お悩み別

水俣病や被爆者を救った「玄米」。現代人にこそ必要な理由とその驚きの効能。正しい付き合い方をお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ch-541310_640

健康に気を遣って、普段の食事に取り入れている人も多い「玄米」。

「詳しい効能などは知らないけど、カラダのためにとりあえず食べている」

という方も最近は増えましたよね。
最近健康のために「糖質制限」を実施されている方の中では避けられている玄米。

しかし玄米には
糖質が含まれているという理由だけでやめてしまうのはもったいないほど驚異の力を持っています。

ですが、その一方で、
玄米は非常に薬効の強い食材のため、
間違った摂り方をしてしまうと健康を損ねてしまう可能性があることを、知らない方も多いのではないでしょうか?


無題d


今回は優れた完全栄養食「玄米」の驚くべきパワーと、
だからこそ気を付けたい取り入れ方・正しい選び方などをご紹介いたします。


玄米とは

rice-1121001_640


田んぼから刈った籾米(もみごめ)から、籾殻(もみがら)だけを取り除いたもの。
つまり、精白(精米)していない米のことを玄米といいます。

精白された白米とはちがい、胚乳が糠層にしっかり包まれているため、
栄養価に富んだ「胚芽」がちゃんと残っているのが特徴です。

そんな玄米の詳しい栄養価はこちら。


玄米白米2


白米と比べると、
食物繊維やビタミン、ミネラルなどを非常に多く含んでいることがわかります。
上の表を見ても一目でわかるとおり、玄米は優れた完全栄養食。

人間が健康を維持するために必要な栄養素をほとんど含んでいるのです。

<効能>

●デトックス効果
●アンチエイジング
●がんなどの現代病対策
●便秘解消
●生活習慣病予防


あの恐ろしい、工業病 水俣病でも活躍!
玄米の驚くべきデトックス作用


そんな優秀な玄米は、ただ栄養価に富んでいるだけではありません。
とても薬効が強いことから、

食品というよりも薬と表現したほうが相応しいとも言われています。

皆さんは、メチル水銀中毒事件の「水俣病」をご存知ですか?
チッソ水俣工場が36年もの間、メチル水銀を含む排水を水俣湾に流したために発生したこの事件。

factory-1647724_960_720-e1485965339901


この事件により、不知火間沿岸で捕れた魚介類を食べ続けた人々の間で、
運動失調、四肢末端の感覚障害、
中枢性聴力(ちゅうすうせいちょうりょく)障害、
求心性視野狭窄(きゅうしんせいしやきょうさく)などさまざまな症状がみられました。

なかには死亡した方や、
母親の胎内で被害を受けたせいで胎児性水俣病を発症した方もいたのですが・・・

このときも密かに、玄米が活躍していたのです。


>>フィチン酸の驚異的なデトックスパワー

発芽する前の玄米にはフィチン酸という物質が多く含まれているのですが、
これには、水銀や鉛などの重金属を排出する強力な作用が備わっています。

熊本県水俣市で起こったメチル水銀中毒による水俣病。
その被害は、水俣病患者と認定されていない人まで含めるとおよそ数万人以上とも言われています。

ところが、
同じ水俣湾で捕れた魚介類を食べたにも関わらず、水俣病にならずに済んだ人もいるというのです。


その人たちの共通点が、まさに「玄米を主食としていたこと」。

image-17-660x400


玄米を毎日の食事で摂取することで、メチル水銀を体外に排出していたから発症しなかった、
もしくは軽度の症状で済んだのではないかと言われています。

玄米に含まれるフィチン酸のデトックス効果は、
4大公害として知らない人のいない水俣病にも有効なほど優れているということです。


また、原爆事故の時も同様、被爆者の方に、
玄米とみそ汁とごましおを食べさせていた、という話はあまりにも有名ですね。

しかし、薬効が強いからこそ毒にもなり得る


先の原発事故により海洋汚染なども深刻になっている現代。
今でも問題は終結するどころか、汚染の余波が気になります。

玄米にそんな優れたデトックス効果があるのなら、積極的に摂取したいところですよね。

baby-1538342_640


ところが、

優れた薬効があるからこそ、その摂取には注意する必要があります。


>>命のバトンを繋ぐための「毒性」

これはすべての穀物に言えることなのですが、
玄米は、自然環境の変化に耐え動物などほかの外敵から身を守るため
固い表皮で内側の柔らかい本体を守っているような構造になっています。

さらに、適した環境状態になるまで
発芽しないように抑える成分「発芽抑制因子(通称:発芽毒)」を備えています。
実は、前述の「フィチン酸」もその仲間。

フィチン酸は重金属を排出する優れた性質を持っていますが、
それと同時に、
ミネラルとも結びつき体外に排出する(ミネラル欠乏症)という欠点があるのです。

これは外敵となる動物に、食べられすぎるのを防ぐため。
発芽毒によって身を守り、次世代に命のバトンを繋いできたというわけです。

>>カラダの声に耳を傾けて、上手に付き合おう

デトックス効果を求めてフィチン酸を含む玄米を摂取し続けることで、
身体にミネラルが不足した状態に陥り、健康を害してしまう危険性も指摘されている玄米。

ではどうすればいいのでしょうか?


gf01a201503031400


玄米によるミネラル欠乏症を防ぎたいのであれば、
水に浸けて発芽させてしまうのが一番効果的な方法です。

というのも、
フィチン酸などの発芽毒は、発芽さえしてしまえば
「イノシトール」という物質に分解され、デトックスする力が弱まるのです。

デトックス効果が弱まってしまうかわりに
イノシトールが体内でリン酸と結びついて「IP3」という
玄米がもつ栄養素を効率的に摂取させてくれる物質に変わるという利点も。

あなたの症状、あなたの体調を見て、
使い方についておさらいしよう!


ということは・・

アレルギーやアトピー、放射性物質などの体内毒素が蓄積されていることによる、
重金属が体内に蓄積されていることが原因と思われる体調不良


この場合は、
発芽させていない玄米がよいということになりますね。

その症状が緩和、

もしくは単に栄養補給や健康目的で食べる場合には

発芽玄米を食べると良いということです。


いいとこどりをして
おいしく玄米をいただきたいところ。

糖質制限中でも食べて大丈夫?

昨今は糖質制限ダイエットをしている人も多いですよね。

いくら栄養価に富んでいたとしても、玄米も炭水化物。
普段の食事で取り入れるべきか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

lgf01a201407280300


玄米は白米と比較すると、糖質制限に向いていると言われているのですが、
それはGI値(Glycemic Index)を根拠にしています。

GI値とは、
炭水化物を摂取し消化吸収することによる血糖値の上昇スピードを計った値のこと。

この値が低いほど糖質制限に向いている食品といえるのですが、
白米はGI値が84、カロリーは100gあたり168kcal
それに対し
玄米はGI値が56、カロリーは100gあたり165kcal

カロリーはどちらも大して変わらないのですが
GI値を比べると、玄米のほうが糖質制限には向いていることが判ります。

もし米を主食にしつつ糖質制限にも考慮したい場合には
白米と比較すると玄米の方が良いでしょう。

<注意>糖尿病による糖質制限をしている方の摂取は医師の指導のもと行うようにしてください。

選ぶなら完全無農薬・自然栽培などのものを

a5ad659265b900a2bd90afa3f19af0d9_s


せっかくカラダのためを思って玄米を食べるのに、
有害物質まで一緒に食べてしまっては逆効果。意味がありませんよね。

精白されていない玄米は栄養価が高い代わりに、
農薬や化学肥料の影響もそのまま残っている状態

選ぶのなら必ず完全無農薬のものにしましょう。


>>完全無農薬でも注意が必要!

残念なことに、良心的な生産者によって栽培された完全無農薬の玄米でも、
近隣の田畑で農薬を散布している場合は、農薬が残留している危険性が。
また有機栽培ですと、有機肥料や有機農薬を使っているケースもあるので自然栽培がいちおし。

herbicide-587589_960_720-e1477539389334


本当に安全な玄米を選びたいのであれば、
無農薬のなかでも、「残留農薬不検出」などと記載されているものを選ぶとより安心です。
せっかく手間暇かけて栽培してくれた玄米でさえ、疑ってかからないといけないのは悲しいことですが・・・。

IN YOUでは以下の玄米をおすすめしています。

こちらは岡山県産で、自然栽培の玄米。
玄米初心者にとってもおいしいことはもちろん、とても安心していただくことができます。

白米と同じ要領で炊ける、もっちもち玄米


こんな時代だからこそ食べていきたい

便秘が改善し肌のキメが細かくなったり、疲れにくくなった

fea0535ee4153ad8cacab1a3077700dc_s


私も玄米食を始めてから2年ほど経ちますが、
産前産後の便秘が改善し肌のキメが細かくなったり、疲れにくくなったりなど、日々玄米の効果を実感しています。

環境汚染などが深刻化したことで、ただ身体に栄養を取り入れるだけではなく、
デトックスすることも以前より意識しなければならない時代。

だからこそ、そのとき何を必要としているのか身体の声にしっかりと耳を傾け、玄米の優れたデトックス効果と上手く付き合うことで日々健康に過ごしたいものです。

命をつなぐ自然栽培玄米で
体内毒素をデトックスして健やかな毎日を。



白米と同じ要領で簡単に炊ける!
岡山県産ぷちぷち無農薬自然栽培玄米



ご紹介する玄米は市販されている玄米と少し違ってとても柔らかくて食べやすい。
しかも栄養価が1.5倍。

1.早く収穫するから粒が小さい
通常の玄米より2〜3週間早く収穫するので粒が少しだけ小さいです。

2.白米部分が少なく、栄養価が高い
お米は最後に白米部分が大きくなるので胚芽と繊維が多く、栄養価が高いです。

3.粒をたくさん食べられるから栄養もたっぷり
ご飯粒が通常の1.5〜2倍入るから、1.5倍以上の栄養が取れます。

4.天然玄米の酵素たっぷり
表面に無数の傷をつけて天然玄米酵素をコーティングしているから、酵素のパワーをいただけます。

白米部分が少ないから、同じお茶碗1杯でもビタミン、ミネラル、食物繊維など
通常の玄米の1.5倍の栄養をいただける。ちょっと、不思議な玄米です。


お勧めの記事

万病の元「陰性体質」から身を守る究極の「黒炒り玄米茶」驚異のパワー。強力な解毒作用から冷えとり対策まで

冷え性対策・膀胱炎などの腎トラブルにも【乳製品不使用】体ぽかぽか味噌と酒粕で作る養生玄米リゾットの作り方

卵・白砂糖・小麦粉不使用。香ばし玄米で作る、ふわふわ焼きドーナツの作り方


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

弛津ひなこ
九州在住の20代。2歳・0歳の息子たちに日々鍛えられています。長男の出産・アトピーの発症をきっかけに、いい空気と水を求めて同県田舎の古民家に移住。昨年は次男を自宅で出産しました。 「自然なものを食べて、自然な服を纏い、自然に還すことのできる家に住み、落ち葉がやがて土に還るように、自然に還れるカラダでいたい。」そんな想いで日々暮らしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. grapes-531207_960_720 何でも「使い捨てが当たり前」の日本が学びたいイギリスのオーガニッ…
  2. 12345 ベジ的美肌美人にきいた!「美しい肌をキープする5つの秘訣」
  3. japanese-food-2199963_960_720 EUでは使用制限も?!休日の昼食に登場する加工食品や冷凍うどん等…
  4. ファイル 2016-09-05 12 16 07 体内の石を溶かすスゴイ海藻「ふのり」のパワー。胆石・結石をも流す…
  5. www.japanesecooking101 江戸時代の知られざるスゴイ知恵「長寿十訓」から学ぶ日本人のための…
  6. img_3791 風邪を引いた時に一番食べたい養生食の決定版!身体が芯から温まる「…
  7. 6bd411e423e7be53d190645eaade3ced-450x300 新しい気づきから、新しい「私」が生まれる。 INYOUオーガニッ…
  8. 81xoxKEULCL 【ジョコビッチの生まれ変わる食事】あなたも2週間で生まれ変わる!…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 品川まどか
  • ami tominaga
  • 松永加奈恵
  • tomomi
  • izumi
  • 佐野亜衣子
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 松橋佳奈子
  • 室谷 真由美
  • 赤嶺 福海
  •  とっくん
  • 上村 歩
  • kei
  • kazukiimanishi
  • maejima kanako
  • mimi saito
  • jyunko
  • 池田 歩
  • watanabe  
  • yuriesasaki
  • mariko ito
  • 加藤 晴之
  • Mint
  • 柿谷圭之助
  • emi tanaka
  • 飯塚 愛
  • Mao
  • ookawahara
  • ひかりあめゆうすけ
  • 齋藤 香帆
  • Mai nakanishi
  • Nakamura Akitsu
  • 橋本佳子
  • fujisakishun

カテゴリー

PAGE TOP