メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

市販虫除けスプレーに使われる「ディート」はアメリカ軍が戦時中開発した危険な薬剤だった。安全でオーガニックな虫除けスプレーの選び方

yuko matsuoka
神戸生まれ、関西弁の翻訳業兼ライター。 アメリカ滞在中に現地の肉類過多・工場生産加工食品中心の食生活から、十代に治ったはずのアトピーが再発症。 その後、食生活について深く考えるようになりオーガニック食材に切り替えるも、日本に戻ってそれが困難であることを痛感。努力の甲斐あってアトピーが完治した経験を踏まえ今後は本来あるべき食生活について追求・情報発信していきたい。

虫刺されに悩まされる、これからのシーズン。


これからくるシーズンといえば・・・、楽しいことが目白押しです。

旅行、夏休み、花火、スイカ・・。
もうひとつの、これからの季節の風物詩・・・といっても、これはあまり嬉しいものではないのですが。


“蚊”


による虫刺されに悩まされるのもこれからの初夏から真夏にかけてのこと。

蚊に刺されると痒くなる理由

蚊は刺すとき、食用とする人の血液の血小板を凝固させないために、生理活性物質を含む唾液を人体に同時に注入します。
痒みなどの症状は、これに対する完全なアレルギー反応。

そして刺されて一時的に痒いだけで済む人もいれば、蚊の膵液がすっかり強いアレルゲンとなってしまいます。
丘疹や水ぶくれにもなり、治まるまで何日も悩まされる人もいます。

「地球上でもっとも人類を殺害する生物」とすら呼ばれる恐ろしい蚊

1ka
ですが、これだけではなく、蚊に刺されるということは、実は人命にも関わるほど、大変危険でもあるんです。
蚊が年中活動するフィリピンなどの東南アジアはもちろん、日本でも、2014年の代々木公園を中心とした稀に見るテング熱感染事例は、まだまだ記憶に新しいことと思います。

蚊は、マラリア、フィラリア、黄熱病、デング熱、脳炎、ウエストナイル熱、チクングニア熱などの病原体を媒介し、

それによる死者は1年間に75万人にもなるとされ、

「地球上でもっとも人類を殺害する生物」

とすら言われています。

虫よけに使われるディートという薬剤が人体に影響があると指摘されている

虫刺されを避けようとして人体に危険なものを使う私たち。

supure
そのため、蚊に刺されるのを防ぐことは、とても真摯な問題です。
そしてそのために、蚊を避けるための商品、とりわけ、近年には蚊よけスプレーやパッチなども広まりました。
便利でかんたんに蚊から身を守られる。
そのことは、蚊に悩まされる人にとっては、とても有難いことと思えていました。

ところが最近になり、残念ながら、それらが人体に対して有害ではないかと指摘されるようになりました。

というのは、それらの商品の有用成分として使われるディートという薬剤が、濃度や使用時間、方法によっては人体に影響があると一般的に知られ始めたからです。

ディートとは?

deeet
ディートは、化学名ジエチルトル アミド(N,N-diethyl-m-toluamide)、一般的な防虫効果を謳っている多くの製品に使われています。
海外ではディートの存在は日本よりも認識されており、ディートフリーという記載のある商品も販売されています。

■肌に直接塗布するもの

エアゾールスプレー
ポンプ式スプレー
液またはジェル
濡れティッシュ

■肌や衣類などに貼る物

虫除けパッチ

■虫除け用グッズ

シリコンブレスレット
など。

ディートは戦時中アメリカ陸軍がジャングル戦対策として開発された強力な薬剤だった!


ディート (DEET) は、今でこそ昆虫などの忌避剤として流通していますが、もともとは第二次世界大戦という非常時中、アメリカ陸軍がジャングル戦対策として開発された強力な薬剤でした。

人体上においても、健康上の被害についていくつも危惧されています


・ 神経系に対する影響
・ 血液脳関門
・ 皮膚炎
・ 眼の刺激
・ 接触蕁麻疹
・ 皮膚の透過性亢進(皮膚の他の物質の透過性を高める作用により、環境汚染物質を皮膚から取り込むことを促進する)
・ 循環器に対する影響、
・ 胎児への影響など。


現代では、忌避剤として多くの虫よけスプレーなどで主成分になっており、確かにその効果は他の化学薬品と比べてすら絶大です。
今現在最も効果的で長期効力のある忌諱剤と考えられています。

湾岸戦争でディートに触れていた兵士たちは原因不明の後遺症に悩まされた。


湾岸戦争では、多くの兵士が原因不明のいくつかの症状を訴えたそうです。
ただ彼らはディート以外にもいくつかの化学物質にも触れ、またディートは通常で使われる4倍ほどの量であったとも言われますがそのため如実な現れ方として、記憶

力減退、頭痛、疲労感、筋肉痛、呼吸器や消化器系の異常などがあったそうです。


それを重く見たアメリカのその後の検証で、それらはディートを含む、化学物質の複合的影響ではないかと考えられています。

当初、研究上は人の健康には重大な影響を及ぼさないとされてきました。
が、実は、虫類が何故この物質の臭いを嫌うのか、その詳細はまだわかっていないのです。
しかもこの効果は昆虫だけでなく、昆虫とは全く異なるはずのヒルやナメクジ等の一部にも有効なのだそうです。

では我々人体にはどうなのでしょう?
安全だ!と言い切るのは到底難しいでしょう。

そういえば、ラウリル硫酸ナトリウムという、合成歯磨き粉やシャンプーなどで使用されている陰イオン系合成界面活性剤も、皮膚の炎症や経皮毒性などが危惧されていますが

もともとはアメリカ軍が戦車を洗浄するために開発したもの

だそうです。
こう考えると戦争中に開発され、戦後に一般的な製品に使用されて流通されるようになったものも、意外に多いかもしれません。

カナダやアメリカの対応

カナダ保健省農薬管理規制局は、2002年にディートの再評価を行って厳しい規制をすることにしました。

・基本的に、大人と12才より大きい子供に対しても30%より高濃度のディート製品の販売禁止

《6か月以下の幼児》

ディートの使用を禁止

《6か月~2才児》

1 日に 1 回、最も濃度の低い製品(10% 以下)を使い、顔と手には使わず、長期使用は避ける。
 

《2~12才児》

1日に3回以下、最も濃度の低い製品(10% 以下)を使い、顔と手には使わず、長期使用は避ける。

・ディートと紫外線カット剤を混ぜた製品は禁止。 

また、アメリカ疾病予防管理センター (CDC) では以下のとおり推奨しています。

• 飲んだり吸入したりしないよう注意。
• 特に乳幼児に対し使用する場合は手のひら、顔(特に目、口)を避ける。
• 乳児は、大人の手のひらで薄く延ばし、これを塗る。
• 子供同士で虫よけ剤を塗ったりスプレーしたりさせない。
• 衣服へ塗る場合、内側(皮膚に直接触れる部分)へ塗布しない。
• 長時間塗ったままにしない。子供で約4時間、大人で約8時間程度を目安とする。さらに長時間の使用が考えられる場合は、濃度の低いものを使用するか、薄く塗る方法をとる。
• 帰宅後など、昆虫に接触する機会から離れた場合は速やかに石鹸などを使い、洗い落とす。
• 虫よけ剤は子供の手の届かないところへ保管する。
• 夏場など、日焼け止めと併用する場合は、日焼け止めを最初に塗りその上に虫よけ剤を塗る。
(参照:ウィキペディア)


また日本でも国民生活センターでは、エアゾール式のものは空気中に散布されたものを吸い込んだり、また広範囲に使用するため非効率で、噴出するために一緒にガスなども使用することから、特に子供に対してなるべく控えることを推奨しています。

私たちはどうしたらいいのか?


初めに書いたように、蚊に刺されることは命にもかかわることです。
とはいえ、このような健康に害をもたらす可能性の高い薬剤を使用したのでは、本末転倒です。
ではどうすればいいのでしょうか。

お勧めできる虫よけスプレーはどんなもの?

ナチュラル&オーガニックの力で虫よけをしよう。



それはもちろん、人間の本来の姿として、自然の力に頼るべきです。
アメリカ疾病予防管理センターは、ユーカリ油に有効成分p-menthane 3,8-diol (PMD)が含まれており、蚊に対して低濃度のディートと同じ効力があると提唱しています。

それ以外にも、蚊が避ける香りとして有名なのは、ベチバー、シトロネラ、ゼラニウム、キャットニップ(マタタビ)、ラベンダー、ローズマリーなど。和のオイルなら、ヒバ油、ハッカ油(ミント)も有名で、それらを水と少量のアルコールだけで薄めた自家製スプレーを使用する方も、最近増えていると聞きます。

IN YOUでは以下の虫よけスプレーをお勧めしています。

ルームフレグランスにもなるオーガニック虫よけスプレー【おいしそうなバニラの香り】


原料には、国産、自然栽培のベチバーと自然栽培のバニラを使用しています。
ベチバーとは、CHANELのNo5にもベースノートとして使われている高級な香りのするフレグランス。
ベチバーには虫が嫌いな香りもありますが、「静寂の精油」とも言われていて、落ち着かない心を鎮静化してくれる香りです。
生産者さんとコミュニケーションを取り、隣の畑で農薬が撒かれていないかまで徹底的に調べられた原料のみを厳選。

このアウトドアスプレーの生産者は、自らのアトピーにかゆみを伴わない香りがなかったことから、
自分用に香りを調合したことがきっかけで作られました。

香り成分は、ひとつひとつすべて手作業で、短いもので1週間。
長いものでは数年かかけて常温で抽出されています。

その間、毎日ひと瓶ひと瓶、目で確認しつつ瓶に触れて、
良い香りになるように熟成を促す手作りの製法。

使う際は必ずこのようなナチュラルな原料を使用したものを選んでいただくことを強くお勧めします。

《かんたんに出来る虫除けスプレー》

市販のものだと上記のようなオーガニックのものが手軽でおすすめですが
特に香りを気にしない、ハッカ臭くても使えればいい、という方は作ってもいいと思います。

oiru1
・精製水(薬局やドラッグストアにあります)100mlほど
無農薬ハッカ油 10滴ほど
・エタノール数滴(薬局で入手可。精製水とハッカ油の混ぜ合わせをよくするために。入れずに使用前のたびにシャカシャカ振ってもオーケーです 笑)
・オプションでお好みのオーガニック・エッセンシャルオイルを適宜(なくても可)


肌に塗るのはもちろん、網戸や扉・窓の隙間に吹きかけておくと、蚊が室内に入ってくるのを防ぐ効果があります。
風と共に爽やかな香りが広がるので、涼を感じるのにも一役買います。

またハッカ油は塩にかけて、お風呂に少しだけ入れると、
入浴中はもちろん、その後もさっぱりとした心地になるので、夏にピッタリの入浴用エッセンシャルオイルです。

最後に
不自然に人工的に作られたものからではなく自然の力を借りて自然に生きる。

saigono1
私たちも、そして蚊も、地球上の生態系の一環をなしている生物です。
蚊は私たちを食用とします。そして私たちは身を守ります。

自然の中で他の生物たちが自然の中で上手に身を守るように。
または自然を使って身体を癒したりするのと同じように。

私たちも植物エキスを使ったり、自然から得られた食物を使ったりすることになるのでしょう。

こちら『蚊に刺されやすい人の特徴。蚊にさされるのは血液型のせいだけじゃない!あなたの食べているものに原因が潜んでいた!』

でも書かれているとおり、アロマオイルや、柑橘類、天然ハチミツ、マクロビオティック食材など、蚊を寄せ付けないもの、
蚊に刺されても癒せるもの、蚊を寄せ付けない体質をつくるものを、私たちは自然の中ですでに備わっているものから得られることができます。
不自然に人工的に作られたものからではなく・・

また最近では、そんな危険なディートの不使用を謳い、
天然のエッセンシャルオイルのみを使用した蚊よけスプレーや、パッチやシリコンブレスレットなどのグッズも広まり始めています。

低コストや流通のしやすさを第一として製品が作られていた時代から、
消費者が安心して使いたいと願う気持ちに応える製品作りへと、商業ベースで変わりつつあるのだと思います。

蚊取り線香に、今のような化学薬品でなく、昔は防虫菊という天然素材を使っていたように、
ナチュラルなものを使うことはまた、夏らしい情緒をも呼び起こしてくれそうな気がします。

IN YOUMarketで一押しの虫よけスプレーや虫除けアイテムをCHECKしてみよう!

0904103709_5b8de1c5a8964

純国産で低温抽出したベチバーを使ったアウトドアスプレー。
ベチバーは虫が嫌いな香りを持ちながら、
HANELのNo.5のベースノートとしても使われているとても香りの良い植物です。
虫除けとしてだけでなく、ルームフレグランスとしても使えるスプレー。自然栽培された国産のベチバーを使い、
国内で抽出した純国産の香り成分だから、敏感肌の方や、小さいお子さんにも安心して使っていただけます。

1226174447_5a420bff84d30 一家に一つ欲しい!害虫防止に。スーッと良い香りのする屋久島天然無農薬しょうのう【2個】今すぐここをクリック!

ご紹介するのは大自然屋久島が誇る天然クスノキからとれた「しょうのう」。
しょうのうって?くさくないの?
はい、天然のしょうのうはむしろ、いい香りです!
しょうのうとは、衣服をダニなどの害虫から守る、防虫剤のことです。
今回ご紹介するしょうのうは、「樟脳臭い」と言われてきた、市販の化学薬品を使われた防虫剤とは全く別物です。
むしろ、森の中にある天然のくすのきからとれた、ナチュラルな「しょうのう」ですので、臭さよりもすっきりとしたさわやかな香りが心地よいのが特徴。


この記事を読んだ人におすすめしたいほかの記事
蚊に刺されやすい人の特徴。蚊にさされるのは血液型のせいだけじゃない!あなたの食べているものに原因が潜んでいた!

化学物質でできた「生理用ナプキン」の裏側。あなたの体と未来の赤ちゃんを守るために全ての女性が知っておきたいこと。

危険な添加物でできた人工化合物。ゴミ同然の原材料から作られたニセ調味料の実態。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

yuko matsuoka
神戸生まれ、関西弁の翻訳業兼ライター。 アメリカ滞在中に現地の肉類過多・工場生産加工食品中心の食生活から、十代に治ったはずのアトピーが再発症。 その後、食生活について深く考えるようになりオーガニック食材に切り替えるも、日本に戻ってそれが困難であることを痛感。努力の甲斐あってアトピーが完治した経験を踏まえ今後は本来あるべき食生活について追求・情報発信していきたい。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ