くらし

殺菌・抗菌・消毒のし過ぎが招く弊害。常在菌を味方につけて健康体になる方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
678b97338d10ff23385db491c9be711c_s

殺菌大好きな日本人。
でも、ほんとに大丈夫??


子供が生まれてから除菌に敏感になっていなかっただろうか・・

そんな風に気付かされた出来事がありました。

先日はじめて娘と一緒に味噌作りをしました。

その時に発酵させるものだし、直接手に触れてしまうとカビの発生源になるのではと思い、ビニール手袋を使って混ぜました。
しかし、その後、手についている「常在菌」が味噌の持つ菌と結びつくことで美味しくなる役割があることを知りました。

発酵食品のすばらしさや、マクロビのや、食事を通じて美しくなるための方法については最近食学講座を使って勉強している私。

こちらでは食事の食べ方やご飯の炊き方、食材の選び方など食の基本はもちろん
内側からきれいになるためのメソッドを伝えてくれるだけでなく、今日からでも毎日に取り入れられるための情報を1から10まで取得することができるので重宝しています。

中でも今回皆さんにお伝えしたいのが「菌」を味方につける方法です。


84d4c31043840fc7e16419b7d9d9eea6_s

殺菌・抗菌・消毒の文字・・

soap-1193709_960_720
最近は「殺菌、抗菌、消毒」など除菌に対する製品が多く増え、
菌があるのはあまり良くないことだと深層心理の中にも植え付けられてしまっているような気がします。

こどもを外や遊び場で遊ばせていても、何でも口に入れてしまう我が子に
「汚いからダメ!」と言ってしまったこともしばしば。

今では携帯用のアルコールスプレーやジェルなども販売されていたりして
なんでも除菌しよう!なんて傾向も多くあるように感じます。

しかしそれらのアルコール入りウエットティッシュや、除菌スプレーの裏側を見たことはありますか。
出来る限り避けたい危険な石油由来の香料や添加物がたくさん入っていることをご存知でしょうか。


除菌ウエットティッシュで手を拭いた後に、クッキーやおにぎりを素手で食べていませんか?

無添加の食べ物を食べていてもこれでは意味がありません。


さらにはデリケートな場所である「おしりふき」もドラッグストア、
100円ショップなどで売られているものの中には防腐剤や添加物の文字が並びます・・・。

ケミカルな合成薬品が危険なのは言うまでもないことですが
弱い菌にすら打ち勝てない「潔癖」になりすぎることで、結果的に免疫力を低下させかねません。


ウイルスから大事な人の身を守ることも大事ですが、
その前に、ウイルスにかかりやすい体を作ってしまっているのはあなた自身かもしれないのです。


菌ってそんなに悪者なの?

菌にも実はいい菌と悪い菌が存在しています。

実際私たちの身体は菌によって守られている部分もあることがわかっています。
その菌と上手く付き合っていくことが大切です。

常在菌とは?

fea2fe5f08eb6ab563cf96aae66b27e7_s
ヒトなどの哺乳動物は、胎児のときには微生物が存在しない無菌の状態にいます。
しかし、生まれた瞬間から、産道、母親などの近親者、食事など様々な外の環境との接触により、
新生児の口や肛門を介して微生物が感染します。

感染した微生物の一部は、皮膚表面、口腔内、消化管内などに定着して、その部位における常在細菌となります。
皮膚常在菌、口腔細菌、腸内細菌はそれぞれの場所のバリア機能を担っているのです。

引用:http://www.mbl.co.jp/r_and_d/bacteria.html


皮膚に住む常在菌は1兆個、腸内に住む常在菌は100兆個と言われています。
その中には善玉菌や悪玉菌、日和見菌などがあります。

この中でも健康を保つためによい働きをするのが、善玉菌、健康を阻害する影響があるのが悪玉菌、そしてこれらの菌のバランスによって働きを変えるのが日和見菌と言われています。


皮膚常在菌は私たちをキレイにしてくれる

fcdc09bd6d05a520af00a3cd424a702f_s
皮膚の常在菌には表皮ブドウ球菌、アクネ菌、マラセチア菌、黄色ブドウ球菌などが
ありますが、常在菌は通常害を持たず、安定して生息することで、病原性微生物の繁殖を抑えるような役割を持っています。

表皮ブドウ球菌は「美肌菌」とも呼ばれ、肌に潤いを与える物質を分泌したり、
肌荒れやアトピー性皮膚炎を引き起こす黄色ブドウ球菌を退治する物質を産出し、肌を守る役割を担っているというわけです。

しかし、ストレスやホルモンのバランスが崩れてしまうと皮脂が過剰に分泌されて
肌荒れの原因になったりすることもわかっています。


参考:http://www.skincare-univ.com/article/000503/

美肌の菌活に大切なこととは?

ストレスをためない

a74964e912dbf3aa2036b8bba170bd44_s

ストレスで吹き出物が出てしまった!という経験はありませんか?


ストレスは本当に様々な病気の要因になることが知られていますが、肌にだって大敵です。

ストレスで甘いものをたくさん食べたくなる、ということにも繋がっているのかもしれませんが、
ストレスによる過剰な皮脂分泌などが肌に負担をかけることになるのですね。

発酵食品を積極的に摂る

280cb82bc29e246be2956555db95efe9_s
表面だけに気をつけるのではなく、内側(食べるもの)から見直すことで
皮膚の常在菌だけではなく、腸の常在菌にいい状態をもたらしてくれるのです。


発酵食品とはカビ、酵母、細菌など微生物の力を利用して作った食品のこと。こういったものを積極的に
摂取することで腸内の腐敗菌を抑え、善玉菌が優位な状態にしてくれるということなのです。

表面の美しさは表面だけ変えても良い状態になるわけではなく、内面(主に腸内環境)の良い状態を
保つことも大きなポイントになっています。

洗いすぎない

b87ac1af574d3478cd9ce8f0d9839ca1_s
肌を過剰に洗いすぎると皮膚を保護してくれている常在菌までも殺してしまうことになります。
肌にとって大切な保護の役割をしてくれている「表皮ブドウ球菌」はこんな行動で減らしてしまうのです。


・長時間の入浴や半身浴、岩盤浴
・ピーリングやアカスリ、スクラブ、シェービングの多用
・顔の洗い過ぎ、洗顔料の使い過ぎ
・防腐剤や殺菌成分を多く含む化粧品類の使用
・レーザーを使った美容医療


参考:http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/121400037/012600011/?P=2


近年アトピー性皮膚炎が増えている現状もこの「皮膚ブドウ球菌」の減少が要因の一つであるとも言われています。

除菌や抗菌をすることによって悪い菌だけでなく、良い菌を殺してしまうため、
皮膚常在菌のバランスが崩れてしまうこともあるのです。

そのため、使っているジャンプーであったり、
使用している抗生剤を見直すことが改善方法の一つとされています。

インフルエンザやノロウイルスなどの流行もあり、
外出先から帰ったら手洗いうがい、の習慣は大切なことでもあります。

ただ、薬品などを使った過度な除菌やうがいは逆効果。
うがいも、塩水で十分です。

e115d8a856f0364cd1d58d31e85c28e6_s

まとめ

私たちの身体にとって重要な役割を果たしてくれる「常在菌」

何となく「菌」というだけで、排除しようとしたり、
イメージで殺菌、除菌がいいものだと決めつけてしまうことで、
返ってあらゆる病気の元になってしまう可能性だってあるのです。

それにしても、「知らなかった!」という健康と美容の知恵は本当に多いものですよね。
良かれと思って信じている情報が実は違っていた・・なんてことも多いのです。

「知らないこと」が一番の罪であるといわれるように、
知らないと損をするばかりか、正しい知恵がないと、生き残れない現代の社会。
大切な人や大切なお子さんのことなども守ることができなくなってしまいます。

放射性物質、添加物、農薬、水銀、化学物質・・・・信じられないほどの汚染物質に囲まれた私たち。

インターネットをはじめとした様々な情報が飛び交う現代ですが、
軽はずみに大手メディアが言っていることや、有名人が言うことを信じるのは危険な行為です。

大事なのは信頼できる人や団体が運営しているかどうか。

私が気に入っている、おすすめの講座についても是非見てみてください。

食学講座って何?


こちらはすべての講座がマクロビオティックをベースとなっている上、
国家資格など信頼できる資格の構築のノウハウを持った会社が運営しているのだそう。

私たちにとって必要な菌と共にバランスの良い生活を心がけてみるだけで、
それが「健康的な身体」に繋がっていることもあるのかもしれませんよ。

お勧めの記事

砂糖不使用・あまったお餅を使い切る、マクロビオティック「玄米モッフル&ベリーソース」の作り方。

その不調「未病」ではありませんか?原因不明の不調を改善すべく試した方法を教えます。

現代人に多い脳梗塞の原因になる血栓予防に!発酵食品の中で最強のプロバイオティクス食品の納豆を一日2個続けるメリット。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

tori
2歳の娘を持つ一児の母。 食品メーカーの営業や企画を経て、出産を機に専業主婦へ。 自身の体調不良により食生活の大切さに気付く。 からだが喜ぶ食事は心も喜び健康になると感じ、 そんな心温まる食事を日々目指しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. soy-1420508_960_720 結局「大豆イソフラボン」ってどうなの?人によって作用が全く異なる…
  2. yasai14 (2) たった1日で取得可能?!参加者が続出する、噂のオーガニック資格を…
  3. FotorCreatedss 農薬使用率世界3位をキープし続ける農薬大国日本。崩れ去る国産野菜…
  4. ika 【食材の選びかた】旬の食材で体を整えよう。
  5. hdwallpaperbackgrounds.net 【2015年べジ/マクロビオティック対応クリスマスケーキ】IN …
  6. fresh-orange-juice-1614822_960_720 ビタミンCは健康体な人と不健康な人では必要量が違う。「市販の合成…
  7. 寒さ対策にストッキングは冷えの元!?東洋医学的冷えへの養生方法。…
  8. kuromamesaiyoko 血不足になりがちの女性の味方。黒豆で血を増やし腎を癒す。材料2つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • ami tominaga
  • まどか
  • tomomi
  • izumi
  • 松永加奈恵
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yuko matsuoka
  • 佐野亜衣子
  • 金戸 隆雄
  • 高橋直弓
  • Koyuri
  • 伊賀るり子
  • 赤嶺 福海
  • 廣瀬花
  • 上村 歩
  • 室谷 真由美
  • 湊 綾香
  • 弛津ひなこ
  • kei
  • haru.
  • maejima kanako
  • Mint
  • akimura
  • jyunko

カテゴリー

PAGE TOP