メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

有害物質を含むラップが引き起こす環境汚染の実態|環境にやさしいエコラップの使い方

やまざきあやか
猫2匹と緑豊かな横浜郊外で暮らしているライターです。趣味として中国茶、紅茶等を愛好しています。 母方の田舎は農家、現在の自宅の小さな庭でも自家製野菜が採れます。近隣の農家の食材も合わせた食事のレシピ作成が得意で塩分控えめ、糖質控えめの養生ご飯を作っています。 食物アレルギー当事者なので、読者の皆様と同じ目線で「安全」「おいしい」「元気になる」情報を提供させていただきます。

有害物質を含むラップが引き起こす環境汚染の実態|環境にやさしいエコラップの使い方


皆様、お米やお野菜はお好きですか。

美味しいお米や野菜で料理をしても、ラップの薬品くささが移ってしまって台無しになりますよね。
しかも、しっかり保存できずに乾燥するし、ごみが増え、またラップの安全性も心配…という方は多いのではないでしょうか。

オーガニックコットン&天然のみつろうからできた安心安全なみつろうラップLARGE size (33x35cm)

¥2,300(税込)


環境汚染だけではない!ラップの安全性を疑問視する声が世界中であがる

当家がラップを使わない理由


実をいうと、当家はあまりラップというものを使用しません。
ペットを飼っていると、食品を食卓に出しておくのは危険なので、蓋つきの器に移してしまうか、タッパーに入れて即冷蔵庫に入れます。

動物がいると、ラップというのは非常に危険な代物です。
食べ物の匂いにつられて、噛んでかけらを呑み込んでしまう事故も起きてしまいます。

他に、ラップを使って食べ物を温めたとき、匂いうつりが気になることもあまり使わない理由の一つです。
ただ、何も使わないで食品を置いておくと、いつの間にか猫に食べられていたり、毛だらけになっていたりという事もあるのが悩みのタネでもあるところ。

ラップを使うと匂いが移る理由と健康問題。安全性に問題はないの?


折角、ちゃんとしたオーガニックのお米、良い炊飯器、オーガニックで昔ながらの製法で作った梅干しと、
おにぎりには最高の素材で作ったのに、ラップの匂いが移ってしまっている…こういう経験をしたことはありませんか?

実は、この現象、ラップの中の成分が微妙に溶けているのです。
特に注意をしたいのは天ぷらなど油ものを温めるときで、110~140℃ぐらいが耐熱温度のラップを使って包むと、電子レンジの熱で溶けてしまうことがあります。

ただ、匂いが悪くてまずくなるだけならばましなのですが、実はこんな事実もあるのです。

国際がん研究機関がポリ塩化ビニルをグループ1に分類しています。
人間をがんにする力が強い物質のカテゴリーに、業務用のラップの一部が入っているという事になりますね。

犯人のひとつは、ノニルフノェールという物質です。

ホルモンに働く内部かく乱物質、環境ホルモンのひとつで発がん性を持ちます。
プラスチック加工用の可塑剤、界面活性剤などに使われ、河川、湖などの汚染が深刻化しています。

内分泌攪乱作用が疑われたエピソード
ノニルフェノールの内分泌攪乱作用が注目されるようになった契機としては、次の2つのエピソードが有名である。
(1)試験器具から溶出したノニルフェノールによる乳がん細胞の異常増殖
平成3年に米国のアナ・ソトーら 2)が行った乳がん細胞を増殖させる実験中に、エストロジェンを投与しない試料にも異常増殖がみられ、その原因として、弱いエストロジェン
様作用を有するノニルフェノールが試験器具から溶出したためと指摘された。
(2)魚の雌雄両性個体の出現と河川水中のノニルフェノールイングランド南部にあるLea川において魚の雌雄両性個体がみられた。その原因を究明するため、サンプターとジョブリング3)は、複数の河川の下水処理場下流域を中心に、ニジマス中のビテロジェニン濃度と河川水中のノニルフェノール濃度を測定した。その結果、織物工場で羊毛の洗浄に用いられる洗剤に起因するアルキルフェノール類のうち、特にノニルフェノールが原因の一つである可能性を指摘している


「ノニルフェノールが魚類に与える内分泌攪乱作用の試験結果に関する報告」

がんも重大な結果ですが、魚の性別も変わってしまった恐れがあるとは怖いですね。
国産のラップの場合は、業界団体が米食品医薬品局の指摘を受けて調べました。

ノニルフェノール自体は使っていなかったのですが、化学反応の過程でノニルフェノールが発生する状態になっていたことが判明したのです。
今は材料が変えられて、検出されなくなっています。
ただ、EUでラップから検出されて大騒ぎになってしまったり、日本でもタイなどから輸入したラップからノニルフェノールが検出されるという事例もあるのです。

オーガニックコットン&天然のみつろうからできた安心安全なみつろうラップLARGE size (33x35cm)

¥2,300(税込)


ラップの「無添加」「添加」の意味


食品用ラップに添加物、もともとラップというのは化学合成品の樹脂なのです。
そこに無添加という言葉が出てくると、違和感がありますが、可塑剤というものが使われているという事です。

プラスチック類は単体だと加工がしにくいので、添加物を加えて、使いやすくするのです。
ラップを持って引っ張ってみると、弾力があって密閉性が高いものがありますね。

一般に家庭用の食品ラップに使われているポリ塩化ビリニデンには

アセチルクエン酸トリブチル(ATBC)
ジアセチルラウロイルグリセロール(DALG)
セバシン酸ジブチル(DBS)


という可塑剤が使われていることが多いです。

これらのポリ塩化ビニルデンの可塑剤の場合、急性毒性は低い、発がん性が薄いという試験結果が出ていますが
プラスチックの可塑剤にはフタル酸エステル等アトピー性皮膚炎の悪化などに関わるものや、ノニルフノェールなど発がん性が高いものが使われます。
業界団体では、問題が起きるたびに、対処を行っていますが、添加物は多いので注意が必要です。

ミツロウの力で食べ物の鮮度を守る!何度も使えるエコラップ

¥ 3,132 ~ ¥ 8,424 (税込)


ラップの中の化学物質に対する日本の対応


食品用ラップに関しての法律のひとつとして「食品衛生法」があります。

・食品の用意、包装に人体に有害なものを使用してはいけない
・人の健康を損なう恐れがある物質を含んだ包装、容器を販売してはいけない


この規定にのっとって、食品用ラップが作られています。
1999年に先に出てきたノニルフェールに発がん性があると指摘されたときには、即座に業界が対応したので、ノニルフェールは現在使われていません。

ラップに対する海外の規制状況


アメリカ 
ラップから食品にうつる物質を「添加物」に含め、間接的添加物として米食品医薬品庁に事前に届け出ることが義務化されている

EU 
食品に接触する物品に使ってよい材料のポジティブリストがある
さらにバイオプラスチック(生物起源プラスチック)の市場も拡大

IBAWの概算によると、汎欧州のバイオプラスチック消費量は2003年において約40万トンで、
2001年から倍増している。バイオプラスチックは市場成長に貢献し、特に英国、イタリア、オラ
ンダ市場では急激に拡大した。欧州におけるバイオプラスチック市場は、現在全プラスチック消
費量のシェアの1%にも満たない。製品は、ある特定部門において適しており、例を挙げれば巨大
スーパーマーケットの包装物がそうだ


「ラップに対する海外の規制状況」

欧米やアジア諸国の基準に合わせた包装材を開発しないと、日本の輸出産業が壊滅する恐れもあります。

ミツロウの力で食べ物の鮮度を守る!何度も使えるエコラップ

¥ 3,132 ~ ¥ 8,424 (税込)


石油化学製品が世界を侵食する 使い捨てラップが環境と社会に及ぼす影響とは



日本では食品を包む使い捨てのラップを「サランラップ」と呼ぶ人が多いですが、これは商標名で、正式には「食品用ラップ」といいます。

材料は次のように区分できます。

家庭用
ポリ塩化ビニリデン(PVDC)
ポリエチレン(PE)
ポリメチルペンテン(PMP)
業務用
ポリ塩化ビニル(以下、PVC)
ポリオレフィン(PO)


使い捨てラップはごみになるのですが、それに関しては平成20年改正された容器包装リサイクル法という法律が関わってきます。
食品や物品をくるんでいた包装を再商品化していくための法律です。

背景として

・最終処分場に来るごみの56.6パーセントが包装という現実
・法律を作った時点で、処理場に運び込まれるごみの量が限界に達していた
・1991年にすでにドイツが包装のリサイクルを法制度に組み込んでいて遅れをとりたくなかった


ドイツに後れを取りたくないという理由がなんとも微妙ですが、欧州は環境先進国がそろっています。
アメリカやEUが決めたことが世界のスタンダードになるのが今の環境にまつわる国際情勢ですね。

ラップがマイクロプラスチックになった時の影響はこんなにも大きい



G20で話題になった海洋性プラスチックは次の3種に区分されます。

・マクロプラスチック 成形されたプラスチックそのもの
・一次性マイクロプラスチック 化粧品などに含まれているもともと微小なサイズのプラスチック
・二次性マイクロプラスチック マクロプラスチックが紫外線等で劣化して細かくなったもの


プラスチックの多くは多孔性というごく小さな穴を持つ特性があります。

その穴に海洋内の汚染物質が溜まって吸着されていくのでマイクロプラスチック
ラップに使われる塩化ビニルは海の中で沈む性質があるので海底付近の汚れをさらに集めてしまうという問題があります。

マイクロプラスチックは生態系にとって
・病原菌をばらまくベクターになる
・小型の魚、貝類、ゴカイなどに害が及ぶことが確認されている


使い捨てラップを廃棄した後の焼却で出る有害物質の種類


皆様、小学校や団地などにあった小型焼却炉が取り外されていることをご存知でしょうか。
不完全燃焼によるダイオキシンの排出が問題になったためです。

ダイオキシンというのは特定の気体ではなく、いくつかの気体のグループを示す言葉です。

動物実験下および事故があった場合の毒性

・発がん性
・口蓋裂など奇形の発生
・生殖、甲状腺、免疫機能への影響


ラップの場合、やり玉にあがるのは、塩化ビニルですね。
業界団体は「高熱で焼却すれば問題はない」としていますが、近年ではポリエチレンなど別の素材を使う動きが出ています。

「ダイオキシンが出にくい素材です」とラップのパッケージに書いてあるのをよく見ますね。

ダイオキシンが出ようと、出まいと、使い捨てラップを使うとゴミの量が増えるのは確かなのですが。

ラップを生み出す石油が紛争につながる。化石燃料の残存貯蔵量は


石油のような燃料を化石燃料といいます。

実は、石油の可採量は以前より増えているのです。

・海中から採油できるようになった
・技術革新で精製などがしやすくなった


という理由からです。

日本の領海でも産油できそうな場所があります。
しかし、石油をめぐって紛争が起きるのも現実なのです。

皆様もニュースなどでイラン情勢など、中東の状況をご覧になっているでしょう。
産油国というのは「エネルギー」という戦争のカードを握っています。
外貨獲得や、海外交渉の切り札として紛争が起きたときに使えるので油田を欲しがります。

特に今問題となっているのが北アフリカの情勢です。

ウランおよび石油開発の中心である北部地域における治安状況について確認しておきたい。
同地域では 2007 年以降、トゥアレグおよび AQMI による武装・テロ活動が活発化しており、ニジェール政府も最大の懸案事項と認識している。トゥアレグによる武装闘争に関しては、2007 年に MNJ(正義のためのニジェール人運動、Mouvement des Nigériens pourla Justice)が結成され、一時小康状態に至ったものの、MNJ に続き、FFR(復興軍事戦線、Front des Forces de Redressement)や FPN(ニジェール愛国戦線、Front Patriotique Nigérien)といった分派が形成され、ウラニウム収益の公正な分配と北部地域の開発促進、地方政府や軍部上層部におけるトゥアレグ出身者の一定数の選出等の要求を政府に迫っていた。


「サヘル地域の紛争と国際資源開発-ニジェールを事例として-」

これはニジェールの現状です。他にイスラム原理主義の活動も北アフリカでは目立っています。
油田を制圧し、採油権を掌握すれば武器などを購入する費用や、宣伝費に使うことが出来るお金が増えます。

ラップは石油から作られますので、国際情勢に大きく関わっています。

環境にやさしいエコラップを使って、使い捨てラップの使用量を減らそう


エコラップとは何か?


エコラップは主に、ミツロウを使ったラップのことです。
最近、インターネット上でも話題になっているエコなラップでミツバチが巣を作るときに生み出すミツロウを使っています。
防水性に優れた素材ですよ。
自分で作る人もいますが、コーティングできたものを使う方が確実です。

エコラップはこんなメリットが


・食品中の酵素を壊さすに保存できる


食品を生でとるローフードがお好きな方にも良いですね

・食品が長持ちするので、食品廃棄が減る

空気に触れず成分が変わらないので傷みにくくなります。

・繰り返し使えてごみが減る


洗えば1年ぐらい使用できます。
最初は「お高いかな」と思うお値段ですが、ラップ代は意外と馬鹿になりませんので繰り返し使えた方がよいですね。

・肥料としてリサイクルできる


麻、綿、ミツロウ、ホオバオイルという素材なので、最後は土にかえります。
燃やしても有害な物質は出ません。

環境にやさしいエコラップ、実際に使ってみた感想

開けてみた瞬間、思ったことは模様が可愛いという事です。
お洒落でそのあたりにあっても、台所のインテリアになじむという印象です。


感想を家族ごとに書いてみましょう


・なんだかべたべたするのだけが気になる(使ううちに気にならなくなる模様)
・しっかり密封できるのはいい
・温かいものに使えないのは少し困る
・洗えて何度も使えるのがうれしい


いろいろ言うものの、気に入ったらしく、ふきんと一緒に洗ったビーズワックスラップを干しています。
昔は食卓用の蚊帳を使ってコバエ等を防いでいましたが、その代わりのような使い方をしています。


・おにぎりが乾燥していなくておいしい
・猫用ささみの保管に良い(乾燥すると食べてくれなくなり、薄いラップだと爪で思い切り穴があけられてしまう)



・使い方に若干戸惑いがあったものの、すぐに慣れてお酒のおつまみのラップに活用(おつまみは毎日必要なので重宝)
・ほかの家族に「酔っぱらって間違って捨てないように、これは繰り返し使えるのよ」と言われる
・最終的に肥料となることを聞いて、一年後を待っている状態(趣味家庭菜園)


不慣れな方は、間違えて捨ててしまわないように注意した方がよいですね。

エコラップ、お勧めの使用方法


個人的にこんな方にお勧めというシーンをあげてみます。

ペットがおいでの方

当家の猫もそうなのですが、おやつにゆでた魚や野菜、肉等をあげる場合、
置いておくと肉等を勝手に食べてしまったりします。ビーズワックスラップは匂いも漏れません。
犬がおいでの方はおやつを包んでお散歩に出てもいいですね。

アウトドアがお好きなかた、忙しくて片手で食事をしたい方

おにぎりやサンドウィッチを食べながら話し合いという時にも、新鮮で食材の酵素が失われないまま食べることが出来ます。
冷めている状態ならそのまま包めますので、お皿も必要なくゴミも出ません。

食品ロスを沢山出してしまう方

野菜や果物を沢山買い込んで、しなびさせたり、腐らせたりしてしまう人が多いです。
このビーズワックスラップは、鮮度を落とさずに保存でき、一か月なら冷凍に対応できます。
消費税が10パーセントに上がるという状態なので、無駄は省きましょう。

化学製品のラップから、繰り返し使えるラップに変えると生活が豊かになる!


使い捨てラップと決定的に違うビーズワックスラップの楽しみ方は、使い終わった後、
肥料に出来るということです。家庭菜園をしている人間にはもってこいのラップですね。

料理をするときも食べるときも、それどころか、食材生産にも役に立つ、まさしく無駄がない製品です。
役割を終えたラップが1年後、どんな野菜になって食卓に上がるのか、候補を探しているところです。


おすすめの商品

眠れないあなたへ。Mineryミネリーバスタイム|完全オーガニックのミネラル入浴剤【重炭酸・精油・オート麦配合!】たっぷり大容量1〜3ヶ月分!

12000円 (税別)

オーガニックコットン&天然のみつろうからできた安心安全なみつろうラップLARGE size (33x35cm)

¥2,300(税込)

【IN YOUMarket限定】予約販売開始!一袋で400回使える。 常識を覆す!完全オーガニックなのに1回あたり21.75円の洗剤。by HAPPI

¥ 1,296 ~ ¥ 27,229 (税込)



参考文献
「ラップに対する海外の規制状況」
「 蜜蝋の分析」
「サヘル地域の紛争と国際資源開発-ニジェールを事例として-」
「食品用ラップフィルムから 溶出する物質について」
「マイクロプラスチックについて」
「マイクロプラスチックの地球化学 」
「「ダイオキシン」ってどんな物質?」「ダイオキシン類 1999 (関係各省庁共通パンフレット)」

「容器包装リサイクル」

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やまざきあやか
猫2匹と緑豊かな横浜郊外で暮らしているライターです。趣味として中国茶、紅茶等を愛好しています。 母方の田舎は農家、現在の自宅の小さな庭でも自家製野菜が採れます。近隣の農家の食材も合わせた食事のレシピ作成が得意で塩分控えめ、糖質控えめの養生ご飯を作っています。 食物アレルギー当事者なので、読者の皆様と同じ目線で「安全」「おいしい」「元気になる」情報を提供させていただきます。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ