メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

調味料不使用!野菜の味だけでできる、病から身を守る最強「ファイトケミカルスープ」の作り方。

    佐次本陽子
    3歳の息子を育てるシングルマザー。 インターナショナルスーパーフードアドバイザー資格所持。 スーパーフードと出会い、食の大切さを知る。 以前は売ってるものは安全と思って何でも食べ、体調を崩すこともあったが、スーパーフードを生活に取り入れ、親子揃って健康体になる。 現在もオーガニック、マクロビオティックについて学び、知見を深めている。

    今話題のファイトケミカルを知っていますか?

    ケミカルというと化学的で身体に害がありそう…
    なんていうイメージも沸いてきそうです・・

    実は、わたしたち人間の身体の中でパワーを発揮してくれる物質なのです。


    第7の栄養素として注目されているファイトケミカルとは?

    %e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88

    自然界に数千種類存在するファイトケミカル。

    ファイトケミカルとは、ギリシャ語で【ファイト(phyto)=植物】【ケミカル(chemical)=化学物質】という意味で、植物由来の化学物質のことを指します。

    本来は、植物が外からの刺激(害虫、外敵、紫外線、有害物質など)から、自身を守るために作り出す物質です。

    そしてファイトケミカルは、野菜果物穀物豆類芋類海藻などに、色、香り、苦味、辛味などの成分として自然界に数千種類存在しているといわれています。

    人間の体内では生成できない第7の栄養素。

    ファイトケミカルは、5大栄養素の【ビタミン】【ミネラル】【脂質】【糖質】【たんぱく質】や、第6の栄養素と言われる【食物繊維】とは違い、「栄養素以外の成分(非栄養素)」として、第7の栄養素とされ注目されています。

    ファイトケミカルの大きな特徴の1つとして、植物しか作り出せない物質なので人間の体内では生成することができないというものがあります。

    非栄養素であるファイトケミカルは、私たちの生命維持活動には必須ではありません。よって、摂取しなかったからといって欠乏症を起こす心配もないといえます。

    しかし、様々な病気を予防する効果を持つそのパワーが、今注目されているといいます。

    ファイトケミカルの具体的な作用とは?

    %e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc

    一番注目されている作用は、「抗酸化力」。
    日々体内で発生する活性酸素を除去してくれるパワーを持っています。
    つまり、ファイトケミカルを積極的に摂取することは、細胞を酸化から守り、健康を維持するために効果的ということです。

    日ごろから植物が持つパワー「ファイトケミカル」を活かして、病気にならない体をつくりたいですね。

    活性酸素について詳しい記事はこちらを参考に。

    活性酸素を除去するスーパー戦士「スカベンジャーズ」は食品からも摂れる!病の原因「悪玉活性酸素」 を除去し体の負担を減らすには。

    細胞レベルで健康に。体に備わる「ミトコンドリア」を活性化させ、病にならない体を作る方法とは。

    耳にしたことがある人も多いはず!
    ファイトケミカルの種類。

    では、ファイトケミカルにはどんな種類があるんでしょうか?。
    みなさんもよく耳したことがあるような、代表的なものを取り上げてみます。

    ・アントシアニン

    ポリフェノールの一種で、青紫色の天然色素。

    ブルーベリーやカシスなど、黒や紫色の野菜や果物に多く含まれ、強力な抗酸化作用を持ちます。

    視機能を改善する効果があり、目の使い過ぎによる疲れ目、目のぼやけなどを予防する効果が期待されています。

    ・イソフラボン


    大豆に含まれ、女性ホルモンに効果的として有名なイソフラボン。

    ポリフェノールに分類される、色素成分です。
    女性ホルモン様物質(女性ホルモンと似た働きを行う物質のこと)として作用するので、ホルモンバランスが乱れることによって生じる更年期障害やほてり、イライラなど女性特有の症状に効果が期待できます。

    ・カテキン

    カテキンもポリフェノールの一種。
    緑茶や紅茶に含まれる渋味成分です。
    強力な抗酸化作用を持つうえに、脂肪の吸収を抑制、抗菌、抗アレルギーなど多くの働きを持っています。

    さらに、血中コレステロールの増加を抑制する作用があるので、生活習慣病の予防・改善に効果的です。

    ・リコピン


    トマトやスイカなどに多く含まれているカロテノイドの一種。

    リコピンの抗酸化力は“βカロテンの2倍以上”“ビタミンEの約100倍”ともいわれるほど強く、活性酸素を除去することによって血液の流れを改善する効果があるといわれています。

    ・カプサイシン

    唐辛子で有名なカプサイシンは、辛味成分の一種。

    エネルギー代謝の促進、アドレナリンの分泌を促進させるなどの作用がある為、脂肪を燃焼・分解しダイエット効果が期待できます。

    ・GABA


    チョコレートのパッケージなで見たことある人も多いであろうGABA。
    もともとは玄米や味噌などに含まれているアミノ酸の一種で、人間の体内では主に脳に存在している物質。

    GABAを摂取することで、α波を増加させ(リラックスしている時に脳から発せられる脳波)リラックス効果が得られると考えられています。またストレスの緩和にも効果的とされています。

    代表的なものは上記のものですが、実際には数千種類存在していると言われています。
    自分が普段よく食べている食物には、どんなファイトケミカルが含まれているのか。

    一度インターネットで調べてみるのも面白いと思いますよ。
    何気なく食べるより、効果があると思って食べる方が栄養素は吸収されやすいって言いますしね。

    この時期、積極的に摂取することをオススメする食材はこちら。

    %e3%82%ab%e3%83%9c%e3%83%81%e3%83%a3

    ・かぼちゃ

    ・だいこん

    ・ながねぎ

    ・はくさい

    ・ほうれん草

    ・れんこん


    これらの野菜は、【秋が旬】とされている野菜。
    旬の野菜は、収穫時が最も栄養価が高く、私たちの身体がその時期に欲している栄養素を含む食材です。

    さらに、上記の食材はマクロビオティックの考え方でバランスがいいとされている中庸の食材です。

    ファイトケミカルを効率的に摂るにはスープがベスト!

    %e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97

    細胞を壊さないとファイトケミカルは摂取できない?

    ファイトケミカルは植物の細胞と細胞膜の中に存在するので、細胞膜を壊さないと体内に吸収することができません

    食材によっては、包丁で刻んだ程度では細胞を壊せず摂取しにくいとい難点も。

    加熱することで成分が溶け出す!

    しかし、ファイトケミカルは、加熱すると細胞外に溶け出すという特徴があるのです!

    その特徴を生かした

    調理方法がスープです。

    一定時間加熱すると8~9割が溶け出すとも言われています。

    溶け出した成分には、強力な抗酸化作用免疫増強作用が含まれています。

    同じ野菜を使って、生野菜ジュースと野菜を煮出したスープを作ったところ、ジュースに比べてスープの上澄み部分には10~100倍もの抗酸化作用が含まれていることが証明されたというデータもあるそうです。

    <ファイトケミカルスープの作り方

    <材料>
    好きな無農薬野菜4種類くらい…各100g

    上質なお水…1000cc

    お勧めのオーガニックお野菜セット


    <作り方>

    1.野菜を食べやすい大きさに切って、鍋に入れる。

    2.鍋に水1000ccを加えて沸騰させる。

    3.沸騰したらフタをして弱火で30分加熱して完成。

    ※調味料などは使いません。

    ※野菜はできるだけ無農薬のものを使ってください。

    まとめ~ファイトケミカルとマクロビオティックの関係性について~

    %e7%8e%84%e7%b1%b3%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93%ef%bc%86%e5%91%b3%e5%99%8c%e6%b1%81
    ファイトケミカルについて調べているうちに、マクロビオティックとの深い関係性を発見しました。

    まず玄米や味噌にはGABAが含まれているし、野菜には様々な種類のファイトケミカルが含まれています。

    ということは、マクロビオティックを実践している人は自然とファイトケミカルを摂取することが出来ているのです。

    摂らなくても害はない、でも摂ったほうが健康になれるという、身体にとってメリットしかないファイトケミカル

    これからますます意識して摂取したいもののひとつになりました。

    我が家は息子がスープ好きなので、ファイトケミカルスープを我が家の定番料理としたいと思います。

    時間がない・・という方へ。オーガニックベジブロスを買ってみよう!

    0608174fb5ace802e8cadce58d4c5f81



    ファイトケミカルスープを作りたい!
    でも、時間がない・・・そんな方へのお助けアイテムがこちら。
    完全オーガニック野菜(しかも植物性肥料のみ)しか含まれていないので安心安全!ぜひ使ってみて。



    この記事を読んだ人におすすめなスープレシピ

    自覚症状なく進行する現代病や高血圧に効く!「干ししいたけ」使ったスーパー・デトックススープの作り方

    あらゆる不調時に飲みたい万能スープ!手作り常備薬&飲む点滴「玄米スープ」の作り方。

    【食養レシピ】梅雨時の体の湿気払いを。切干し大根の超簡単はりはり漬け&養生スープ。

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      佐次本陽子
      3歳の息子を育てるシングルマザー。 インターナショナルスーパーフードアドバイザー資格所持。 スーパーフードと出会い、食の大切さを知る。 以前は売ってるものは安全と思って何でも食べ、体調を崩すこともあったが、スーパーフードを生活に取り入れ、親子揃って健康体になる。 現在もオーガニック、マクロビオティックについて学び、知見を深めている。
      ページ上部へ