メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

もうすぐ梅雨。体を冷やしがちな季節に食べたいカンタン葛ゼリーの作り方

    アパレル勤務していた20代の頃に菜食と出会う。植物性だけの味、植物性だけの料理の面白さに心を奪われ実践し、日に日に自分自身が楽になっていく事をも実感する。後に会社を退職し、自然食レストランに従事。それ以降、自然食や自然療法、自然出産、ヨガ、シュタイナーなどを通じて、自身の心と体に向き合い、日々暮らしている。本当の健やかさとは何か、喜びとは何かを未だ探求中。一歳児と五歳児の母親。

    日差しが日に日に強くなってきているのを感じるこの頃です。

    朝は寒いと感じるくらい涼しいのに、
    昼は真夏日かと思うくらい暑く、気温の差が大きいので
    カラダの調子が何となくイマイチ…の方もいらっしゃるかと思います。

    次にやってくる梅雨の時季に備えて、
    カラダの調子を整えておきたいところです。

    雨の日の私は、外が「雨」だというだけで、
    カラダが冷えてしまう事が多いようです。

    雨の日はやたらにトイレが近く、
    手先も冷えてきて、「ああ、雨だからかぁ…」と、ふと気がつきます。

    お風呂に入って雨の音を聞くのは好きですが、
    基本、雨は嫌だな~なんて思ってしまいます。

    カラダが冷えてしまうのは、気温が冬みたいに低く寒い訳ではないので、
    油断もしてしまうのでしょうね。



    そういう時に、お茶や、食べ物でカラダを温め、
    自然に無理なくメンテナンス出来たら楽だなと思います。

    今回ご紹介するのは、完全無農薬栽培で作られた「黒焼き赤米茶」を使った葛ゼリーです。

    外の気温は暑く、食べ物もあっさりが欲しくなります。

    だけど、カラダを冷やすような食べ物ばかりを摂っていると、
    急にガクンと冷えたりして、カラダが不調になるもととなったりもします。

    カラダを冷やさないエネルギーがギュッと詰まった
    「黒焼き赤米茶」でこの時季を乗り切るのにオススメです。

    ゼリーになった黒焼き赤米茶。黒糖で甘みを出しています。
    赤米と黒糖の素朴な味わいが飽きのこない美味しさです。



    赤米って?



    最近は、いくつかの雑穀がセットになっていて販売されている事もよくありますよね。
    その中に赤米も入っている事もあり、ご存知の方は多いと思います。

    その赤米、野生稲の大部分が赤米であることから、
    赤米は米のルーツであり、赤飯の起源と考えられています。

    邪馬台国や大和朝廷への献上米も赤米が主だったといわれています。
    栄養成分は現代の白米に比べ、たんぱく質や各種のビタミン・ミネラルが多くふくまれています。

    この赤米、「生命力が極めて強い」と、されています。
    なぜなら、荒れ地で無肥料・無農薬でも丈夫に育ち、干ばつ・冷害などにも強いのです。


    「タンニン」がもたらす効果



    「赤米」の代表的な成分は、赤い色素に含まれる「タンニン」です。
    「タンニン」はポリフェノールの一種で強い抗酸化作用があります。

    【美肌効果】

    「タンニン」は開いた毛穴を引き締める作用があります。
    メラニンの増殖を抑え、皮膚を守り美肌作用をもたらすといわれています。

    【抗酸化作用】

    様々な病気や老化の原因になると言われている「活性酸素」。
    「タンニン」は活性酸素を抑制する力があります。
    シミ・シワを防ぐ、老化防止、ガンや生活習慣病を予防するとも言われています。

    【疲労回復効果】

    ビタミンB1が糖質をエネルギーに変換し、疲労を回復します。

    【整腸作用】

    腸を引き締めると言われており、腸を整えてくれます。

    出典: 『農業総合研究センター 水田農業試験場「米づくりQ&A」』
    出典: 『輝き女子のツナガル市場 』


    糸島の大地で完全無農薬栽培で作られた「黒焼き赤米茶」

    ¥ 5,184 (税込)

    完全無農薬栽培で作られた「黒焼き赤米玄米茶」



    IN YOU Marketで「黒焼き赤米玄米茶」が売られています。
    福岡県糸島市で無農薬栽培で作られた赤米玄米を黒焼きしたお茶です。

    お茶のパッケージには、



    弥生時代より伝わる米の原種である赤米玄米を、黒焼きした玄米茶です。
    神が宿ると言われる赤米の持つ生命力に
    炭化一歩手前まで煎ったエネルギーがプラスされた極陽食品です。
    健康増進が期待できる香ばしいお茶です。日々ご愛飲下さい


    と記されています。

    引用:『体の基礎を整えるメンテナンスティー筑前赤米黒焼き茶』

    赤米のエネルギーに、さらに火のエネルギーを加えた極陽性な飲み物。

    疲労回復にオススメです。

    梅雨の時季、湿気があるというだけでカラダが陰性の方に向く自然の不思議な力。
    疲れやすい方や、冷え性の方、エネルギー不足かなと思ったら、
    このメンテナンスティーで体の基礎を整えてみてはいかがでしょうか。

    100%天然国産原料!一子相伝による伝統的製法で、丹精込めてつくりあげた白い金、「絶滅寸前の究極の本葛」

    ¥ 1,760 ~ ¥ 11,480 (税込)

    黒焼き赤米茶の葛ゼリー

    この赤米茶を普通に飲むのが一番良いのですが、
    愉しみのひとつとして、葛ゼリーにしてみました。
    赤米と黒糖の素朴な味わいが飽きのこない美味しさです。


    黒焼き赤米茶の
    オーガニック葛ゼリーの作り方

    材料

    有機粉寒天  2g
    ミネラルウォーター(粉寒天用) 50g

    有機本葛  大さじ2
    有機黒糖  45g

    無農薬赤米茶  2パック(4g)
    お湯  550g

    作り方

    1)赤米茶を作る。容器に赤米茶を入れて、お湯を入れる。3分程度





    2)鍋に寒天と水を入れて、10分ほど置く。


    3)2の鍋に葛も入れて、混ぜる。




    4)黒糖も入れて混ぜる。





    5)1の赤米茶も入れて、火にかける。絶えず、木ベラなどで混ぜ続ける。




    6)沸騰したら、弱火にして3分程煮る。この時も混ぜ続けます。


    7)火をとめて、容器に移し、冷めたら冷蔵庫へ。





    8)固まったら適当にカットして、器に分けていただきます。




    IN YOU Marketのオススメオーガニック商品

    100%天然国産原料!一子相伝による伝統的製法で、丹精込めてつくりあげた白い金、「絶滅寸前の究極の本葛」

    ¥ 1,760 ~ ¥ 11,480 (税込)

    糸島の大地で完全無農薬栽培で作られた「黒焼き赤米茶」

    ¥ 5,184 (税込)

    <たっぷり2.5-3.5ヶ月分でお得!>ミネラルならこれ1つ。あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)

    ¥ 18,225 (税込)


    この記事を読んだ方にオススメの記事

    アトピー性皮膚炎、あなたのそのケア、間違っているかも?!外からの保湿は意味がない。もう悪循環な肌ケアから卒業しませんか?【 オーガニックベンダーズ達の声 by IN YOU Market】

    夏バテ予防・疲労回復にも効果的。 意外と知らない万能果実かぼすの効果と、かぼすの活用法。

    不調のほどんどは睡眠を改善することで解消します。今こそ眠りの環境を整えよう! 〜IN YOU Marketが私に教えてくれたこと vol.11〜

    IN YOUライター募集中!


    あなたの時間を社会のために有効活用しませんか?
    年間読者数3000万人日本最大のオーガニックメディアの読者に発信しよう!


     IN YOU Writer 応募はこちらから 

    今だけ!IN YOU Marketの会員登録してくれた方へお得なクーポンプレゼント!!



    対象

    5/25 – 5/31の間にMarketの会員登録をした人

    特典

    次回使える500円OFFクーポン(5,000円以上の購入で有効・有効期限あり)を後ほどメールで配信します!

    注意点

    メールでクーポン配信するので、
    @inyoumarket.comからのメールが受信できるようにドメイン解除をお願いします!

    この記事のタグ
      お気に入り登録する
      シェアする

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      アパレル勤務していた20代の頃に菜食と出会う。植物性だけの味、植物性だけの料理の面白さに心を奪われ実践し、日に日に自分自身が楽になっていく事をも実感する。後に会社を退職し、自然食レストランに従事。それ以降、自然食や自然療法、自然出産、ヨガ、シュタイナーなどを通じて、自身の心と体に向き合い、日々暮らしている。本当の健やかさとは何か、喜びとは何かを未だ探求中。一歳児と五歳児の母親。
      あなたにお勧めの記事
      ページ上部へ