くらし

海外の大手新聞やメディアでも報道される程の食品ラップの害と、熱々のおにぎりに使用する日本。この意識の差はどこから生じているのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おにぎり

日本で使われすぎている食品用の、ラップ


日本で料理番組やレシピなどを見ていて不思議に思うことがあります。
それは食品ラップをとてもよく使うことです。


「ラップで覆って電子レンジでチン」はもちろんのこと
「材料をラップで包んで炊飯器に入れて
ご飯と一緒に加熱しちゃう時短レシピ!」
という驚きのレシピもあります。


Wrapping plastic stretch film
なぜ不思議に思うかというと
イギリスの料理番組では見られないからです。


どうしてイギリスでは番組で使わないのかな?と
イギリス人の夫に聞いてみたら

「当たり前だ。ラップが身体に毒なのは誰でも知ってるだろ」


とのこと。


欧米では周知になりつつある食品ラップの害

Clingfilm
イギリスに食品ラップがないわけではありません。
でも普通の家庭でも日本ほど使わないしテレビでシェフが使ったりレシピに載ったりはしません。


最初はイギリス人がケチなだけかと思っていましたが(笑)
特別オーガニックや健康食品を扱うわけではない普通のスーパーでも(普通のスーパーでもオーガニック商品はかならず置いていますが)

Non PVCと表示されてあるポリ塩化ビニルを使用していない食品ラップが買えたり
プラスティックの水筒や容器でもBPAフリー(ビスフェノールAを使用しない)
と表示された製品
を目にします。


Recent Studies State Chemical In Plastic Liquid Containers Contain Tox
アメリカやヨーロッパでも同じようですが
欧米では食品ラップの環境と身体に与える害は
周知の事実
になりつつあるようです。


メディアも大きく取り上げるプラスティック製品の害

plastic-bottles-115082_960_720
イギリスで発行部数の多い大衆紙デイリーメイル紙や
ガーディアン紙でも食品ラップの害に関する記事
が掲載されています。


old-newspaper-350376_640
ガーディアン紙の記事によると
ニューヨーク大学の小児医学関係の出版物で
6歳から9歳の3000人の子供の尿を調べて
尿の中にプラスティックに含まれる化学物質が検出された
子供の血圧は検出されなかった子供に比べて高かった

という研究結果が発表されました。


その研究発表によると子供たちの血圧は現在の時点で問題になるような値ではないが
将来はもっと大きな問題になるであろうという懸念が示されています。


プラスティック製品に大変よく使用されるDEHP またはDOPと呼ばれる
フタル酸エステルという物質は動脈の壁にダメージを与えて
長期的には心臓細胞にまで害を及ぼすのだそうです。



heart-497674_640
またフタル酸エステルは上記のBPAと並んで
環境ホルモンのひとつ
と見なされています。


この環境ホルモンの増加のせいで
女の子の成熟が早まったり男の子の精子数が減少したり
すると指摘されています。


それでけではなくWHOの報告によると
これらのプラスティック製品などに含まれる化学物質は
糖尿病、ADHD、アレルギーやアトピーの原因
にも深い関わりがあると指摘されています。


、、、とこれだけのことを説明した記事が
健康専門雑誌ではない新聞に載せられているわけですから
国民の意識も高くなるわけですね。



あまりに低い日本人の意識

日本では危険性が高いと海外でわかっているものでも、なかなか規制されにくい現状にある

このように特に環境問題と食の安全に関する意識の高い
ヨーロッパやイギリス
では早くからこの問題が取り上げらていて
子供のおもちゃなどに使用するこれらの有害物質は、すでに禁止されている国も多いし他の製品に使うものの規制も日本よりずっと進んでいます。


baby-933559_640
消費者ウォッチャーや環境問題に関する市民活動も盛んなイギリスですから
こういった有害な食品ラップの使用をテレビやメディアで流し、潜在的に消費者にその使用を勧めることは公共の害になるという認識なのだと思います。


それに比べて日本では
まだまだメディア側の問題意識が低いのか、それとも食品ラップの目に余る頻出度はメーカーの意図的な露出か?と勘ぐりたくなるくらいです。



プラスティック味のおにぎりの衝撃

海外ではできる限り使わないように気をつけるのが当たり前な、「ラップ」を熱々のおにぎりに使用する日本。


ある時日本人家庭の子供のパーティーに呼ばれて
食べ物を用意するのをキッチンで手伝っていたところ
「おにぎりを作るのを手伝って」と頼まれて食品ラップを渡されたので意味が分からずにいたら

そのお母さんが当然のようにラップを手の平に乗せて
そのラップの上に熱々のごはんを乗せてから
おにぎりを握り始めたので仰天しました。


衛生面と手がベタベタしなくてすむという理由で
それが今では一般的だということを後から知らされてさらに驚きましたが
イギリス時代から食品ラップはできるだけ使わないように心がけていた私には衝撃だったのです。


しかも熱々のごはんをラップでぎゅうぎゅう握れば
有害物質を熱で溶かしてごはんに押し付けているようなもの!

できあがったおにぎりを恐々食べてみると
見事にプラスティックの味がし
しかも外側の米粒がべっちゃりと押しつぶされているのでおにぎりとしてもまったく美味しくありません。


おにぎり
長時間保存して商品にするおにぎりでもないのに
お母さんたちがよく手を洗ってすぐに食べるものであれば衛生面だって心配はないのにと納得できませんでした。



我が家で心がけるプラスティック製品の代用

とは言え食品ラップをはじめとするプラスティック製品は
軽くて扱いやすい上に安価なのでついつい便利に使いたくなります。


けれどもプラスティック製品の大量消費は健康への害、
環境ホルモンへの害もさることながら
ゴミ問題へも深刻な影響を及ぼしています。


我が家では環境のため、健康のために
極力プラスティック製品を使わないようにという工夫

常に心がけています。


食品を保存する容器はできる限りガラスやホーローの容器です。
プラスティック製品よりも高くつくこともありますが
大事に使えば長く使えるものばかりですから使い捨て感覚のプラステイック製品より節約になります。


glass
特に油ものの食品はプラスティック容器に入れると
その油に有害物質が溶け出しやすい
のだそうです。
やむをえずプラスティックを使う時は油を含まないものや乾物などです。


ジャムやソースのガラス瓶は洗って再利用します。

ペットボトルの飲み物を買って使わなくて済むように
ステンレス製のボトルを家族でそれぞれ持っています。


IMG_0110
ペットボトルに詰められている飲み物で
特に気温の高い場所に保存されたものには
有害物質が溶け出している量が多くなります。


電子レンジはできるだけ使わないのが一番ですが
使う時にはかならず陶器かガラス製品に食品を入れて蓋も陶器かガラスを使います。


電子レンジで油物の食品にラップをかけて
あるいはプラスティックに乗せてチンというのは最悪のコンビネーションです!


大変そうに聞こえるかも知れませんが
慣れればそんなに大変なことではありません。

あえて言えば食品容器が重くなるので
冷蔵庫の棚が壊れることがあるのが難点ですが(笑)
修理して使えば大丈夫。


それでもせっかくの美味しい食べ物に
有害物質が溶け込んで身体に入ってくることの方が
私にはずっと重大な問題です。


我が家の昔ながらのおにぎりの作り方


そしておにぎりは。
指輪を外した手を良く洗ってから
殺菌作用のある酢を垂らした水で手を濡らして
熱々のごはんを直接手で握ります。

食中毒が心配な季節であれば
さらに殺菌作用の強い梅干しを混ぜるか真ん中に入れるかすれば大丈夫。



プラスティックの味がしなくて
外側がふわふわで米粒の潰れていない
美味しいおにぎりで家族はお腹をこわしたことは一度もありません!



おにぎり2

家族のために。地球のために。

目に見えない有害物質と言われてもピンとこないし
ついつい日常の便利さにプラスティック製品を使いがちですが

長い目で見れば自分と家族の健康
それから地球のゴミ問題、環境ホルモンの問題のため
です。
日々ちょっとした努力をするのは
私たちの義務でもあるのではないでしょうか?


Children running
「当たり前を疑うところ」から、あなたの生活の改革はきっと始まるはずです。

IN YOUMarketでケミカル原料を使わないエコラップを買ってみよう!

0313132527_58c61f378aa0d
0313132527_58c61f37830c5
オーガニックコットンを使ったみつろうラップ。
オーガニックの布を使ってみつろう、ホホバ油、樹木の樹脂を染み込ませ、ニュージーランドで一つ一つ手作りしています。
器などにかぶせて手の温もりで包めば、みつろうが柔らかくなって布がラップのように密着。
数秒後に常温で形を保つから、どんな形にもフィットして、食品の鮮度とおいしさを長持ちさせてくれます。
器やカップ、ボウルなどのラップとしてはもちろん、カットした野菜の切り口も保護。
おにぎりやサンドイッチなど、食品を直接包むこともできます。

オススメの記事

乳がんリスクも上昇?ホルモンかく乱物質を含むラップフィルム使っていませんか?連載10 オーガニック・ライターだからこそ分かる、オーガニック最新事情。

水銀・有害物質・添加物が不安?市販ツナ缶の中身を調べてみました!手作りで無添加ツナマヨを作ってみよう。

なぜ現代人にデトックスは必要なのか?添加物や農薬などの有害物質から身を守るテクニック。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

クレイトンまき
大手雑誌などをはじめとしたフリーランスのライターを経験したのちにフランスに2年、イギリスに6年、ブルネイに11年。海外経験豊富。全米ヨガアライアンス200時間修得。ヨガ、マクロビオティックやナチュロパス、時事に精通する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. IMG_5117 美味しく食べて風邪予防に。材料3つの常備菜。しっとり美味しいさつ…
  2. carrot-juice-1623157_960_720 【病にならない食べ方】低いGI値食だけじゃ意味がない?!病気予防…
  3. chinese-medicine-2178253_640 東洋医学専門のクリニックをご存知ですか?都内で東洋医学専門・漢方…
  4. honeycomb-2113867_960_720 免疫力を底上げして病気を寄せつけないバリアを。あらゆる不調の改善…
  5. cleaning-268068_960_720 いつまで危険な「化学製品」を買い続けて、応援しますか?毎日使う生…
  6. test-tubes-904546_960_720 化学物質でできた「生理用ナプキン」の裏側。あなたの体と未来の赤ち…
  7. OLYMPUS DIGITAL CAMERA お酒飲みに朗報!健康との両立を叶える夢のレシピ。簡単10分!ヴィ…
  8. soup-908358_960_720 喉の痛み、鼻水、喘息、乾燥肌は東洋医学から見て肺が原因?秋の不調…

コメント

    • ささき
    • 2017年 10月 27日

    おにぎりは手で握って、裏に紙が貼ってあるアルミで包むというやり方で我が家はやっていますが、それはどうですか?無知ですみませんが教えてください

    • クレイトンまき
      • クレイトンまき
      • 2017年 10月 28日

      こんにちは。コメントをありがとうございます。裏に紙が貼ってあるアルミがあるのですね。知りませんでした。その紙に化学物質を使っていなければ少なくとも食品ラップよりは安全なはずです。おにぎりの余熱をとってからだとさらに安心かもしれませんね。紙に使ってある化学物質などと言い出したらガラス製品は?陶器は?という話になってしまいますが。笑(あ、でも我が家ではガラス製品や陶器もメーカーや生産地を確かめて購入します。)一番安全なのは昔ながらの竹の皮かもしれません!

    • さらん
    • 2017年 10月 28日

    ラップの原料には3種類あって、原料によって使われ方と特徴があるらしいです。イギリスでよくある塩化ビニルのは日本では業務用としてよく使われてるやつで、日本の家庭用はポリ塩化ビニルデンが原料らしいのですよ。
    それも加熱すると毒性が強いののでしょうか?

    • クレイトンまき
      • クレイトンまき
      • 2017年 10月 29日

      こんにちは。コメントをありがとうございます。私も化学の専門ではないのですがポリ塩化ビニルと塩化ビニルは基本的に同じもののようですね。ポリという言葉はポリマーという言葉の略で「重合する」という意味のようです。塩化ビニルを柔らかく強くするために複数の物質を化合させて作ったもののようです。で、ご質問ですがもしかしたら塩化ビニルよりもポリ塩化ビニルの方が熱に強くできているのかも知れませんが、私は常に「疑わしいものはできるだけ排除する」ことを工夫します。「安全」と言われていたものが実は有害だった!ということはよくありますから。どちらにしてもプラスティックの容器で完全に安全なものはないのではないかと考えています。

    • やすひろ
    • 2017年 10月 28日

    最近、プランターが気になり始め、プラを卒業し、陶器のモノを選び始めました!

    きっと植物もそっちの方が喜んでくれますよね♪


    ところで、レンジの使用を是としているところが残念でなりません。
    次回はレンジネタでお願いします。

    • クレイトンまき
      • クレイトンまき
      • 2017年 10月 29日

      コメントをありがとうございます。ゴミ問題のことを考えるとプラスティック製品をできるだけ買わないようにしたいですね。レンジは基本的に避けています。そうですね。レンジのことももっと調べてみます!

  1. レンジでチンが、生活習慣となって国民医療費増大の原因のひとつになっている可能性があるといつも思っておりました。
    素晴らしい内容の記事に、感謝申し上げます。
    フェイスブックやblogなどで、ご紹介させていただきたいと思います。
    宜しくお願い申し上げます。
    健康道まさわた

    • クレイトンまき
      • クレイトンまき
      • 2017年 10月 29日

      コメントをありがとうございます。こちらこそよろしくお願い申し上げます。

    • ほりかわなおこ
    • 2017年 10月 29日

    共感できる内容が多く書かれていて、コメントさせてもらいます。
    「どうして家にはレンジがないの?」と思っていた幼少期。それが正しかったと思い、わが家の暮らしにはレンジはありません。これからの寒い時期は蒸し器が活躍します。
    おにぎりは熱々のご飯を素手で握るもの。いつから、ラップで握るようになったのかと思っています。現在暮らしている、九州の田舎の行事でも、ラップおにぎりが当たり前のように出され、臭くて、美味しいお米が台無しです。
    記事は、SNSでシェアさせていただきます。

    • クレイトンまき
      • クレイトンまき
      • 2017年 10月 31日

      コメントをありがとうございます。忙しい現代社会の生活では便利グッズについつい手が伸びてしまいがちですが、ちょっとした工夫をしながら環境や健康を守っていきたいものですね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 池田 歩
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • yuriesasaki
  • haruna
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 煙山 昭子
  • 工藤 万季
  • lelien
  • 加藤 晴之
  • 室谷 真由美
  • 桺町 瑠璃
  • クレイトンまき
  • Mint
  • yokosato
  • 横田 浩
  • うちゅう
  • ゆみえこば
  • Mao
  • 佐藤いづみ
  • yumi
  • 坂田 まこと
  • 足立 由紀子
  • 加藤 貴大
  • jyuan
  • 霜崎 ひろみ
  • akemi
  • 東條 由美子
  • AYANO
  • AKIKO MIYAKAWA
  • yoshi.fukusawa
  • Halu
  • MARIE
  • 結緒織
  • 高根 佳子

カテゴリー

PAGE TOP