その他

万能の天然生薬「ヨモギ」の効能。冬に溜め込んだ毒素を一気にセルフ・デトックスする方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
337_960_720

冬に溜め込んだ毒素をデトックスするのに最適な季節到来


69d52b4fac9b2c27dda1843a6940f5a1

長い冬が過ぎ、もう春はすぐそこです。 
冬は閉蔵の季節とも呼ばれているように、溜め込む時期です。


溜め込むことによって、やがてくる春の到来に備えているという意味があります。

冬に溜め込んだ余計なものたちは、春になって体が開いてくるとともに
どんどん外へ出てくるようになります。


IMG_7906
動物が長い冬眠から目覚めるのと同じように、人間の体も長い冬の眠りから目覚める時。

一年の大きなエネルギーの流れが陰から陽へ転化する時です。


心や体に溜まってしまった余計なものを外に追い出して大掃除する季節

になります。

冬に好きなものを好きなだけ食べて、運動もほとんどせずに不摂生をしていると、
春を迎えた時にホルモンバランスが崩れやすくなったり、肌荒れ、また花粉症が悪化することもあります。

春に体調を崩すとそのまま夏まで不調を引きずってしまうことにもなりかねません。

活用すべきは春が旬の植物


edible-wild-plants-972998_640

この時期には春の植物の力を借りてデトックスを促してあげるのが効果的です。

春になると美味しい旬の野菜というと、

菜の花
たけのこ
山菜


などがありますが、これらは独特の苦みやえぐみがあるのが特徴です。

この苦味が春の体調管理にはとても役立ちます。


苦みのある植物で特にデトックスや春の体調管理におすすめな植物として

「ヨモギ」

があります。

ヨモギ餠くらいしか食べることがない人も多いかもしれませんが、
ヨモギには餅だけはもったいないほどの優れた効果がいっぱいです。

ヨモギには一体どんな可能性があるのかについてお話しします。

ヨモギとは?

d5d54607a86b95bab09e108412e24bc7
画像:blog.sophiawoodsinstitute.com

ヨモギはキク科ヨモギ属の多年草であり、全国的に野原や河川の土手などに自生している植物です。
ヨモギ餅の緑色の色味として有名なように、濃い緑色をしています。

独特な香りを持っており、お灸につかうもぐさとしても知られています。
また、韓国ではよもぎ蒸しという方法も有名で、日本でも人気のある健康法の一つです。

ヨモギは生薬の一つ


ヨモギは古くから民間療法に使われており、生薬としても用いられています。
『病を艾(止)める』という意味から、生薬としては「艾葉(がいよう)」とも呼ばれています。

その効果の幅広さから、万能薬として昔から使われてきたそうです。

ヨモギはいわば和ハーブにも分類できるものですが、天ぷらやおひたしにしても
美味しいことから野菜として分類される場合もあります。

ヨモギの旬は春


ヨモギは春の代名詞ともいえるほど、春が旬の植物であることは有名かと思います。

特に食用になる若い芽が出てくるのは3月から5月で、新緑の季節にヨモギも芽吹いてくるのです。

おどろくべきヨモギの効果


◆食物繊維によるデトックス&腸内環境改善


tree-439171_640

ヨモギはデトックス食材であり、
春が旬であることからも春のデトックスに大変おすすめです。


その理由として、まず豊富な

食物繊維

が挙げられます。

ほうれんそうの約10倍以上も含まれているという食物繊維。


お腹の中を綺麗にしてくれて、
腸内環境を整えてくれるので、免疫力アップにもつながります。

豊富なクロロフィルで重金属などを排泄


ヨモギには豊富なクロロフィルが含まれています。

このクロロフィルは食物繊維よりもはるかに小さいサイズであり、
小腸内部にある絨毛という細かい毛のような器官に蓄積してしまった、
ダイオキシン、重金属、残留農薬などを捕まえて(キレート作用)、
外へ排泄するのを助ける作用
があります。

どうしても私たちの食生活では気をつけていたとしても、
様々な有害物質から逃れることは難しいのです。

外から入れないことばかり考えていると、
食べる物や身に着けるものなどに制限がどんどん付いてしまい、ストレスになってしまいます。
そもそも人間というのは、外から取り入れた異物を分解したり、排泄する能力が備わっていますが、
免疫力が低下しがちな現代人ではデトックスが不十分で有害物質の害を受けてしまうことも多いのです。

そこで役に立つのが植物の力であり、
特にヨモギは排泄を助けてくれる有効な植物だと言えます。


◆血中コレステロールの低下作用

oil-and-water-1529580_640
ある研究によると、クロロフィルの摂取によりコレステロール値が低下したことが分かりました。

クロロフィルは葉緑素とも呼ばれる成分であり、
摂取することにより血液がサラサラになると
動脈硬化を防ぐことにつながり、
結果として心臓や脳の疾患の予防にも役立ちます。


参考:わかさの秘密 wakasanohimitsu.jp/seibun/chlorophyl/

アルテミシニンによる抗がん作用の可能性

ノーベル医学生理学賞を受賞した中国の女性科学者の研究によると、
ヨモギと同じ植物種である青蒿(セイコウ:Artemisia annua)から抽出された
アルテミシニンに、抗がん作用が見い出されました。

アルテミシニンおよびその誘導体(アルテスネイト、アルテメーター)は現在すでに抗マラリア薬として
使われていますが、その制ガン作用から今後がん治療における代替療法への可能性が期待されています。
がんに対する効果としては次の作用が分かっています。

がん細胞内でフリーラジカルを産生して酸化ストレスを高める作用、血管新生阻害作用、DNAトポイソメラーゼIIa阻害作用、細胞増殖や細胞死のシグナル伝達系に影響する作用などが報告されています。
東京銀座クリニック

1ginzaclinic.com/artemisinin/artesunated.html

◆ヨモギ蒸しで子宮を温める


2-3
画像:babymari.com/blog/

ヨモギは美容大国の韓国で600年も前から「ヨモギ蒸し」としても親しまれています。

ヨモギ蒸しはヨモギ以外にもいくつかの薬草を煮出してその蒸気で体を温める方法です。
子宮口に蒸気があたり、皮膚よりも吸収が良い粘膜からの吸収により、
下半身を効果的に温めることができます。

特に子宮が冷えているといわれる現代の女性に多い、
生理痛や月経不順などへの効果があるとされています。


ヨモギ蒸しまでいかなくとも、ヨモギを使った温座パッドなどもあるので
日頃の子宮ケアとして活用してみるのも良いでしょう。

簡単にできるヨモギを使ったセルフケア


ヨモギは意外と簡単に手にいれることができます。
ただし道端に生えているものを採ってくるときには、3から5月の芽が出てきたばかりの時期がおすすめです。
採取する際には、新芽の先から15~20cmの柔らかい部分を採ってきましょう。

自宅で乾燥ヨモギの作り方

採ってきたヨモギを乾燥させて乾燥ヨモギを作りましょう。
この乾燥ヨモギを作っておけば
ヨモギ風呂、ヨモギ茶などや、ヨモギ団子などを作るときにも使えます。
細かくしてグルテンフリーのパンケーキなどに混ぜても風味だけでなく色味を楽しむこともできます。

yomogi

作り方

1. ヨモギをよく流水であらい、ゴミや汚れを取り除きます。

2. 蒸し器でヨモギを15分ほど蒸します。

3. 蒸しあがったら冷水にとって色あせを防ぎます。

4. ザルや新聞紙に重ならないように広げて2、3日天日干しすれば完成です。


ヨモギ茶でヨモギのエキスをたっぷり摂取しよう


ヨモギ茶は作った乾燥ヨモギを緑茶と同じ要領で熱湯で出すだけで簡単に飲むことができます。
クロロフィルをたっぷり摂取できる手軽な方法です。

実はよもぎにはう一つの大きな特徴があるのです。


それは、「相乗効果」
他の野草と一緒にいただくことで、
その効果を大きく飛躍させられます

なかなかヨモギが手に入らない、
乾燥ヨモギを作る時間がない方には、

・ヨモギ
・ドクダミ
・カキドオシ
・トウモロコシ実
・ブルーベリー葉


ブレンド野草茶がおすすめ。


IMG_4638

ヨモギ摂取について注意が必要な場合

ヨモギは体質によってはアレルギーが出る場合があります。
花粉だけでなく食用として摂取してもアレルギー反応が出る場合があるため
注意することが必要です。

ヨモギを使ってメンテナンス。春の準備をしましょう

69d52b4fac9b2c27dda1843a6940f5a1
画像:blog.goo.ne.jp/konasuke_2012/e/5882eb23de5fccc6b8c493361c77a88d

ヨモギには余分なものを外に出すデトックス作用から、

女性にとっては嬉しい温め効果、
さらに病気の予防まで幅広い効果が期待

されています。

特に冬の間に溜め込んだ余計な毒素を外に出したい春の時期だからこそ
ヨモギを使って体のメンテナンスをすることをおすすめします。

IN YOUでおすすめの凄い薬効が詰まった野草茶をGETしよう!

0206194143_589852e71db99

「女性の不調に効くよもぎ」がブレンドされた薬草茶


阿蘇の広大な自然の恩恵を受けた
農薬不使用・化学肥料不使用の野草たちです。
国産100%の野草茶は
市場にはほとんど出回っていません。

安心、安全なよもぎ入り野草茶で春の準備をしましょう。

おすすめの記事

【これぞ天然の薬!恐るべし薬草のパワー】どくだみ・よもぎをはじめとした薬草の健康的効能と種類。
月経過多・子宮筋腫・子宮内膜症。婦人科系疾患が不安な女性の味方「旬のよもぎ」の本当の力。
【お花見おやつ】材料4つで出来る、ほんっとに簡単、よもぎ梅ヶ枝餅。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

ざくろジュース

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

manami sasao
タイ在住、ときどき日本。フリーライター兼薬剤師。 薬剤師でありながらも、ヨガを始めてから薬に頼りすぎないセルフケアに関心が高まる。祖父がタイ人、ハーブを多用したタイ料理、タイの穏やかな空気に魅了され外資系製薬企業を退職して夫と共にタイに渡る。現在は薬局での経験と知識を生かして、ヘルスケア関連ライターとして活動中。西洋、東洋医学にも自然療法にも偏りすぎない方法を発信していきたいと考えている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 07f4b97794c9c756a6387a4e8a7e0925_s 増えている子ども鬱、不登校、引きこもりは幸福感を左右する脳内物質…
  2. IMG_4608 こねなくてもOK!ほったらかしでも最高に美味しい「基本のフォカッ…
  3. Ca_WgekBwqvgwlY1429359749_1429359834 メゾンブルトンヌ
  4. FotorCreated 何気なく食べている食べ物があなたの腸を炎症させている!知らないと…
  5. IMG_4197 夏野菜の消費に困ったらこれ!体を冷やさない養生おかず。きゅうりの…
  6. Thermal_image_-_hand_-_1 そのほてり、隠れ冷え性じゃありませんか?手足や顔がほてる人は内臓…
  7. FotorCreatedyy 生理は前月1か月の過ごし方の通知表です。生理中おすすめの過ごし方…
  8. IMG_4896 オーブンも型も不要!乳製品・卵不使用。フライパンでサクふわイング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • ami tominaga
  • 越野美樹
  • まどか
  • tomomi
  • izumi
  • 松永加奈恵
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • yuko matsuoka
  • 佐野亜衣子
  • 高橋直弓
  • Koyuri
  • 金戸 隆雄
  • 伊賀るり子
  • 上村 歩
  • 赤嶺 福海
  • 廣瀬花
  • 室谷 真由美
  • 弛津ひなこ
  • kei
  • 湊 綾香
  • maejima kanako
  • Mint
  • haru.
  • jyunko
  • akimura

カテゴリー

PAGE TOP