メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

薬を使わず、食材だけで風邪予防と風邪を乗り切るレシピ集

NOZOMI
「漢方」に携わって約10年。大手漢方薬局勤務を経て、現在は薬剤師兼物書きのたまごです。 漢方薬局での相談件数は3000人以上。この経験を生かしてもっと多くの方に健康になってほしい、漢方を身近に、そしてもっと手軽に始めてほしいと思い、文章で伝えることにしました。 個人的に体質を見てほしいという方のために、スキル出品サイト「ココナラ」で漢方的体質チェックも行っています。「ココナラ」

薬を使わず、食材だけで風邪予防と風邪を乗り切るレシピ集



10月に入り気温もめっきり下がり始めてきましたね。
日中は、日差しが強いと少し暑くかんじることもありますが、
夜は冷え込んできました。
秋は乾燥の季節でもありますので、この昼夜の寒暖差と乾燥で
風邪をひいてしまっている方いるのではないでしょうか?
この時期から冬にかけて、風邪やインフルエンザなどが流行ってきます。
また、ここ数年、自分も含めてですが、風邪をひくと長引いて、
場合によっては「咳ぜんそく」にまでなってしまう人を多くみかけます。

そんな時のために、スーパーでも買える身近な食材を使って、
自分の免疫力を高めて、風邪をひきにくい、
また、もし風邪をひいてしまったとしても自力で回復できるような身体を作っていきましょう。


風邪予防は食材でできる?


風邪をひいた時、あなたはどうしていますか?



「あー、のどが痛いからうがい薬を買っておこうかな」
「なんだか風邪っぽいから、市販の風邪薬飲もう」
「インフルエンザにかかりたくないから、予防注射の予約でも取ろうかな」


このように、普段から安易にお薬や病院に頼っていませんか?

確かに、お薬を飲んでしまえば症状は治まります。

でも、なぜ熱や鼻水、咳は出るのでしょうか?
それは、身体を守る防御機能が正常に働いている証拠でもあります。

東洋医学では、外から体を侵すウイルスや細菌を含めた外的要因を「外邪」と呼びます。
「外邪」をからだの中から追い出す力を「生気」といいます。

この「生気」が身体を守る防御機能ともいえるわけです。

「生気」がたくさんあれば、自力で病気を治すことができますが、
現代社会はお薬で対応してしまうことが多く、
知らず知らずのうちに「生気」が衰えてしまっています。

そのため、風邪が長引く、ぶり返す、症状が悪化して、
肺炎や咳ぜんそくなどになることが多くなっています。

では、なぜ「生気」が薬によって衰えてしまうのでしょうか?

風邪薬は体温を下げる??


色々な風邪薬が市販されていますが、

効能効果の部分に、かぜの諸症状(のどの痛み、発熱、悪寒、頭痛、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、たん、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和
と記載されている商品が多いです。引用:PMDA-添付文書 ルルアタックFX-

炎症を抑える=熱を冷ますことですので、体温を下げてしまいます。
体温が下がると、確かに上記に書かれているような、風邪の諸症状は一時的には治まります。
ですが、体温が下がることによって、「生気」=免疫力がさがります。

そのため、「熱はさがったけど他の症状は長引く」「症状がぶりかえす」などが起こりやすくなります。
あまりに辛い症状や、重篤な場合は、確かにお薬で処置することは必要です。

ですが、風邪の引き初めや市販薬で対処できるくらいの軽度の風邪の場合、
まずは自分の「生気」に頼れるような身体をつくることが必要なのではないでしょうか?

「生気」=免疫力を上げるには、体温を上げることが重要です。


風邪予防のための食材レシピ

身体を温め、「生気」をUPさせよう!!

第一大根湯


風邪の引き初めにはこれを飲みましょう!
身体がかなりポカポカしますので、飲んだらすぐにお布団に入って寝てくださいね。
汗をかくことによって、身体から「外邪」を退散させます。

<用意するもの>
・大根おろし大さじ3杯
醤油大さじ1杯
・おろし生姜小さじ1杯
・アツアツの番茶400ml
大根おろし、醤油、しょうがを入れたボウルに番茶を400ml注ぐだけででき上がりです。


梅醤番茶

お腹が緩いときなど、胃腸風邪の時に飲んでみてください。
また、食べ過ぎた翌朝に「梅醤番茶」を朝食代わりに飲むのもおすすめです。

<用意するもの>
・つぶした梅干し1つ
・醤油 大さじ1杯
・おろし生姜小さじ1杯
・番茶 200ml


塩番茶うがい

風邪の予防にはこれ!うがい薬は、殺菌・消炎と体温を下げてしまいますが、番茶は温めますので、防御力もアップします。

<用意するもの>
・番茶 適量
(食卓塩はNG)ひとつまみ


のど飴のかわりにはちみつ(マヌカハニー)をなめよう


のど飴は、白砂糖の塊です。
のどが痛いからといって、のど飴をなめていたら口の粘膜がしわしわになった経験ありませんか?
粘膜の潤いが奪われてしまった証拠です。

風邪などの邪気の入り口である、口腔、鼻、のど、肌は、乾燥すると防御力が落ちます。
のどがイガイガしているときこそ、はちみつをなめましょう。

はちみつは、粘膜を潤しますので、ぴったりな食材です。
ゆず湯やかりん湯などにして、ビタミン類を補給するときに使うのもおすすめですね。

身近なところで買える食材だけど食材の質には注意。


今回ご紹介した、風邪予防や風邪の引き初めに使えるレシピの材料は全て身近なところで手に入ります。

ですが、注意点があります。

それは原材料に注意することです。
スーパーやコンビニでは数百円などの安い商品が並んでいますが、添加物が入っていたり農薬が入っていたり
大量生産で質の低い材料でできているものがほとんどだと思ってもいいでしょう。

塩や醤油といった調味料は、有機素材からできているものをチョイスしましょう。
特に塩は、食卓塩NGです。

加工され、科学的に作られた調味料は、西洋薬と同じようなものです。
自然の製法で作られたものを選びましょう。

もともと、私たちに備わっている、病気を治す力。
その力を発揮させず、ただただ薬で症状を抑えていたら、どんどん治す力は衰えてきます。
力を衰えさせるのも、力を蓄え発揮させるのもあなたの生活次第です。

少しだけ自分に手間をかけて、病気を治す力を回復させませんか?


この記事を読んだ方にオススメの商品


農薬不使用!最高値の抗菌性MG500+人気の「非加熱マヌカハニー」を見る

ニュージーランドで昔から薬効の高い食品として知られてきたマヌカハニー。
最近では日本でもその効用が取り上げられるようになり、人気が出てきています。
マスコミで取り上げられる頻度も上がっていますが、知名度が上がってくると
品質もピンからキリまでさまざまになってくるものです。
こちらでご紹介するマヌカハニーはニュージーランド政府の認定を受けた抗菌表示であるMGを採用。
今回ご紹介するのは、より抗菌性の高いMG500+のマヌカハニーです。



この記事を読んだ方にオススメの記事

夏バテならぬ、秋バテがあなたの身体を襲ってるかも? 今日から始める秋バテ予防法

【特集】産後疲れ、妊活、更年期…女性ホルモンを整えるザクロと 抗酸化成分青レモンの酵素で、体の内側から発熱する力を育てよう。 〜若榴da檸檬〜

市販歯磨き粉の原材料が、様々な健康への悪影響を引き起こす!安全な歯磨き粉の選び方

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

NOZOMI
「漢方」に携わって約10年。大手漢方薬局勤務を経て、現在は薬剤師兼物書きのたまごです。 漢方薬局での相談件数は3000人以上。この経験を生かしてもっと多くの方に健康になってほしい、漢方を身近に、そしてもっと手軽に始めてほしいと思い、文章で伝えることにしました。 個人的に体質を見てほしいという方のために、スキル出品サイト「ココナラ」で漢方的体質チェックも行っています。「ココナラ」
関連記事
ページ上部へ