メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

プラスチックストローが環境を破壊している|革新的な救世主!?全ての問題を解決する「サトウキビストロー」の可能性とは。

高橋あずみ
2児のママ。元脱毛サロンエステティシャン。20代でストレスによる肌荒れや激太りをきっかけに「美人になって自信をつけたい!」とエステ通いやダイエットをするものの、変化を起こせずお金と時間だけを使ってしまうという結果に。2017年に出会った自己啓発の学びをきっかけに、「予防医学」という言葉に出会い、ようやく美容の土台が健康であるという言葉が腑に落ちる。現在は、予防医学アドバイザーの学びとともに地球環境や社会貢献など「エシカル」という生き方を伝える活動を行い、見た目も心も美しい女性を増やすことに勢力を挙げている

大手飲食店を中心にプラスチックストロー廃止の動きが広がっている



最近ニュースなどでもよく耳にする「プラスチックフリー」という言葉。
筆者は、よくオーガニックのカフェに行くのですが、
今まで当たり前だった「プラスチックのストロー」が、違う形になっていることを実感しています。

筆者も最近ディズニーリゾートに行ったレストランで、
提供されたドリンクに刺さっていたのはとっても可愛い紙ストローでした。

現在、世界中で「脱・プラスチック」への取り組みは広がっていて、
アメリカのコーヒーチェーン大手「スターバックス」では2020年までに日本を含む全店舗で、
環境を守る為、プラスチック製ストローを廃止すると発表しています。

さらにアメリカのマクドナルドでも、
プラスチック製ストロー廃止を進めていくことを発表しています。

なぜ今、世界の各国々でプラスチック製のストローを廃止する動きが出ているのでしょうか??


海洋汚染問題。プラスチックの影響とは??


プラスチックゴミが海の生き物に与える悪影響

海洋プラスチックゴミに絡まったり、
誤飲してしまう原因で700種以上の生物が傷ついたり死んだりしています。

一時期ニュースでも取りあえげられ話題になったのが、
ウミガメの鼻に刺さったストローを抜く動画です。

この動画発信時期から、プラスチックストローを廃止する企業も多いのではないでしょうか?
プラスチックを摂取する海の生物で一番多いのが「ウミガメ」です。

プラスチック製のポリ袋を、
クラゲと間違い腸閉塞で死ぬケースなど、プラスチックによりたくさんの被害を受けています。
さらに2050年には海に流れるプラスチックの量が魚の総重量を上回ってしまうという予測も出ています。
ストロー以外にも、たくさんのプラスチックが溢れていますが、
大手企業が「プラスチックストローの廃止」運動を進めているのは、世界全体に対する意識革命だと言えます。

私たちはプラスチックを食べている!?

プラスチックは、熱が加えられたり太陽の光で脆くなり、変形したり、砕けたりしやすくなります。
私たち、人間や動物も死を迎えると、微生物の力で土に戻っていきます。

一方プラスチックは、脆くな理、小さくなったとしても、分解してなくなることはありません。
大きさが5mm以下まで小さくなってしまったプラスチックを「マイクロプラスチック」と言います。
このマイクロプラスチックを、魚が餌と間違えて食べてしまことがあり、
実際に魚や貝の体内からプラスチックやそこから溶け出したとみられる有害物質が見つかっています。

それを私たちが食べている可能性も高いです。

海洋汚染問題は小さなプラスチックストロー廃止だけで解決できるのか??

プラスチックはストローに限らず、
その利便性から私たちが生活する上であらゆるものに使用されています。

プラスチックはリサイクルしているものもあるのだが、
ストローのような小さいものはリサイクルしづらくゴミとして処理されてしまうものがほとんどです。

大量生産されたプラスチック量は約83億トン。
そのうち約1億トン以上のプラスチックゴミが海に流れていると推定されています。
小さなストローだけで、プラスチック問題は解決できるのかという疑問が出てきますが、
大手企業がストローの廃止を進めている理由として、世界全体の意識革命を起こしていくためだといわれています。

すべて自然素材、手に取ると優しくあったか。一点一点手間を惜しまず真摯に作り上げた、杉の木のお弁当箱

¥ 6,804 ~ ¥ 16,200(税込)

プラスチックストローの代替え品として広がる紙ストロー



プラスチックストローの代替え品として、
紙ストローの存在もよく知られるようになってきました。

日本ではまだ始まったばかりに思える紙ストローの普及ですが、
海外ではすでにかなり浸透しています。

プラスチックと違って再生できる紙であり、海でも溶けるので汚染も少ないのが特徴です。
筆者はよくオーガニック専門のカフェに行く機会が多いのですが、
最近は紙ストローを見かける機会がすごく増えました。

見た目もすごく可愛くて、おしゃれな上、
印刷ができるため自然食品から作られたインクを使って、お店のロゴを入れる企業もあります。

なぜすぐに紙ストローに変えないのか??デメリットとは??

海洋汚染問題が世界でも注目されている中、なぜすぐに紙ストローに変更しないのでしょうか??
その理由は、紙ストローにかかるコストにあります。

プラスチック製に比べると10倍近いコストがかかるため、
多くの企業が一歩踏み出せない状態にいます。

他にも以下のようなデメリットがあります。

・かなり質は高まっているが、それでも30分ほど時間が立つとふやけてしまうものが多い
・プラスチックのように曲がるタイプのストローがない
・原紙を巻いて製造している特性上紙の粉が生じやすく、誤飲危険や味が変わってしまう危険性がある
・森林破壊が問題視されている中、「エコ箸」から発された意識革命に支障をきたす可能性がある



空前の大ブーム!!タピオカドリンクに並ぶ行列!!ストローをなくすことできない!?



若者を中心に大ブームとなっているタピオカドリンク。

街を歩いていると必ず誰がが手にしていて、
タピオカドリンク専門店はどんどん増え、連日長蛇の列ができています。

しかし、それに比例して街のいたるところに、
使用済みのカップが街中にポイ捨てされている姿を見たり、ゴミ箱に積み上げられている姿も目にします。

脱プラスチックストロー活動が進む一方で、大ブームとなっているタピオカドリンク。
プラスチックストローがなくなってしまったら、
一体タピオカミルクティーはどうやって飲めばいいのか??という疑問も湧いています。

タピオカドリンクは、店舗で飲むよりも飲み歩くのが基本です。
そのため、ストローは必須品となるわけです。


タピオカミルクティー誕生の地から生まれた「サトウキビストロー」がストロー問題の救世主!?



タピオカミルクティー誕生の地である台湾。
現在も変わらずタピオカミルクティーは愛され続けています。

そんな台湾で開発され、
話題となっているのがサトウキビの絞りかすを再利用した「サトウキビ繊維ストロー」

プラスチックの代替品として、「バイオプラスチック」が注目されています。
バイオプラスチックとは、植物などの生物由来原料で作られたプラスチックのことです。
「サトウキビストロー」も、バイオプラスチックの一つです。

紙ストローのデメリットをカバーする「サトウキビストロー」

サトウキビストローは、紙ストローのデメリットをカバーしています。
・100%自然素材なので安全
・火で燃やしても有害な物質がでず、土に返すことができる
・長い間水分に浸していても、形状が変わらない
・海の生物が食べたとしても損害がない
・サトウキビの搾りかすからできているので、甘い香りを発するため甘いドリンクに最適


最近は紙ストローが、限りなくプラスチックストローの耐久性に近づいてきているとはいえ、
やはり時間が立つとフニャッとしてしまうというところが、好みを分けるところでした。

ストロー一つで味まで変わってしまうような気分になるものです。
サトウキビストローはその問題を解決することで、
飲む際のストレスがなく環境にも優しい優れた素材だといえます。


紙ストローで問題となる森林伐採問題。サトウキビストローでは??



紙でできているストローは、
森林伐採を進めるのではないか??という意見があります。

確かに、紙は木からできているので、
そのような問題提起がされているのも考えられます。

実際、ネットの情報でも、紙ストローや割り箸は、森林破壊問題に繋がるという意見もありますし、
反対に割り箸ほどエコであるというような情報が出ていて何を信じていいのかわからなくなりますよね。

仮に、紙ストローが森林伐採問題につながるとするのであれば、
サトウキビストローはどうなのでしょうか??

サトウキビストローは、搾りかすから作られているため「自然破壊」を促すようなリスクは追いません。
もともと廃棄する予定だったものを利用し、
さらに体にも安全なものになりますのでいいことづくめです。

サトウキビ栽培は衰退している!?量産できるのか??

台湾から生まれた「サトウキビストロー」。
台湾では、17世紀諸島からサトウキビ栽培が行われ始め、
最盛期には1200万トン近くまで生産されていました。

しかし現在では、サトウキビ生産量は減少し、
サトウキビ産業が盛んな沖縄を中心とした日本の生産量を下回る結果となっています。

しかし、その中でも台湾では年間で、数十万トンは廃棄されているので、
搾りかすをストローとして再利用するのは、非常に効果的といえます。

【IN YOUMarket限定】予約販売開始!一袋で400回使える。 常識を覆す!完全オーガニックなのに1回あたり21.75円の洗剤。by HAPPI

¥ 1,296 ~ ¥ 27,229 (税込)

多くの国、企業がプラスチックストロー廃止に向けて努力している中、私たち個人ができることは??



サトウキビストローのメリットが多いとはいえ、プラスチックストローの廃止には、
まだまだたくさんの問題点を抱えており、すぐには完全移行できないのが現状です。

その中で環境問題を他人事にするのではなく、
大切なことは私たち一人一人が意識を持つことです。

プラスチックストローは小さなきっかけにすぎないかもしれませんが、
私たちがプラスチックストローを極力使わないようにするという行動は、世界の企業を変えていきます。

おしゃれな見た目のマイ金属ストロー

最近は、携帯用の金属ストローが販売されているのをご存知でしょうか??
見た目もとてもおしゃれで、
なんとタピオカミルクティー用の太い金属ストローも販売されています。

金属ストローは、とても素晴らしいものですが、
洗浄する作業の大変さから、チェーン店で取り入れるのが難しくなります。

しかし個人で持ち歩く分には、洗い物も専用のブラシがありますし、
最近ではおしゃれな金属ストローを入れるポーチなどの販売されていて、
とても可愛いです。

レジ袋を使わない、エコ箸を持参するなどと同様に、
私たち一人一人が、環境問題を自分ごととして捉えていく意識が、
破壊を食い止める第一歩になると言えるでしょう。


エコでオーガニックなIN YOU Marketのラップを使ってみよう

ミツロウの力で食べ物の鮮度を守る!何度も使えるエコラップ

¥ 3,132 ~ ¥ 8,424 (税込)

オーガニックコットン&天然のみつろうからできた安心安全なみつろうラップLARGE size (33x35cm)

¥2,300(税込)

オーストラリア発 地球にも身体にも優しい安心安全なフードラップ

¥ 3,780 ~ ¥ 12,420 (税込)


この記事を読んだ方にオススメの記事

本当に怖い「プラスチック汚染問題」と生体への影響|プラスチックや環境ホルモンは人体にどのような悪影響を与えているのか?

環境ホルモンの溶け出すプラスチックの弁当箱、もうやめませんか?日本人が忘れつつある職人技の凄さとは。 〜INYOU marketが教えてくれた“妥協のない職人が作り出す魅力”〜

G20サミットで必死に環境対策をアピールした日本政府の「本音」とは?都会で処分しきれないプラごみを地方で焼却?!

IN YOU Journal公式メールマガジン配信中!



登録フォームはこちら!

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

高橋あずみ
2児のママ。元脱毛サロンエステティシャン。20代でストレスによる肌荒れや激太りをきっかけに「美人になって自信をつけたい!」とエステ通いやダイエットをするものの、変化を起こせずお金と時間だけを使ってしまうという結果に。2017年に出会った自己啓発の学びをきっかけに、「予防医学」という言葉に出会い、ようやく美容の土台が健康であるという言葉が腑に落ちる。現在は、予防医学アドバイザーの学びとともに地球環境や社会貢献など「エシカル」という生き方を伝える活動を行い、見た目も心も美しい女性を増やすことに勢力を挙げている
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ