ダイエット

意外と知らない有酸素運動の落とし穴。運動は最低限のトレーニングで十分な理由。何をやるかよりも何を減らすかを、まず考えよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shoes-2383144_960_720

ある太極拳の達人である、マスターの話を紹介します


martial-arts-291046__480
tai-chi-1678125__480
私の知り合いが太極拳を習っていました。
すべての動きを教わったあとで、先生からこんなことを言われたそうです。

『最終的に一番基本のやつだけを毎日3分くらいやったらいい』

そこで
『じゃあ他の動きはなんなんだ??』
と質問したら、

『まああれはビジネスだから』と言われたそうです。

沢山のことをやればいいというものでもない。


これは日本でもよくある話で、

例えばスキンケア。


hygiene-870763__480
クレンジング、洗顔料、スプレー、お化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックなど・・・
まだ他にもオイルや目元クリーム、くちびるパック、エステなど

やることがたくさんあって大変だと思っていることが実は、必要ないことがほとんどです。

料理や、習い事、ライフスタイル、思考、人生、全てにおいて

『Simple is best.』だと思っています。


有酸素運動がダイエットや健康にとって、あまり意味がなかったらどうしますか。


fitness-737474__480
実はエアロビクスなどの有酸素運動などは
40~50年前から始まったもので、アメリカから入ってきました。

それまでの日本人は、畑仕事などで十分でした。

なぜ流行ったかというと、戦後の日本の教育が変わり、社会全体がアメリカナイズされていったからです。
運動している=かっこいいというイメージがメディアでもたくさん放送されるようになりました。

プロ野球やサッカーも流行り、日本だけでなく世界中のスポーツを誰でも気軽にできる社会になっていきました。

意外と知らない有酸素運動のデメリット

cacao-bean-2522918__480

体が酸化する

有酸素運動はその名の通り、酸素をたくさん体に取り入れます。
酸素をたくさん取り入れると、体の中で『活性酸素』になり、酸化現象が起こってしまいます。

体が酸化するとガンや心臓病の原因となります。
なぜ病気になるのかというと、フリーラジカルが発生するからです。

フリーラジカルは体の中で、細胞やDNAにダメージを与えてしまい、またDNA細胞の構成を変えてしまう怖い存在です。

これを少し具体的に説明すると、私たちの細胞には分子というものがあって、そこには電子が存在しているのですが、フリーラジカルは分子から電子を奪ってしまいます。
電子を奪われた分子だけの細胞は、自分自身が狂ってしまい、他の分子から電子を奪おうとします。フリーラジカルは電子が好きなので、常に体の中でこういったことが起こります。

結果、病気を引き起こしてしまうことにもなりかねないのです。

ストレスホルモンが出る

体の心拍数自体を長時間上げ続けるのは、かなり負担がかかります。
これは体にとってものすごく不自然なことです。

心拍数があがる時というのは、自然界では基本的には襲う時や襲われる時です。

lions-2936628__480 africa-1903020__480
例えば、動物なら馬もシマウマも普段から理由もなく全速力で走る、ということはしていません。
シマウマがライオンに襲われて、走って逃げる時くらいではないかと思います。

それなのにあなたが毎日のように走っていたとしたら・・・

常にアドレナリンが出ている状態なので、危険が身に迫っていると体は感じているはずです。

すると同時にストレスホルモンがでます。


結局、ストレスホルモンが出ると、体を守らなければと体が判断するので、自分の脂肪を体に蓄積しやすくなっていきます。
しかもストレスホルモンが出ると、『体が燃焼されたカロリーを取り戻さなきゃいけない』と判断し、食欲が湧いてきます。

だからいつも以上に食べ過ぎてしまいます。
そして、最終的に帳消しになってしまいます。

例えば、ジムでバイクを漕いで500kcal消費しても700kcal食べているとして、
食欲が増して1000kcal摂っていたら全く意味がありません。

適度な運動はホルモンバランスを整えますが、極端な運動の仕方は、ホルモンバランスも崩れます。
特に男性はテストステロンの量がどんどん減り、あまりにも減っていくと、性欲がなくなったり鬱になりやすいと言われています。

筋肉疲労を起こす

筋肉を必要以上に使うと、筋疲労を起こして疲労が蓄積されていきます。
これが慢性疲労になると、毎日疲れて、ストレスホルモンがでるので
上記で紹介したことが起こり、悪循環です。

カロリー消費の効率が悪い

筋トレをすれば代謝もあがりますが、有酸素運動は基礎代謝があがりません。

1時間頑張って走っても500kcalくらいしか消費できないのに、しかも24時間燃やし続けることができないので、効率が悪いです。
時間の投資に比べて、リターンが少ない運動法です。

他にも、

・関節に負担がかかる
・筋肉の動きが固定される


などありますが、有酸素運動がストレスになったり、きついと感じるなら、あまりやらない方がいいかもしれません。

一番怖いのは、『アドレナリン中毒』になってしまうことです。

私が以前、ジムでランニングをしていた時期がありました。
その時に、最後の方で異様に『ハイ状態』になってくるんです。

race-2090184__480
次の日も次の日も『ハイ状態』を求めて必死に走り続けていました。
しかし、その走る時以外になぜか気分がすぐれず、理由もなく落ちこみやすくなっている自分にも気がついたのです。

少し怖くなってやめた経緯があります。

筋トレはいいのでしょうか??

man-81725__480
最近話題の筋トレはどうでしょうか。
やり方によって、いいか悪いかが決まります。

一番いいのは、『自重』でできる筋力トレーンングです。
これは関節に負担がかからないし、腰や膝を傷めないからです。

自分の体をちゃんと動かせる=自分の体が合っている
例えば、腕立て伏せ。

特別な機械に頼らなくても、自分の体だけで、懸垂や腕立て伏せができれば十分だということです。
特にバーベルを持ったスクワットは注意が必要で、関節にかなり負担がかかるので足腰が衰え始める年代の方はもちろん、子供にはやらせない方がいいです。

スクワットは背骨に負担がかかりますし、腰を痛めやすくなります。
普通の体重だけのスクワットはかなり効果がありますが、バーベルを担いでのスクワットはやめた方がいいです。

余談ですが、スクワット15回は、腹筋500回に匹敵すると言われています。

これは太ももの筋肉と成長ホルモンに密接な関係があるからです。

スクワットをやるだけでも十分下半身は鍛えられますのでとてもオススメです。

トレーニングは日常の動作から

トレーニングを始めようとするとつい気が重くなってしまったり、
やるぞ!と言う意志と気合いが必要になるのではないでしょうか?

でも、日常の動作を変えるところからでもいいのです。

例えば、エレベーターを使わずに階段を使ったり、靴下を履くときに長く片足で立ってバランスをとったり。

要するに、ジムに行ったり、パーソナルトレーニングを受けなくても
自分が一番体のことを知っていて、自分でトレーニングをストレスなくできるのが一番いいということです。

わざわざ鍛えなくても、日常生活で問題なければ、それだけで大丈夫です。

これが『中庸的な考え方』だと思っています。

日常でできるシンプルな美容法

flowers-2486059__480
トレーニングもそうですが、女性の美容法にも同じことが言えます。
まずは必要以上に無駄なものを選びすぎないことが大事です。

高額なエステ、高額な化粧品。

世の中には色々なものがありますが、シンプルでオーガニックなどのナチュラルな素材でできた高品質なものを厳選して選ぶだけでも十分です。
冒頭にスキンケアのことを書きましたが、『これ本当に必要なの?』と問いかけてみてください。

本当に効果を実感しているのならいいですが、よくわからないのであれば、時間とお金の無駄になってしまいます。

ダイエットも同じです。
これを食べた方がいい、このサプリメントを摂った方がいい、スーパーフード、調味料、ダイエット器具、矯正ベルトや下着・・・。

何を始めるのかを考える前に、
まずは何をやめるかが大事です。


普通の人間の98%はマルチタスクができない、残りの2%だけがスーパータスカーと呼ばれ、マルチタスクをこなせる

51a1rqLNAZL._SX319_BO1,204,203,200_
著書『Brain Trust』の中で、著者は
『普通の人間の98%はマルチタスクができない、残りの2%だけがスーパータスカーと呼ばれ、マルチタスクをこなせる』
と述べているくらい、人はたくさんのことを同時に処理できないということがわかっているのです。

目標や習慣が続かない人は、何かを無駄にやりすぎている可能性があります。
そして、深く考えていくと、やらなくていいことばかりだったりします。

今年中に、自分の習慣やライフスタイルを見直してみるのもいいかもしれませんよ。

フリーラジカルを減らすビタミンC

Vitanatura_18
言わずと知れた栄養素「ビタミンC」。 実はその効果が最近また見直されつつあります。

生後10ヶ月の乳児を除いて、私たち人間や猿などは、
ビタミンCを自分で合成する能力がありません。

実は、ヤギなどの他の動物はブドウ糖を元にして
ビタミンCを大量に合成できるのだそうです。

人間は外からビタミンCを摂取することが必須です。
特にストレスが大きい時には、
普段より多くのビタミンCが必要になり、
個人差やストレスの違いにより100倍ものビタミンCを必要とすることがあります。

完熟のフルーツから発見された「エスターC」という成分は、
ビタミンCを脂溶性したビタミンCの代謝産物で、
非常に吸収に優れています。

「エスターC」は、溶媒などは使わず安全な純水製法により、
ビタミンCに脂溶性と水溶性も加えた、
両方の性質を持つ世界で唯一のビタミンCです。

オススメの記事

毎日食べたい!体に嬉しい効能満載。ヘンプシードオイルを使った簡単美味しい万能ドレッシング4種類の作り方

こんなにあった!体に毒素を蓄める身近な食べ合わせの悪いNGメニュー。朝食にフルーツとヨーグルトにシリアル…その習慣、実は消化に負担をかけて逆効果です!

アスリートは風邪を引きやすい?!ハードな運動は免疫力を下げ逆効果に。風邪やガンを寄せつけない体作りのための運動法。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

ゆみえこば
一児のママ、現在子育て真っ最中。 1986年10月18日生まれ。 20歳のとき、マクロビオティックとローフードによるダイエットで10キロ体重を落とす。 そのときに、美容健康について調べ始め、年間100冊以上の本を読み、人体実験を繰り返す。 客室乗務員を3年経験するが、仕事中に出る添加物たっぷりの機内食を食べる不規則な生活が嫌で退職。 マクロビオティックカフェで働き始めるが、調味料に実はこだわっていないことがわかり、1年でやめる。 本質を追求したくて、アメリカの論文などを読み、日本は3〜4年遅れていることを知る。 出産を機に、自分で本当の情報を発信したいと思い、現在起業準備中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. cans-791414_960_720 果糖=ヘルシーは間違い。果糖は「実は危険性の高い糖」だった!これ…
  2. aloe-2163120_640 傷口は消毒しない・乾燥させないのが基本です。自然に治癒させる湿潤…
  3. 7585929632-IMG-4399 この季節に起こりやすい「適応障害」。ストレス対策・疲労回復に最強…
  4. IMG_6753 あなたの使っているその「醤油」本物ですか? 毎日使うものだからこ…
  5. %e3%82%84%e3%81%be%e3%81%a0%e3%81%ae%e9%9d%92%e6%b1%81 食べなきゃ治る?!一時的なブームではない究極の健康法「ファスティ…
  6. beverages-814408_960_720 野菜ジュースを飲んで「栄養補給した」と思っていませんか?濃縮還元…
  7. IMG_3831 体の老廃物を排出しよう!日本の万能食「本葛」を使った新しいデトッ…
  8. vitamin-2294007_960_720 大手も堂々と嘘をつく時代。日本の健康食品は、汚染資源・添加物・熱…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 越野美樹
  • 佐野亜衣子
  • 松永加奈恵
  • 工藤 万季
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • うちゅう
  • riko tanaka
  • 河口あすか
  • lelien
  • amikuwamura
  • yuriesasaki
  • ZuYu
  • 前之園知子
  • 煙山 昭子
  • 福原真一郎
  • 池田 歩
  • 松橋佳奈子
  • yokosato
  • Kawasaki Mariko
  • 中村 りえ
  • 霜崎 ひろみ
  • Akitsu Kitahara
  • hata ikue
  • 桺町 瑠璃
  • 永樂茶百合
  • ayukotaniguchi
  • haruna
  • 井村 政子
  • 柳千妃路
  • みずしま さちの
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 滝野 清
  • mamiko
  • 古村優里
  • 加藤 晴之
  • MARIE
  • 柳原 里実
  • 清岡 美音
  • YoshiAraki
  • ゆみえこば
  • 小西 尚子
  • Kayo
  • AYANO
  • 加藤 貴大
  • 山﨑 拓
  • UharaRisa
  • 室谷 真由美
  • 森智世
  • 薬膳 ともこ
  • 坂の上零
  • 山口 りりこ
  • Ayako Endo
  • 豊池 晃
  • 大矢 純子
  • arikawatoshiko
  • 深井ゆきえ
  • AKIKO MIYAKAWA
  • keiko nakagawara
  • 栞
  • yumi
  • joko
  • jyuan
  • LEONA
  • 袴田 はるか
  • 鈴木 こなみ
  • 小泉 沙耶
  • 野上 きよ
  • InayoshiKyoko
  • 坂田 まこと
  • 佐藤いづみ
  • みふすや
  • 神戸 貴子
  • Mao
  • kanekoyuka
  • akemi
  • 関塚 祥子
  • 佐々木 里奈
  • kana akiyama
  • ami iwasaki
  • ネヤトネヤ
  • 石井ゆかり
  • 桜桃
  • 由香
  • 平野浩靖
  • Nanas
  • 阿南 まどか
  • 水鳥川崇春
  • 高波 紗希
  • 高根 佳子
  • Ninomiya Koji
  • 三浦 郁惠
  • Nomura Yoshimi
  • nana
  • yoko
  • 原田 美穂
  • 齊藤幸恵
  •  肖瑶
  • Jurio Miki
  • 細川 夏実
  • 岡田ゆみ
  • 日向葵
  • 瀧島 有
  • yoshimike
  • ayumifukuda
  • 山片彩乃
  • ELINA HARMONY
  • suzuki ayuko
  • oyue
  • 藤本まりん
  • NORIKO
  • 池田 純一

カテゴリー

PAGE TOP