メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

もう他人事ではありません。アメリカファーストで突き進むトランプ政権が及ぼす日本への悪影響とは?世界が分断されつつある中、明日の食卓を守るためにあなたは今何をしたらいいの?

Kawasaki Mariko
栄養士の免許を保有しており、現在食品系企業で働いています。 IN YOUではこれまでの知識や私だからこそ発信できる内容を皆様にお伝えできたらと思います。

もう他人事ではありません。アメリカファーストで突き進むトランプ政権が及ぼす日本への悪影響とは?世界が分断されつつある中、明日の食卓を守るためにあなたは今何をしたらいいの?


11月に中間選挙を控えたアメリカ。
数々のスキャンダルやメディアの暴露、著名人の反対運動があっても、トランプ大統領の支持は根強く、共和党の優勢が予想されてます。

トランプ大統領の、自国を最優先とし他国の利益を削ぐような政策と、強気で攻撃的なツイートが強い
アメリカを甦らせるという期待を抱かせてアメリカ国民に人気なのでしょう。

amerika
ですが、その政策には自国の利益を優先させるあまり環境問題への配慮が欠けていると思わざるを得ないものが多々あります。
そして、その結果として環境汚染の被害がもたらされるのはアメリカ以外の国だけではありません。

地球はひとつだけ、つまりアメリカの国土も環境問題の影響にさらされることとなるのです。
これは、アメリカという遠い国だけの問題ではなく私たちの未来に関わることなのです。



パリ協定離脱を表明したトランプ政権、地球温暖化に歯止めは利かないのか

cristian-newman-67308-unsplash
2017年6月1日、トランプ政権はパリ協定からの離脱を表明しました。
このニュースを見たとき、私は目を疑いました。

なぜならそれは、地球温暖化対策の放棄に等しいことだからです。


そして、これから世界はどうなってしまうのだろうと非常に不安を覚えました。

パリ協定の離脱自体は、トランプ大統領が選挙のキャンペーンで公約として掲げていたものではありますが、
この温暖化が進み各国で対策が講じられているなかでまさかそれを実行するとは思っていませんでした。

そもそも、パリ協定とは2015年に温室効果ガス削減についてCOPで合意された、2020年以降の気候変動に関する国際的な枠組みで、1997年に定められた京都議定書の後を継ぐものです。
その発効条件はリストアイコン55カ国以上が参加し、世界の総排出量55%以上をカバーする国が批准することでした。

工業の発展に重きをおく中国やインドの参加が難航し発動条件が満たされるのに時間がかかると当時見られていたところ、中国やインドに当時の大統領だったオバマ大統領がインドや中国に批准を働きかけたことなどで、2016年11月4日に発効したのです。

そんなオバマ元大統領の努力の賜物もあり、温室効果ガス主要排出国を含む159カ国、温室効果ガス排出量の86%をカバーしているのです。
ところが、トランプ大統領はオバマ元大統領と真逆で、インドや中国に比較して過度な負担を強いられているとし、温暖化防止の効果はわずかだとしてパリ協定から離脱したのです。

さらに深刻なことに、トランプ政権は2017年10月10日、火力発電所からの温室効果ガス量排出量を規制する、オバマ政権が定めたクリーン・パワー・プランを撤廃すると発表しました。

環境保護局・EPA長官が関連文書に署名し、この規制撤廃で2030年に330億ドルの経済負担軽減が見込めるとしました。

石炭産業に対する打撃になるとトランプ大統領がプランの見直しを行った結果ですが、果たして石炭産業を守ること地球を守ること、そのどちらが大切なのでしょうか?
石炭産業に関わる雇用を守ることも目的とされますが、その雇用をクリーン・エネルギーに向けたほうがよっぽど建設的ではないでしょうか。

引用:NPO法人国際経済研究所
http://ieei.or.jp/2017/07/takeuchi170712/

トランプ政権の恐怖外交で日本の食の安全にも脅威が・・・・

eat-3236971_960_720
温室効果ガスの問題だけではなく、トランプ政権がTPPを離脱したことで日本にも私たちの生活を脅かす問題があります。

それは、食の安全です。


トランプ大統領がTPP離脱を宣言することで、TPPに代わる貿易協定を2国間で進めることになりましたが、
これによりまず問題となるのは日本国内の農業へのダメージです。

日本の食糧自給率は、農林水産省にぴょると平成29年度は38%、先進国最低水準です。

http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/012.html

更に、日本の農業は大半が農薬や化学肥料をし使用しており、オーガニック農業の耕地面積は0.2%、これも先進国最低水準です。
ここに、TPPで要求されていた日本の輸入農林水産物のうちの81%の品目に対して関税を撤廃させるとうアメリカの希望が通れば、国内農家は更に生きのこりをかけてますます安価な農薬や化学肥料で原価を下げて大量生産に走る恐れがあります。

そうした農作物を食べて直接か私たちの体に健康被害がでるだけではなく、化学肥料や化学飼料によって地下水や土壌汚染が進み、
環境破壊につながることも深刻な問題です。また、危険な添加物の追加や添加物の表示義務もなくる可能性もあります。


またそれだけではなくこれまで以上に遺伝子組換え作物の普及も気がかりです。

もともと日本は1977年の貿易摩擦の際、アメリカからの外圧に負けてグレープフルーツの輸入に伴い発がん性のリスクがあると知りつつ防カビ剤のOPPの輸入も認可しています。卑劣なことに、日本国内の農業では収穫後の農薬散布が禁止されているため食品添加物として認可させたのです。

そんな歴史をまた繰り返すかのように、トランプ政権は危険性を指摘されているアルミニウムを含む食品を添加物として指定するように求めてきています。
日本医薬品添加剤協会のマウスとラットを用いたアルミニウムに対する試験では、その有害性が示されています。

http://www.jpec.gr.jp/detail=normal&date=safetydata/a/dae20.html

40匹の雌マウスを妊娠して7~16日間塩化アルミニウムを200mgALC3kg/day腹腔投与した結果全40匹が妊娠して10日目に死亡し、150mgALCkg/daで肝臓アルミニウム含有量が上昇、そのほかにもラットの骨軟化や、マウスの神経障害や生育遅延など看過できない結果が出ています。

その上、アメリカは食品添加物の表示ですら不当な差別だと主張しており、
日本では改定をする方向で動いているという、消費者にとって何一つ安心できない状況になりつつあるのです。

ここには、アメリカから乳がんなどの原因になる、ホルモン剤、エストロゲンを投与された危険な食肉が輸入されても消費者はそれを知らずに食べてしまうという危険性もあるのです。

EUでは発がん性があるとして禁止されていますが、私たち日本人には報道もされずそのリスクはあまり知られていません。
日本は2人に1人ががんに罹るがん大国、これ以上がんのリスクを増やしていいはずがありません。

大量に散布される農薬や化学肥料そして遺伝子組み換え食品、ホルモン剤は、環境問題だけではなく私たちの健康にも直結して深刻な危険性をはらんでいるのです。

トランプ政権による悪影響を回避するには

children-817365_960_720
私達日本国民は、トランプ政権を食い止めるためにアメリカで投票をすることはできません。

それでは、それ以外にどのような方法で環境問題、そして食生活への影響を回避していけばいいのでしょうか?


安心安全な、オーガニック製品を購入する


まずはオーガニック製品を購入することが第一です。

化学肥料や化学飼料を使用せず環境に配慮していること、そして食品として食べる上で安心できます。

今は添加物表示がされているものも、そのうち表示がなくなっていく恐れも在ることから、オーガニック製品を日ごろから購入していれば安心できます。
そして、政府が発表している食の安全についての情報を鵜呑みにしないこと。

権力者たちにとって都合の良い事実は、私達にとって安全な情報とイコールではありません。


私達自身が環境に配慮し、生産者となる

オーガニックなしえ品を購入するだけでなく、私達自身が地球にとって良い影響を生み出していくという選択肢もあります。

何も農家として転身しなくとも、オーガニック農家さんが週末に行っている農業体験なども最近増えているので、そこに参加してみるのもいいでしょう。

オーガニック肥料キットもネット通販で販売されていますし、自然栽培の土の作り方はIN YOUでも伝えているので、下記をご覧ください。
ベランダでプチ菜園を作ってみるのもお勧めです。

オーガニック農家が教える「安全で自然な土」の作り方。日本の種と農地が危ない今こそ、お庭やプランターで家庭菜園に挑戦しよう。


あなた自身の手で何に投票するのか?考えてください。
どんな未来で過ごしたいですか??

それは選挙はもちろんのこと、日頃の行動全てが投票です。


環境を配慮した良質なものを買う。
応援したい企業を応援する。
選挙で正しい政党に投票をする・・・。
オーガニック作物を自分で生み出す。

地球のため、そして何より私達自身の環境のために、まずは今あなたができる取り組みをはじめてみるのも大事なことです。

地球は政権のものではなく、私達や全ての動物、植物のもの

earth-11008__340
地球は長いことかけて沢山の生き物が繁栄してきました。
そこに人類が加わったのは、地球の歴史からすれば最近のことです。

それなのに、急速に地球は有害な化学物質のせいで破壊されています。
何とか食い止めようとして環境保護や温暖化防止のために各国が政策を打ち出して協力してきたのに、それを一国の大統領が台無しにしようとしています。

海の向こうの遠い国のことだと傍観せず、私達の生活に脅威が及ぶと言う危機感を常に持つことが大切。
リスクのある情報をチェックし、オーガニックな生活を選択すること。

それが自分自身や、周りの大切な人たちを守り、更に地球を守ることにつながるのです。

子育てに便利なオーガニックアイテムを探してみよう

PR: Recommended items by IN YOUMarket
inyou_market (1) 全ての人にオーガニックな暮らしを
IN YOUMarket今すぐここをクリック!

【家族、大切な人、親友にも自信を持っておすすめできる商品のみを掲載する、LOVEとHAPPYが溢れるオーガニックオンラインマーケット】です。

<商品選定基準>
・家族や大切な人にも自信を持ってお勧めできる安心な製品のみを選定しています。
・農薬・化学肥料、食品添加物、遺伝子組み換え由来原料、化学物質が使われていない商品、
または最大限に消費者の健康・安全面に配慮された商品だけを取り扱っております。
IN YOUMarketでお買い物していただくことによって大きく3つの貢献ができます。

❶ オーガニックやナチュラルな事業を行うメーカーや生産者を応援することができます。
❷ ナチュラルな製品に触れていただくことで、大切な人や家族の、心身ともに健やかな生活をサポートします。
❸ IN YOUMarketで買い物をすることで、楽しいオーガニックライフや健やかな暮らしに必要な年間2000万人以上の最新情報を、より多くの方にお届けが可能になり、最新のオーガニック情報を日本に広めることに貢献できます。 


IN YOUMarket 


オススメの記事

既にあなたの身近にはこびる遺伝子組み換え食品の実態と、承認済み遺伝子組換え作物一覧。大豆が危ない。TPP発効で食の安全が変化する中、これから日本はどうなっちゃうの?実態とあなたにできる対策。

なかなか報道されないTPP成立とこれまでの経過まとめ。今後私たちの食卓や生活はどうなっちゃうの?注意点と今すぐ私たちにできること。

2年後に迫る東京オリンピックで提供する食材に問題が?!世界基準から大きく外れ続ける日本の食品汚染。放射能・農薬・アニマルウェルフェア等いよいよ明るみになる日本の食材水準の低さ。オリンピック開催を機にオーガニック意識を高め普及させるために今できること

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Kawasaki Mariko
栄養士の免許を保有しており、現在食品系企業で働いています。 IN YOUではこれまでの知識や私だからこそ発信できる内容を皆様にお伝えできたらと思います。
あなたにお勧めの記事
関連記事

LINE@

IN YOUメルマガ

LLE82

minery

  width=
 class=
ページ上部へ