メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

毎日履いているそのパンツが不健康の元に!?お金も手間もかからない今すぐできる超簡単なノーパン健康法とは?頭痛・アレルギー等不定愁訴がある人必見。

佐野亜衣子
〜身体にやさしく地球にやさしく。子どもたちの為に美しい地球を〜 A&T(株)代表取締役。オーガニックライフコーディネーター。 オーガニックライフの実践により、学生時代より慢性的だった生理不順と不正出血を克服し、自然妊娠・出産。母となってから、子供を育てるだけでなく、地球を未来に繋いでいくことも親の役目ではないかと考えるように。 前職での経験を活かし不動産投資事業を営む傍ら、オーガニックライフの心地良さを伝えながら消費者と、良質なオーガニック製品・生産者を繋いでいる。オーガニック製品の広告をはじめ、オーガニック製品メーカーのオンラインショップ運営代行、小売り代行、また多くの人にオーガニックライフを気軽に体験してもらえるワークショップ開催などを手がけている。 夢は、オーガニックな不動産開発・オーガニックな町おこし! 東京都在住。食生活アドバイザー。 Instgram ブログ

パンツを脱ぐだけ。
誰でも今すぐできる、超簡単な健康法。

「脱パンツ健康法」
「ノーパン睡眠」


パンツを脱ぐだけという、お金も手間もかからない超簡単な健康法が今から25年程前に流行ったことを、ご存知でしょうか?


関連書籍は古いものばかりで最近書かれたものはなく、すっかりと一時のブームで終わってしまっている印象なのですが、
知れば知る程、一過性のブームで終わらせるものではないことを感じます。

頭痛・高低血圧・アレルギー・便秘・うつ・・・。


身体や心に何らかの不調を感じていらっしゃる方に、今すぐ試してほしい!

パンツ
やることは、「パンツを脱ぐ」。たったこれだけです。

毎日履いているパンツが
知らず知らずのうちに健康を害していた・・・!

8a64918db81f6fe32ed7f1055d083d36_s
身体に何も不調がない、毎日絶好調という方はいないでしょう。
特にIN YOU読者のように、身体と向き合うことを大切にしている人ほど、身体の少しの変化に敏感になるので、
一般的な人よりも不調を感じやすいはずです。

(結果、病気になる前に自分で対処できるということですよね。)

身体の弱い部分は人それぞれ。
個人的に私は、ホルモン機能が自分の弱い部分で、ストレスを感じたり疲れを溜めてしまったりすると真っ先にホルモンバランスが乱れてしまいます。

212d4dfece65d0fff162f91ef28527da_s
不定愁訴には様々な種類があり、人によって症状が異なりますが・・・

皆さん、自分の不調の原因が、「パンツ」だと考えたことはありましたか?


ちょっと身体や心が乱れてくると、食べるものを意識したり睡眠をたっぷりとったり、基本的な生活習慣をベストな状態にするよう心がけていました。
きっと読者の皆さんの多くも、同じですよね。

まさかパンツが原因だなんて考えたこともなく、初めて知った時には度肝を抜かれました。

元凶は、パンツに入っている「ゴム」

pantyhose-26748_960_720
パンツのゴムによる締め付けが、知らず知らずのうちに、私たちの心身を痛めつけています。

血流を阻害し、また、自律神経を圧迫してしまっているのです。


といっても、皆さん、身体がパンツのゴムで締め付けられている感覚ってないのではないでしょうか?
例えば手首にゴムバンドをつけていると、しばらくしたらうっ血する感覚が生じて、外しますよね。
でもパンツは小さな頃からずっとずっと身につけているので、ウエスト周りの感覚が麻痺してしまっているのです。

これこそが恐い!

中枢であれ末端であれ自律神経のどこかに強弱にかかわらず持続的な刺激を与える続けると、
病的な自律神経反射を起こす
と、フランスの医学者であるレイリーも述べています(この現象は「レイリー現象」と名付けられています)。

手首の場合に悪影響が出るのは、その末端の手のひら部分だけですが、パンツのゴムが締め付けているウエストは身体の中心部分です。
あらゆる内蔵が影響を受けるので、脳を含む全身に悪影響が及んでしまいます。

医学博士である丸山淳士氏は、著書の中で次のように述べています。

腹部や腰部を締め付けるパンツのゴムにより、皮膚圧反射(皮膚に分散している神経の末端の刺激により自律神経の中の交感神経が興奮すること)、皮膚内蔵反射(皮膚に存在している神経は脊髄内に入り各内蔵の機能をコントロールしているが、そのコントロールが乱れることが生じ、その結果、異常な消化管運動をおこし、腰痛、嘔吐、下痢、便秘などの症状をもたらし、はたまた胃潰瘍や潰瘍性大腸炎を引き起こすことがわかってきました。

また、消化器官のみならず、背腰部痛、脊柱変形、抹消循環障害(毛細血管の血流の流れを阻害する)、狭心症などの心臓疾患、更には膀胱炎、痔、男性にみられる前立腺疾患などの原因になることも考えられています。そのほか、精神的な影響としてうつ状態に陥らせ、自閉症、手足のしびれ、めまい、耳鳴りなどを引き起こしていることもわかってきました。

このような症状は、それまでは原因不明とされることが多く、いくら治療を施してもよくならないものでした。
ところが、パンツのゴムを伸縮性のない紐に変えただけで、たちどころに完治したという例を多くの内科医が報告しています。

「きつい」ゴムのストレスは、体性神経に影響し、血行障害、血液内の酸素不足を引き起こして筋肉の収縮を悪くします。とくに骨格筋に悪影響を与えるので、腰痛を招きます。また、伸縮性の強いブラジャーをつけることで背痛を引き起こすことになります。

パンツのゴムにより自律神経がストレスを受けて変調すると内蔵に影響が出ます。自律神経の変調が自律神経の中枢部がある間脳に影響を与えるためです。間脳には、心臓、胃腸、血管、膀胱、子宮、内分泌腺などの内蔵をコントロールし、その働きを調節する自律神経の中枢部があるからです。丸山敦士著『「脱パンツ睡眠」がなぜ健康にいいのか?』

睡眠中にパンツを履いていては神経バランスが乱れたままとなるので、疲労はリセットされません。
様々な生活習慣を見直しても思うように改善しない場合、これが影響しているかもしれません。

化学繊維による締め付けは、更に良くない!

Pile_of_pantyhose
化学繊維は肌に触れて動くと帯電するので、ホコリや汚れを吸着してしまいます。
ウエスト周りに化学繊維をまとっていると股間を通しての炎症、膀胱炎や卵管炎を引き起こす原因となります。

また、毛細血管が収縮するので冷え性のもとになったり、血液内のカルシウムイオンを減少させてしまったり、血液中のビタミンC消費量を増加させたりしてしまいます。

皆さん経皮毒などに注意されてるので、化繊のパンツを履いていることはないと思いますが、女性だと履かなくてはならないことがあるストッキング。注意してくださいね。
どうしてもという時はせめて骨盤周りを覆わないように、パンティストッキングではなくソックスタイプのものを履くようにしましょう。

「脱パンツ」で得られる、あらゆる身体の不調の改善

model-2067789_640 『大切な娘のために作りました』本当の心と身体の力を取り戻す、空気パンツ&空気ブラ
『パンツを脱ぐとなぜ体の不調が治るのか』という本も読んでみたところ、
著者の川村一男先生の研究過程で寄せられた「ノーパン」体験談がいくつも掲載されていました。
便秘、生理不順などホルモン系、腰痛・・・様々な身体の不調の改善実例がありました。

アレルギー性鼻炎、腰痛、頭痛、胃炎、高血圧、低血圧、むくみ、神経痛、便秘、ギックリ腰、夜尿症、吹き出物、さらに歯ぎしり、痔、水虫まで良くなったという報告が各地から寄せられている。
これらの報告を見ると、血液の循環がいかに体に影響しているかが分かる。川村一男著『パンツを脱ぐとなぜ体の不調が治るのか』

先述の丸山淳士医師も、パンツを脱ぐことで「婦人病の8割、他の病気も6割治る」とおっしゃっています。

よ〜し!みんなで今すぐパンツを脱ごう!

簡単ですね(笑)お金も手間も必要なく、誰でも超簡単にできます。

2c06a85402ab452ddd8439ee3b14e675_s

夜寝るとき、パンツを脱いで。

パジャマもゴム入りズボンではなく、ひもタイプのスボンかネグリジェやワンピースタイプが良いですね。良い機会だったので、子供にワンピースのパジャマを買ってあげたら、可愛くてとても喜んでいました。

woman-690036_640

夜ノーパンはすぐにできても、昼ノーパンはちょっとハードルが高いでしょうか!?

でも、パンツスタイルの場合は誰かに見られるわけではないので、ぜひ脱いでしまってください。

でも女性でスカートの時はちょっとキツいですよね。
私でも抵抗があります(苦笑)

ノーパンに抵抗がある時の解決策はこれ!

本来の自分の身体と心の力を取り戻す「空気パンツ」

空気パンツ
そんな時に履いて頂きたいのが、こちらのパンツです。

開発者の長屋さんご自身が、パンツのゴムの締め付けから身体を解放したことでの不調改善経験者です。


長屋さんは、シングルマザーとして娘さんとの生活を支える為に心と身体の声をきく余裕もなく毎日全力疾走していたら、ある日ベッドから起き上がれなくなってしまったそうです。

どうしようもなくいたところ、まるで運命のように知った、パンツの締め付けによる身体への悪影響。
藁にもすがる思いで、ゴムが入ったパンツの着用をやめてふんどしパンツに変えた途端、心と身体のエネルギーが回復していったと言います。

心身がパンツのゴムに痛めつけられていることを身を持って理解した長屋さんは、娘さんにもふんどしパンツに切り替えるよう促したそうですが、年頃の娘さんは、その外見が嫌で断固拒否。

そこで一念発起し、娘さんの為に完成させられたのが、こちらの空気パンツです。
助けられる人がたくさんいるはずだから売るべきだ!と周囲から販売を促され、現在に至ります。

使用者の体験談

長屋さんのもとには、たくさんの方からの感謝の声が届いています。

空気パンツ

女性の場合、ウエスト部分のゴムの締め付けによって最も大きな影響が出るのが、卵巣機能。

ホルモン系の悩みを持っている方には、ぜひぜひぜひ!試して頂きたいです。

パンツの締め付けと卵巣機能の関係性についての詳細や、実際の体験談の一部を書いた過去の記事があるので、まだの方はぜひ読んでみてくださいね。
生理痛、冷え、不妊…. 女性特有の不調の原因は、なんと誰もが履いているパンツ!?驚きのメカニズムと対策アイテム「空気パンツ」の効果をお伝えします。

私自身がまさにホルモンバランスを崩しやすい体質なので、試してみない手はない!と履いてみたところ、身体が温まる感覚を履いた直後から感じました。


腹巻きはNG!? 万病の元になる低体温、水毒、冷え性の原因とは。常識を覆す驚き低体温と冷え改善方法

空気パンツ 『大切な娘のために作りました』本当の心と身体の力を取り戻す、空気パンツ&空気ブラ
その後も履き続けること約1ヶ月。パンツを空気パンツに変えてから初めての生理が先日ありましたが、驚きました。
私はいつも生理前になると、体重が2kg位増える程身体がむくんで辛いのですが、今回はそれが全くなかったのです!!
いわゆる「PMS」なく、自然に生理が始まりました。これが毎月だったら、何と快適なことでしょう・・・!

写真からだと履くのが難しそうと心配していたのですが、履いてみたら何てことはない。
ひもで簡単に着脱できるので、面倒くさがりで不器用な私でも全く問題ありませんでした。

もうこの空気パンツの履き心地が良すぎて、ゴムのパンツには戻れません。

パンツどころか、先日ウエスト部分にゴムのギャザーが入っているワンピースを着たら、気持ち悪くなってしまいました

身体が喜ぶ状態を作ってあげたことにより、また新たな身体の悲鳴が聞こえるようになり、本当に有り難いことだと感じました。
「ふんどしパンツ」と言ってもウエストがゴムになっていると、
通常のパンツと変わらなくなってしまうので、気をつけてくださいね。


また、せっかく空気パンツを着用しても、普通のパンツと併用してしまっては意味がありません
長屋さんは、予算がなければノーパンで過ごしたら良い、とおっしゃっています。
私は、昼間は空気パンツで過ごし、入浴の際に手洗いしてそれを乾かしている睡眠中はノーパンで過ごしています。

頭でっかちになるのではなく、身体で感じよう

空気パンツ
『大切な娘のために作りました』本当の心と身体の力を取り戻す、空気パンツ&空気ブラ
自然療法などを指導している方たちに話を伺っているとよく聞くのが、「健康オタク程、病気になる」。

一番重要なのは、心と身体の体感を大事にしてあげることです。

知識や情報は数えきれない程あり、専門家も多くいますが、自分自身への一番良い適合の仕方が分かるのは、他ならぬ自分しかいません。

1つ1つ試してみて、自分の身体の反応を見てみる。
良い効果があると感じることは、自分にとって心地良い形で取り入れていく。


これができるかどうかが、分かれ道。

まずは、何事も試してみなくちゃ始まらない。

毎日の中でのちょっとした実験を、ぜひ楽しんでくださいね。


体を締め付けて冷やしていませんか?
女性の不調がきになる方にもオススメの締め付けないインナー

トップページデータ

履いているだけで身体の悩みが解消され自分の体が美しくなると口コミで評判の「空気パンツ&空気ブラ」。
そして、腹巻のかわりに着用することで、身体の芯からポカポカになる「カラーサラシ」です。
一般的な下着を着用すると、ウエストや腹部全体をゴムの入った生地で締め付けられます。
実はその結果、免疫力は大きく下がり(約20倍もと言われています)、卵巣に影響を与え、
ホルモンバランスを崩すことで、生理痛・生理不順・冷え性・オリモノ過多・尿漏れなど、現代女性の共通の悩みを引き起こしていると言われています。
フランスの医学者レイリー博士も、『中枢であれ末端であれ自律神経のどこかに、強い弱いにかかわらず、持続的な刺激を与え続けると、病的な自律神経反射を起こす』と提唱しています。



オススメの記事

生理痛、冷え、不妊…. 女性特有の不調の原因は、なんと誰もが履いているパンツ!?驚きのメカニズムと対策アイテム「空気パンツ」の効果をお伝えします。

寒さ対策にストッキングは冷えの元!?東洋医学的冷えへの養生方法。ホルモンバランスを保つ「空気パンツ」とは?

腹巻きはNG!? 万病の元になる低体温、水毒、冷え性の原因とは。常識を覆す驚き低体温と冷え改善方法

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

佐野亜衣子
〜身体にやさしく地球にやさしく。子どもたちの為に美しい地球を〜 A&T(株)代表取締役。オーガニックライフコーディネーター。 オーガニックライフの実践により、学生時代より慢性的だった生理不順と不正出血を克服し、自然妊娠・出産。母となってから、子供を育てるだけでなく、地球を未来に繋いでいくことも親の役目ではないかと考えるように。 前職での経験を活かし不動産投資事業を営む傍ら、オーガニックライフの心地良さを伝えながら消費者と、良質なオーガニック製品・生産者を繋いでいる。オーガニック製品の広告をはじめ、オーガニック製品メーカーのオンラインショップ運営代行、小売り代行、また多くの人にオーガニックライフを気軽に体験してもらえるワークショップ開催などを手がけている。 夢は、オーガニックな不動産開発・オーガニックな町おこし! 東京都在住。食生活アドバイザー。 Instgram ブログ
あなたにお勧めの記事
関連記事

LINE@

IN YOUメルマガ

LLE82

minery

 class=
ページ上部へ