よみもの

NONGMOに一票を。知ってる?身近に潜む「遺伝子組み換え作物」が私たちに及ぼすリスク。遺伝子組み換え食品を選ばない方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わたしたちが日頃口にしている食品について、第一に安全性から選んでいる食品はありますか?

添加物や農薬、放射能汚染・・・と気に掛ける項目はいくつかありますが、

今最も気を付けたいことに遺伝子組み換えがあります。


「自分は遺伝子組み換えなんて選んでいないと思う」という人にこそ見ていただきたいと思います。

遺伝子組み換え食品が一体どのように体に悪影響を及ぼすのか。

また避けなければいけない理由をお伝えいたします。

遺伝子組み換えとは

「遺伝子組み換え」「遺伝子組み換えでない」という言葉は
よく見聞きするようになったかと思われます。


実際、遺伝子組み換えとはどうのようなものを指すのかご存知でしょうか。


自然の摂理によって遺伝子が変化されることもありますが、
このことではありません。

人工的に手を加え別の遺伝子を組み込み、元ある遺伝子を強制的に操作したものが遺伝子組み換えです。


遺伝子組み換えを行う理由


味や形がよくなる

除草剤からの耐久性が高まる

害虫に強い

病気に強い

安定供給ができる


上記のような理由で、遺伝子組み換えを行うそうです。

遺伝子組み換えが多い作物

大豆・とうもろこし・綿・菜種です。


corn-1725636_640
遺伝子組み換えは、作物を安定供給できる、と言う面から優れており、

厚生労働省でも「人が食べても影響はない」と記されています。

しかし、長い目で見た時、果たして本当に「影響はない」のか考えたいところ。

醤油などの加工大豆品は本当に、安全か?


さまざまな加工品に使われている大豆。

植物性タンパク質が豊かであることから、

摂取する割合も増えているのではないでしょうか。

soy-1888556_640

日本でも遺伝子組み換え作物が出回っているのはなぜ?


現在、日本では商業用の遺伝子組み換え作物は栽培されていないですが

なぜか日本には遺伝子組み換え食品が大量に出回っています。

特に加工食品には遺伝子組み換えになっていたとしても表示がされないものもあるため、注意が必要となります。

「遺伝子組み換えでない」表示に隠された危険な罠。知らないうちに遺伝子組み換え食品を大量摂取する日本人。

「えっ、それ遺伝子組み換えだったの!?」買い物をする時に気を付けたい食品表示のカラクリとワナ。

世界で一番 遺伝子組み換え食品を食べているのは日本人!市場に出回る危険な遺伝子組み換え作物の実態


日本の大豆について

日本で栽培されている大豆は約6%と、自給率が非常に少なくほとんどを輸入に頼っています。

輸入先はアメリカ・カナダ・ブラジル・中国。

国内で栽培された大豆は豆腐・納豆・味噌・醤油・煮豆・油に使われていることが多いですが、
まだまだ一部しか流通されていないのが現状です。

豆腐や納豆・味噌・醤油によく見かける価格の安いものは、そのほとんどが輸入大豆を使用した商品です。


また、豆腐加工品の油揚げや厚揚げなどは国産大豆を使用しているものを見つけるのが難しいほど。

国産か輸入かの見分け方は「国産」と表記があるか否かですが、何も記載がない商品もなかにはあります。

記載がなければほぼ輸入大豆使用の商品、と言っても間違いないでしょう。

大豆の輸入先で最も割合が高い国がアメリカ、その比率は7割です。


アメリカは遺伝子組み換え大国とも言われるほど、遺伝子組み換え作物を多く生産し流通しています。

soy-1831703_640

アメリカの大豆はほとんどが遺伝子組み換え
アメリカではもはや大豆=危険


アメリカで栽培されている大豆のうち、9割近くが遺伝子組み換え大豆であると言われています。

アメリカではもはや遺伝子組み換え大豆であふれている「豆乳」はヘルシーなものではなく、
アーモンドミルクやライスミルクなどが主流だそう。

日本の食卓では欠かせない大豆由来の発酵食や加工品。


安全性が疑われるものは、ご自身でしっかりと選択眼をもつことが必要です。

遺伝子組み換えを使っていないものを簡単に見抜くコツはオーガニックのものを選ぶことだと言えます。


それだけではない遺伝子組み換え食品

ご自身の目で見て判断できる食品だけならまだ救いがあるのですが、
隠れたところにも遺伝子組み換え作物は使われています。

代表的な作物は遺伝子組み換えコーン。


ほとんど輸入のもので賄っている、家畜の飼料に遺伝子組み換え作物使われていることが多く、

それを食べた家畜の肉・卵・乳製品は連鎖され、
わたしたちの体に少しずつ入ってきている可能性もあるのです。

最近では、飼料にこだわっている畜産農家さんも増えてきているので、
消費者のわたしたちも何を優先するか見極めることが必要です。

また日本において以下食品は表示義務がないとされています。


・肉、卵、牛乳、乳製品など遺伝子組み換えのエサを食べて育った家畜品

・サラダ油、植物油、マーガリン、ショートニング、マヨネーズなどの油類

・醤油

・コーンシロップ、果糖、ブドウ糖などの糖類

・コーンフレークや醸造酢、醸造用アルコールなど


そのほかにも添加物の含まれた食品は特に注意したいところ。
市販の安価なお菓子やインスタント食品にも遺伝子組み換え作物が含まれています。

私たちは気づかないうちにGM作物を食べているの可能性が大きいのです。 

たとえ「遺伝子組み換えではない」と表記があっても、

比率から見て遺伝子組み換え大豆が混入している可能性が高いと考えるのが妥当です。

cows-1086048_640

人口甘味料



また、人工甘味料にも遺伝子組み換え作物が使われている可能性があります。
白砂糖を摂る方がマシと言われるほど健康被害が懸念されている、人工甘味料。

食品表示を見るとよく目にする、アスパルテームやブドウ糖果糖液糖・還元水あめ・コーンシロップ・液糖・多糖類などには


輸入作物を使用するので、遺伝子組み換えのとうもろこしを原料に作られている可能性も極めて高いです。

さらに、食品添加物にも遺伝子組み換え作物の使用のほか、キャノーラ油やマヨネーズ・ショートニングなどの油製品、

みりん風調味料や、醸造酢などにも使用の可能性があると言われています。


blur-1868928_640
これらは品質表示の義務がないことと、原材料の5%以下なら表示しなくても良い、とされているからです。

遺伝子組み換え作物は、今の日本の食と密接な関わりがあるとわかります。

他国の問題ではなく、深刻な状況ではないでしょうか。

遺伝子組み換え作物のリスク

遺伝子組み換えの歴史はまだ浅い

そもそも、遺伝子組み換え作物が栽培され、食品として流通されたのはまだまだ歴史が浅く1990年代のことです。

人間への影響を研究したデータも正式に公表されているものは少なく、

言い換えれば、「安全」と主張している人たちがいる一方、

未だ判明していないリスクも少なからず潜んでいる可能性もあるのでは?ということです。

除草剤をかけても枯れない「除草剤耐性」を持つ遺伝子組み換え作物には、大量に除草剤を使います。

雑草だけが枯れていくので作物が育ちやすい・育てやすいことがメリットでもありますが、

大量に除草剤をまかれた作物は安全と言えるのでしょうか?

健康被害のない安全な食品、と謳われていますが、

アレルギーやガン・白血病・自閉症などの疾患が懸念されているようです。

また、「安全」とはいっても、
その「安全」と主張しているメーカーや組織が自己利益のたにめ都合の良いエビデンスを出している可能性もあるということを踏まえなくてはなりません。

マウスを使った有名な実験では、遺伝子組み換えされたトウモロコシを与え続けた結果、大きな腫瘍ができ発がん性が進むといったデータもありますが、実際、遺伝子組み換え大国のアメリカでは、遺伝子組み換え食品の流通に伴い、慢性患者が急増したとまで囁かれています。

今や「NONGMO」という表記が一つの売り文句になっており、ヘルスコンシャスな人たちの間ではNONGMOを選択することはもはや当然のことなのです。

sam2
この先どんな影響がでるかもわからない作物、
それを作り続けることで土壌のバランスが崩れ、土壌の汚染も進みます。

正しい知識を持つこと、消費者のわたしたちにできることをすることが大切だと痛感します。

遺伝子組み換え作物を体に入れない対策

お分かりいただけたように、遺伝子組み換え作物は形を変えてわたしたちに身近に存在すること。

その事実をまずは受け止めること。

なんとなく「遺伝子組み換え」と聞くと遠い世界の話にきこえるかもしれませんが、
知らず知らずのうちに摂りこんでいる可能性も非常に高いということを知っていただきたいと思います。

わたしたちにできる対策をまとめました。


・豆腐や大豆加工製品、コーン製品は「国産」と表記のあるものを購入する

・安価な加工食品は買わない

・オーガニックや自然栽培のものを選ぶ

・安価な調味料は避け、昔ながらの製法で作られた上質な調味料を選ぶ

・トランス脂肪酸は控える

・お肉や卵は餌にこだわっているところをできる限り選ぶ

・添加物、人工甘味料を控える

・冷凍食品や総菜、コンビニ食など既製品は控える

・ファーストフードやファミレスも控える

・安心できる食品メーカーや外食店を見つける


frozen-food-1336013_640

安心できる食卓を。


今、わたしたちを取り巻く食の問題は数えきれません。
実際、毎日生きる中で頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。

しかしあらゆる情報に振り回されていたら、身も心も持たないので自分軸をしっかりもつことが大切だと思います。
大切な人たちが健やかであること、ご自身が元気であることが一番大事。

「幸せ」のためには、何が必要で、何が必要でないか、が判断基準になると思います。

目先の利益や目先の貯蓄に走った挙句、数年後に重篤な病気になるよりも

遺伝子組み換えではないオーガニック食品をえらぶことで、多少のコストはかかりますが、

投資コストとしては安い方にはいるのではないでしょうか?

子供たちが明るい未来を過ごせるように、残したいものは何か、改めて考えてほしい。

日々の選択、食事、買い物は投票。

消費者のわたしたちにできる、大きな意思表示です。


IN YOUMarketでは遺伝子組み換え食品ではないものだけを扱っています。



IN YOUMarketに行ってみる。[/



IN YOUMarketのコンセプト。
それは「すべての人にオーガニックな暮らしを」です。


数多くのメーカーが遺伝子組み換え食品を販売していますが
私たちは遺伝子組み換えに賛同していません。
遺伝子組み換え作物の量を減らし、一人でも多くの人に「ナチュラルや、オーガニック」なものを手に取ってもらうこと。
お菓子も食品もコスメも。

是非今日から安心な食品を手に取り、未来につながる一票を投じませんか?



おススメの記事

検索 遺伝子組み換え 「えっ、それ遺伝子組み換えだったの!?」買い物をする時に気を付けたい食品表示のカラクリとワナ。

「遺伝子組み換えでない」表示に隠された危険な罠。知らないうちに遺伝子組み換え食品を大量摂取する日本人。

世界で一番 遺伝子組み換え食品を食べているのは日本人!市場に出回る危険な遺伝子組み換え作物の実態



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

TakiAki
三重県鈴鹿市在住。 アパレル業界にて12年勤務後、マクロビオティックと出会い、本格的に学び薬に頼らず身体の内外に働きかけるナチュラルケアを提案しています。 happyをつむぐ料理教室「amiusa」の出店に向けて活動中。 さとう式リンパケア、薬膳コーディネーター、国際薬膳食育師の資格保有。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. cut-1123725_960_720 オリーブオイル選びに必要なことって?心と体を豊かにする本物のエキ…
  2. baby-933559_640 実践した私が教えます!生まれ持った排泄能力を活かす「おむつなし育…
  3. adobe-spark-79 2016年にIN YOUで最も読まれた人気話題記事14選。大発表…
  4. Nukazuke_storefront_by_wilbanks_in_Nishiki-ichiba,_Kyoto これ1つで現代人に不足しがちな栄養素を網羅?!万能ぬか漬けの効能…
  5. DSC_5047 (1) どう使えばいいかわからない酒粕、本当はスゴい食材だった!知られざ…
  6. image レンコンはぜんそくや咳の強い味方!冬こそ食べたいマクロビオティッ…
  7. cereal-1444495_960_720 「発がん性リスクが高い」というエビデンスがすでに認められた食品と…
  8. healthy_food 肺の不調は鼻に現れる!どこが悪いか一目瞭然。陰陽五行の「五行色体…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 品川まどか
  • ami tominaga
  • 松永加奈恵
  • tomomi
  • izumi
  • 佐野亜衣子
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 室谷 真由美
  • 松橋佳奈子
  • 赤嶺 福海
  • kazukiimanishi
  • maejima kanako
  •  とっくん
  • 上村 歩
  • kei
  • jyunko
  • mimi saito
  • watanabe  
  • 池田 歩
  • yuriesasaki
  • 柿谷圭之助
  • 齋藤 香帆
  • 飯塚 愛
  • Mai nakanishi
  • Mao
  • ookawahara
  • mariko ito
  • 加藤 晴之
  • Mint
  • emi tanaka
  • Nakamura Akitsu
  • ひかりあめゆうすけ
  • fujisakishun
  • 橋本佳子

カテゴリー

PAGE TOP