お悩み別

糖質制限ダイエットをしている方はご注意。美容と健康のためには、むしろ「糖を切らさないこと」の方が重要だった。痩せるには、糖をきちんと取りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new-year-1709704_960_720

糖をとっても太らない

こんにちは。
ナチュラルライフアドバイザーの工藤万季です。

大ブームの糖質制限ダイエット
ダイエットやトレーニングの為にご飯やパン、
めん類など糖質の摂取を控えているという方も多いと思います。
ブームに乗って「糖質ゼロ」「糖質オフ」をうたった食品や飲料も相次いで出されていますね。 

belly-2354__480

糖質制限が多くの人に受け入れられたのは、
「食べたいけどやせたい」という欲望を叶えるところにもあると思います。

炭水化物などの糖質さえ食べなければ、お腹いっぱい食べても太らないというのは
糖質制限ダイエットの魅力でしょう。

ですがわたしは糖質制限どころかお米をたっぷり食べます。
むしろ、糖をいつでも補給できるようにと外出先でも必ず黒糖を持ち歩いているほどです。

rice-2061877__480
それでも今は一番太っていたときと比べて
マイナス10kg、40kg台半ばをキープしています。

甘味は私たちの「ガソリン」

stretching-muscles-579122__480

糖は私たちのエネルギー源。 



生命維持に不可欠なものです。
車はオイルがあっても、ガソリンがなければ走ることができませんよね。

人間の身体もそれと同じです。
私たちにとって、質のよい糖は例えればガソリンのようなもの
いくら栄養をたっぷりとっていても、エネルギー源となる糖が欠けていれば、栄養がまわりません。
これではせっかく摂取した栄養が活かされないのです。

糖が足りないとどうなるの?実は怖い糖質制限

weight-loss-2036969__480

最近では避けるべき悪者のように扱われることも多い糖。

ですが糖はエネルギーの源です。
糖が足りなければ、身体は糖の代わりに脂肪とタンパク質を分解してエネルギーとします

この何が問題なのでしょうか?

分解されたタンパク質や脂肪酸が体に溶け出すと、身体に乳酸がたまります。
乳酸がたまると炎症が加速し、不調を作る病気の場の中心プレイヤーになります。

現代人が注意しなければならないのは、このときにプーファ(オメガ6やオメガ3などの脂肪)がエネルギーとして使われて発生する過酸化脂質(アルデヒド)です。

これは身体にとって危険な物質だとされています。
身体に溶け出すことで不調の原因になります。アトピーや喘息、甲状腺機能の低下を引き起こすこともあります。

cure-1006827__480
よっぽど質のいい脂肪(飽和脂肪酸)を蓄えている人は別ですが、
病気をしている人や慢性疾患の人は、不調の原因となっているものがさらに体内に出回ることになるリスクさえあると指摘されています。

内側をボロボロにする糖不足

people-2562216__480
先日会ったヨガインストラクターの女性は無駄なぜい肉がなく、誰が見てもスタイル抜群。
日々食事の量やカロリーに気をつけている成果です。

ですが、彼女の手はとっても冷えていました。

毎日ヨガをしているはずなのに末端まで冷えているのです。


これはどういうことかというと、身体の内側で血液が回っていないのです。
エネルギー源である糖が足りていないため、血液をめぐらせるだけの力がありません。

本来、人の体はじっとしていても内側からポカポカしてるはず。

しかしこの女性は血液が回ってないから熱が発生せず、冷えているのです。
また生理不順や子どもができないと嘆いている人の手も冷たいことが多いです。

person-1192329__480
ヨガをしたりお風呂に入ったりすれば身体は温まりますが、
それはあくまで外からの働きかけで一時的に温まっているにすぎません。

たとえ短期的なダイエットにはよくても、長い目で見ると糖質制限ダイエットはおすすめできません。
長期的に糖質制限をすることで人の身体のエネルギー代謝は変わってしまいます。 
見た目は痩せても、身体の内側はボロボロで悲鳴をあげているかもしれません。

健康な人にとってはいますぐどうこうという話ではありませんが、
更年期障害とや妊娠しにくくなるなど将来悪影響が出る可能性があります。

自分の身体は長期的に見て大事にしてあげてほしいと思います。

エネルギーは効率よくとる

身体のエネルギーとなることを考えたときに最適な糖。
それはブドウ糖(グルコース)や果糖(フルクトース)の形として摂れるものです。

効率のよいエネルギー源になる糖とは

fruit-2305192__480
ブドウ糖、果糖は「単糖類」と呼ばれます。
単糖類は構造がシンプルなため、体内に入ったあと分解する必要がなくそのまま栄養として吸収されます。
分解する必要がないということは、それだけ身体への負担が少ないということ。

単糖類は負担なくエネルギーをとることができるので効率の良いエネルギー源です。

逆に多糖類である炭水化物は複雑な構造をしています。
体に取り込むには分解しなければならず、それが身体への負担となります。
多糖類は単糖類に比べて効率の悪いエネルギー源と言えるでしょう。

私たちは寝ることにすらエネルギーを使います。
いかに効率よくエネルギーを作れるかが大事です。

どんな糖をどんな方法でとるべき?

糖質なら何でもいいということではない!

macarons-2548828__480
糖が必要不可欠といっても、スイーツでの摂取はおすすめしません。

理由の一つは、糖と一緒に小麦粉や添加物など消化によくないものも食べることになってしまうこと。
そしてもう一つは、スイーツに使われる精製された白砂糖にはビタミンやミネラルが含まれていないことです。

ビタミンやミネラルを補うために野菜を食べる必要が生じますが、食べないといけないものを増やす=それだけ消化という形で身体に負担をかける、ということです。

以下におすすめの糖をご紹介しますね。

はちみつ

honey-1006972__480
はちみつは必ず非加熱のものを選びましょう。加熱するとせっかくのはちみつの栄養素が壊れてしまうからです。
料理などに使用する際も加熱しないようにしてください。

オススメのはちみつ
 

黒糖

精製されていないためビタミンとミネラルも補給できる黒糖。
わたしは自宅に常備していて、出かけるときにも持ち歩いてよくかじっています。
黒糖には純粋な黒糖と加工黒糖とがありますので、100%サトウキビから作られている物を選びましょう。
 

フルーツ

fruit-1213041__480-1
フルーツは甘いと感じるものを選びましょう。
酸っぱい物は果糖とは言えません。
また選ぶ際は農薬の心配がないフルーツをチョイスしましょう。
 

メープル

市場に出回っているものはシロップになっていますが、着色されていたり砂糖が混ざっているような、「メープルシロップもどき」も多いです。
基準としては、カナダ産であることが必須です。
 

甘酒

なるべく砂糖が添加されていないものを選びましょう。

オススメの甘酒

上記に挙げたものたちも、質が良くても過剰摂取は禁物です。


糖はいつ・どれくらい摂ればいいのか

タイミング


糖は一度にたくさん摂取するよりも、こまめに摂ることを心がけましょう。
摂るタイミングはお腹が減ったと感じるときです。

必要な糖の量はその日の活動量によって変わります
たくさん頭や身体を使うときは、より多くの糖が必要になります。

最初は美味しくても、「あれ、美味しくない」と感じるタイミングがあれば、
それが「もう糖は十分だよ」という身体からのサインです。
体の声を聞いてあげましょう。

woman-2197947__480
わたしは朝一番と寝る前にはちみつをなめます
朝にはちみつを食べると活動を始めるエネルギーとなりますし、夜寝るのにもエネルギーが要るからです。
そして、精製された白砂糖や、それらを使ったお菓子、加工食品は普段はあまり口にしないようにしています。
 

糖を切らさないことでむしろ痩せやすい身体に

img_1225-e1487041456427
上にも書いた通り、わたしは糖質制限をするどころか糖を切らさないように気をつけています
お米を一食に一合食べることもありますし、間食によく黒糖やデーツを食べています。

朝起きたときや夜寝る前には非加熱のはちみつを舐めるのも習慣です。
それでも冒頭に書いた体重をキープしています。

普通、歳をとると食べる量は同じか少なくなっても、太りやすくなりますよね。
子どもや若いひとが太りにくいのは、エネルギー代謝が高いからです。

糖を切らさなければエネルギー代謝が上がるので、実は太りにくくなります
その際、小麦粉などを使ったスイーツではなく、消化の負担が軽い糖をとることが大事です。
全ての糖を一緒くたに悪者にすることをやめ、外見が綺麗なだけでなく内側から健やかな体を手に入れましょう。 

IN YOUMarketでオススメのはちみつとりんごを買ってみよう!

無農薬のりんご

market_mini1028

無農薬のはちみつ

1025161741_59f03a9589f95

オススメの記事

糖質制限ダイエットの知られざる落とし穴。痩せる=健康じゃない!健康のために始めたはずが、かえって深刻な病気の原因にも。

ケトン食、糖質制限、玄米菜食など情報があふれているからこそ知っておきたい日本人ならではの特異な体質とは

今流行の糖質制限。実はゆるい糖質制限の方がダイエットや健康になりやすいって本当!?

参考書籍

崎谷博征著 「糖尿病は”砂糖”で治す!」
51LFtN5R9PL._SX337_BO1,204,203,200_


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

工藤 万季
ナチュラルライフアドバイザー 株式会社BHCL代表取締役 一般社団法人ビューティヘルスコンシャスライフ協会代表理事 1987年生まれ、愛媛県出身 アーユルヴェーダのデトックスメニューをベースにした 「キッチャリークレンズ」をプロデュース、指導。 SNSでは食べて痩せると話題に。 夫婦で40kgのダイエットに成功。 本当の健康とはカラダとココロが調和してこそ。 自然に沿って暮らすための知識やコツを都会的で洗練された暮らしに無理なく 取り入れる。内側からの綺麗になりたいナチュラルライフを求める人たちへの 情報を発信している。その他、日本各地で料理教室やイベントを開催する他、 メディアへの出演等、精力的に活動。現在は1児のナチュラルママとしても活動中。 http://bhc-life.com
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. tea-2098456_960_720 知らなきゃ大損!恐ろしい現代病から私たちを守るドクダミの偉大なる…
  2. test-tubes-904546_960_720 化学物質でできた「生理用ナプキン」の裏側。あなたの体と未来の赤ち…
  3. wood-chain-58713_960_720 甲状腺に不安のある方には読んでほしい、甲状腺異常を患ってわかった…
  4. 子供に予防接種を受けさせないことは「悪」なのか?予防接種に慎重に…
  5. squirrel-241521_960_720 秋は栄養を蓄えて冬眠に入る季節。無理は冬に響きます。秋に起こる「…
  6. IMG_4940 連載02 オーガニック・ライターだからこそ分かる、オーガニック最…
  7. food-1022681_960_720 家族がガンになった過去を振り返って今、思うこと。病気に負けない生…
  8. _mg_9905 ビタミンたっぷり!トランス脂肪酸ゼロ。失敗なし!おいしく安全な「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 池田 歩
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • yuriesasaki
  • haruna
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 煙山 昭子
  • lelien
  • 加藤 晴之
  • 工藤 万季
  • 室谷 真由美
  • 桺町 瑠璃
  • クレイトンまき
  • Mint
  • yokosato
  • ゆみえこば
  • うちゅう
  • 横田 浩
  • Mao
  • 佐藤いづみ
  • yumi
  • 坂田 まこと
  • 加藤 貴大
  • 足立 由紀子
  • akemi
  • 東條 由美子
  • jyuan
  • 霜崎 ひろみ
  • AKIKO MIYAKAWA
  • AYANO
  • yoshi.fukusawa
  • MARIE
  • 結緒織
  • 高根 佳子
  • Halu

カテゴリー

PAGE TOP