メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

フッ素を塗っても虫歯はできた!定期的にフッ素塗布をしたにも関わらず虫歯になった長女の話。市販歯磨き粉にも危険な化学物質たっぷり。虫歯予防を行う前に私達ができること。

hata ikue
兵庫県加古川市在住。 育児をきっかけに食の安全に関心を持ち、無農薬野菜・無添加食品を中心とした食生活を始める。 私たちの身体は食べたものでできており、特に子供の成長・発達に大きく影響すると実感すると同時に、身の回りの化学物質や薬剤にも疑問をもつ。 以来、オーガニックとは食べ物だけではなく、身の回りを取り巻く環境全てのことだと気付き、それらを排除した生活を取り入れている。 安心な食べ物・安全な環境を求めて、子どもたちのこれからが 真に健やかなものとなるよう願いつつ、家族みんなが笑顔で生活していけるような 情報を発信していきたい。 【ブログ https://ameblo.jp/organic-healthy-life 】

予防のためのフッ素塗布と虫歯になったら「削って詰める」がスタンダードの現代的歯科治療


みなさんはこれまで、歯の治療を受けられたことがありますか?


私自身、すでにたくさんの銀歯が埋め込まれていて、決して良い状態の口腔内とは言えません。

自分自身がこのような状態だからこそ、子どもたちには虫歯のない健康な口腔状態を保って欲しいと考えています。

そもそも、虫歯になろうと思ってなる人はいないでしょう。

a840f9326b191757bb8b0dfabcc5fa4b_s

虫歯予防に推奨されているフッ化合物は体にとって有害物質である可能性


現在、虫歯予防のためのフッ素塗布やフッ素洗口が日本では推奨されています。

フッ化合物(フッ素)を塗布することで、歯の再石灰化を防ぎ、歯が強くなるため、多くの歯科医で推奨されているのです。

一方で、フッ化合物は薬事法上「劇薬」に指定されていますが、このこと対しては、以下のように説明されています。

フッ化物洗口剤(顆粒の状態)は、薬事法上、医療用医薬品の中の劇薬に分類され、他の物と区別して保管するよう定められています。
その理由は、製品が取り扱いやすいように顆粒状にしているため、フッ化ナトリウムの濃度が高いからです。

しかし、用法・用量を正しく理解し使用すれば安全で、むし歯予防に効果があります。
なお、フッ化物洗口剤を用法通り水で溶かした「フッ化物洗口液」は、劇薬ではありませんので、家庭や学校などで取り扱っても何ら問題はありません。
フッ化ナトリウムの濃度が低くなるためです。

長崎県HP


しかし同様に、フッ化合物による中毒性についても注意喚起がされています。


どんなに安全と思われている物質でも量が過ぎれば害を生じます。
フッ化物も同様で、適量では身体の栄養、むし歯予防に役立ちますが、過量に摂取すると害(中毒)を生じます。このフッ化物の有害作用は次の2つに分けられます。

(1)慢性中毒

長年飲料水等により過量のフッ化物を摂取したとき生じるもので斑状歯(歯牙フッ化物症)と骨硬化症の2つがあります。
斑状歯(歯牙フッ化物症)となるのは、適量の2-3倍以上の量のフッ化物を、顎の骨の中で歯がつくられている時期に継続して摂取した場合です。
骨硬化症は、適量の10倍以上のフッ化物を数十年摂取し続けた場合に起こる場合があります。

(2)急性中毒

一度に多量のフッ化物を摂取したときに生じるもので、吐き気、嘔吐、腹部不快感などの症状を示します。
フッ化物の急性中毒量は、体重1kgあたりフッ化物の量2mgです。例えば、体重20kgの子供が40mgのフッ化物を摂取することで生じます。
通常むし歯予防に利用するフッ化物(フッ化物洗口、フッ化物塗布、フッ化物入り歯磨剤)では、適量を使用している限り中毒を起こすことはありません。


確かに、歯科医でのフッ素塗布の回数は、さほど多いものではありませんが、歯磨きは家庭で毎日行うことです。

ドラッグストアなどで市販されている歯磨き剤のほとんどは、フッ素配合のものです。


1回ずつ使用する量は微量であっても、1日1〜3回継続的に摂取されていくとしたら、子どもたちの身体に影響がある可能性は否定できません。

これらのことを踏まえた上で、子どもたちにとってのベストな選択を行うことが重要です。

fb4534dcf0b1c892521a9e4e63d5d88a_s

フッ素塗布をしても虫歯はできる!定期的なフッ素塗布をしたにも関わらず虫歯になった長女の話。


そもそもフッ化合物が有害か以前に、フッ素塗布が虫歯予防に関して十分な効果がないということを、私は身を持って感じました。

長女が小さかった頃の乳児健診で、歯科衛生士の方から子供のオーラルケアについて話を伺いました。

そのときに強く勧められたのが、フッ素塗布です。
歯科医に行っても良いし、家庭でも簡単にできるので、是非とも取り入れるように、とのことでした。

今でこそ、フッ素のリスクに関して認識しているものの、当時は全くの無知。歯科医・歯科衛生士の方のお話を鵜呑みにし、早速定期的に予防歯科に通いはじめました。

しかし、ある日、長女の奥歯に黒い点を発見、歯ブラシでいくら磨いても取れません。
慌てて歯科医に行ったところ、ごく初期の虫歯だが、念のため軽く削ろうということになりました。

この頃から、フッ素塗布の有効性について疑問を抱き始めましたが、周りからの強い勧めもあり、数ヶ月に一度なら、と継続して様子を見ていました。

そして約半年後、再び、別の場所に大きな虫歯が出現したのです。


しかもそのときは、虫歯ができる3日前に、歯科医で虫歯チェックをしてもらいフッ素塗布までしていました。
にも関わらず、虫歯になってしまったのです。

もちろん、虫歯を作ってしまった責任は、虫歯になりやすい環境を作ってしまった母である私の責任でもあります。
しかし同時に、フッ素塗布があまり意味のないものであり、虫歯予防のためには他にすべきことがあるはずだ、との確信をもちました。

そしてそれ以来、フッ素塗布およびフッ素配合歯磨き剤は使用せず、念入りなブラッシングとフロスでのお掃除を行っています。

フッ素以外にも危険な化学物質がたっぷり含まれている歯磨き剤


ドラッグストアなどで市販されている歯磨き剤には、フッ素以外にも多くの化学物質が含まれています。
もちろん、全ての物質が直ちに体に悪影響をもたらすものではないかもしれませんが、中には非常に危険だと言われているものもあります。

これは、ごく一般的に市販されている子供用の歯磨き剤です。


IMG_3955
成分表示には、横文字の化学物質の名称がずらりと並んでいますが、この中でも特に危険な添加物はサッカリンナトリウムです。

サッカリンナトリウムは、砂糖の500倍もの甘さを持つと言われている甘味料で、発がん性が指摘されています。
その危険性から、日本でも一度使用禁止になったのですが、再検査の結果復活。現在では制限付きで使用可能とされています。

また、安定剤として含有されている酸化チタンも、発がん性・不妊・アルツハイマーのリスクが示唆されているものですし、子どもが使いやすいように香料がふんだんに使われている商品も多々出回っています。

そして、一般的な歯磨き剤に頻繁に使用されている中でも特に危険なものがラウリル硫酸ナトリウムです。
これは、石油系の合成界面活性剤で、シャンプーや合成洗剤にも発泡剤として頻繁に使用されているものです。

欧米の一部の国では、発がん性があり危険ということから使用禁止になっています。


そもそも、歯磨き剤は泡が立つことで「磨いた気」になり、実際にはかえって磨き残しが多く発生するとも考えられます。
危険であればなおのこと、歯磨き剤に発泡剤は不要な添加物なのです。

歯磨き剤に含まれる有害物質は速やかに血中に吸収されます

0611f6a44d38d4f752dd4f9037f8d34d_s
このように、多くの化学物質および危険な添加物が含まれている歯磨き剤。
歯を磨く時には歯磨き剤を使うことが当たり前のようになっていますが、果たして本当に必要なものでしょうか。

歯磨き剤は、食べ物ではないので直接体内に入るものではありません。
しかし、ご存知の通り、口の中は皮膚で覆われていない粘膜質なのです。

つまり、食べ物として体内に入るものは、人体の消化吸収機能によって、不要なものが代謝・排泄されますが、粘膜から吸収されるものは、速やかに血中に取り込まれてしまい、私たちの身体に大きな影響を及ぼすのです。

さらに、子供用歯磨き剤には、子どもが使いやすいように大量の香料や着色料が含まれているものも多いので、注意しなくてはなりません。

大切な歯を守るためにできること

2b978e7327a341fae545a0afcc10e828_s

正しいブラッシングの方法を再確認しよう


歯を守るためにまず教えられるべきことは、歯磨き剤やフッ素を使うことではなく、正しいブラッシングの仕方です。


・歯ブラシを小刻みに動かし1本ずつ磨く
・ブラシの先が広がらないように優しく磨く
・歯と歯茎の間は45度の角度でブラシをあてる
・奥歯や歯の裏側は磨き残しが多い箇所なので注意する
・特に磨き残しが多い奥歯の隙間はフロスや糸ようじで念入りに


今更ですが、再度意識してブラッシングを行いましょう。

乳児検診や歯科検診でされるべきことは、フッ素を強く推奨することだけではなく、お母さんに正しいブラッシングの方法を教え、言葉が理解できる子どもに対しては、歯磨きの大切さを伝えることではないでしょうか。

虫バイ菌は野菜が嫌い!?砂糖なし&野菜中心の食事で虫歯予防

9f2dcadae1b26fbf06120d5b27d0205e_s
普段私たちの歯はエナメル質でコーティングされていることで綺麗な状態を保っています。
そこに食べ物が入ることで、口腔内が酸性に傾き、エナメル質が溶けて虫歯ができやすい状態になります。
しかし、やはりここにもホメオスタシス(崩れたバランスを元に戻す力)が働くのです。

食べ物をしっかりと噛んで歯をこすり合わせること、また、それによって唾液の分泌が促進されることで、歯の自浄作用が働きます。

特に、繊維質及び水分の多い野菜が歯の洗浄効果を高めてくれます。
子どもにとって野菜はハードルが高いかもしれませんが、食べられるものからトライしましょう。

言うまでもありませんが、お砂糖をふんだんに使ったお菓子やジュース・アイスクリームは、あっという間に虫歯の巣窟となります。

イベントの多いシーズンや甘いお菓子を食べてしまった後は特に、砂糖を制限した野菜中心の食事で立て直しを図るようにしましょう。

5b4bcf26c6e1efa9b19657edbecf2cf0_s

良い生活環境が虫歯予防につながります

2e3f6df92e03bcffa05939f8896564fc_s
ダラダラ食べや、時間を決めないで常に何かが口に入っている状態は、歯の自浄作用が働きにくくなるため、当然、虫歯になりやすいです。

私たちの口腔内では、食後約30分の間に歯の自浄作用によって酸性に傾いた状態からアルカリ性に戻ります。
ところが、いつまでも食べ物が口に入っている状態だと、アルカリ性に戻る間がないばかりか、エナメル質が剥がれた歯に食べカスがたまり、酸性の状態で活性化する虫歯菌にとってとても良い環境になってしまいます。

食べるときは時間を決めて、メリハリのある生活を行うこと、時々食べるご褒美のおやつも適量を心掛けることが大切です。
毎日決まった時間に目覚め、食事をとり、活動し、夜は早めに就寝するという生活リズムを整えることが、結果的には虫歯予防にも繋がっていくのです。


虫歯治療はエンドレス、そうなる前に早めのケアを

e43f7cdbc402c4f3e67836f4c8fadd29_s
虫歯ができると歯を削って詰め物をするのが一般的ですが、その場合、詰め物の隙間に食べカスや歯垢がたまりそこからさらに虫歯が進行すると言われています。
詰め物は、ただ単に削った歯に被せ物をしているだけで、虫歯が治ったわけでも虫歯予防をしているものでもありません。

虫歯を治療して被せ物をしたが、その部分を中心に歯がしみるようになったり、痛みが生じるなどの経験はありませんか?
歯の詰め物が原因で起こる頭痛・肩こり・めまいなどの慢性疾患や、詰め物に金属が使われている場合、それが原因でアレルギー症状が出たりすることもあります。

削って詰めてそこからまた虫歯になる・・・虫歯治療はエンドレスに続いていきます。

そうならないためにも、自分の歯は自分できちんと管理すること。
そして、子どもたちの虫歯予防に関しても家族みんなで取り組み、普段から虫歯にならない生活を心がけることが大切です。


フッ素や危険な添加物不使用の歯磨き粉を選びましょう。

Recommended items by IN YOUMarket
IMG_8756
農薬や化学肥料を使わず、
自家採種など自然な種、食の安全や健康、環境にこだわった歯磨き粉があります。
カレンデュラとプランターゴを配合されたトゥースペーストは、フッ素、界面活性剤、パラベン、安定剤、甘味剤、合成香料、着色剤などの添加物不使用。
歯石ケアだけでなく、オオバコエキスの収れん・鎮静効果で歯茎ケアも同時にでき、虫歯、歯石の沈着を予防する効果のある歯磨き粉です。

オススメの記事

空前の報告義務違反金を払ったテフロン加工メーカーが隠していた事実。私たちが毎日使うテフロン加工のフライパンや鍋は本当に問題ないのか。

知られざるナチスが導入した「フッ素」の真実。「虫歯予防に有効」は本当?

子供のフッ素入り歯磨き粉、歯科医院で塗布されるフッ素も今すぐやめてください。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

hata ikue
兵庫県加古川市在住。 育児をきっかけに食の安全に関心を持ち、無農薬野菜・無添加食品を中心とした食生活を始める。 私たちの身体は食べたものでできており、特に子供の成長・発達に大きく影響すると実感すると同時に、身の回りの化学物質や薬剤にも疑問をもつ。 以来、オーガニックとは食べ物だけではなく、身の回りを取り巻く環境全てのことだと気付き、それらを排除した生活を取り入れている。 安心な食べ物・安全な環境を求めて、子どもたちのこれからが 真に健やかなものとなるよう願いつつ、家族みんなが笑顔で生活していけるような 情報を発信していきたい。 【ブログ https://ameblo.jp/organic-healthy-life 】
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ