メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

小麦アレルギーの方にオススメ・失敗しない!「グルテンフリー米粉うどん」と「自家製めんつゆ」の作り方

    渡部ちづる
    保育園の栄養士していました。食物アレルギー児の食事を担当していたことからveganを知り、今は自然食・マクロビ・veganの料理を出しているお店で焼き菓子や調理などを担当しています。薬に頼らずにいきたいという気持ちが強くなってきたので今はハーブ・アロマオイルについて独学で勉強しています。

    今年の夏は全然夏らしくない日々が続いていて、今は何月でしょう?
    まだ6月?えっ!!もう7月?!しかも7月半ば?!
    となっている方も多いのではないでしょうか。

    変なお天気が続いてはいますが、時は過ぎていくもので
    もう少しで夏休みが始まるお子さんが多く出てくる時期になりました。

    せっかくの夏休みに普段やらない事してみませんか?


    グルテンフリーの米粉うどんと
    安心・安全な自家製めんつゆのつくろう


    小麦アレルギーの方も一緒に出来るように
    米粉を使ったモチモチうどん!


    今回は小麦粉を使わない、
    グルテンフリーのうどんの作り方と自家製めんつゆの作り方を紹介します。

    米粉のうどんは小麦粉のうどんと違い、グルテンがないのでちぎれやすく扱いが難しいかもしれませんが、
    短めのうどんで太すぎないなど少しのコツをつかめば、小麦粉のうどんよりも手軽に作ることが出来ます。

    めんつゆは一度作るともう買わなくてもいい調味料になりました。
    醤油がわりに煮物に使ったり、
    お酢とお好きなオイルと合わせてドレッシングにもなったりといろいろなものに使えて便利です。

    作る時に好きな食材を選んで出汁を作れば、
    いろいろな風味を楽しめるのも自分で作る特権だと思います。

    この夏一度 お子さんやお友達などと大勢で一緒にうどんを作るのも楽しいと思います。
    ぜひ試してみてください!


    グルテンフリー・米粉の釜揚げうどんの作り方

    • 2~3人前
    このレシピを印刷

    材料

    有機米粉  200g
    ・有機片栗粉  50g
    ・有機白玉粉  15g
    ミネラルウォーター(ぬるま湯) 150ml~200ml(調整しながら入れてください)
    天日塩  少々

    下準備

    お湯を沸かす

    作り方

    1、米粉と片栗粉と白玉粉を塩をボールに入れて、菜箸で軽くまぜる。
    2、ぬるま湯を100ml入れて、菜箸でくるくる円をかくようにまぜる。






    3、残りのぬるま湯を少しづつ加えながら手でひとまとめにする。(粗熱が取れているのを確認してから)



    4、打ち粉をして綿棒で薄く延ばす。



    5、好きな幅にカットする。







    6、1~5分茹でる。

    ポイントアドバイス

    ・生地をまとめるときにいくつかに分けてまとめると扱いやすいです。
    ・麺の長さを短めにすることで、ちぎれにくくなります。
    ・お湯に入れるときは、なるべる一本ずついれるようにすると、くっつきにくいです。
    ・茹でているときはかき混ぜなしぎると麺がちぎれやすくなるので注意しながら混ぜてください。
    ・麺の太さは細めの方が食べやすいですが、太いと田舎うどんのような食べ応えのある麺になります。



    うどんには欠かせないものが麺つゆです。
    麺つゆを作る方、あんまり聞きませんが簡単に作れることご存じでしょうか?

    自分で作ると自分の好みに作れてるのも良いですし、
    なにより、普通のスーパーで売られている麺つゆは
    化学調味のアミノ酸などの添加物が沢山入っている
    ものが多くあります。

    簡単に安全で美味しめんつゆが作れることを知ったらわざわざ買う必要もなくなります。


    今回は暑い夏に負けないように免疫力を上げるベジブロスを使っためんつゆの作り方を紹介します。

    ファイトケミカルと天然のアミノ酸で免疫力を上げていきましょう!

    ベジブロスについて書いてある記事もあるので、ベジブロスについてはそちらをご覧ください。
    こちらの記事も読んでみてね


    自家製で免疫力をアップ!めんつゆの作り方

    材料

    ・有機昆布  10cmくらい一枚
    有機ベジブロス  500ml
    ・有機粉かつお  4~8g(小分けになっているものなら一袋れても大丈夫です。)
    有機醤油  150ml
    ・有機酒    50cc
    ・有機みりん  50cc

    下準備

    前の日に保存容器に昆布とベジブロスをを入れて、冷蔵庫で一晩置くとすぐに出汁が取れます。

    作り方

    1、前日に用意した昆布と水を鍋にうつし、火にかける。
    2、沸騰する直前で火をとめて、粉カツオを入れる。5分くらい置く。
    3、醤油、酒、みりんを加えて再度火にかける。ふつふつしてきたら火を止め、そのまま30分くらい置いておく。

    ポイントアドバイス

    ・ベジブロスがない場合は水でも大丈夫です。
    ・前日に昆布をつけ忘れた場合は、昆布に切れ目を入れてからベジブロスまたは水と一緒に鍋に入れて30分くらい置いてから作ることもできます。
    ・今回はストレートタイプのつけつゆです。
    ・冷蔵庫で1週間を目途に使ってください。
    ・veganの方は粉カツオを粉末のシイタケに変えて作る事が出来ます。
    ・なるべく粉末ごと食べてもらいたいですが、粉末が苦手な方は袋に入れたままお使いください。




    自家製めんつゆを使っておすすめの簡単アレンジ


    イタリアン風のつけ汁の作り方

    材料

    ・自家製 めんつゆ 150ml
    ・有機プチトマト   4個
    ・オーガニックアマニオイル 小さじ2/1
    ・有機コショウ  適量

    作り方

    1、プチトマトを半分、または大きい場合は4等分にきる。
    2、自家製めんつゆとオーガニックアマニオイルとカットしたトマトをあわせる。
     お好みでコショウをふる。




    うどんを手作りして副菜まで手の込んだものを作るのは大変なので
    簡単に栄養をとれるものを紹介します。


    簡単副菜!揚げびたしの作り方

    材料

    ・お好きなオーガニック夏野菜
    オーガニックオリーブオイル
    ・自家製めんつゆ

    作り方

    1、お好きなオーガニック夏野菜を素揚げする。
    2、素揚げした野菜を自家製めんつゆに漬け15分くらいおく。







    IN YOU Marketのオススメオーガニック商品

    全部オーガニック原料!酵母エキスも添加物もなし。これぞ本物のオーガニックベジブロス

    ¥ 6,000 ~ ¥ 18,000(税込)

    【2袋セット】無農薬、無肥料の自然農法で育てられた生命力豊かなお米。子どもも安心して食べられる、グルテンフリーの「自然農法米粉」

    ¥ 4,860 (税込)

    原材料3つ。北海道産有機大豆と有機小麦でできた「主役の有機醤油」

    ¥ 1,500 ~ ¥ 5,101(税込)

    全て国産、天然魚使用!化学調味料も食塩も不使用。厳選材料のオリジナルブレンドだし&煮干しだし 2、3個セット

    ¥ 3,500 ~ ¥ 4,980 (税込)


    この記事を読んだ方にオススメの記事

    日本の農家が次々と廃業中 | 断絶した農家の孫が語る農業の裏事情。もはや一般人も農業に無関心では安全な野菜は手に入らない!

    カラダにいいという理由だけでオーガニックを選ぶ日本特有の価値観|環境保全に貢献できるからこそオーガニックが選ばれる。 エコ先進国ドイツから学ぶ、環境保全の視点とOEKOテスト誌の取り組み

    安心安全な菓子は手作りが一番! 味覚障害にならないためには? 市販品と自家製との差は?バナナドロップクッキーの作り方。

    IN YOU Journal公式メールマガジン配信中!



    登録フォームはこちら!

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      渡部ちづる
      保育園の栄養士していました。食物アレルギー児の食事を担当していたことからveganを知り、今は自然食・マクロビ・veganの料理を出しているお店で焼き菓子や調理などを担当しています。薬に頼らずにいきたいという気持ちが強くなってきたので今はハーブ・アロマオイルについて独学で勉強しています。
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ