メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

G20サミットで必死に環境対策をアピールした日本政府の「本音」とは?都会で処分しきれないプラごみを地方で焼却?!

アトピー性皮膚炎を患い、ステロイド剤による治療を受けたことをきっかけに、食や標準医療のあり方に疑問を持つようになりました。現在は、信州で雑誌やインターネットで記事の執筆、挿絵の制作などを行いながら、無農薬野菜栽培に挑戦しています。

前回の記事では、
先月開催されたG20サミット閣僚会議で
「放射性廃棄物」を処分を目的とした国際会議の発足が決定されたことをお伝えしました。

いまや世界各地に建設された原発から排出される放射性廃棄物の処分は、
人類共通の課題といっても過言ではありません。

そして核のごみと同じく、世界中で深刻な問題として認識されているのが、
マイクロプラスチック汚染です。
G20では、マイクロプラスチック削減も最も重要な議題の一つでした。

マイクロプラスチックは、5mm以下のプラスチック粒子で、
プランクトンからマッコウクジラなど大型の魚まで汚染が広がり、
いまや世界規模の問題として認識されています。



以下の記事は、お読みになりましたか?

えっ嘘でしょ?!世界平均の約27倍の海洋汚染が進む日本海。2050年には海で泳ぐ魚の総重量を越えると言われるマイクロプラスチックごみ問題。マイクロプラスチックは既にあなたの今日の食事の中にも入っているかもしれません。


意識の高いIN YOU読者の皆さんは、既にごみの分別やビーチクリーンなど、
身近で出来るマイクロプラスチック対策を実践されていることと思います。

先月、長野・大阪で開催されたG20(金融世界経済に関する首脳会合)サミットでも、
マイクロプラスチック対策は、重要なテーマの一つでした。

海外メディア活動拠点となった大阪国際メディアセンターの食文化PRスペースや首脳会議、
長野・軽井沢で行われた閣僚会議では以下のような取り組みが行われました。

 ・間伐材を使用した木製ストロー使用。
 ・プラスチック容器・ペットボトルの使用禁止。
 ・会場内から自動販売機を撤去。

出典:2019.7.6 with news  G20、たこ焼きと原発事故の「意外な関係」外国人記者おもてなし


こうした取組みにより日本は、G20議長国として参加国や海外メディアに、
マイクロプラスチック対策など環境対策のアピールを積極的に行いました。



またG20では、世界各国がプラスチック対策に自主的に取組み、
その情報を共有しあう「G20海洋プラスチックごみ対策実施」への合意がなされました。
その合意内容には、環境への負荷が少ない廃棄物管理を行うことが盛り込まれています。

出典:令和元年6月17日 環境省 G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合の結果について。
 
その国際的合意に反するような政策が、
G20開催直前に日本で行われていたことをあなたはご存知ですか?


海や川だけでなく大気まで汚染される!?都会で増えすぎたプラスチックを地方で焼却!?



2017年までは中国に輸入されて処分していた廃プラスチックですが、
現地の環境汚染が拡大したため輸入停止の事態となりました。

現在がは廃プラは全て国内で処分していますが、
都市部ではプラスチックごみが溢れ、処理しきれない状態となっています。


その為、環境省は、G20開催直前の5月に全国19市町村に対し、
都市部のごみを焼却・リサイクルを行うよう緊急要請を行ったのでした。

これに対して要請を受けた全ての自治体は焼却炉の破損や住民の意向を考慮し受入れを拒否しました。

では、なぜここまで日本廃プラは増加したのでしょうか?
日本のプラスチックリサイクルの現状をチェックしてみましょう。

出典:廃プラ受け入れ県内「困難」 全19市町 国の要請応じず


日本は、2013年までに廃プラのおよそ81.6%がリサイクルしてきました。
この数字だけみれば、環境にも十分な配慮がなされているようにも見えますが、実態は違います。

以下を見てください。
・ペットボトルなどを物として再資源化 :25%。
・サーマルリサイクル(焼却による発電および熱利用) :57%
・埋立、焼却処分 :17%


参考:環境省 プラスチックを取り巻く国内外の状況



如何ですか?

「リサイクル」といっても、
その実態は廃プラの半数以上が焼却処分されているのです。
では、焼却処分により都会の大気はどの程度汚染されているのでしょうか?

イギリスの数値と比較してみましょう。


【イギリス・2010】

工業地帯・都市部 :約0.05 ~ 0.04pg-TEQ/m
農村部 :約0.003pg-TEQ/m 3

【東京・2015】

世田谷区西部:
[PCDD]0.11pg-TEQ/m 3 +[PCDF]0.5pg-TEQ/m 3 = 0.61pg-TEQ/m 3  
        
大田区西部:  0.64pg-TEQ/m 3
[PCDD]0.17pg-TEQ/m 3 +[PCDF]0.46pg-TEQ/m 3 = 0.64pg-TEQ/m 3


東京は既にイギリスの工業地帯以上にダイオキシンに汚染されているのです。
ダイオキシンは、WHOにより発ガン性が指摘されている物質です。
このまま政府により地方でのプラゴミ焼却が進められば、更に大気汚染が拡大していく可能性があります。

出典:松葉のダイオキシン調査2013.3


以前、こちらの記事では、
私たち日本人の体からもマイクロプラスチックが検出されたことをお伝えしましたよね。

恐れていたことが現実に!ついに人体からマイクロプラスチックが検出!?世界がプラスチック製品の規制に取り組む中、対策が遅れた日本は?


都会で増えすぎたプラスチックごみはどうしたらいいの?今、私たちが現在できることは?



昨年からマイクロプラスチックによる海洋汚染がマスコミで大きくとりあげられたこともあり、
環境省や関東圏の自治体ではごみゼロ政策として、
住民に参加を呼び掛けて海岸などの清掃活動を積極的に行っています。

しかしせっかく分別されたプラスチックごみも焼却処分されれば、
大気汚染を引き起こしてしまいます。

一歩間違えば、
私たちが暮らす環境に深刻な影響を及ぼすプラスチックごみの問題に対して、
私たちができることは何でしょうか?


これから迎える行楽シーズン、あなたは自分が健やかに生きられる環境を維持するために、どんな工夫をしますか?



梅雨が明け、夏を迎えるこれからの季節は、
家族で地方の海や高原に訪れる方が多いとも思います。
野外フェスなどへの参加を心待ちにしている方もいらっしゃるでしょう。

最近は日本でも、レジャーを楽しむ際に環境への配慮を呼びかける風潮が高まっています。
夏に全国各地で開催される野外フェスなどでは、来場者にオリジナルごみ袋を配布したり、
ごみ分別への取組みが定着するようになりました。


最近はこうした野外フェスなどの主催者に向けて、
オリジナルリユースカップの導入・販売を呼びかけている団体もあります。

しかしそのリユースカップの素材は、プラスチックが主流です。
耐用年数に限りがあり、
いずれは処分場で焼却される可能性が高いプラスチック製のリユースカップを大量生産することに繋がります。



夏から秋にかけて行楽やレジャーに出かけるあなたは、
是非マイ食器やマイコップ・保冷マグなどを使ってみてください。
特に保冷マグは、プラスチック製カップよりビールが冷えておいしく飲めますよ。

オーストラリア発 地球にも身体にも優しい安心安全なフードラップ

¥ 3,780 ~ ¥ 12,420 (税込)

プラスチックごみ削減を目指す企業を増やすには?


プラスチックごみを減らすには、
消費者が生活の中で使い捨てをやめたり分別を行うことが大切です。

しかし、個人が忙しい毎日の中でできることには限界もありますよね。
日本全体でごみを削減していくためには、やはり物を生産する企業の取組みが欠かせません。

既に徳島県上勝町では、
ごみ削減に取り組むNPO法人ゼロ・ウェイストアカデミーによる企業への認証制度がスタートしています。



この認証制度でパートナー認定により、企業は商品改良のサポートや、
製造に携わる社員への研修などを受けることができます。
またゴミゼロに取り組んだ商品として、NPO法人ホームページでの広報も行われます。

私たち消費者が、
こうしたごみ削減を目的とした認証制度の存在を積極的に企業に伝え、活用を促していきましょう。


もはや待ったなしのマイクロプラスチック対策。焼却処分だけが唯一の道?


環境対策を前面に打ち出し、マイクロプラスチック削減へ向けて、
国際的な取り組みを行うことに合意しな日本。

しかし、私たちの身の回りにはまだ自販機やペットボトル飲料、
プラスチック容器であふれかえっています。

レジ袋の有料化もまだ一部のお店でしか実施されていません。
大気を汚染する可能性が高い焼却処分を行うよりも、
まずはこうしたプラスチックの削減や再資源化への最大限の努力が必要です。

G20に参加したヨーロッパやアメリカでも既に焼却処分は、
時代遅れの対策とされ再資源化やごみ削減への方針転換が行われています。

今年、G20議長国となった日本に住む私たちは、
参加国との合意を政府が形骸化しないよう注意深く見守っていきましょう。


IN YOU Marketのオススメオーガニック商品

ミツロウの力で食べ物の鮮度を守る!何度も使えるエコラップ

¥ 3,132 ~ ¥ 8,424 (税込)

オーガニックコットン&天然のみつろうからできた安心安全なみつろうラップLARGE size (33x35cm)

¥2,300(税込)

【IN YOUMarket限定】予約販売開始!一袋で400回使える。 常識を覆す!完全オーガニックなのに1回あたり21.75円の洗剤。by HAPPI

¥ 1,296 ~ ¥ 27,229 (税込)

<1日200円の健康習慣!>ミネラルならこれ1つ。あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)カナダ原生林から誕生!重金属・農薬テスト済|たっぷり2.5-3.5ヶ月分でお得!

¥ 18,225 ~ ¥ 87,766 (税込)

3.11後の日本人のために新機能を追加!食品の放射線量が測定できる「食品放射性物質チェックマシーン」

¥ 28,080 (税込)


この記事を読んだ方にオススメの記事

えっ横浜市にも?殺人級のスズメバチが猛暑によって都市部で増加中!食品廃棄や香り付き化粧品が狂暴化を誘う?

芸術作品をみると自分の今の心がわかる|アートから見る”健康である”状態とは?

薬物や有害金属をたっぷり含んだ胆汁が身体に溜まっている!?黒い便が教えてくれる身体の異常とは。

IN YOU Journal公式メールマガジン配信中!



登録フォームはこちら!

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アトピー性皮膚炎を患い、ステロイド剤による治療を受けたことをきっかけに、食や標準医療のあり方に疑問を持つようになりました。現在は、信州で雑誌やインターネットで記事の執筆、挿絵の制作などを行いながら、無農薬野菜栽培に挑戦しています。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ