メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

【これぞ天然の薬!恐るべし薬草のパワー】どくだみ・よもぎをはじめとした薬草の健康的効能と種類。

tomomi
埼玉県出身、東京都在住。体と心のバランスや「丁寧に暮らす」ということを大切にしている。地球や命、食べ物に携わる人々、ご飯を食べる人たちの表情を想像しながら、体も心も喜ぶ料理を作ることが大好き。食のすばらしさや選択の大切さを発信。月に数回ごはん会を行い、料理会、外国人向け料理教室も計画中。

漢方、ハーブ、そして日本古来の薬草。


世界には、長い歴史の中で、
様々な方法で人々の健康や美のため愛されてきた多くの自然の恵みがあります。

その中で今回取り上げたいのが、
近年その高い効能が再び注目されている薬草。


wormwood-1338208__480

みなさんは「薬草」と聞いてどんなイメージがありますか?


体にいい、苦い、おばあちゃん、緑、、
などそれぞれあると思います。


flowers-1915436__480
「薬草」とネットで検索してみると、
「健康」「美容」などのワードがトップに来て、

薬草に関する470万件数を超えるネット情報の中でも
検索数からみれば、多くの日本人が薬草に対して
ポジティブなイメージを持っているようです。

leonurus-cardiaca-1474948__480

今日は私たち、日本人に古くから愛され、
薬草について迫ってみましょう。


聖徳太子に、『古事記』に。
太古から人々を癒し、健康を支えてきた数々の薬草たち。


5月の七草粥、当時の柚子湯など、
現代においても年中を通して薬草たちは私たちの生活を支えています。

その昔、日本最古の歴史書である『古事記』にも
薬草に関して書かれており、
奈良時代、593年に聖徳太子は怪我や病気で
苦しむ人を救うために、四天王寺内に施薬院(せやくいん)という
施設を作り、そこで薬草を栽培していたという諸説もあります。

知らなきゃもったいない!
注目されている定番&隠れ薬草たちの効能をご紹介


え、これも薬草だったの?
と思うものもあるかもしれませんが、

みなさんにとってなじみのある定番の薬草と
あまり知られていないけれど実は凄い!そんな隠れ薬草にスポットをピックアップしてみました。

●ヨモギ

●ドクダミ

●ガキトオシ

●トウモロコシの実

●ブルーベリーの葉



IN YOUMarketでも大変話題の、野草パウダーについても併せてチェックしてみてくださいね♬


①和製ハーブの女王!
ヨモギは、現代女性の力強い味方


Yomogi 画像:wikipedia

●腸活!デトックス効果が高く、貧血防止にも。


ヨモギに豊富に含まれるタンニン・クロロフィルは
体内に溜まった空気に含まれた汚れから残留農薬、有害物質、ストレスなど
体の中から毒素を排出してくれる抗酸化作用の高い成分。
特にクロロフィルは人気が高いスーパーフードであるモリンガにも含まれています。

タンニン・クロロフィルは抗アレルギー作用があるので、
花粉症の流行る今の時期にもってこいですね。

また女性に非常に多い貧血には、レバーや高野豆腐、ひじき、ほうれん草など
鉄分豊富な食べ物を意識的に摂りいれることもおすすめですが、
ヘモグロビンと化学構成がそっくりなクロロフィルは、
ヘモグロビンの生成を助けてくれ、血液をさらさらにし、浄化してくれるため、
貧血女子にも効果的です。

●肌のトラブルに効果的。


ヨモギは血液中のコレステロールを低下し、血液状態もサラサラにしてくれることから、
アレルギーや肌のトラブルなどにも適しています。
よもぎ蒸しやパックとして直接肌にのせるなどと、美容で利用されるのも納得です。

●便秘改善。ダイエット効果にも。


便秘といえばキーとなる食物繊維。
食物繊維を多く含む代表の野菜、ほうれん草の約10倍も食物繊維を含み、
お灸の艾(もぐさ)にも使われるように、体をあたため整腸作用があります。
新陳代謝を上げたい時やむくみ防止、体を引き締きしめたい時にもおすすめです。

「十薬」と呼ばれ10の薬効があるとされる
日本三大薬草の1つ、ドクダミ


leaf-854515__480

●花粉症などのアレルギーにも効果を発揮!


5人に1人が花粉症だと言われる今。
せっかく美しい季節なのに花粉症対策はたいへん。
そんな花粉症の人にも効果的だとして、親しまれています。

ドクダミに含まれるデカノイルアセトアルデヒドは、
強力な抗菌作用や殺菌作用があるため、アレルギーの方にお勧め。
直接肌にあてれば、抗炎症作用があるので、
炎症を抑えたり、傷口を癒してくれる効果もあります。

●腸内環境のお掃除で美肌効果も

ドクダミに含まれるクエルシトリンは腸に溜まった
老廃物を排出してくれる作用があるため、
季節の変わり目で肌が荒れやすいという方は、
上手に摂りいれていくと肌トラブルが防げます。

●生活習慣病予防にも

イソクエルシトリンは血液・血管に働きかけてくれます。
例えば、血液をきれいにしてサラサラにしてくれたり、
血圧を下げる作用もあるため高血圧中谷もおすすめです。

血管が硬くなってしまうことによる病気が多い近年、
血管を柔らかくしてくれるので、油ものや甘いものを食べすぎてしまったかな、
と思う方は血液のリセットを心がけましょう。

昔から子どもから大人まで愛されてきた、
糖尿病に肝機能回復に大活躍、カキドオシ

Glechoma_hederacea1 画像:wikipedia

●子どもにも安心。癇を治す自然の薬


連銭草という名を持つカキドオシ。
聞いたことがない方も多いのでは。

その昔、虚弱体質の子どもの癇癪(かんしゃく)を治すのに使われていたため、
名前もそのまま、癇取草(かんとりそう)とも言われます。

●安心して血糖値を下げ、糖尿病予防に期待

現代において注目されているのは、糖尿病の治療薬としての効果です。
通常、病院で処方される治療薬には副作用があるのが当たり前ですが、
カキドオシの場合は、1968年に日本生薬学会で副作用が認められない薬草としても
発表されているため、安心して治療に専念できます。

●解毒してくれる臓器、肝臓の解毒剤にも

カキドオシの成分はウルソール酸、硝酸カリ、タンニン苦味質精油分にリモーネンが含まれ、
日頃消化や吸収、栄養を蓄え、毒素を解毒するという重大な機能を果たしてくれる肝機能を助けてくれる作用もあります。

実はイネ科の薬草の一種、
肥満防止にガン予防や高血圧などの生活習慣病にトウモロコシの実

corn-1605664__480

●食べ過ぎを抑えたい時や胃腸を整えたい時に

トウモロコシに多く含まれるレジスタントスターチ。
乾燥された状態で100gあたり25%と白米や玄米よりも
高い数値です。

通常のでんぷんとは異なり、
腸で消化されにくいタイプのでんぷん(炭水化物)です。

レジスタントスターチは小腸まででは消化されません。
食欲抑制や吸収されるカロリーが通常のでんぷんの約半分ほどと言われているため、

食べ過ぎの時にもおすすめです。
食物繊維も豊富なため便秘にも効果もあります。


●悪玉菌の活動を抑えて、善玉菌が活発に

大腸にレジスタントスターチが届くと、腸内細菌により発酵されていきます。
その発酵の末に腸内の悪玉菌が増えにくく、善玉菌を育てやすい環境にしてくれるため、
癌の予防にも注目を浴びています。

●高血圧やむくみ予防に

穀類の中でとうもろこしはカリウムを多く含んでいます。
カリウムは体内の塩分調整をし、余分なナトリウムを排出してくれるため、
血圧を下げる作用があり、むくみ改善にもいいとされています。

そもそも見たことさえ実はないかも?!
果物・野菜の中で最高レベルのデトックス効果がある
ブルーベリーの果実よりも、
さらに約10倍もの効果があるブルーベリーの「葉」

blueberries-1576403__480

●ブルーベリーの実の約10倍効果!美容にがん予防に

近年注目されているのが、ポリフェノールの一種であるプロアントシアニジン。
その高い抗酸化作用は他の野菜・果物と比較しても非常に高く、
そのアントシアニンは、実はブルーベリーの実より「葉」は
約10倍も多いとの研究結果もあります。

プロアントシアニジンの抗酸化作用による効能は、
細胞の老化を防ぐアンチエイジング効果、ガン予防など、
体の中からの健康をサポートしてくれます。

●目の不調にも

ブルーベリーやブドウ、ナスなど紫系の食べ物に含まれる天然色素の
アントシアニンはポリフェノールの一種。
目に関する不調を整えてくれることでも有名ですが、
それは日光をいっぱい受ける中で紫外線から実を守るために
アントシアニンをたっぷり生成しているため。

●血糖値を下げてダイエット効果も

ブルーベリーの葉に含まれるカフェオイルキナ酸は、
サツマイモやコーヒーなどにも含まれ、アルツハイマー病予防に効果があると
近年注目されており、
ブルーベリーの葉に含まれるカフェオイルキナ酸は、
血糖値を約25%下げるという研究結果も。

無農薬の野草を食べてみよう

薬草はどこで手にはいるのか。

まだまだ昔ながらに日本でも当たり前に生活に欠かせなかった薬草はたくさんあります。
ただ、これらの薬草を食べようと思うとなかなか難しいですよね。
なぜなら道端でとってきたものは犬の尿が混じっていたり、放射性物質の汚染や農薬汚染が心配。

選び方はいろいろ基準がありますが以下を参考にしてみてください。


・無農薬のものを選ぶ
・優良な業者のものを選ぶ
・安全性の高いものを選ぶ(無漂白・無添加など)
・中国産などではなく、できるだけ国産のものを選ぶ


これらの薬草の力をぎゅっとひとつにまとめたパウダーやお茶もおすすめ。

IN YOUMarketでも今大変話題の、
完全農薬不使用の安全な「野草パウダー」を使っていますが、こちらもかなりいいですよ。

料理にも使える!阿蘇で生まれた農薬や化学肥料を使わない薬効の詰まった野草茶パウダー


植物の恵み、自然の恩恵は常に私たちを健康の方向へ導いてくれているのですね。

外に出るとき、山を歩くとき、たまにはちょっと視線を地面と同じ高さにして、道端に隠れる宝物、薬草探しをしてみてくださいね。

IN YOUMarketで
農薬不使用の、最強な野草パウダーを買ってみよう!



阿蘇で生まれた農薬や化学肥料を使わない薬効の詰まった野草茶パウダー


100パーセント国産素材を使った野草茶パウダー。
原料は、阿蘇の広大な自然の恩恵を受けた
農薬不使用・化学肥料不使用の野草たちです。
ヨモギ ・ドクダミ ・カキドオシ ・トウモロコシ実 ・ブルーベリー葉
阿蘇のパワーを吸収し、芯から健康になって頂きたい思いから、
原料もとことんこだわり抜いた野草パウダーです。

お勧めの記事

野草パワーでデトックス。蒸してかんたん!野草で作る「薬膳 温泉まんじゅう」の作り方

ブルーベリーの約10倍の抗酸化作用を持つ、驚異の「ブルーベリーの葉」の本当の実力。

がんに有効な成分も!有害物質の排出に役立つ、デトックス野草「すぎな茶」の効果効能と知られざるパワー。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

tomomi
埼玉県出身、東京都在住。体と心のバランスや「丁寧に暮らす」ということを大切にしている。地球や命、食べ物に携わる人々、ご飯を食べる人たちの表情を想像しながら、体も心も喜ぶ料理を作ることが大好き。食のすばらしさや選択の大切さを発信。月に数回ごはん会を行い、料理会、外国人向け料理教室も計画中。
あなたにお勧めの記事
関連記事

LINE@

IN YOUメルマガ

LLE82

minery

ページ上部へ