メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

月のリズムを理解すれば、あなたはもっと自分の体をコントロールしやすくなる!月と女性ホルモンの関係。月の周期に合わせたオススメの食材や、過ごし方

岡田 恵子
27歳の時イタリアンやワインなど好きな物ばかり食べていたら体調を崩し医者から膵臓に負担がかかっているとの理由で半年間、和食以外の食事とお酒のドクターストップをかけられた過去を持つ。2009年にアメリカ、ロサンゼルスに渡米、2012年全米ヨガアイランス認定講師、2013年にRPYSマタニティヨガインストラクターの資格を取得。同年、Doulaとしての産科学並びにホリスティック全般、食が身体に与える影響、身体解剖学、ヨガを通して色々な角度から健康的なライフスタイルの提案など現在はロサンゼルスを中心にヨガインストラクター、Doulaとして出産前後の妊婦さんのフルサポートや出産準備クラスなどのワークショップなどを行行いながら活動中。

満月の夜には生理になる人が多い
出産が増える


こんな話を聞いた事はありませんか。

女性の体と、体と月の引力についての関係性はよく議論されていますが、
私は月と女性の身体のつながりを知ってからは
自然に身体のサイクルと月のサイクルが重なり、
自分の身体のサイクルが分かるようになりました。

女性の身体の要、子宮へと繋がりホルモンバランスから
神経系統にまで影響を及ぼすこともあるということを痛感しています。

それだけ月の引力は強いのです。

full-moon-496873_640

女性の身体と月の関係

dorset-1736527_640
それでは具体的にどのように関連しているのかについて見ていきましょう。

月の引力

潮の満ち欠けは月の引力によって引き起こされます。
それと同じように新月や満月は毎月28日周期のサイクルで変わり続け、
満月から下弦の月、新月、上弦の月と変化
していき、
それは女性の身体の月経の周期とほぼ同じになります。

満月の日は引力が最大限になり、海の中の海ガメやサンゴの排卵も満月の時に起こるように、
動物、私達、人間の身体にも様々な影響をもたらすと言われています。

しかし、実は科学的には証明はされていません。

にもかかわらず産婦人科の現場では月の満ち欠けとお産は繋がっていると言ってる方がいるのも事実で、
実際に満月の日はお産に関わる助産師、医師、Doulaはいつでも急な呼び出し、出産に備えています。
産院、助産院などには月の満ち欠けのカレンダーを置いてる所も多いですね。

月の存在が地球に及ぼす影響

earth-1365995_640
地球の70%が海でできていて、
人間の身体の中にある水分の量は大体80%

月の引力に引っ張られて満月の日は大潮、満潮になり、サンゴや海ガメの産卵を始め人間のお産、
お腹の中にある羊水、そして90%が水分と言われている胎児も引力に刺激されていきます。

動物達と同じようにお産へと導かれ出産するケースも多々あります。

満月の前後はホルモンが乱れ、いつもの周期よりも早く生理がきたり
生理前と満月が重なると女性特有の悩み
PMS(Premenstrual Syndrome)「月経前症候群」の症状が強く出る事も多く、
何故か出掛けたくなったり、お酒を飲みたくなったり、
食事もいつもより重たい食事を食べたくなったりと神経が高ぶり、イライラしやすく、
活発的になるとも言われています。

drink-654938_640
実際、私自身も満月の前後が生理予定日だと、大体の確率で満月の日に来ます。

朝、身体が重くて起きるのに時間がかかったり、
ちょっと今日は外で食べたいなとか、こってりした食事だったのに食べ過ぎた、
翌朝また体が重いなと感じることも頻繁にありました。

そして、月のリズムを気にするようになって以来、少し気をつけるだけで体調が安定するようになったのです。

お産でいうと子宮収縮のリズムの繰り返しで出産へと向かいます。
「月の引力と海の満ち潮、女性の体の関係が全くない」とはやはり言い切れないのではないか、そう感じます。



さて窓を開けて見ましょう。
月はどんな形をしていますか?


night-694036_960_720

月の周期に合わせた過ごし方

jacuzzi-2197530_640
月の形を見ながら自分の身体と向き合っていきましょう。

新月

月のスタートは新月からです。
数字でいうとゼロになり始まりの数字。

新月の日は月は肉眼では見えなくなりますが、
満月と同じパワーを持つほどの強い引力のエネルギーがあります。

新月から満月に向かって少しずつ満ちていくサイクルのスタートです。


新月はデトックス効果が高いので、
この時期にデトックス習慣をスタートするのがベスト


新月ファスティングという言葉があるくらい、排出力が高い一週間。
神経系も満月の時と比べると、背中がすっと伸びてシャンとなるような安定する時期。

デトックスを始めるならこの時期がいいでしょう。

新月の日にオススメの過ごし方

bath-2562225_960_720

  • 1ヶ月で体に溜まった老廃物をや毒素を出すためにお風呂にゆっくり浸かって汗をじっくり出す。

  • 半日、一日断食をして胃腸を休めて体の中から0に戻す。

  • よもぎ蒸しをする。

  • デトックス性の高い野草茶を飲んだり、モリンガを食べる。

  • 私も新月の日は浄化作用も強いので胃腸を休めるように半日断食、
    もしくは一日を通してオーガニックの果物やサラダなどを食べ、ゆっくりお風呂に浸かるようにしています。
    (個人差はあるので無理はしないようにして下さい。)

    この時期にオススメのアイテム

    20161001moringa1-660x400-1-450x273

    無農薬モリンガ
    無農薬野草パウダー
    断食にオススメなマクロビオティック酵素
    クマザサ入浴剤
    オーガニック・デトックスパウダー


    新月は願い事をしたり新しい目標を立てるのに最適な時期。

    また、普段よりも勘が冴えたりします。

    というのも、この時期、エネルギー的には太陽が行動力、月が精神力を表しています。
    二つが重なる新月の日には意志が強くなりこの時期に決めた事は叶いやすいと言われる理由なのです。

    アファメーションをするには新月がいいと言われているように、
    新月イコール’何かを決断して始める日’には最適と言われて、ここ数年ではすっかり有名になりつあります。

    adventure-2548133_640
    願い事を紙に書き出して唱える、潜在意識を活用した「アファメーション」をしてもいいでしょう。


    上弦の月

    moon-2013905_640
    新月から満月へと満ちていく途中の上弦の月は少しずつ体への吸収力が高まっていきます。
    次の生理が来るまでの黄体ホルモンが活発になり吸収力が上がるとき。

    上弦の月にオススメの過ごし方

    gymnastics-1284656_960_720
  • ヨガやスポーツをする。

  • トレーニングをして、汗をかく。

  • 新しいことを始める。

  • ダイエットには不向きですが、満月へとエネルギーが満ちていくので行動力が増し、
    スポーツ・トレーニングには体がついて行きやすいのが特徴ですのでジムに行くならこの時期に強化してくださいね。
    月が欠けていく下弦の月よりも、運動をするには最適なタイミングでしょう。

    マタニテイの方でしたらマタニテイヨガもオススメですよ。
    この一週間は普段よりもお腹の赤ちゃんのスペースができやすく逆子である場合は戻りやすいかも。

    上弦の月、下弦の月共に半月の時は引力が弱いので
    一番神経が休まり、落ち着いて判断、行動する事ができるはず。


    この時期にオススメのアイテム

    ・オーガニックヨガマット
    ・オーガニックヴィーガンプロテイン



    満月

    kahl-68145_640
    月の引力が一番強く、お産も満月の日に多くなると言われています。
    体の中にある水分が引っ張られると同時に、神経系も活発になる時期。

    満月にオススメの過ごし方

    salad-2204505_640

  • 楽しい、好きなことをする。

  • リラックスをする。

  • ゆったりとした音楽を聴く。

  •      
  • ヘルシーでオーガニック食材をメインに、栄養のあるものを食べる。

  • お酒はほどほどに

  • 揚げ物、焼き菓子の食べ過ぎに注意

  •      
  • こだわったサプリメントを飲むならこのタイミングに。


  • 満月前後と生理前が重なると衝動的、攻撃的、落ち込みやすい、イライラしやすい一週間になります。
    ちょっとした口喧嘩は、満月のせいする事も出来ますね。笑

    ちなみに私も生理前と満月前が重なるとたまに寝つきも悪くなったり、意味なくイライラが出てきたりするので
    満月のせいにし、あまり気にしないようにいつもより穏やかな気分で過ごすように気をつけています。

    他に、事故や事件なども起きやすく、出血などもしやすいので、
    病院では満月の日には出血を多く伴う手術はしないと聞いています。

    事実、アメリカの警察は満月の日は警察の動員数を増やした方がいいとの意見も出てるようです。

    policewoman-986047_640
    そして、良い物も悪い物も同じように吸収しやすいので、
    なるべく体にヘルシーな物を摂るよう気をつけたいです。

    ただ、それとは裏腹に、少しいつもよりもこってりした物や、
    お肉などを食べたくなる傾向にありますし、お酒も普段よりも吸収力が増すので酔いやすかったりするので気をつけましょう。


    逆に吸収力が強いという意味でサプリメントは体に浸透しやすく効き目がいいですが、
    有害な物質の摂取、またワクチンなどはこの日には打たないようにしましょう。


    満月を境に欠けていく月になるので
    吸収力が弱くなる次のタイミングでダイエットを始めるのにはいいでしょう。

    この時期にオススメのアイテム

    ・ドイツのビタミンCサプリメント
    ・ドイツのミネラルサプリメント


    下弦の月

    natural-2065724_640
    新月から上弦の月へと満ちて満月へ、そして満月から欠けていく途中を下弦の月と呼びます。
    満月の時は吸収、そこを過ぎるとまた新月に向かい今度は排出、放出、解毒力が強まる時期です。

    満月にオススメの過ごし方

    bed-1158272_960_720
         
  • デトックスを始めましょう

  • 早めに帰って読書をする。

  • 軽めの運動をする。

  • 心も穏やかになり、一番、月の引力が弱い半月へとなっていきます。
    満月の時期に貯めた毒素を少しずつ出していくのもいいですね。

    汗も出やすいので解毒の形になって出やすいですし、
    家でゆっくり体のケアをして過ごすのに最適です。

    この時期にオススメのアイテム

    ・オーガニックモリンガ
    ・オーガニックヴィーガン乳酸菌サプリ

    月と女性の体の神秘的なつながり

    sunset-2470453_640
    私は女性の体は月と同じように、とても神秘的です。

    科学的証明は出ていないけれど、世界中には女性の生理のサイクル、出産、神経系等、
    ホルモンのバランスまで月がその時々で影響するということを裏付ける出来事がたくさんあります。

    現代社会では月や自然のサイクルと離れれば離れるほど自分の体のメンテナンスにも手間や時間をかけなくなり、
    添加物のたくさん入った物を美味しいと思う味覚になって、次第に体や神経などを病んでいく原因となります。



    窓を開けて月を見る素敵な日課を始めない?


    moon-1190101_960_720
    月のリズムを無視して過ごすのと、調和するように少しでも気にして過ごすのとでは、月経周期、婦人科系のトラブルや、妊娠、出産といった場面で大きな差となって現れたりします。

    新月や満月にもたらすエネルギーが個々に特別な作用をもたらすことは不思議なことではありません。

    月を意識することは、自然に自分の身体の様子を知るきっかけにもなります。
    表面的な情報や流行だけに流されるのではなく月のバランスを知ることで、メンテナンスもしやすくなるはずですよ。

    IN YOU Marketで月のリズムを意識してデトックスしよう


    【お得なプレゼント付き!】久司道夫氏 考案の特別レシピ。農薬不使用!マクロビオティック式ブラジル産酵素ペースト

    ¥ 19,224 ~ ¥ 162,000 (税込)

    > 商品の詳細はこちら
    防腐剤、保存料、化学成分不使用!イランの湖の塩と農薬不使用の野生の花だけのオーガニックバスソルト

    ¥ 2,650 ~ ¥ 3,600 (税込)

    > 商品の詳細はこちら


    デトックスする時に使いたいとっておきのアイテムです。

    おすすめの記事

    なぜ現代人にデトックスは必要なのか?添加物や農薬などの有害物質から身を守るテクニック。

    体内毒素・便秘・花粉症に。ドクダミ茶でデトックスして毒溜め体質を変えよう。漢方にも使われるドクダミの魅力に迫る!

    新月・満月のパワーを最大限に活用したデトックス方法とお勧めの過ごし方。新月の願いごとリストだけじゃもったいない!

    この記事のタグ
    お気に入り登録する
    シェアする

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    岡田 恵子
    27歳の時イタリアンやワインなど好きな物ばかり食べていたら体調を崩し医者から膵臓に負担がかかっているとの理由で半年間、和食以外の食事とお酒のドクターストップをかけられた過去を持つ。2009年にアメリカ、ロサンゼルスに渡米、2012年全米ヨガアイランス認定講師、2013年にRPYSマタニティヨガインストラクターの資格を取得。同年、Doulaとしての産科学並びにホリスティック全般、食が身体に与える影響、身体解剖学、ヨガを通して色々な角度から健康的なライフスタイルの提案など現在はロサンゼルスを中心にヨガインストラクター、Doulaとして出産前後の妊婦さんのフルサポートや出産準備クラスなどのワークショップなどを行行いながら活動中。
    あなたにお勧めの記事
    関連記事
    ページ上部へ