メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

市販の梅干しには農薬・添加物まみれが多いという悲しい現実。「1日一粒で医者いらず」と言われる日本のスーパーフードの梅干しを見直す

hata ikue
兵庫県加古川市在住。 育児をきっかけに食の安全に関心を持ち、無農薬野菜・無添加食品を中心とした食生活を始める。 私たちの身体は食べたものでできており、特に子供の成長・発達に大きく影響すると実感すると同時に、身の回りの化学物質や薬剤にも疑問をもつ。 以来、オーガニックとは食べ物だけではなく、身の回りを取り巻く環境全てのことだと気付き、それらを排除した生活を取り入れている。 安心な食べ物・安全な環境を求めて、子どもたちのこれからが 真に健やかなものとなるよう願いつつ、家族みんなが笑顔で生活していけるような 情報を発信していきたい。 【ブログ https://ameblo.jp/organic-healthy-life 】

「1日一粒で医者いらず」
と言われるほど、様々な健康効果を持ち、
昔から私たち日本人にとって身近な食べ物である梅干し。

塩漬けしてあるため保存食としても重宝され、
また、その赤く柔らかな色合いから縁起物として人々に親しまれることもあったそうです。

ご飯のお供に。
サラダにあえる。
和え物に。
パスタのソースに。
お茶に入れる。
煮物の隠し味に。

などなど、皆様それぞれの使い方をお持ちなのではないでしょうか。

疲労回復・抗酸化作用・免疫力アップに食中毒予防にも効果的で梅干しは日本のスーパーフードです。
よく知られている効果から意外なことまで、一気にご紹介しましょう。



「1日一粒医者いらず」と言われる梅干しが持つさまざまな効果

疲労回復・抗酸化及び美容効果・冷え性改善効果

梅干しに含まれるクエン酸やビタミンE、ポリフェノールなどの抗酸化成分は、
酸化しやすい私たち現代人の体調を整えてくれます。

また、梅の酸味であるクエン酸やリンゴ酸などの有機酸が糖代謝を活性化させるため、
体のエネルギー代謝も活性化し、新陳代謝を促すことで老廃物を排出するのです。

生活習慣病の予防及び免疫力アップ

肉・魚にアルコールの過剰摂取、大きく乱れている現代日本人の食生活によって
私たちの体は酸性に偏りがち。
健康維持のためには酸性とアルカリ性のバランスを保つことが必須です。

実は、その酸味とは裏腹に梅干しはアルカリ性食品。

1日1粒食べるだけでも十分酸性を中和することができると言われています。
つまり、アルカリ性の梅を食べることで血液やリンパの流れがよくなり、
抵抗力・免疫力がアップするのです。

また、梅干しに含まれるピルビン酸という成分は肝臓の働きを強化し、
梅肉エキスなど梅を加熱する時に発生するムメフラールという成分は、
血液をサラサラにする効果があると言われています。



豊富なミネラル・カルシウムで骨を強くする

私たちの体は、ミネラルバランスが崩れると不調をきたし、
あらゆる病気を引き起こします。

梅には、他の果実よりも豊富な、ミネラルとカルシウムが含まれいるとともに、
これらミネラルの吸収を促すクエン酸も豊富です。
梅干しによって、ミネラル・カルシウムが摂取できるのみならず、
その定着までできてしまうのですから、骨の強化にも繋がります。

放射性物質の排出を促す

梅干し・梅酢に含まれるクエン酸の働きが放射性物質を排出すると言われています。
また、クエン酸によって分泌が促進される唾液にも、殺菌作用及び有害物質抑制があります。

食中毒予防及びピロリ菌抑制

クエン酸の殺菌・除菌効果は、昔から私たちの生活に取り入れられてきました。
お弁当やおにぎりに梅干しを入れるということも非常に理にかなったことなのですね。

また、梅干しはお腹に入った後も胆汁の働きを活発にするため、
食中毒の原因菌への効果もあるとされています。
さらに、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、そして胃がんとの関連性も指摘されている
ピロリ菌の増殖を抑制するという研究結果も報告されています。

これら以外にも、挙げればきりがないほど優れた効能効果を持つ梅干し。
まさに、日本のスーパーフードですね。

優れた効果も帳消し!?スーパーなどで市販されている添加物まみれの梅干し

世の中に流通する名ばかり梅干し



お伝えした通り、優れた効果がたくさんある梅干し。

ところが、現代一般的に多く流通している梅干しは、
梅干しとは名ばかりの商品が多いのです。

梅干し本来の原材料は、原則として「梅」と「塩」のみです。
しかし、スーパーなどの量販店で販売されている梅干しの原材料表示を見てください。

「ビタミンB1」「ビタミンC」「甘味料(スクラロースなど)」「アミノ酸等」「防腐剤」
「香料」「着色料」などなど、メーカーによって内容は異なりますが、
添加物の名称がずらりと並んでいるものも珍しくありません。

これだけの添加物に使っている梅干しは、
もはや本来の梅干しではなくただの調味梅干し、嗜好品と言わざるを得ません。

工場で生産され栄養価があまりない梅干し



安いコストで大量生産される量販店の梅干し。

減塩や調味漬けの過程で水やお湯による塩抜きという作業が加わり
梅の栄養成分が抜けてしまったものに対して
化学調味料等で味付けされているものがほとんどです。

そのため、梅干しとして栄養価が少ない状態で大量生産されてしまっています。


減塩梅干しは、もはや健康を害する

昨今の健康ブームで減塩ブームが起きていて、
スーパーなどの量販店では減塩梅干しや減塩味噌、減塩醤油までが登場し人気のようです。

しかし減塩○○に隠された危険をご存知でしょうか。
塩を減らす代わりに、防腐剤や化学調味料などの添加物が使われているのです。

減塩で塩分摂取は控えられたとしてもその分の添加物を摂取しては・・・本末転倒ですね。

選ぶなら、ひとにも環境にも優しいオーガニック梅を使った完全無添加の梅干を



これまでご説明した通り、梅干しを選ぶ際は添加物を使用していない無添加のものを選ぶことはもちろん、
どのように栽培され製造されたのかを考慮する必要があります。

農薬も化学肥料も使わず自然栽培で大変な手間をかけて育てられ、一つ一つ手作業で収穫された梅。
こうして大切に育てられた梅を、さらに丁寧に漬け込み、
時間と手間を惜しまずに製造された梅干しや梅酢、練り梅などの製品。

自然の恩恵と、作り手の熱意や梅への愛情がたっぷり詰まった梅干しを選びたいものです。

作り手のことがはっきりわかり、誰がどのように作って販売されているのかが明確であれば、
私たち消費者も安心していただけますね。

市販されている梅干しは添加物がたっぷりという悲しい現状にがっかりだった私が、ようやく見つけたホンモノの梅干し!



和歌山の南高梅の無添加オーガニック梅干しはこちら

先にお伝えした通り、スーパーフードとも言える梅干しが、工業生産されることで本来の良さを失い、
保存料・着色料・旨味調味料などの添加物でたっぷり漬けられているという悲しい現状。

私も梅干しは大好きですが、市販されているものは到底買おうと思えず、
近年は、自分で選んだ梅と塩を取り寄せて作るようになりました。

とは言え、やはりプロの作った美味しい梅干しも時々食べたくなるものです。
もはや簡単には手に入らなくなってしまったホンモノの梅干し。

そんな中、梅栽培からこだわった本当に美味しい梅干しを見つけました!

農薬や化学肥料を一切使用しない徹底した梅づくりで有機JAS認証取得。誰もが本当に安心して食べられる梅づくりを



農薬や化学肥料を一切使わない自然栽培。
言葉にすると簡単なように聞こえるかもしれませんが、実際には多くの苦労を伴います。

天候や害虫からの影響を受けやすくなる上に、慣行栽培と比較すると、
収穫量も減少し見た目も綺麗とは言い難い。
もちろん、薬品に頼らない分、かなり多くの人の手や時間が必要になります。

それでも、そのような苦労を押してでも栽培されている梅。

また、添加物を使用すれば、製造コストも削減され、大量生産・時間短縮にもなります。

しかし、そのような安楽的な手法に囚われず作られた、
子供達や孫たち、誰もが本当に安心して食べられる、完全無添加の梅干し。

これこそがまさに、ホンモノの梅干しです。

このホンモノの梅干しは、その風味はもちろんのこと、
農園で作業する人にとっても環境にとっても、食べる人にとっても、とても優しい梅なのです。

その優しさは、もぎたての完熟梅がナマの状態でも美味しく食べられるほど。

そしてこのホンモノの梅干しは、数々の厳しい審査をクリアして
2013年に有機JASの認定を取得しています。

一朝一夕ではいかない、梅干し製造。無添加減塩梅干しを製造するのはプロでも難しい



大切に育てた自然栽培梅。
これらは、収穫したその日に、食塩で塩漬けをして
1年以上の塩蔵熟成を経て天日干しされます。

梅干しが市場に出るまでに、どれほどの手間暇がかけられているか想像できるでしょうか。

また、近年では、天然塩ではなく塩化ナトリウムのような
科学的に作られた人工塩が使用されている梅干しも珍しくありません。

梅干しに使用される塩は、ミネラル豊富な天然塩であることは必須。

このように、昔ながらの製法で作られる梅干しは、
おばあちゃんが昔作ってくれていたような、懐かしい味がするしょっぱい味がしますが、
一口食べると身体に染み渡ります。

一方で、やはり消費者の中には塩分を控えたい、
しょっぱい味が控えめなものを好まれる方も多くいるため
減塩梅干しのニーズが高いことも事実。

しかし、家庭で梅干しをつけたことがある人ならお分かりでしょうか。

梅干しは、その塩分濃度を下げると途端にカビがきたり傷んだり、
かなりの高確率で梅がダメになってしまいます。

そのため、素人はもちろん、梅干しづくりのプロであっても
減塩梅干しを作ることはとても難しく、量産されている市販品ともなると、
減塩する代わりに防腐剤などの添加物が使用されてしまいます。

ところが、この減塩梅干しは
生産者の方の独自の技術と試行錯誤のうえ
なんと塩分濃度を10%にまで減らして実現されたそうです。

添加物一切不使用の減塩梅干し、
高齢者や妊婦さん、子供達も安心して食べることができますね。


和歌山の南高梅の無添加オーガニック梅干しはこちら


日本人より厳しい食品選択基準を持つ外国人のお客様からも認められた梅干し



日本食は健康食として世界中で認知されつつありますが、
同時に、添加物・農薬使用量が大きく問題視されているという話題も後を絶ちません。

このような、オーガニック先進国と言われている欧米各国のお客様は
商品を選ぶ選択基準がとても厳しいというのも当然のこと。

自然栽培梅で作られたオーガニック梅干しであることはもちろん、
福島原発事故以降、放射能の懸念を持つ人も増加しています。

そのため、放射性物質の検査を実施することも求められるようになりました。

さらに、こだわりは容器にまで及びます。

プラスティック製品は、環境破壊のみならず
環境ホルモンによる人体への悪影響も懸念されていますが
プラスティック廃止の動きが加速している諸外国では、瓶詰めが好まれます。

瓶詰めであることで問題となるのが、練り梅という製品。
通常、粘度の高い練り梅は瓶詰めにすると出しにくい、使いづらい、という問題が発生します。

そのため、市販の練り梅は、
発酵調味料、還元水飴、酒精(アルコール)などで粘度調整するようですが・・・

そのような妥協が許されるほど甘くはありません。

粘度調整にどれほどの苦労が用されたのか想像を越えますが
こちらの練り梅は、もちろん添加物一切不使用。

有機梅酢と有機梅、食塩のみで作られており、梅干しの風味と香りがそのまま凝縮された、
とても贅沢なものです。

このように、自然栽培・完全無添加であることに加えて
放射能検査も実施され、製品を入れる容器にまでこだわり抜いた
正真正銘のホンモノの梅干しは、今や海外のリピーターのお客様もたくさんいらっしゃるようです。

梅農家さんが毎日のように食べているおすすめの食べ方



【梅湯】
梅干しに白湯を注ぐだけのシンプルな一杯。

ホルモンバランスを整え、冷え性改善、美肌効果やデトックス効果など、
女性にとって嬉しい効果もたっぷり。
これから寒さが増す季節、毎朝の習慣に取り入れると良さそうですね。

もちろん、マクロビオティックでおなじみの梅醤番茶にも最適です。

【梅ご飯】
梅農家産ではお馴染みのようですが、ご飯を炊くときに梅干しを一粒入れて炊くだけのシンプルな一品。

炊き上がったご飯には、梅干しの酸っぱさはなく、程よい塩気にできあがります。
防腐効果もあり、食中毒予防はもちろんのこと、酸っぱくないので小さなお子さんでも問題なく食べられます。

また、梅干しは熱を通すことで良い成分が増加します。
お弁当のご飯やおにぎりにも重宝しそうですね。

自分が、子供たちや孫たち誰もが、安心して食べられる梅干しを作りたい!その熱意から始まったオーガニック梅干し


大量生産大量販売のためには、やはり農薬や化学肥料を用いて栽培し、
製造も簡易化して量産することもできたはず。
しかし、あえて苦労の多い無農薬・自然栽培の梅を使った完全無添加梅干しを作ることを決意した深見さん。
どうしてここまでオーガニックにこだわったのかを尋ねると、
その答えは極めてシンプルでした。

「自分が食べたい梅干し、子供たちや孫たち誰もが安心して食べられる梅干しを追求したらこうなった」

深見梅店は4代続く老舗の梅店。
先代から受け継がれてきた梅農園も工場も土台もあった、そこから自分が食べたいもの、
家族はもちろんお客様にも安心して食べていただけるものを自信を持って作りたかった。
そうお話してくださいました。

そんなこだわり抜いた熱い思いが詰まったオーガニック梅干しを
あなたのご家庭でも是非、味わってみてください。

和歌山の南高梅の無添加オーガニック梅干しはこちら


この記事を読んだ方にお勧めの過去の記事

風邪に抗生物質は効きません。梅干しを使ったお家でできる簡単 風邪予防対策。

スーパーに並ぶキムチ・梅干し・味噌などの発酵食品は添加物だらけ。本物の発酵食品の選び方と無添加オーガニックの発酵食品の魅力とは

もしもの非常時に力が出る!携帯保存食『干し梅』の作り方と、あまった干し梅の種を使ったアレンジお手当レシピ。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

hata ikue
兵庫県加古川市在住。 育児をきっかけに食の安全に関心を持ち、無農薬野菜・無添加食品を中心とした食生活を始める。 私たちの身体は食べたものでできており、特に子供の成長・発達に大きく影響すると実感すると同時に、身の回りの化学物質や薬剤にも疑問をもつ。 以来、オーガニックとは食べ物だけではなく、身の回りを取り巻く環境全てのことだと気付き、それらを排除した生活を取り入れている。 安心な食べ物・安全な環境を求めて、子どもたちのこれからが 真に健やかなものとなるよう願いつつ、家族みんなが笑顔で生活していけるような 情報を発信していきたい。 【ブログ https://ameblo.jp/organic-healthy-life 】
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ