よみもの

「するべき」から抜け出す方法。常識という枠を飛び越え、他人に振り回されないための幸せな自分軸の作り方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
800px-Female_human_back_and_TRA_EMU700_at_Hsinchu_Station_20151114

早いもので、もう5月です。

sand-3221296_640
しかし楽しいゴールデンウィークが終わった頃に出てくる「5月病」という症状に悩まされる人も出てくる時期です。

五月病とは
日本においては、新年度の4月には入学や就職、異動、一人暮らしなど新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多いためこの名称がある。
引用元 Wikipedia


心と体の関係

私はリラクゼーションのセラピストを長らく続けていますが、
心の問題が解決された途端に腰痛が緩和されたり、原因不明の体の痛みが無くなったという人を何人も見てきています。

belly-3186730_640
そこまでの劇的な変化を経験したことのある人は少ないかもしれませんが、
人間関係の悩みやその他のストレスから「会社に行きたくない」「学校に行きたくない」という気持ちになり、
そのような鬱々とした気持ちの時に吐き気や頭痛がしたり、緊張してお腹が痛くなったりと体の不調も同時に出てきた経験のある人も多いのではないでしょうか?

逆に、スポーツで汗を流したあと、気持ちまでスッキリした経験を持つ人もいるかと思います。

fitness-332278_640
私もここ最近定期的にスポーツをしており、その後のスッキリ感や心地よい疲労感が何とも言えず気持ちいいです。
目には見えないけれど、心と体は互いに影響しあっていると感じることが多々あります。

心の不調を放っておくと・・・

人は風邪をひくとすぐに薬を飲んだり、暖かくしてひどくならないようにケアしたり、ケガをすればすぐに手当てをするなど、体の不調にはすぐに対処します。
しかし、会社や学校に行きたくない、あの人に会うのがツライ、など心の不調はやり過ごす傾向があります。

同じ「不調」なのに不思議だと思いませんか?

book-15584_640
風邪をひいて寒い場所にずっといると熱が出てどんどん悪化するのと同じように、
心もまたケアをしてあげないと状態が悪化してしまうのです。

残念ながら現代の日本では、心の不調・SOSを無視し続けた結果、鬱になって元気に生活ができなくなってしまった人が多く見られます。

ストレスには必ずストレッサー(ストレスの原因)と受け手の捉え方が関係しています。

現代の日本ではストレスフルな状況の中生活をしなければならないことも多く、鬱など心の病気にかかる人が増え、社会問題にもなっていますが、
同じ物事が起きても人によって「気になる人」「気にならない人」がいます。
それは人によって物事の捉え方が違うからです。


search-1013911_640
例えば近所で子供が騒いでいた時、Aさんは「元気でいいね!」Bさんは「うるさいなぁ!」と感じています。
Bさんは供が騒いでいることに対して明らかにストレスを感じています。(ストレス反応)

同じ「子供が騒ぐ」という物事(ストレッサー)に対して感じていることが真逆です。
ということは、捉え方を変えればストレスを軽減することができるのです。

しかし、どうやって捉え方を変えたら良いのでしょうか?
物事の捉え方はなぜ人によって違うのでしょうか?それにはまず自分自身の価値観を知ることが大事です。

私たちの価値観に影響を与えているものTOP3

親からの影響

mother-and-baby-2818270_640
私たち日本人のほとんどはきちんと住む家があり、親や親代わりとなる人がいて、小学校から義務教育を受けるという生活を保障されています。

その中で、子供だった頃の私たちが一番影響を受けるのは親です。
生まれてからすぐにお世話をしてくれて、いつもそばにいる人。

その親から物事の捉え方や価値観など多大な影響を受けています。

子供の頃親から叱られたことのある人がほとんどだと思います。
私たちは親から叱られることで「これは悪いことなのだ」という意識が芽生えますが、その親の価値観が歪んでいたらどうでしょうか?
親自身の偏見でその物事を「悪い事」と決めつけていたとしたら?

あなたの親はどういった考えの持ち主でしょうか?

学校の教育

classroom-2787754_640
ありがたいことに、日本に住んでいると子供が皆平等に教育を受ける機会が与えられます。

近年は個性を認める傾向も強くなってきましたが、子供の事で小学校に行くと
「みんな同じように」「人と違わないように」というような感覚が無意識的に流れているのを感じることがあります。

全体的な傾向として、「みんな一緒が正しい」という価値観を受け継いだ世代の先生が教えているということとと、
異質なものを排除しようとする日本人独特の民族意識が関係しているのではないかと思っています。

そのような感覚の中でずっと過ごしている子供たちは、知らず知らずのうちに影響を受けているのです。

マスコミからの情報

news-1729539_640
日本にはたくさんの情報が溢れかえっています。
インターネット、テレビ、新聞、雑誌など常に何かの情報に触れている状態です。
その中には世間の価値観や常識と言われる情報がたくさん流されています。

例えば、クリスマスは恋人と過ごすというのが日本では未だ定番な感じで、
「クリスマスまでに彼氏や彼女を作る方法!」などという記事が特集されていたりしますね。

まるで恋人がいない状態でクリスマスを迎えるのがいけない事かのような書き方をされていたり。
勝ち組、負け組という概念も世間が作り上げた価値観だと思います。

心苦しさの原因

私たちは日常を送る上で生きづらさを感じたり、なんとも言えない苦しさを感じることがあります。
その原因は、上記に挙げた誰かの影響を受けた価値観や考え方を自分自身から湧き出たものと思い込み、
そのルールを無意識に自分自身に課しているからではないでしょうか?

dumbbells-1634756_640
男はこうあるべき
女はこうあるべき
〇歳ならこうあるべき
みんなやっているのだから当たり前
普通は〇〇である・・・

これらは果たして本当にそうあるべきなのでしょうか?当たり前の事なのでしょうか?

あなたはそれらの「べき」に対して本当はどう感じているのでしょうか?

自分自身で勝手に「あるべき」ルールを設けていませんか?
世間の常識に囚われて、正直な想いや考えを閉じ込めてはいませんか?

それらは全て思い込みの可能性があります。

無意識のマイルールの見つけ方


他者の行動や言葉にイラっとしたり、悲しくなったり、モヤモヤしたりとネガティブな感情が発生した時、
それは大抵の場合、自分の過去の経験か、あなたがしたくでもできないことが関係しています。


子供のころに自分の考えや言葉を否定されて悲しい想いをした経験や、
して欲しくてももしてもらえなかったこと、自分がやりたいことを簡単に実現している人を見るとどうしても心がざわつきます。

また、「〇〇すべき」というルールを自分自身に課している人が、それをやらないでいる人を見るとモヤモヤするのです。

footbridge-3291320_640

そこで無意識のマイルールが無いかの見直しです。


まずはイラっとしたり、モヤっとした瞬間、心がざわついた自分に気づいてください。
「あ、今わたしイラっとしたわ」と。


そして相手のどんな行動や言葉に心が反応したのか探ってみてください。
その何が嫌だったのか分析してください。

とても根気の要る作業ですが、自分を知るのに絶大な効果があります。

自分の気持ちを優先する勇気

世の価値観や常識は国や年代、時代によっても大きく違います。
私は、そういった一部の価値観や常識に心を縛られる必要はありません。

child-2443969_640
嫌なことは嫌でもいいのです。無理に好きにならなくていい。
「こんな事を思う自分は最低だ!」「おかしいのかな?」なんて思わなくてもいいのです。

社会と関わりを持つ以上、自分の気持ちを抑える必要がある時もありますが、
内から湧き出た感情が例えネガティブなものだとしても、せめて自分だけは正直な想いを認めて受け止めてあげてもいいのではないかと思います。

特に親に対してネガティブな感情を持つことに罪悪感を持つ人は多いです。
しかし、それも全て取っ払って一度自分の心に問いただしてみてください。

「実は嫌なんだよなぁ・・・」と思うものがあれば、思い切って一度やめてみましょう!

自分を優先することに慣れていない人は勇気が必要ですが、たった一歩の勇気で違う世界が開けて来ます。

handshake-1823741_640
こうやって自分自身を大切にしていくと、自然と他者も認めることができるようになります。

心の病に関してはまだまだ理解に乏しい日本ですが、互いに個性や違いを認め合いながら、
自分自身を見失うことなく在ることができれば、心も体も健康で豊かな人生を送ることができるはずです。

オススメの記事

チーズなし。ゼラチンなし。豆腐で作る、焼かないレアチーズケーキの作り方。

発がん性物質が不安な入浴剤の代わりに使いたい、子どもや家族と楽しむ安心安全な手作り天然入浴剤の作り方と、お風呂本来の効能について

美味しいベーグルはグルテンが多いから便秘・不調の原因に?玄米コーヒーと米粉で作る!ビターなコーヒー味のグルテンフリーベーグルの作り方



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

Ayako Endo
タイ古式セラピスト・バリニーズセラピスト。埼玉県でホームサロンMagenta Heartを運営。 小学生双子男児の母。しょっちゅう起きる頭痛に悩まされ薬が手放せなかったが、 チョコレートを毎日食べることをやめたら頭痛が滅多に起きなくなった経験を持つ。 が、未だチョコレート以外の甘いものがやめられず、 なるべく自然素材のお菓子を試してみたりと試行錯誤中。 調味料から無添加やオーガニック品に変えたり、白砂糖はやめたりと家族との調和を大切に できることから少しずつ変えています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. onion-647525_960_720 今日からでも簡単にできる!がんのリスクも懸念される、有害な環境ホ…
  2. IMG_8013 あなたの使っているそのお味噌、本物ですか?毎日使うものだからこそ…
  3. IMG_0130-1-e1501216373895 食べてみて驚いた!グルテンフリーなのにもっちもちふわっふわ。常識…
  4. child 子供を安心してすくすくと育てるための我が家の食事
  5. 子供に予防接種を受けさせないことは「悪」なのか?予防接種に慎重に…
  6. Trousers,_striped_(AM_1929.195.27-1) 腹巻きはNG!? 万病の元になる低体温、水毒、冷え性の原因とは。…
  7. IMG_2479 煮物だけじゃない!意外に使い方の分からなかった切り干し大根を使い…
  8. 4719761909_b36c14a24f_b 海外では幼少期から当たり前に取り組まれている「性教育」。日本の学…

新着記事

デイリーランキング

カテゴリー

PAGE TOP