メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

無自覚にモンスターペアレントになってませんか?|教育現場以外でも向き合うべき発達障害の問題。 今だからこそ考えたい教育の在り方と教育現場

juriiiiiiiiii
肌が弱いことや元アーティスティックスイミング選手だったこともあり、オーガニックや手作りにこだわる食はもちろん、日常生活やトレーニングなどを通して、自分のカラダとまっすぐに向き合う時間を大切にしています。オーガニック大国とも言われるドイツに在住していた経験や旅先での発見などを生かし、国際的な視点で日本のオーガニックシーンなどと向き合って行ければと思っています。

日本で大きな問題となっている、教育現場のさまざまな事情。
学校でのいじめ問題、近年増加の傾向にあるとも言われる発達障害への支援、
ストレスを抱えやすくなっている現代の子供のこころの病気などの問題もあります。

また、ぱっと頭に浮かぶ教師に関連した問題の中にも、
国際化社会における英語教育の問題、教師の倫理観などがあげられるのではないでしょうか。

中でも、子供を持つ親としてはもちろん、
日本の将来を考えた場合に気になるのが、
教員の長時間労働とそれに起因するとも言われる教育の質の低下の問題だと思います。

もちろん教育のカリキュラムも大切ですが、
それ以上に大切になるのが、教育現場を支える根本的な考え方や環境。

確かに、国が関与している教育の現場には、
私たちが直接関与できることが限られている部分も多くありますので、
変えていくのが難しいと感じている方も多いと思います。

しかし、私たち社会の1人1人が教育現場について真剣に考え、
変えていくべき時が来ているのではないでしょうか?

世界で一番厳しい基準を誇るドイツ産!お子さんのイライラ対策に。アレルギーのあるお子さんでも安心して食べられる子供用マルチビタミン+カルシウムサプリ 1〜3本セット

¥ 6,156 ~ ¥ 17,4960 (税込)


日本だけではない?教師の労働の問題



日本ほどではないものの、教師の労働時間や、
教師が抱えるストレスが与える心身の健康などへの問題は、欧米各国でも問題視されています。

高い労働環境や教育体制に定評のあるスイスでさえ、
4割以上の教師が心身ともに疲れ切っているという調査結果が出ていますし、
イギリスでも、5割以上の教師がメンタルヘルス面での事情を抱えることなどがわかってきています。

生徒の多様化、生徒の無関心な授業態度、生徒への責任感など生徒と深く関わっているもののほか、
生徒の親からのプレッシャーなど人間関係によるもの、
家庭と仕事の両立などプライベートとのバランスなど、
教師のこころの病気の原因とされるものにもさまざまなものがあげられます。

こういった教師の精神状態の悪化や教師不足の影響を受け、
欧米の先進国でもパートタイム労働の推奨やより自由度の高い働き方など、
教師を支援する団体や新しい教育体制を構築する取り組みが盛んに行われています。

欧米の教育現場での多彩なアプローチ



教師となる人材の不足も日本だけの問題ではなく、欧米でも問題となっていることをご存知ですか?

欧米の先進国では、週の授業時間をコントロールしてよりよい職場環境づくりに努めること、
1クラスあたりの生徒の人数を減らし教師の負担を軽減することなど、
さまざまなアプローチが教師支援の取り組みとして広く普及しています。

地域によっては、実に7割もの教師がパートタイムで働いているところもあるとか。

また、すでに日本よりも多国籍化が進んでいるスイスなどのヨーロッパの先進国では、
国籍の異なる教師や、別分野でのキャリアや社会経験を持っている人を、
教師として「中途採用」することで、教育の現場を支えています。

日本でも、社会経験のない未熟な教師の実態が取り沙汰されることもありますので、
ぜひ見習いたい制度と言えるのではないでしょうか。

家庭では扱いにくい専門的なテーマこそ、学校での細かな指導が必要



先進国では、性教育や避妊、覚せい剤の使用など、
デリケートかつ専門性が大切になることについて学ぶ時には、外部の現役の医療従事者による特別授業などが行われることも。
「さわりだけ」のような日本の教育とは異なり、より詳細内容を掘り下げた教育に重点が置かれています。

とくに、性教育や避妊のテーマにおいては、
婚前の性交渉をタブーとするキリスト系の学校でも、熱心に教育が行われているほど。
宗教的な障害がないのにも関わらず性教育の水準が低いとも言われている日本が、
学ぶべきアプローチと言えるかもしれません。

また、覚せい剤や薬物の使用についても、
頭ごなしに「だめ」と教えるのでは、本質的に問題を理解しているとはとても言えません。
何がどうだめなのか、薬物を使うことによる副作用やリスクなど、
子供だからこそ論理的な説くことが必要になるのではないでしょうか。

少子化の今だからこそ考えたいクラス体制



日本では、世界でも1クラスの人数が多い国だということをご存知ですか?
小学校では29人程度、中学校では34人程度と、韓国に次いで多い人数だと言われています。
一方で、欧米各国では、小中学校どちらも1クラス15人程度が標準。
多い場合でも25人程度と、教師の目が行き届くだけではなく、
教師の業務効率が上がり、高い教育の質が望めるという少人数制クラスが当たり前になっています。

それは、少人数のクラスの方が、基礎学力面でのケアはもちろん、
より個人が持つ個性を生かした教育が自然と成り立つようになるから。
また、教師への負担も減りますので、より効率のよい教育体制が期待できるという一面もあります。

日本や韓国のような大人数のクラスでは、人数が多いため1人1人へのケアが薄くなりがちになり、
基礎学力のばらつきが目立つようにもなります。
そして、文化的な背景以上に、「グループ意識」を高めることにより、
統制を取ることが重要視されてしまうのかもしれません。

教師だからと多分に要求してしまっていませんか?

最近耳にしたのは、ある母親が、自分の子供が通っている保育園の先生たちがお茶をしながら、
保護者との連絡ノートをチェックしていることを知ってしまった!というもの。
それを聞いた同年代の子供を持つ母親たちが、「ありえない」「信じられない」と口にしていました。

しかし、この「お茶をしながら仕事をする」という行為、そんなにも否定されるべき状況でしょうか?
企業の事務職などでは、仕事中でも好きな時間にコーヒーを飲んだり、おやつを食べたりする場合もありますよね?

そもそも、保育士の1日は、母親や父親の仕事と変わらずに、とても目まぐるしいもの。
ほっと息をつくことができる時間は、子供がお昼寝をする時間程度のものです。
そして、その貴重な時間にも、保護者との連絡ノートをチェックしたり、
事務処理をしたり、保育士同士でミーティングをしたりと、たくさんの仕事が待っています。

幼稚園や保育園などに子供を預ける親御さん世代の方は、
毎日仕事と子育ての両立に奮闘している方も多いことかと思います。
朝からお弁当作りや家事に追われ、
バタバタとあっという間に夜が来てしまったということも往々にしてあるのではないでしょうか?

幼稚園教諭や保育士、小学校や中学校の教諭は、「教育」を任せられる立場ということもあってか、
社会的に「こうあるべき」と暗黙の了解で求められることも多く、
1人の「人」や「労働者」としての権利を忘れられがちになってしまうことも少なくありません。
教師というものはあくまでも数ある職業のうちの1つであるということを、
一度考えてみるべきなのかもしれません。

世界中で最も厳しい基準を持つドイツ産最高品質タブレット「ビタミンC1,000㎎サプリメント」60粒

¥ 6,528 ~ ¥ 34,955 (税込)

教育現場以外でも向き合うべき発達障害というもの



大人の発達障害や増えている発達障害児への対応が日本の課題とされることが広く言われるようになってきました。
しかし、実際のところは、「発達障害を持つ人が増えた」のではなく、
「日本でも発達障害を診断できる知識やシステムが整ってきた」というのが正しい認識とも言えます。

発達障害で学習上で何かしらの支援を必要とする小学校~高校生の数を見てみても、
州によって教育システムや医療システムなどで大きな隔たりがあるアメリカでは全体の10%ほど、
システムが整っているフィンランドでも、全体の20%ほどの生徒が該当すると言われています。

皆さんがすでにご存知の通り、
発達障害にも、ADHD(注意欠如多動性障害)やLD (学習障害)などのさまざまなケースがあります。
そして、早期の適切なケアにより大きく改善が期待できる場合もありますし、
付き合い方次第では、将来の大きな武器ともなりえるんです。

そのため、世界各国は、教育省と関連のある教育支援機関などのサポートとともに、
かかりつけ医を持つという「ホームドクター」の制度を利用した、ホームドクターによる早期スクリーニングなど、
発達障害の早期発見や早期支援の開始に積極的に取り組みがおこなわれています。

教育と一緒に考えたい発達障害とまっすぐに向き合う方法



日本では、知識不足から、まだ発達障害をこころの病気だと認識している方を見かけることも少なくありません。
たとえ自分の身近に発達障害の方がいなくても、
友人や家族と発達障害のテーマが定期的に話に出るという方は、どのくらいいらっしゃるでしょうか?

現実問題として、まだ社会における正しい認識が遅れている日本では、
教育の現場に立つ人が無意識に間違った教育をしていることもしばしば。
まず取り組むべきなのは、身近なテーマであるべき発達障害についてを「知る」こと。
そして、最先端の効果的なアプローチを誰もが正しく知識として持ち、それをどう生かしていくかを「考える」こと。
身近なところでも議論を交わすことを恐れず、社会から家庭から、
少しずつ教育現場に生かそうとアプローチを始めることが必要なのではないでしょうか?

価値のある教育は、教師の心身の健康に根付くもの



本当に価値を見出すことのできる教育は、教育の現場の質に大きく関わっていることは間違いありません。
欧米では、過度のストレスや劣悪な労働環境は、
労働者のパフォーマンスを低下させるという認識が当たり前に広がっています。

子供のために、将来の日本のために教育を考えるなら、
まず変えていかなければいけないのは、それをつくる国や社会の考え方。
そして社会を形作っているのは、私たち1人1人が持つ家庭です。

また、日本だけではないかもしれませんが、
教師という労働者に私たちが求めるものが大きすぎるのかもしれません。

忘れずにいたいのは、教師も1人の働く人であるということ。
同じく社会に属するものとして、教師と私たちがお互いの知識と経験を生かし、
教育に役立てていくことが、今、求められているのではないでしょうか。

今揃えたいオーガニックアイテム

<たっぷり2.5-3.5ヶ月分でお得!>ミネラルならこれ1つ。あなたの毎日が輝き始める無味無臭「飲むミネラル」 by Minery(ミネリー)

¥ 18,225 (税込)

【IN YOUMarket限定】予約販売開始!一袋で400回使える。 常識を覆す!完全オーガニックなのに1回あたり21.75円の洗剤。by HAPPI

¥ 1,296 ~ ¥ 27,229 (税込)

無農薬栽培で安心の南アフリカ産「生葉ルイボスティー」

¥ 1,540 ~ ¥ 9,083 (税込)

この記事を読んだ方にオススメの記事

リンパ腫の恐れがある除草剤を、ホームセンターや100円均一で気軽に買って良いのか? 人体への害と使用の実態をお伝えします。

「甘さは砂糖の○倍」コンビニのお菓子や飲料にも。カロリーゼロを謳う人工甘味料、安心ではなく、むしろ危険です。

鎮痛剤が手放せなくなっていませんか?リラックス効果抜群の万能ハッカ油の効能。オイルマッサージでつらい頭痛をケアする方法。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

juriiiiiiiiii
肌が弱いことや元アーティスティックスイミング選手だったこともあり、オーガニックや手作りにこだわる食はもちろん、日常生活やトレーニングなどを通して、自分のカラダとまっすぐに向き合う時間を大切にしています。オーガニック大国とも言われるドイツに在住していた経験や旅先での発見などを生かし、国際的な視点で日本のオーガニックシーンなどと向き合って行ければと思っています。
あなたにお勧めの記事
関連記事

youtube

LINE@

mailmagazine

minery

me

minery

ページ上部へ