メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

甘いものがやめられない!味が薄いと物足りない!コントロールできないのは「脳疲れ」が原因かも?!アーユルヴェーダのタイプ別 脳の疲れをとる方法

haruna
エステティシャン、セラピストの仕事について10年以上が経ち、特別なマシンなどを使うよりも、もっと自然なもので体をケアしたい!という思いが強くなりアーユルヴェーダ中心のトリートメントをしています。オーガニックが大好きで、体の変化をたのしみながら、心も体も自分史上最高の状態を模索中です。

こんにちは。IN YOUオーガニックアドバイザーのharunaです。IN YOUのアドバイザー認定講座で学んだことを活かし読者様に役立てるよう、有益な情報を発信しています。


自分の感情コントロールができない、思ったように脳が働かないあなたへ。


現代人は満員電車、長い労働時間、人間関係、競争社会、将来に対する不安など毎日いろいろなストレスにさらされながら生きています。

自分の感情がうまくコントロールでききない!
日々の仕事などのパフォーマンスを上げたい!


それらの悩みは、脳の毒素をデトックスをして、脳の疲れをとることで解決できるかもしれません。


「予防医学」としてWHO(世界保健機構)でも認められている医学のひとつのアーユルヴェーダは《最強のデトックス》とも言われているので、脳もデトックスをするための方法をご紹介します。

IMG_0401

脳に毒(アーマ)がたまるとどうなるのでしょうか


脳の働きが悪くなるので

●記憶力の低下
●集中力の低下


脳は自律神経の中枢である脳下垂体があるので、自律神経の乱れによる

●内臓の働きの低下
●免疫機能の低下
●ホルモンバランスの低下
●感情のコントロールがうまくできない


便秘、生理不順、疲れが取れない、やる気がでない、幸福感がない、イライラする、睡眠が浅い、または不眠、過食、味覚が鈍くなる、不安感

などの『病気』というほどではない状態。

こんな症状がつづく、もしくは去年と比べて症状が増えたようでしたら、脳の疲れを疑ってみてもいいかもしれません。

IMG_0393

自分自身の脳の疲れのタイプを知ろう!


本来の自分自身の体質を知っていると、どんな時に疲れるのか、どんなものを食べ、どんな風に過ごしたらいいのかが分かります。

自分の体質を理解し、対処すれば心も体も整い、脳の疲れも取れていくのです。

アーユルヴェーダではすべてのものは五大元素【空・風・火・土・地】の5つから成り立っていて、あらゆるものの中に様々な割合で存在し、物質の状態や性質を表し、互いに影響し合っています。

その中でも体には『ヴァータ』『ピッタ』『カパ』の3つの性質のエネルギーがあり、これらを総称して【ドーシャ】といい、この3つのバランスの違いによって、性格、体格、思考など個人差が生まれるのです。なので脳の疲れを感じることも個人差があるのです。


『ヴァータ』の体質と脳の疲れ


ヴァータとは【風】から連想されるもの

●飽きっぽい
●疲れやすい
●痩せ型
●早口


ヴァータが乱れると

●便秘がち
●肌の乾燥
●冷えが強くなる
●肩こり、頭痛、関節痛などからだの痛み
●心配症
●落ち着きない


脳が疲れると『プラーナ(神経系、呼吸系)』が乱れる

●無意味な情報を過剰に取り込み、心が不安定
●焦り、心配、不安
●情報に振り回される
●幸せを感じることがほとんどない


プラーナが乱れる原因

●睡眠不足
●情報過多による、精神の使いすぎ
●人間関係がうまくいかない


プラーナを整えるために

●不規則な生活を見直す
●体を温める


IMG_0402

『ピッタ』の体質と脳の疲れ


ピッタは【火】から連想されるもの

●中肉中背
●情熱的
●見栄っ張り
●暑がり


ピッタが乱れると

●炎症系の湿疹
●目が充血
●胃炎、消化不良
●怒りっぽい


脳が疲れると『サーダカ(脳と心臓の働き)』が乱れる

●気力、やる気の低下
情報処理系が乱れる
●取り込んだ情報を得うまく処理できない
●どうでもいいことばかり覚えていて、肝心なことを覚えていない


サーダカが乱れるとき

●長期間願望が叶わない
●望んでいないことがつづく
●積み上げてきた財産を失う
●大事な人を失うなどの突発的な精神的ショック


サーダカを整えるために

●アグニ(消化力)が弱まっているので、毒素(アーマ)がたまりやすい状態。なので食事を見直す
●刺激物、味が濃いものは避ける
●刺激的な映画や、興奮するようなものを見ない


IMG_0403

『カパ』の体質と脳の疲れ

カパは【水】から連想されるもの
●ぽっちゃり型
●温和
●湿気に弱い
●寛大

カパが乱れると
●だるさ、眠気
●アレルギー性鼻炎
●思考が鈍くなる
●物事にこだわり過ぎる

脳が疲れると『タルパカ(脳と脊髄、神経系全体)』が乱れる

●情報を溜め込みすぎて、出てこない
●限られた思考ばかりにとらわれ、内向的に
●心も体も動く重く感じ、動きたくない


タルパカが乱れるとき

●プラーナの悪化(ヴァータ)が乱れるとき
●心が不安定だと、食べて落ち着こうと、食べ過ぎ、体も心も重くなり、塞ぎこむ


タルパカを整えるために

●ヴァータを整える
●体重が増えやすいため、無理なダイエットをしがち。リバウンドをするので無理をしない


IMG_0159

あなたはどのタイプでしたか??


自分はなんとなく、このタイプかな・・?と心当たりがあるでしょうか。
どれがいい、悪いではなく3つのドーシャのバランスがとれていると健康が維持できるというのがアーユルヴェーダの考え方です。

これらは常に「季節」や「時間帯」で変わるのもになります。

アーユルヴェーダとうつ病の関係性


アーユルヴェーダでは、うつ病とはプラーナ、サーダカ、タルパカの乱れるで生じると捉えています。
なので基本的に改善策は全て食習慣や生活の見直しからはじめます。

うつ病のみならず、パニック障害、神経症、自律神経失調症もほぼ同様とのこと。

神経系の病気は、脳の疲れが原因となる場合が多いようです。

IMG_0405

アーユルヴェーダ的脳の疲れをとる食事法と生活


●適度な油をとる

酸化した油、遺伝子組み換えは生命の活力(オージャス)にはならずに、未消化物質(アーマ)になります。

●腹七分目

食べ過ぎるとカパが悪化し、さらに消化力が鈍くなります。消化しきれないと未消化物質(アーマ)になります。
胃の中に空間を持たせることで、消化【火】を燃やすための酸素が必要という考えの方もいます。

●前の食事を消化しきれないうちに、次の食事を取る

これも未消化物質(アーマ)を増やす原因に

●白湯を飲む

消化力が高まり、未消化物質(アーマ)がたまりにくい体になる。胃腸の働きが良くなることで、脳の機能と密接に関わっているので、頭がスッキリしてきます。

●質の良い睡眠

きちんと休息することで、疲れがとれ、未消化物質(アーマ)が取り除かれ、栄養を吸収できるのです。睡眠の長さではなく、『質』が重要です。自然界のリズムに合わせた規則正しい生活を心がけましょう。

どれもそれほど難しいことではありませんね。
しかしちょっとした意識の違いで、脳の疲れをケアできて、気分良く過ごせるようになるよう、ぜひ試してみてください。

IMG_0406
自分で気をつけること以外に、アーユルヴェーダのトリートメントで【シロダーラ】というものがあります。

アーユルヴェーダのトリートメントでいうと『脳のマッサージ』『脳の浄化』と言われるシロダーラ


人間の体にはエネルギーが流れていて、エネルギーが集まるところをチャクラといいます。
その第6チャクラに温めたオイルを垂らし続けるのが『シロダーラ』のトリートメントです。

場所でいうと、額の眉間のあたりです。

『脳のマッサージ』、『脳の浄化』とも言われ、トリートメント中は半分起きているような、
半分寝ているような不思議な感覚です。その日はぐっすりと眠れます。

シロダーラをやっている施設はまだまだ少ないようですが、
興味があったら近くのアーユルヴェーダサロンを探してみてください。


IN YOUオススメ!体リラックスさせるアーユルヴェーダにも使えるアイテムを買ってみよう!


超希少!スポーツアドバイザー使用の有機「レモングラスエッセンシャルオイル」

¥ 2,225 ~ ¥ 3,105 (税込)

> 商品の詳細はこちら
活性酸素除去効果 世界トップレベルのチャーガとローズヒップ入り「国産・非加熱チャーガはちみつ」 1〜2個セット

¥ 6,480 ~ ¥ 38,880 (税込)

> 商品の詳細はこちら


オススメの記事

顎の吹き出物は陽のエネルギーの過剰摂取!アーユルヴェーダとマクロビから見る口の周りのニキビ・吹き出物の対策。悩まされている知人を勝手に分析してみた

簡単癒されアイテム。身近なもので作れるアーユルヴェーダ式『オーガニックハーブボール』で疲れた体をいたわりセルフメンテナンスして癒されよう。

話題のアーユルヴェーダオイルの『ギー』の食品以外の意外な使い方。疲れ目ケアにも使えるって知ってる?無限に広がるギーを使いこなそう。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

haruna
エステティシャン、セラピストの仕事について10年以上が経ち、特別なマシンなどを使うよりも、もっと自然なもので体をケアしたい!という思いが強くなりアーユルヴェーダ中心のトリートメントをしています。オーガニックが大好きで、体の変化をたのしみながら、心も体も自分史上最高の状態を模索中です。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ