メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

大切な気づき。「引き寄せたい人・物・事」だけを、引き寄せることの重要性。

profile
松浦愛
facebook オーガニックなライフスタイルを提案するWEBマガジンIN YOU 編集長兼株式会社インユーCEO 。「すべての人にオーガニックな暮らしを」をコンセプトとして掲げ、オーガニックの普及と拡大を目指し、日夜活動中。 最近の趣味はアート、食べ歩き、乗馬など。 運営サービスはIN YOUや編集長自らが選りすぐったお気に入り商品を扱う、オーガニックオンラインマーケットIN YOU Marketなど。


久々に連続で週末一時、寝込みそうになってしまいました。

でもよく考えたところ、

花粉アレルギーで多くの人が体内の余分な水分をdetoxするように、
私自身も、心身ともに、多くの目に見えない有害なものを時間をかけて、デトックスしていたのではないかと思います。

さて、その中で、色々な出来事から、
いくつか重要な気づきがあったのでみなさんにもシェアします。

それは、

やり方次第では、私たちは、時に、引き寄せてはいけないものを引き寄せてしまうことがある・・・・

でも、それは自分さえ気をつければ、ある程度は、コントロールできる。


という事。

ちょっとだけ抽象的な話になって恐縮ですが。

例えば人間関係でいきましょう。


万物が平等な環境で、仲良く楽しく、一緒に過ごすことを強いられて来た私たち。
でも、実は、今の教育の現場って、現実的に厳しい事だと私は思っています。

例えば、小中高。


それぞれの環境で育った人がいるし、
経済環境や性格、好みも価値観も全部違う。

もちろん親子関係も兄弟関係も違います。
そんな子供たちが30−40名のクラスで一緒に毎日暮らすことって大変。

これはこれで「社会勉強になるからいい」という考えなのかもしれない。
相手との距離の保ち方とか社会に出る前の訓練としてはいいのかもしれない。

でも、じゃあそれを一生やるか?というと、本来無理のある話で。

言いたいことも言えない、右にならえでずっと我慢の毎日。
好きな人とも過ごせない。嫌いな人といないといけない。
成績表も一定基準。

自主性もない。できるだけ目立たないように・・・・
こんな、不自然な組織の中では、人は、次第に心身ともに健全な生活ができなくなっていくと思います。

いじめが起こるのは勿論、許されないことだと思います。
でも、ストレスで充満して退屈な環境では人に当たるしかなくなるので、いじめも生まれても不思議ではありません。

しかし、大人になった私たちは今度は、一定の組織で生きるも自由。

スタートアップで働くのも自由。
もしくは一人でフリーで事業をやるも自由、
小さなチームで仕事をするも自由。

などなど。

意見も自由に言えます。

ある程度の「自由」を与えられ、
その上で、自分がどう行動するか、どんな未来を作っていくか、クリエイティビティや自主性が問われるようになります。

波長が合わない人・事・物

ただ、その中で、普段、どうしても「関わらない類の人・事・物」というものが出てくると思います。

必然的に。
それが悪いとかいいとかそういうことではなく。
これは、当たり前の話だと思いますが、

どうしても気をつけていても、
今この瞬間の自分とはどうしても絶対に合わない波長(波動)の人・物・事がふっと出てくることってあります。

そして、あらゆる生物は、万物とベタベタするようにはできていないし、
むしろ人間である我々は自立的な生き物ですらあるので。

ただ、普段は関わらなくても
どういうわけか、意図していないとしても、そういうものをたまたま、何かの機会に引き寄せちゃう時ってあると思います。

私も実はある時、たまたま、まさにそんな瞬間に立ち会ったのです。
その時は、それは非常にショックでした。

なぜなら自分の常識とは全く違う現実がそこにあったのですから。
「こんな下品で恥ずべきことができる人がいるんだ」!と心から衝撃も受けましたし、
悲しく、遣る瀬無い気持ちにもなりました。

できるなら「今から謝ってほしい」とすら、強く思いました。

でも、その後、しばらくしてから思ったのです。

これはあの時、関係すべき波長の相手ではなかったのではないかと。

そこから学びました。

意図して「引き寄せたい人・物・事」だけを、引き寄せることの重要性 を。

引き寄せっていうと

なんとなく「怪しい」イメージを持つ人もいるかもしれないですが、

私たちは何気ないところで毎日、引き寄せを常に行なっています。

どんなものを食べているのか。
どんなことを考えているのか。
普段どんな人といてどんなことをしているか。
そしてどんな気持ちで、どんなオーラを放っているか。
どんな場所に行くのか。
どんなレストランで食べるのか。
どんな服を着ているのか。
(話が長くなるので割愛しますが)

これだけいろんな生活スタイルがある中で、自分に近い人、
なんとなーく似たような人間が集まってきてはいませんでしょうか?

世の中、やっぱりいろんな人がいます。

これだけの選択肢があれば、考え方や性格も変わって当然です。

そして、都会を歩いていると思うのですが、

すっごく不幸そうにしていて、肩が触れただけですごい勢いで舌打ちしてブチ切れながら歩いている人もいれば
何をしていても楽しい!些細なことでも幸せ!ハッピー!っていう人もいたりします。笑

自分はどちらでしょう。

引き寄せたい人・物・事とは?


「引き寄せたい人・物・事」だけを、意識して引き寄せるっていうと、難しく思いますが、

これってある程度、

実はちゃんと気をつけていればできることだったりもするんだと気がついたんですね。

しかもこれが、感覚的な話ではなくむしろ、とってもロジカルな方法で。

(それでもたまにまぎれちゃったりして難しい時がありますが、)

とっても簡単に言うとそれって、

そういう人・物・事が

どんな空間で(どんなビジュアルで)
どんな雰囲気で
どんな言葉遣いで
どんな性格で、(またはどんな性質で)
どんなところに行くのか、(またはどんなところにあるのか)

と言うのを、ただただ、鮮明に想像すること。

しっかりイメージングしてから、
そういうところに行ってみる、そう言うものがあるところに行く、
そういう振る舞いをして、そういう呼びかけをする。

たったそれだけだと思うんですよね。

ついこの前、こんなにシンプルなことを何故か、忘れていたんです。

しかし、これは何かをするときに、絶対に忘れてはならない、とても重要なことでした。

万人から好かれよう、万人からおもしろがられよう!

ついついみんな思いがちだと思います。

もちろん、最終的には万人がハッピーになることがゴールかもしれない。

でも、一方で、これは実はとても、危険な傾向でもあって。
予期せぬ方向に進む可能性が高いです。

「ピンとこない。苦手。微妙。」って思う瞬間、誰しもあると思います。

これは本能が「ノー」を突きつけているサインなのですから
鵜呑みにしてはいけない。見て見ぬ振りはしない。
明らかに「ピンとこない」ものは、前に進まないし、関わらなくていい。

当たり前のことでも急いでたり、忙しかったりすると、先を、「読めなくなる」ことがあります。

以上、色々なことから学んだ、大切なメッセージでした。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

松浦ブログへ

松浦愛
facebook オーガニックなライフスタイルを提案するWEBマガジンIN YOU 編集長兼株式会社インユーCEO 。「すべての人にオーガニックな暮らしを」をコンセプトとして掲げ、オーガニックの普及と拡大を目指し、日夜活動中。 最近の趣味はアート、食べ歩き、乗馬など。 運営サービスはIN YOUや編集長自らが選りすぐったお気に入り商品を扱う、オーガニックオンラインマーケットIN YOU Marketなど。
あなたにお勧めの記事
関連記事

LINE@

IN YOUメルマガ

LLE82

minery

 width=
ページ上部へ