メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE
本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ IN YOU Market 本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ
IN YOU Market
朝起きたばかりなのに疲れている・・それミネラル不足では?

加熱でさらに免疫力アップ!生ハチミツで作るハート形クッキーのレシピ

今年のバレンタインは、手作りのスイーツで大切な方に想いを伝えませんか?

風邪やインフルエンザなどが流行るこの時期だからこそ贈りたい、
免疫力アップが期待できる、ハチミツを使ったバレンタインクッキーの作り方
をご紹介しましょう。

はるか昔から甘味や薬として利用されてきたハチミツ

人類とハチミツの歴史は約1万年前に始まったとされ、
「ハチミツの歴史は人類の歴史」ということわざがあるほど、
ハチミツは歴史上長きに渡って人類に愛用されてきた食品のひとつです。

1万年前にはすでに人類による採蜜が始まっており、人々は当初、
野生のミツバチの巣からハチミツを採集していました。

1919年にスペインのアラニア洞窟で発見された新石器時代の岩壁彫刻(下写真)は、
人類とハチミツの関係を示す最古の資料とされ、
籠状の容器を片手に持ち、縄梯子を登って天然の洞穴に近づき、
ハチミツの採集を試みる人物の姿が描かれています。

この壁画では洞穴とミツバチが非常に大きく描かれており、
古代人のハチミツへの関心の高さとともに、
ミツバチに対する恐怖の大きさを表しているとも解釈できます。


写真転載元:『あじたび シニア向け通販情報サイト』

また、エジプトではおよそ5000年前に粘土製の管状の巣箱を用いた養蜂が始められ、
巣箱を移動させながら蜜を採集させること(転地養蜂)も行われていました。

『旧約聖書』には「心地良い言葉はハチミツのように魂に甘く、身体を健やかにする」
という一説が書かれています。

また古代エジプトの医学書には、内服薬及び外用薬としてのハチミツの活用についての記述が見られ、
ハチミツに対する薬効は当時から知られていたことが伺えます。


写真転載元:『質オザサ店主ブログ』

スピーディーなエネルギチャージにはハチミツがおすすめ

ハチミツに含まれる糖分はブドウ糖果糖です。
これらはこれ以上分解の必要がないほど単純な構造を持つので、摂取した時に
胃腸に負担をかけることなく、すぐ体内に吸収されてエネルギーになると言われています。

そのため、スポーツなどによる疲労回復にはハチミツを食べると即効性が期待できます。

ハチミツは加熱すると、免疫力アップ効果が高まる!?

従来は、ハチミツを60度以上で熱すると栄養価が低下してしまうといわれていました。
しかし最近の研究では、加熱したハチミツを食べると、さらなる免疫力向上が期待できるとの結果が出たそうです。

研究の概要を新聞記事(中日新聞/2018年11月7日)から引用します。

ハチミツ、加熱で免疫アップ
名市大など研究 180度で1時間、効果物質5倍

名古屋市立大大学院薬学研究科の牧野利明教授(漢方薬学)などのグループは、
ハチミツを一定時間加熱してマウスに投与すると、免疫力が高まることを突き止めた。

感染症予防を目的とした健康食品への応用が期待される。
研究成果は国際民俗薬物学会誌の電子版に掲載された。(安田功)

中国では古くから、生薬の一種「甘草(かんぞう)」をハチミツに浸した上で、
炒めてから加工する習慣がある。
研究グループはハチミツの加熱効果を確認するため、
マウスの消化管上皮細胞に中国産のハチミツを加えて経過を観察する実験をした。

オーブンの温度を150~180度に設定し、さまざまな加熱時間を試して細胞を観察したところ、
180度で1時間熱した時に、免疫力を高める効果のある特定のタンパク質の量が、
生のハチミツを加えた時の5倍に達した

さらに致死性の強い化膿(かのう)レンサ球菌をマウスに投与した実験も実施。
その後に加熱ハチミツか生理食塩水を与えた場合の健康状態を比較すると、
食塩水側のマウスの雌10匹は菌投与後1日で全滅したが、ハチミツ側は10匹のうち5匹が生き残った。

研究グループは熱でハチミツ内部に含まれる分子が変化したことで、
体内でタンパク質の産出を促す構造になったとみている。

牧野教授は「日本に伝わっていない手法で、体の弱った高齢者らの感染症予防につながる可能性がある。
発展途上国では、高額な抗生剤の代わりになるのではないか」と話している。

引用元サイト:『中日新聞 Opirina(オピリーナ)/2018年11月7日付』 

今までの概念を覆すような実験結果です。

そこで、今回は加熱したハチミツを使った
バレンタインスイーツのレシピをご紹介したいと思います。

生ハチミツを使ったバレンタインクッキーの作り方


  • 約20枚分
このレシピを印刷

材料

A
・パン用の有機全粒粉・・・80g
・有機アーモンドプードル・・・40g
オーガニックココア・・・大さじ2
B
生ハチミツ・・・50g
・無農薬米油・・・25g
天然塩・・・一つまみ
オーガニックココア・・・適量

下準備

・オーブンは180度に設定
・天板にクッキングシートを敷いておく。

作り方

① Aの材料を振るいにかけ、さらにホイッパーで1分ほど攪拌してよく混ぜる。
② ①の中にBの材料を加え、ゴムベラで混ぜ合わせひとまとめにまとめる。
③ 20分冷蔵庫の中でやすませる。天板にクッキングシートを敷いた上に、
小さじ1の分量を丸めた生地をのせる。

④ しずくの形にし、ハートの形にするために、楊枝でくぼみを入れて形を整える。
潰さないようにコロコロとしたハートの形にする。
⑤ 180度のオーブンで12分間焼く。
⑥ ココアをまぶす。
ポイントアドバイス

・②の調理工程でクッキー生地がゆるいとまとめにくくなるので、ゆるすぎる場合は、
全粒粉を大さじ1~2を加え、固さを調整してからハートの形を作って下さい。
・ハートの形を作るのが難しかったら、形を整えず、丸めるだけても焼けます。

オーガニック食品やコスメをお得に買えるオーガニックストアIN YOU Market

IN YOU Market

IN YOU Marketで食材を揃えて、早速作ってみましょう!

生きた栄養がそのまま摂れる!
低温で固まらない、オーガニック認証の非加熱クリームはちみつ【150g】|生キャラメルのようななめらか食感がいつでも楽しめる!
¥ 2,916 (税込)
ミンダナオ島で出会った自然栽培の「ココアパウダー 」
¥ 2,880 (税込)
天然カルシウムの宝庫!
満月の海水を凝縮した天然藻塩 | 料理のプロが認めた、まろやかな旨味が広がる神秘の塩
¥ 4,190 (税込)

その他のおすすめレシピ記事

【牛乳・砂糖不使用】必ず喜ばれる!体にうれしいスーパーチョコレートのレシピ

【卵・乳製品不使用】アーモンドミルクと豆乳で作る「ヘルシーバナナプリン」のレシピ

【乳製品不使用】ポカポカ温まる!ヘルシーな「ホットチョコレートラテ」のレシピ3選





この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにお勧めの記事
ページ上部へ