メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

「便秘」の原因は食べ物だけではない!「和式トイレ」が消える日本から考える、知られざる便秘の原因と新しい便秘対策方法。

UharaRisa
理学療法士、オーガニックビューティセラピスト、月経血コントロールヨガインストラクター、産後美人のためのメンテナンスヨガインストラクター、natural health coaching programアドバンス会員。 理学療法士として総合病院、老人保健施設に勤務し、リハビリテーションに従事。脳血管疾患、整形外科疾患、呼吸器疾患、外科・内科疾患など様々な障害を負った患者様を診てきた中で「未病」から防げるものはないかと考え、「予防医学」に興味を持つ。 また、自分が生理痛・生理不順に悩んでいたのもあり女性の身体のメカニズムを勉強し始め、女性のためのヨガインストラクターの資格を取得。その後、食生活も改めるため正常分子栄養学も勉強し、実践すると不調や肌質の変化を実感。 同時に、オーガニックコスメにも出会い「素肌ケア」で健康へと繋がることを学ぶ。 自分の妊娠・出産・育児をきっかけに、多くのお母さんやこれから母親になる女性のためのケアを伝えたいと思い、ブログで情報発信を始める。現在オーガニックトリートメントや冷え・生理痛改善のケアができるサロンオープンを目指して活動中。

日本特有の「和式トイレ」をあなたは使えますか?

IMG_7683
理学療法士×オーガニックビューティセラピストの
宇原理紗です。

日本のトイレって、とても綺麗ですよね。
特にホテルや旅館、飲食店のトイレではラグジュアリーな空間であったり、おしゃれな空間であったり、子供のオムツスペースが充実していたり。

トイレでそのお店の価値が決まるような実情もあるのではないでしょうか。
私はトイレの綺麗さで気分があがります。

また、子供と一緒に出かけている時にトイレを探すときは、綺麗な洋式トイレをみつけるとホッとしますし、
子供専用のオムツ替えスペース、子供トイレがある場所など、充実した場所をみつけると、また利用したいなと思えます。

IMG_7685

今、日本のトイレのほとんどが洋式で、昔ながらの「和式トイレ」は激減しています。


トイレの清潔さ、その日の服装、荷物の量、子供が一緒かどうかなど、
和式トイレが空いていても、その時々のシチュエーションによって私も選ばないこともありますが、

今、和式トイレの「体の使い方」ができない人が増えています。


今の小学生の年代では、そもそも和式トイレの使い方さえわからない子も多いようです。



体が硬く、筋力低下が進んでいても、「認識できない」実情。

IMG_7679

和式トイレを利用する時の“しゃがむ”動作は、実は体にとって、とても重要な動作です。


そして、排泄にも適した動きなのです。

元々、日本は和式トイレが主流でした。
名前からしても、「和式トイレ」「洋式トイレ」というように、日本特有のものです。

排泄形態を考えても、排便する時には昔は川の上に穴を開けた板を置いて、
用を足していたことから、元々排泄には「しゃがみこむ動作」が必要であったことが分かります。

汚物となるものですし、皆汚れたくありません。
昔からきっと、綺麗好きだった日本人特有の排泄方法だったのでしょう。

IMG_7682

関節や筋肉の働き、内臓の状態、腹圧のかかり方を見ても、しゃがみこんで足を開くと、直腸が肛門に向けて真っ直ぐな状態になり、腹圧をかけると便が押し出しやすい状態となるのです。


現在は和式トイレが減り、洋式トイレがほとんどです。

もちろん、見栄えも変わりますので洋式トイレの普及は良いことかもしれません。
日本の「綺麗なトイレ」は世界にもおもてなしの感動を与えるほどかもしれません。

しかし、和式トイレで必要な「動き」ができないことで、「便秘」というかつてはなかった現代病を産んでいるのです。

IMG_5739

近年、日本人の便秘で悩む人の割合が増えている事実をご存知ですか?


大人だけでなく、なんと子供も便秘で悩む子がいるのをご存知ですか?
また、大腸に病気をかかえる人も急増している事実を知っていますか?

ちなみに慢性的な便秘は大腸ガンの理由にも繋がることで有名です。

私は、「排泄に適した姿勢」ができないことで、筋力低下を引き起こし、腸の血液循環が悪くなっていることが何よりも影響していると考えます。
そして、その隠れている筋力低下や循環不良を認識できない事実も問題であると考えています。



小腸と大腸のしくみと、「しゃがむ動作」の重要性。

私たちが食べたものや飲んだものは、必ず体内で消化・吸収・解毒され、排出される。

IMG_7686
食べ物が胃に入ると、十二指腸、小腸と消化された食塊が運ばれ、小腸では栄養と水分が吸収され、不要なものが大腸へと運ばれます。
小腸は人間の体内で2〜3mに凝縮されて収まっています。

人体解剖をして体外に出すと6〜7mにまで達するものです。
大腸は平均1.2mで、上行結腸、横行結腸、下行結腸と、小腸の周りを通り、直腸まで達すると、肛門から体外へ便を排出します。

この長い迷路のような構造になっている小腸や大腸には、多くの毛細血管が集まります。

血管がたくさん分布しているところは、「水分」が豊富にあるということです。


また、消化・吸収されるということは、「代謝」が起こっています。

消化・吸収されなかった不要なものが大腸まで達し、便として形成されますが、ここでは「腸内細菌」が働き、便の状態も決めています。


その体にとって重要な働きをしている小腸と大腸に消化しきれない食べ物や飲み物、排泄しなければいけない便が長時間溜まり続けることを想像してみてください。

体にとっては有害であることがわかります。

そして、添加物が多い食事や、パンやパスタ、甘いもの、お酒なども、消化吸収、解毒される時には、
体の中の多くのビタミンやミネラルを消費してしまい、小腸や大腸に長く残留するため体への負担がかかるのです。


デスクワークで体をほとんど動かさない人は要注意。その姿勢が便秘の原因になっています!

排泄姿勢で大切となる骨盤と背骨の関係。

IMG_7673
小腸や大腸は骨盤の中に収まっています。

この骨盤と脚をつなぐのは股関節です。
さらに、骨盤と体の胴体部分をつなぐのは、背骨と仙骨という骨です。

骨盤は体の土台となり、背骨は体の支柱です。その周りには内臓を支える筋肉があります。

・この体の中心部分(肋骨から骨盤の間)が狭い姿勢を取り続けている
・日常的に体をひねる、側屈する動作をしない


そんな方は要注意です。
特に、テーブルに肘をつきながら長時間スマホやパソコン作業をしている状態は上記の姿勢に当てはまります。
2〜3mの小腸、1.5mの大腸の中の消化吸収を進めるには、滞りなく行える空間と適度な動きが必要なのです。

さらに、この骨盤から便を押し出す時には、体を少し前のめりにし、股関節を開き、骨盤の底を少し開きやすくする動きがあると、直腸が肛門に向けて直角となり、便が重力で下に向かって落ちやすくなります。

赤ちゃんの抱っこ紐の中のM字開脚を想像してみてください。
背中が丸くなれば、股関節は曲げて開きやすくなるのです。

大人も子供も、背骨の柔軟性と、股関節の柔軟性、さらには足首の柔軟性が保たれ、その姿勢を保持する筋力が必要なのです。


今すぐ、毎日できる、簡単な便秘対策法

IMG_7721

和式トイレにしゃがみこむ姿勢

を日常の中に取り入れてみましょう。

たったこれだけです。
お子さんがいる方は、子供と一緒にしゃがんで遊んでみてください。
無理に胸を張ると、腰に負担をかけるため、胸や腰を反らないようにしゃがみましょう。

そしてここでワンポイント。

肘で内ももを押して、顔を上げて深呼吸をしてみましょう。
胸の前で手を合わせて合掌すると、私が伝えている月経血コントロールヨガでは、「オープンロータス」というアーサナになります。

朝晩、一回ずつでもかまいません。
時間がない方にもオススメです。

その場でしゃがみ、ゆっくり深呼吸をするだけ。
その時に吐く息で頭のてっぺんから一本の糸で吊るされる意識を持つと、より効果的です。

たった10秒でもできる姿勢です。
ぜひ、試して見てくださいね。

たった少しの意識で変わることはたくさんある。

IMG_7681
便秘は高齢者も悩ませる重大な問題です。
私も、理学療法士として、医療介護の現場で苦しむ患者様をたくさん見てきました。

皆さん口を揃えて言うのが、「トイレに何度も行くのが辛いから」
自分で歩くのが大変な方は介助してもらうことすら申し訳なく感じ、溜め込んでしまうのです。

何度も行くのが辛いために、「水分」すらあまり取りません。

IMG_7675 それによって起こるのは、脱水症、糖尿病、尿路感染、腸閉塞、大腸ガンと多岐に渡ります。

水分不足になり、血液がドロドロの状態になれば、脳梗塞のリスクだってあります。
一方で、働く世代はデスクワークに、車や電車での決まった距離の通勤をしている人が多く、運動不足が要因で体の不調をきたす人が増えています。


IMG_7678

「生活習慣病」も働く世代での大きな問題です。

でも、誰もが「健康でいたい」と願っています。


時間がないから排泄なんて後回しでも良いのでしょうか?

今の習慣が、未来の自分の体を作ります。
たかが便秘も、長期的に見れば大きな問題なのです。

子供の便秘も将来的なリスクを考えると恐ろしいものです。

ただ、便が出ないわけではありません。
様々な炎症や不調を引き起こしている要因となっているのです。

大きな病になる前に、たった少しの意識だけでも変えてみてはいかがでしょうか?
和式トイレの姿勢を保てることだけでも、体のバランスは変わるのです。


detoxにオススメ!IN YOU厳選グッズを見てみよう。

1215114705_5a3337a918445 栄養価の高いフィリピン産の在来種のみを使用。自然農法・無農薬で栽培した高品質なモリンガパウダー今すぐここをクリック!
inyoumarket_miniC0908

みなさんは腸内環境をととのえ、免疫力をたかめるために何をしていますか??
ヨーグルトを食べる、発酵食品を食べる、etc色々あると思いますが、残念なことにほとんどの乳酸菌は腸に、届く前に死滅してしまいます。さらに動物性の乳酸菌は賛否両論あります。しかも近年では植物性の乳酸菌のほうが効果があるのではないかとも言われています。

体の中に生きたまま届く乳酸菌ってどうやって選べばいいの?

エビデンスのある質の良い乳酸菌を選ぶしかありません。


◆他との圧倒的な違い
ブルガリア乳酸菌GLB44の特長◆

4時間後にも胃酸に強く生きて腸まで届く奇跡のプロバイオティクスが、こちら。
通常の乳酸菌は腸に届かないうちに死滅しますが、ブルガリア乳酸菌GLB44を摂取してから、
培養された多数の善玉菌コロニー形成単位は胃酸(pH2~pH8)に負けず、4時間後にも100%生存が見られました。
こちらのオーガニックプロバイオティクス、言うまでもありませんが添加物は一切含まれていません。
乳製品などを使っていないため、ビーガンの方でも楽しめます!

原材料はブルガリア乳酸菌と野菜エキスのみ。植物性だからお腹にガスだまりをしないのが特長のサプリメントです。
ほとんどの乳酸菌は粉乳と化学塩基の複合液体で培養されています。その結果、最終商品にはその物質の少量が混合されることに。
含まれる乳酸菌は原料がラクトースフリー、培養もグルテンや大豆などの主要アレルゲンが一切含まれていない野菜ジュースというこだわり加減。
植物性繊維のカプセルを使い、化学調味料及び人工原料は一切無添加。


オススメの記事

世界中が注目する”奇跡の木モリンガ”の驚異の魅力の全て。便秘対策、被曝対策や水質改善にも活用しました。

あなたはどのタイプ?日々の排便トラブルを根本からケア。東洋医学から見る便秘の体質別、養生トレーニングとオススメの食べ物をわかりやすくお伝えします!

便秘だからと言って気軽に下剤を「絶対」使ってはいけない訳。キッチンにあるもので今すぐできる!マクロビオティック・薬膳 症状別お手当レシピ集【便秘・痔・下痢】

トックスはいきなり行っても意味がない!日常から自然にデトックスを取り入れる簡単な方法

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

UharaRisa
理学療法士、オーガニックビューティセラピスト、月経血コントロールヨガインストラクター、産後美人のためのメンテナンスヨガインストラクター、natural health coaching programアドバンス会員。 理学療法士として総合病院、老人保健施設に勤務し、リハビリテーションに従事。脳血管疾患、整形外科疾患、呼吸器疾患、外科・内科疾患など様々な障害を負った患者様を診てきた中で「未病」から防げるものはないかと考え、「予防医学」に興味を持つ。 また、自分が生理痛・生理不順に悩んでいたのもあり女性の身体のメカニズムを勉強し始め、女性のためのヨガインストラクターの資格を取得。その後、食生活も改めるため正常分子栄養学も勉強し、実践すると不調や肌質の変化を実感。 同時に、オーガニックコスメにも出会い「素肌ケア」で健康へと繋がることを学ぶ。 自分の妊娠・出産・育児をきっかけに、多くのお母さんやこれから母親になる女性のためのケアを伝えたいと思い、ブログで情報発信を始める。現在オーガニックトリートメントや冷え・生理痛改善のケアができるサロンオープンを目指して活動中。
あなたにお勧めの記事
関連記事

LINE@

IN YOUメルマガ

LLE82

minery

  width=
ページ上部へ