご存知ですか?(後編)
                   

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ