メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ IN YOU Market 本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ
IN YOU Market
朝起きたばかりなのに疲れている・・それミネラル不足では?

猛暑の夏にこそ用心したい、お肌の大敵「紫外線」。本当に安心・安全な日焼け止め選びの鉄則|その日焼け止め、体にも地球にも優しいものですか?

猛暑の夏にこそ用心したい、お肌の大敵「紫外線」。
本当に安心・安全な日焼け止め選びの鉄則|
その日焼け止め、体にも地球にも優しいものですか?

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

急に日差しが強くなってきたと同時にコロナによる外出自粛も次々に解除され、
紫外線が気になり始めてきたという方は多いのではないでしょうか。

猛暑が予想される今夏!
紫外線対策はどうする?


これから夏にかけての紫外線対策は必須。

特に今年(2020年)の夏は晴れの日が多くなり、
「猛暑」となることが今から予想されています。

真夏の強烈な紫外線にお肌が晒される機会が
いやが応にも多くなる恐れが大きいのです。

紫外線はお肌を老化させる大敵ですから、
今年は特に、日焼け防止に力を入れる必要があるといえます。

とはいえ、「日焼けどめは出来る限り使いたくない」という方も
いらっしゃることでしょう。

でも今年ばかりは、帽子や日傘、アームカバーやサングラスに加え、
マスクまで着用しなければいけない夏になることが考えられます。

すると心配なのが、日差しや照り返しによって体温が上がったにも関わらず、
放熱がスムーズに行われないことで起きる「熱中症」です。

そのため、放熱を妨げるような、全身をどこもかしこも覆うファッションは
避けた方が
良いとなると、ある程度は日焼け止めを使うことが不可欠なのです。

ただ、私が働いているコスメストアのお客様とお話ししていると、
「何を基準に選んで良いかよくわからないまま、
とりあえず、雑誌やインターネットでのランキングを参考に日焼け止めを買ってみたものの、
自分の肌との相性が今ひとつだった」という声を本当に多く聞きます。

また、読者の皆さんの中には、
肌の弱い私でも使える日焼け止めってそもそもあるの?」と
思われることもいらっしゃることと思います。

そこで今回の記事では、まず、日焼け止めそのものについてご説明し、
次に、敏感肌の方でも使える日焼け止め選びのポイントやオススメ商品、活用テクニックなどについて、
現役美容部員の私がご紹介していこうと思います。

まずは、おさらい。
「日焼け止め」には、紫外線散乱剤タイプと
紫外線吸収剤タイプの2つがある



日焼け止めは、主に次の2種類に分けられます。
「紫外線散乱剤」を使っているタイプと「紫外線吸収剤」を含むタイプです。

これについては既にご存知の方もおられると思いますが、知らない方も多いとは思いますので、
まずは、これら2つの違いについてご紹介していきます。

紫外線散乱剤タイプとは?

「紫外線散乱剤」とは名前の通り、紫外線を物理的に散乱、反射させる物質のことで、
これで肌の表面を覆うことによって紫外線からお肌を守ります。

そして、この種類は主にパウダーの日焼け止めに多くなっています。

「紫外線散乱剤タイプ」のメリット

肌の上で化学反応が起きるわけではないため刺激が少なく、肌が敏感な方も安心してお使いいただけます。
また、パウダータイプのものは密着度均一性が高く、紫外線からの保護レベルも優秀です。

「紫外線散乱剤タイプ」のデメリット

実は従来品には、「乾燥しやすい」、「白浮きしやすい」な、使い心地面での不快感があるものもありました。
しかし最近では製品のクオリティが上がってきており、保湿成分などが配合されているものもあって、
それらの問題は軽減されつつあります。

紫外線吸収剤タイプとは?

「紫外線吸収剤」は、紫外線のエネルギーを吸収し、熱などのエネルギーに変換して放出する物質です。
化学的な仕組みによって紫外線が皮膚の細胞に浸透するのを防ぎます。

リキッドの日焼け止めに多いタイプです。

「紫外線吸収剤タイプ」のメリット

のびの良さ白浮きしづらい乾燥しづらいなどの特長があり、使い心地面では優秀です。
また、日焼け止め効果と密着力も高いと言えるでしょう。

ただし、紫外線吸収剤タイプはデメリットが多く、注意していただきたいポイントがあります。

「紫外線吸収剤タイプ」のデメリット

多くのみなさんがパッと思いつかれるのは、肌負担が大きい、という点だと思います。

なぜ肌に負担がかかるかというと、肌への紫外線を一旦吸収し、エネルギー変換することで
紫外線の浸透を防ぐという化学反応が肌トラブルに繋がる可能性が高いからです。
そして、この他にも、以下のような危険性が指摘されています。
1.環境ホルモン作用

紫外線吸収剤に含まれる「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」や
「オキシベンゾン(オキシベンゾン-3)」が環境ホルモン作用を持ち、
それによって白内障皮膚がんの発症率が高まる可能性があります。
2.赤ちゃんへの影響や男性の不妊症への影響

紫外線吸収剤の中にはホルモンバランスを崩す可能性がある成分が
配合されていると言われています。
そして女性のホルモンバランスを司るエストロゲンを破壊するとの疑いが高く、
妊娠時の女性にとっては危険度が高いとされています。

エストロゲンの破壊によって赤ちゃんが低体重で生まれてしまったり、
先天性疾患を持って生まれてきてしまう可能性が高まるのです。

また2016年の研究によって、紫外線吸収剤に含まれる化学物質が男性の不妊症とも
関係あるのではないか、ということまで明らかになりつつあります。

この紫外線吸収剤のデメリットについては、次の項目でさらに詳しく見ていくことにしましょう。

(参考)
「日焼け止めの紫外線吸収剤とは?敏感肌の人が要注意な理由!」
https://magazine.voicenote.jp/7676/
「それ、本当に大丈夫? 日焼け止めの安全性について知っておきたいこと」
https://www.harpersbazaar.com/jp/beauty/beauty-column/a30683104/safe-sunscreen-200130-hb/
「【その薬、本当に必要?番外編】その日焼け止めの成分が、肌荒れの原因かもしれない!?」
https://news.livedoor.com/article/detail/13441487/)

紫外線吸収剤不使用、100%天然素材で作った日焼け止めファンデ

人体だけではなく、
自然も破壊する「紫外線吸収剤」



紫外線吸収剤について人体への影響のお話をさせていただきました。

しかし、問題は実は、人体だけでなく自然環境にも及ぶのです。

紫外線吸収剤として配合されている「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」は、
サンゴ礁の白化現象遺伝子損傷などの原因の一つです。

そのため、美しい海で知られるハワイパラオでは近年、
紫外線吸収剤を含む日焼け止めの使用を禁止しました。

また、紫外線吸収剤が海に流れると魚を始めとする、海洋生物の体内に
蓄積していってしまうとの研究結果も出ています。

ヒトが無自覚に利用し続ける化学物質が引き起こす自然環境や生態系の破壊は、
人類共通の緊急課題であることは明らかです。

日焼止めに限った話ではありませんが、人体にはもちろんのこと、
環境にも負荷が少ない商品選びを常に心がけていきたいものですね。

他も、日焼け止めは、こんな点にも注意して!


その他、私が考えている、日焼け止めの注意ポイントには、
以下の4点があります。

①SPF・PA値が高いほどリスクが大きい

「紫外線吸収剤タイプ」の日焼け止めを選ぶ上での大きな理由のひとつに、
「SPF・PAの値が高いから」ということがあるかと思います。

しかし、これからの値が大きいほど紫外線吸収剤成分の配合率も高まるため、
お肌の健康リスクも大きくなることを忘れないようにしてください。

②化学物質を食べているのと同等の危険性

日焼け止め製品の進化とともに、その成分は微粒子化し、肌の奥まで浸透しやすくなっています。
食べ物と化粧品は違うと思われるかもしれませんが、
実際は肌から体内に取り込まれているのと同じことなのです。

③塗り直しが引き起こす、二次的リスク

日焼け止め効果を十分に得たいからと日中、何度も塗り直しを行えば、
帰宅すれば専用のクレンジングでしっかりと落とすことになるでしょう。
この塗り直しと、クレンジングがお肌へのダメージにならないわけがありません。

④「ウォータープルーフ」という落とし穴

ウォータープルーフタイプにも要注意です。水や汗に落ちにくいということは、
すなはち、その分しっかり肌に密着しているということです。
肌への密着度合いが高まるほど、皮膚呼吸が妨げられ、
その結果、皮膚の代謝も低下して肌トラブルの原因を作ります。

(参考)
「それ、本当に大丈夫? 日焼け止めの安全性について知っておきたいこと」
https://www.harpersbazaar.com/jp/beauty/beauty-column/a30683104/safe-sunscreen-200130-hb/)
「【その薬、本当に必要?番外編】その日焼け止めの成分が、肌荒れの原因かもしれない!?」
https://news.livedoor.com/article/detail/13441487/

人にも自然にもトコトン優しい、100%天然素材の日焼け止めファンデ

お肌の健康を気遣う皆さんに
私がお伝えしたい、お肌に優しい
「日焼け止め」選び・2つの鉄則



では、日焼け止めはどう選べばいいのでしょうか。
せっかくなら体にも環境にも優しいものを選びたいですよね。
ポイントは、次の2点です。

鉄則1:「紫外線散乱タイプ」を選ぼう!

これまでご説明してきた通り、肌負担が軽いのは「紫外線散乱剤タイプ」のものです。

鉄則2:「パウダータイプ」を選ぼう!

なぜ、パウダータイプの方がおすすめなのか、ご説明していきます。

実は、パウダータイプの日焼け止めの方がリキッドタイプよりも効果は上なのです(同じSPF・PAの場合)。

その理由を簡単にご説明すると、リキッドタイプのものは肌に塗るときに伸ばすため、
自然と薄くなってしまい、同じSPF・PAでも紫外線防止効果が半減してしまうから。

またパウダー自体に日光を拡散する作用があることも私がパウダータイプを
おすすめしたい理由です。

そして、この鉄則をふまえた上で、私がご紹介したい日焼け止めが、
ヴァントルテのミネラルUVファンデーションです。

お肌が敏感な方におすすめ、パウダータイプの日焼け止めファンデ

現役美容部員の私が実感した、
ヴァントルテの
「ミネラルUVファンデーション」の魅力


ヴァントルテは「肌本来のエネルギー」を引き出すことをコンセプトに、
お肌への優しさと高い機能性の実現にトコトンこだわった京都生まれの国産コスメブランドです。

そのヴァントルテ による、「ミネラルUVファンデーション」の主なおすすめポイントは次の通りです。

①9つの無添加処方

お肌への負担が大きいとされる成分が一切配合されていません。
その成分とは、石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・鉱物油・シリコン・タルク・
パラベン・アルコール・合成着色料・合成香料の9つ。
以上のものが配合されていないので、いわゆる敏感肌の方でも安心してお使いいただけます。

最高水準の”SPF50+PA++++”

SPF50+PA++++という最高水準の紫外線防止効果を発揮して、お肌をしっかりと守ってくれます。

カバー力抜群で、納得の仕上がり

天然ミネラルパウダーとピュアシルクパウダーにより、
長時間くすまず、透明感が続きます。
気になるお肌悩みをナチュラルにカバーし、
透明感のあるツヤ肌へと導きます。

ピュアシルク配合で潤い、崩れない

保湿力の高いピュアシルク100%配合なので、1日中潤いを保ち、
特殊コーティングで時間が経っても崩れずに美肌をキープ。
夏場にもおすすめです。

クレンジング不要で肌負担が小さい

お肌に負担がかかるものを配合してないうえ、
石鹸でするりと簡単に落ちるため、余計な肌負担の心配がありません

(参考)
「ミネラルファンデーションのVINTORTE(ヴァントルテ)」
https://www.vintorte.com/fs/vintorte/c/uvmp)」

そして、私が使用してみてのおすすめポイントはこちら。

高密着設計

密着度が高いため、紫外線対策としてももちろん、
メイク崩れが少なくすみます。

ベースメイクと紫外線対策が同時に!「ミネラルUVファンデーション」

私が実際に使ってみてわかった、
ヴァントルテの
「ミネラルUVファンデーション」の
使用感とおすすめ活用法

【著者撮影】

さて最後に、私個人の意見にはなりますが、
使ってみての感想と、活用テクニックをご紹介しようと思います。

お肌に心地よく、崩れにくい

【著者撮影】

もともと私自身が、パウダーはメイク仕上げでよく使用するのですが、
時間が経つとどうしても小鼻のところがメイク崩れしてしまうのが苦手でした。

ところが、こちらはさらっと質感が心地良いのに密着力が高くて崩れにくく、
もし崩れたとしてもお直しがしやすく感じました。

在宅時にもおすすめ

【著者撮影】

続いて、私がおすすめしたい使い方は、次の2つです。

1.一日中家にいるときに

・・・ご自宅で過ごしていても紫外線は入ってきますし、
生活しているだけで顔に汚れ(ほこりや料理の油はね)はついてしまいます。
そのため、屋内でも最低限のパウダーをのせるのがおすすめです。

外出予定がないとお化粧をする気にならないことがありますが、
パウダーなら顔を洗った後にささっとつけておくだけで大丈夫なので便利です。

また、小さなお子さんがいて朝バタバタしてしまう主婦の方にも
ぜひ使ってみていただきたいですね。

こちらの製品は、肌負担なく石鹸で落ちる、つまり、
クレンジングの必要もなく肌負担を軽減できるのも嬉しいポイントです。

2.お化粧直しに

・・・程よいサイズ感と粉漏れのない設計のコンパクトは持ち運びに便利。
しかも、仕上がりがナチュラルで厚塗り感も出ないので外出先でのお直しにはもってこいです。

外出時も自宅でも使いたい日焼け止めファンデーション

今年の夏の日焼け止めは、
本当に心地よいものだけを選びたい


ただでさえ蒸し暑い、日本の夏。

近年は猛暑がつづいていますし、
冷房による肌負担も頭が痛い問題です。

加えて、今年は秋にコロナ第二波の到来も予想されています。

つまり今年は、近年類を見ない不快な夏になることが予想されているのです。

そんな時だからこそ、心から納得して、気持ちよく使える
日焼け止めを選びたいものですよね。

この記事が皆さんの日焼け止め選びの参考に少しでもなれば、
とても嬉しいです。

猛暑の今年におすすめ!ヴァントルテの「ミネラルUVファンデーション」

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ