メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

肉食を食べ続けると癌になる確立が40%増える|食べ続けるデミリット3

小林謙太郎
主な活動 当サイトの運営 / イベント企画 / web制作全般 ▽記事一覧 記事一覧 ▽Facebook https://www.facebook.com/kkobayashi0922

head

「肉食は健康にいい」、「肉食はスタミナをつける」などと世の中にさまざまな情報が出ているがはたして本当だろうか?
先進国ではベジタリアンの生活が非常にポピュラーなものとなっている。
肉を食べること自体は悪いことではないのだが、主食にしてしまうとさまざまな弊害がある。


[目次]


1.肉食は力になるは嘘



a1600_000202
お肉を食べないと力がでないと不健康になるというようなイメージがありますがそんなことはありません。

お肉その物のたんぱく質の量を調べたら多く見えますが
大切なのは私たちの身体の中で、きちんと栄養になるかどうかです。

動物性のたんぱく質は、いったんアミノ酸にまで分解して、
それをヒトのたんぱく質になります。
対して野菜には、最初からアミノ酸が含まれていますから、
とても効率よく栄養を吸収することができます。

野菜では
大豆、ピーナッツ、しいたけなどが多く含まれております。



2.肉食を食べ続けると癌になる確立が上がる


vege
出典:日本経済新聞

肉類をよく食べる人は大腸がんの発症リスクが高まるとの調査結果を国立がん研究センターがまとめ発表した。牛肉・豚肉、鶏肉などを毎日100グラム以上食べる男性は、それ未満の男性に比べて大腸がんの一つの結腸がんの発症リスクが44%増える。女性では牛肉・豚肉を同80グラム以上食べる人で結腸がんリスクが48%高まった。



3.菜食主義者は心臓発作のリスクが3倍低い


yasai
ベジタリアンは非ベジタリアンより心臓の疾患にかかる確率が32%低い。オックスフォード大学の学者らが米誌American Journal of Clinical Nutritionに発表した論文の中で述べられた。

リスクの差異は、大部分、コレステロールと血圧という点で説明される。ベジタリアンはコレステロールおよび血圧の値が低い。また、ベジタリアンは体重が低く、糖尿病の罹患率も低いことも示された。死亡原因としての心臓・神経系の疾患は多くの先進国に広まっている。




4.ベジタリアンは健康


a0001_013698
肉食を減らした声は以下のようなものがある。

・健康を維持し、体力を強化することができる。
・美肌が維持しやすくなった。
・よく眠れるようになった!
・体質改善ができる。(便通、にきび・吹き出物、冷え症、体臭など)
・成人病を防ぎ、老化現象を和らげる。
(糖尿病や癌になる確率が下がる。血圧が正常になる。血行がよくなるなど)
・ストレスが少なくなった!
・精神が強くなり、生きていく気力が高まる。
・頭が冴え、判断力が向上し、さまざまな問題に対処しやすくなる。
・生活習慣が改善され、運がよくなる。

vege
日本でこそ貴重ですが国によってはベジタリアニズムはポピュラーな選択肢である。インドでは国民の30%がベジタリアンである。 その他にアジアでは台湾が10%欧州のイギリスで2000年の調査では、国民の9%がベジタリアンである。

5.まとめ

いまや肉食を否定すると、必ず現代栄養学者から指摘を受けるのが当たり前でしたが
実は日本人は古来から玄米穀物菜食主義でした。

すぐに肉食を完全にやめるのではなく徐々に減らしてみるのはいかがでしょうか。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

小林謙太郎
主な活動 当サイトの運営 / イベント企画 / web制作全般 ▽記事一覧 記事一覧 ▽Facebook https://www.facebook.com/kkobayashi0922
あなたにお勧めの記事
関連記事

youtube

LINE@

mailmagazine

minery

me

minery

ページ上部へ