メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE
本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ IN YOU Market 本物のオーガニックが見つかるオーガニックショップ
IN YOU Market
朝起きたばかりなのに疲れている・・それミネラル不足では?

添加物なし!簡単ヴィーガンカレールーの作り方

食品添加物というと、あまりよくないイメージがありますよね。

そもそも食品添加物とは、食品衛生法によると
「『食品添加物』とは食品の製造過程で、または食品の加工や保存の目的で食品に添加、混和などの方法によって使用するもの」
と定義されています。

その食品添加物で最も気になる食品の1つ、カレールー。
身体によくなさそうだと思っていても、あのトロミが好きな方は多いはず。

今回は、手作りでもしっかりトロミを出せる、
無添加のヴィーガンカレールーをご紹介します!


あらゆる食品に使用されている添加物



以前の法律では合成添加物だけが食品添加物に指定されていたのですが、
現在では「天然」「合成」の区別なく食品添加物として認められています。

着色のために使われてきたシソの葉やクチナシなどは、
現在はエキスにして食品添加物の着色料として使用されています。

また、加工食品、保存食や味をつけたりするときに使う調味料、保存料、着色料などをまとめて食品添加物と呼んでいます。

もちろん、安全性とその有効性を科学的に評価し、
厚生労働大臣が認めたものだけが食品添加物として使用できるように決められています。

しかし、添加物は国が添加物は安全とその有効性が認められたもとは言っても、
ほとんどの食品の中には添加物が入っています。

毎日、添加物、特に科学的に処理をされた添加物が体に入ってしまうと
病気になるリスクが高くなります。

特に成長期の小さなお子さんは注意が必要です。

スナック菓子、ジュース、炭酸飲料水、
市販品の調理されたレトルト食品などばかり与えてしまうと
成人になったときに、どこかしら体の不調を訴えるようになります。


☆デトックスにもおすすめ!Minery「飲むミネラル」

添加物が入らない安全な食べ物はスパイスを利用しよう!



そこで注目すべき料理はカレーです。

カレーは老若男女問わず、人気のある食べ物です。
日本のカレーは、味付けが良く出来ており、海外でも人気です。

市販品のカレールーで作ったカレーは、トロミがあり、
ご飯よりルーの方を食べたくて、おかわりして食べるぐらい外国人も好きです。

しかし、食べたあとに
胃のもたれ、胸焼け、極度の眠気、集中力欠乏など、
さまざまな症状が現れることも。

私は学生の頃、カレーを食べたあとはあまり勉強がははかどらなかったのを思い出します。

では、なせ市販のカレーを食べたあとに体の不調が出てくるのでしょうか。

実は、市販のカレールーの中には見た目にきれいな色をつける着色料や、
美味しいと感じる化学調味料など、添加物の宝庫だからです。



一般のルーに含まれている原材料は、

・小麦粉
・カレーパウダー
・食用油脂
・脱脂大豆デキストリンアミノ酸
・カラメル色素
・乳化剤
・酸味量
・香料
・甘味料
・チーズ加工品
・香味料
・香辛料抽出物

など、化学調味料や石油由来の添加物、トランス脂肪酸(体に悪影響を及ぼし兼ねない悪質な植物油が原料)で作られています。

その多くの原料とは、トランス脂肪酸であるパーム油が使われています。
ポテトチップスやカップ麺等にも使われています。

カラメル色素は、焦がした砂糖にクリームを加えたキャラメルを思い浮かべますが、
コーラの色に使われています。 

問題の物質は、一部のカラメル色素の製造時に発生する
4-メチルイミダゾール(4-MI)と言う物質です。

団体の調査に協力した日本のNPO法人「食品と暮らしの安全」によると、
この発ガン性物質は、カラメル色素を製造する過程で、
砂糖やアンモニア、亜硫酸塩が高圧・高温下で化学反応を起こして生成される化学物質です。

こちらの記事も参考にしてください。
市販カレールーの正体は「劣化した油脂と添加物の塊」カレールーの正しい選び方と日本人の体質に合わせたカレーの作り方。

手軽に作れるといっても、添加物入りの食べ物は避けたいもの。
自然石が作り出したスパイスや野菜の旨味でカレールーを作って見てはいかがでしょうか。

古代から愛用され、医食同源とされているスパイス。
使うのは敷居が高いという方も多いと思いますが、
今回はスパイスの種類が少ないものにしました。

今回は、小さなお子さんでも食べられる
とっておきのレシピをご紹介したいと思います。

ジャガイモを利用した
ヴィーガントロミカレールーの作り方

材料

・無農薬玉ねぎ   1個
・無農薬トマト   1個小
・無農薬生姜(すりおろし)   大さじ1
・無農薬ニンニク(すりおろし)   大さじ1
・無農薬じゃがいも   1個小
・オーガニッククミンパウダ   小さじ2
・オーガニックガラムマサラ   小さじ1
・オーガニックカレー粉   大さじ3
・無添加コンソメ   小さじ2
無農薬オリーブ油   大さじ2
天然塩   適量

下準備

ジャガイモの皮はたわしできれいに洗う。

作り方

1 玉ねぎとトマトはみじん切り。じゃがいもは皮は剥かず4等分に切り竹串がスッと通るまで茹でる。
ザルにとり、冷めたら皮を剥く。じゃがいもは木ベラやホイッパーでつぶす。

2 中火で温めたフライパンにオリーブ油を入れ、すりおろした生姜とニンニクを入れる。
香りが出たら玉ねぎを加え、薄い茶色になるまで10分ほど炒める。

3 じゃがいもとトマトを2に入れ、木べらでつぶしながら煮ていく。

4 火を弱めてクミンパウダー、ガラムマサラ、カレー粉を加えて蓋を閉めて5分ほど煮る。

5 コンソメを加えて天然塩で味を整えたらカレールーの完成。

6 お皿にご飯をよそい、オリーブ油で揚げたブナシメジ、カボチャ、なす、ししとうをトッピングしたら熱々をいただきます。

ポイントアドバイス

玉ねぎを炒めるときは、焦がしてしまっては苦味が出てせっかくの美味しいカレーが台無しになります。炒めすぎないように。焦がさないように炒めて下さい。

スパイスを入れてから煮ると水分が少なくなるので、水を100~250ccまで入れてトロミを調整します。じゃがいもが入っているのでトロミのあるカレールーになります。

農薬・添加物フリー!
IN YOU Market厳選食材をそろえよう。

体に優しい、環境にやさしい、持続可能な農業を未来の日本のスタンダードに。 本当の安心が保証された、本当に美味しい、有機JAS認証野菜セット(5品目)

¥ 3,869 (税込)

農薬・肥料不使用!湧き水で作られた徳島県産自然栽培の白米・玄米【5kg】

¥ 5,000 (税込)

【IN YOU限定セット】白米と同じ要領で簡単に炊ける!岡山県産ぷちぷち無農薬自然栽培玄米2種セット【2セット】

¥ 8,056  税込

オリーブオイル好きでもビックリ!70年代から完全自然栽培!最高品質オーガニックエクストラバージンオリーブオイル 250ml

¥ 4,320(税込)

ミネラル豊富な完全天日塩|超希少! 血圧上昇を気にしなくて済む奇跡の塩 お塩2種セット

¥ 7,560 (税込)

こちらの記事もおすすめです

レトルトカレーで頭痛やめまいに!健康に悪いレトルト食品は添加物や電子レンジ調理で生命エネルギーを低下させます。保存食品をやめて手作りすれば元気になれるオージャスの秘密。

植物性食品を上手に取り入れるライフハック!凍り豆腐を使った絶品!簡単「ヴィーガンキーマカレー」とアレンジレシピ。ゆるっと気軽に「ゆるベジ」はじめてみませんか?

作り置きもできる!スパイスカレーペーストの作り方|冷やしても美味しい万能レシピ

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

あなたにお勧めの記事
ページ上部へ