お手当法

カルシウム=牛乳の概念は、もう捨てよう。日本人の体質にマッチしたカルシウムの摂取方法と、現代人の体を養う「ごま塩」のチカラ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3207022120_57a28f967f_b

お家の冷蔵庫にはミルクはありますか?

image1-4
「カルシウム」といえば牛乳やチーズを思い浮かべる方も多いでしょう。

子供の成長期に欠かせない、精神の安定、安眠、骨そしょう症の予防など、
カルシウムに期待するところは大きいですね。

小さい頃から「カルシウムをとれ」と言われ、毎日牛乳が支給されてきた経験からも、
冷蔵庫にはいつも牛乳やチーズを常備している家庭も多いと思います。

しかし、ご存知の方も多いかと思いますが、
マクロビオティックの考え方では、動物性のカルシウムはあまりお勧めしていません。


物にもよりますが、植物性のカルシウムなら比較的安全で良質な補給ができるでしょう。

我が家の冷蔵庫には、牛乳はありません。

子どもたちも、成長期だからといって牛乳を与えていませんでしたが、植物性のカルシウムで、十分に育ちました。

カルシウムの働きは、骨を強くするだけじゃない!

image1-1
私たちが摂取したカルシウムは、その99%が骨や歯に貯蔵されます。
残りの1%は血液に乗って全身を巡ります。

そして、筋の収縮やホルモンの分泌、血液の凝固や止血などの機能を果たしています。
その他、心臓の規則正しい拍動にもカルシウムが関与していて、生命維持のために重要な働きをしています。
骨に蓄えられたカルシウムは、血中カルシウム濃度が下がってくると、副甲状腺ホルモンが指令を出して、骨からカルシウムを溶かして調達します。

常に、適量のカルシウムが体内を巡るよう、骨が貯蔵庫の役割を果たしているのです。
その他、胃液の分泌調整や鉄の代謝補助などの働きもしています。
また、マグネシウムと協同して、筋肉の緊張や神経の興奮を落ち着かせる作用もあります。

しかし、カルシウムは食品からの吸収率の低い栄養素です。
牛乳や乳製品でも約50%しか吸収されません。


通常の食事でも25〜30%程度と言われています。
その上せっかく吸収蓄積されて骨の一部になっても運動不足などで骨への負荷が減れば簡単に流れ出てしまいます。

もともとカルシウムの摂取ができにくい日本の土壌

image1-2
日本は雨が多く降りますが、地形上、雨水が比較的すぐに海へ流れるため、土壌中のミネラルがあまり水に溶け込みません。ヨーロッパなどの平坦な地形では、雨水がゆっくり地層をとおって湧き出すため、ミネラルがたっぷり溶け込んだ硬水になります。

ミネラルの中でも、カルシウムとマグネシウムの含有量が硬水・軟水の決め手。
一般に硬度120mg/1未満が軟水、300mg/1以上が硬水。

日本の水はほとんどが軟水です。


そうしたことから、日本ではカルシウムを摂り過ぎる心配よりも、むしろ意識して摂った方が良さそうです。
また、カルシウムとマグネシウムは兄弟ミネラルとも呼ばれていて、相性が良く一緒にとると吸収率が上がります。

交通事故で複雑骨折した時に食べたくなったもの。

動物性カルシウムはリサイクル品!?

私は小学生の頃、交通事故で左大腿骨を複雑骨折して、3ヶ月入院をしました。

複雑骨折だったため、少し時間がかかると言われ、母は心配して、カルシウム製剤(牛骨粉)を私に飲ませました。今思えば、あれは牛の骨から作られた“お下がり”でした。

私も、早く回復したくて母の勧めるままに飲んでいました。

3ヶ月後、無事に退院できましたが、骨の質が良かったかどうかはわかりません。
牛は牧草を食べて乳や自分の骨をつくります。

人間がその乳や骨を利用してカルシウムを摂るとしたら、二次的なカルシウムになりますね。

image1-6
そのころの私は、いつもの朝食に飽きて、一人だけ「コーンフレークに牛乳をかけて食べたい」とか、
「梅干しは嫌い」「納豆は食べられない」と、わがままを連発していました。

なのに、家族と離れて病室に一人でいた時にm無性に食べたいと思ったのは、梅ぼしが入って大きめの海苔に包まれたおにぎりでした。

海苔もカルシウムがたっぷり。
私の体が本能的に、良質のカルシウムを欲しがっていたかもしれません。

母にリクエストすると、喜んで作ってきてくれました。
おふくろの味の勝利ですね。

日本人の良質なカルシウム源

1280px-Sesame_seed_black
地形や気候が変われば、そこで育つものも違ってきます。
もともと土壌や水にカルシウムが少ない土地で暮らす日本人は、何を食べてカルシウムを摂ってきたのでしょう。

酪農の歴史は近年ですから、牛乳でもチーズでもありませんね。

一番に思いつくのは、島国日本では周りが海ですから、魚は食べていたでしょう。
その魚は小魚を食べ、小魚は藻や海藻を食べて自分の骨を作ります。

ですから、人間がそれを利用してカルシウムを摂るのは、やはり二次品、三次品になります。
良質でしなやかな骨を作るなら、処女性の高いカルシウムがオススメです。

実は植物の体にも多くのカルシウムが含まれています。
特に、青菜や海藻、ゴマにカルシウムが多いのです。

image1-3
つまり、海藻や青菜やゴマが、しなやかで強い骨を作ります。

image1
青菜の中でも、大根葉はカルシウムがたっぷり。
小松菜も多いですが、とれない時期は、海藻やゴマなどの乾物を利用してもいいですね。

毎日コンスタントにカルシウムを摂るためには、ふりかけとして常備しておくと重宝します。


ゴマ塩を作ってみよう!

3207022120_57a28f967f_b
ゴマ塩作りは、ちょっと修行僧のような気分で楽しいもの。
先に述べたように、カルシウムの多いゴマとマグネシウムを含む自然塩は相性のいい組み合わせです。
常備しておけば、忙しい日もご飯が進みます。

作り方(作りやすい分量)

1.厚手の鍋に塩(大さじ2)を入れ、木べらで混ぜながらサラサラになるまでから煎りする。塩が熱いうちにすり鉢に移し、細かく摺る。

2.1の鍋に黒いりゴマ(大さじ8)を広げて火にかけて、空煎りする。パチパチと言い出したら、火から降ろす。

3.2のゴマを3分の1ずつ1のすり鉢に加え、油が出ないように手早くすり合わせる。3回に分けて混ぜ合わせ、塩とゴマが完全に混ざったら出来上がり。冷蔵庫で1ヶ月保存可能。


オススメの使い方

カルシウムの働きは広範に渡りますが、細かいことが気になって眠れないといった陰性タイプの不眠症や、
体調が整わない時の微調整にこのゴマ塩を使うことがあります。

市販のものを買うときも、必ずこだわったものを。

IMG_1886
面倒な方は市販品でも大丈夫ですが、一般に国内で消費されているごまのうち、99.9%が海外から輸入されたものですので、安ければ安いほど、その安全性には疑問符が残ります。

どれがいいのかわからない、という場合はマクロビオティックの師匠「久司道夫」と共同開発したという黄金比率の「ごま塩」を使ってみてくださいね。

久司道夫認定 基本のマクロビオティックセット!ごま塩・わかめふりかけ・海塩3点セット


ちなみにこのゴマ塩に使われているゴマは、希少な国産品。
鹿児島産ゴマを使用し、真っ黒で濃厚、香りも豊か。

塩は、非直火式・低温製塩方式で製塩され、丸ごと結晶化したまろやかな仕上がりでごまの風味を引き立てています。

市販のゴマ塩は、塩分が高く、ゴマは摺れていないものがほとんど。
ゴマは種子なので、殻を十分に取らないと、栄養として吸収されずに、そのまま排出してしまいます。

このゴマ塩は、丁寧にすってあって塩分が控えめ(ゴマ塩の割合は14:1)。
ご飯やお赤飯のふりかけとしてだけでなく、ゴマあえや薬味として使っても安心でした。

マクロビお手当てにも活用。
「胡麻塩」ですっかり気分が落ち着いた!


子育て時期に、マクロビのサークルを始めていた頃でした。
同世代のママ友の一人が、ストレスからか過呼吸や心気亢進の症状を抱えて、夜に家に訪ねてきました。

子連れでしたが、これからまだ車を走らせて自宅へ帰る途中です。
途中休憩をしないと辛そうな様子でした。

家に上がってもらい、ゴマ塩を頓服してもらいました。

なんと、その後、気分が落ち着いたので、自力で車で自宅に向かうことができたのです!
普段はご飯のお供に食べることができますが、このように応急の時も役に立つので、常備しない手はないですね。

image1-5
ただ、時間と気持ちに余裕がない時は、無理せず出来上がっているものを利用してもいいでしょう。
ゴマは、カルシウムの他に、60%ほどの脂質(リノール酸・オレイン酸)や、抗酸化作用の強い成分ゴマグリナンを含んでいます。

ですから、毎日摂ると、生活習慣病の予防やアンチエイジングの効果も期待できるでしょう。

image1-7
牛乳は、私たち日本人が本当に飲むべき飲み物なのでしょうか?

日本人が昔から摂ってきたカルシウムは、日本人の体にフィットするはずです。
乳製品が好きな方でも植物性の良質なカルシウムを摂ることを始めてみませんか。


マクロビオティックの伝道師、久司道夫式ふりかけセットを買ってみよう。

0916205909_59bd120d71b31



マクロビオティックの第一人者、故久司道夫氏認定のまろやかなお塩。
そして安心、安全で美味しい無添加のわかめふりかけとごまふりかけ。
調味料にもこだわりたい、という方には絶対気に入っていただける自信作です。
マクロビ初心者も、詳しい方も、ぜひ使ってみてください。

オススメの記事

落ち込みやすい、イライラ、鬱・・この症状がある人の食事のおそるべし共通点。食事療法での改善方法について

シャワーを15分浴びるだけで水道水1リットル分の塩素を浴びることになる!?入浴時に気をつけたい思わぬ落とし穴と対策。

お砂糖と添加物入りの市販ソースを自家製完全無添加で!グルテンフリーのお好み焼きにつけたい。栄養たっぷり超簡単自家製ヴィーガンお好み焼きソースの作り方!


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

ショップ

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

煙山 昭子
1990年マクロビに出会って自律神経失調症を1ヶ月で克服。子育て中に2児のアトピーの症状も1ヶ月間の食事と手当てで消失。入学当初から学校給食は断りお弁当持参、予防接種も受けずに小中学校へ通わせました。その間、マクロビサークルを主催、カルチャースクール講師も務めました。3・11を機に福島市から淡路市に移住。体験を踏まえて被ばくから身を守り、家族で元気に暮らす方法を伝えていきたいと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 干すだけで鉄分が約32倍?!女性の味方「干し野菜」の知られざる凄…
  2. aboutmilk02 【連載#02:牛乳神話を疑え】牛乳アレルギーの数々、これでもまだ…
  3. soup-2897649_960_720 先進国で謎に増える骨粗鬆症の原因は何か?いつまでも健康でいられる…
  4. IMG_2589 乳・卵不使用!超簡単に出来るヴィーガン「もなかバニラアイスクリー…
  5. calf-362170_640 質を無視した日本の「肉ブーム」。肉食のデメリットは健康への影響だ…
  6. 焼肉(カルビ) 激安店やチェーン店、外食産業で出回る信じがたいフェイク・フードの…
  7. FullSizeRender 22 お家で野外フェス気分!お肉がなくてもできる。バジルの風味を活かし…
  8. durian-pancake-1203030_960_720 見た目が若い人には理由がある。老化物質AGEが溜まりにくい食生活…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 河口あすか
  • 池田 歩
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • yuriesasaki
  • 煙山 昭子
  • 工藤 万季
  • haruna
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • lelien
  • 加藤 晴之
  • yokosato
  • 桺町 瑠璃
  • ゆみえこば
  • クレイトンまき
  • 室谷 真由美
  • riko tanaka
  • Mint
  • うちゅう
  • 霜崎 ひろみ
  • yumi
  • 加藤 貴大
  • 横田 浩
  • 坂田 まこと
  • Mao
  • 佐藤いづみ
  • 永樂茶百合
  • AYANO
  • 足立 由紀子
  • AKIKO MIYAKAWA
  • akemi
  • 深井ゆきえ
  • jyuan
  • MARIE
  • hata ikue
  • 東條 由美子
  • 高根 佳子
  • yoshi.fukusawa
  • yukiko
  • ami iwasaki
  • 山﨑 拓
  • arikawatoshiko
  • 結緒織
  • 山口 りりこ

カテゴリー

PAGE TOP