メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

医療現場でも取り入れられる「水素」の今。ブームでは語れない私たちの身体を左右する水素の本当の力とは?【オーガニックベンダーズ達の声 by IN YOU Market】

小林 くみん
小林くみん IN YOU Director/オーガニックスペシャリスト IN YOUオーガニックセルフセラピスト、IN YOUオーガニックアドバイザー代表講師 NYを拠点とし活動していたブロードウェイ・ミュージカルの元ダンサー。 日本を代表する自然療法活動家東城百合子の弟子の元で食養を学びアシスタントを務めていた経験を持つ。 陰陽五行、薬膳、マクロビオティック、アーユルヴェーダ、自然療法などの東洋医学を中心とした知見や資格をいかし、INYOUライター/エディター/INYOUライセンス講師代表として活躍中。 NYのIntegral Yoga Instituteにて全米ヨガアライアンス認定インストラクター(ERYT200, YACEP)の資格を所持し、国内外のスタジオやスクールで豊富な指導経験を持つ。(講師歴計10年)。 がん、心臓病、他の慢性疾患患者へのヨガの専門家としてアメリカで活躍するジャナーニ・チャップマン氏に従事。 ジャナーニ・チャップマン氏の監修のもとYCat Yoga(ガン&慢性疾患患者のためのヨガ)を提供できる唯一の日本在住日本人。

「肩の骨折『脱臼粉砕骨折』のため腫れ、痺れ、痛みに3ヶ月悩まされていたのが水素を「吸ったら」30分後に腫れが引いてきたんです」

谷口さんは肩の骨折後、病院で治療し、病院で処方された薬を3ヶ月間のみ続けたそう。
しかし、一向に良くならない腫れ、痺れ、痛みに苦しんでいました。

健康志向な食品やアイテムを取り扱う会社を運営している谷口さんは、
ご自身のケガも「健康的な知識」やご自身が取り扱っている商品を使って克服しようと試みましたが、全く効果がありませんでした。


仕方なく医師からもらう薬を飲み続けていましたが、肩の骨折から始まった痛みや腫れは、
腕全体に広がり、手の小指までパンパンに腫れあがっていました。

健康的な知識の豊富な谷口さんにとって、病院から処方される薬を飲み続けることもストレス。

そんなある日、何気なく見ていたNHKニュースから「こんな声」が聞こえてきたんです。

「水素には細胞を死ぬのを抑える効果があり、慶応大学のグループは
これまでネズミを使った実験で心停止後の生存率を38%から71%に高め脳細胞へのダメージも減らせることが分かっています」


参照:2017年NHKニュース

人に対する臨床研究後、早ければ3年後に医療現場で「水素吸入療法」使えるように目指しているというのです。

「えっ、「心停止」って死んだ状態でしょ。そこから生き残る率が33%も
上がったの?酸素の代わりに水素を吸っただけで?!」


このニュースに衝撃を受け、水素についてリサーチを始めた谷口さん。

この後、谷口さんは、水素の驚異的なパワーに出逢うことになります。

日本の「水素アイテム」の現状。声を大にして言いたい、もう「なんちゃって」水素水を飲むのを辞めませんか?



今では、すっかり肩、腕も完治した谷口さんですが、実はその笑顔を取り戻すまでに長い道のりを歩きました。

谷口さんは、水素吸入についてのNHKニュースを見た後、水素についてリサーチを始めます。

「水素」は今、医療業界、世界からも注目が集まっているビックワード。

2007年、日本の水素研究の第一人者、日本医科大学の太田成男教授が、
水素の抗酸化作用を発見し、世界的な科学雑誌「ネイチャーメディシン」によりその論文が発表されました。


その論文の内容は、
ガンをはじめとする多くの生活習慣病、アレルギー、シミやシワなどの老化……、
さまざまな疾患の原因である「活性酸素」を、『水素の抗酸化作用で還元する』という衝撃的なものでした。

太田教授の発見以降、水素研究は急速に進み、さらに多くの論文が発表されています。

また、太田教授の著書『水素水とサビない身体』(小学館)には、
水素は、ビタミンCなど他の抗酸化物質と違い、「体に必要な活性酸素には反応せず、
もっとも毒性の高い活性酸素を還元する」という驚きの研究結果が綴られています。


しかし、谷口さんは水素についてのリサーチの過程で、巷で入手できる水素水に関して「効果がない」という実情も知ることになります。

太田教授の論文を追い風に、今、日本では「水素を含む」とする飲料水や「水素水を作る」とする浄水器を扱う業者が激増。

実際、インターネットのショッピングサイトで「水素水」を検索すると、関連商品がズラリと並びます。

しかし、そのような商品の中には、「なんちゃって」なものも存在するよう……。

2016年、国民生活センターは、活性酸素の一種(ヒドロキシラジカル)を抑制する水(水素水)を
作ると謳った水生成装置2製品について商品テストを実施し、「飲用による効果を表した製品ではない」という結果を公表しました。

参照:週刊朝日

水素アイテムを選ぶ時のマスト知識3。賢い消費者であるための3つのポイント



水素吸引器や水素水生成器はどれも高額です。
20万円~30万近くは当たり前。

高い買い物だからこそ、「まがいもの」を手にしたくなかったという谷口さんは、更にリサーチを続けました。

水素水を選ぶうえで、また水素吸引器や水素水生成器を選ぶうえでポイントは何か?

長年、健康的な食品やアイテムを販売してきた知識やノウハウを持つ谷口さんは、
ご自分の人脈から「水素」や「水素関連の製品」の情報をかき集め3つのポイントを導き出しました。

ポイント1
高濃度水素を含むこと

ポイント2
水素吸引、水素水生成の両方が可能なこと

ポイント3
毎日手軽に続けられること

この3つのポイントの理由を谷口さん自ら語って頂きます。

谷口さん:

水素はその特性上、時間が経つと空気中に抜けてしまいます。
だから「水素水を飲んでいる」つもりでも、実はその「水素水」からは既に水素が抜けてしまっているということもあるんです。
そこで、その水素水の中に高濃度の水素が含まれることを証明している、
また時間の経過とともにどれくらいの水素が存在するのかを分析し公開している商品を選ぶ必要があります。

また、これは僕の体感なのですが、水素水を飲むよりも、水素を直接吸引する方が即効性を感じました。
特に肩の骨折のため、痛みや腫れがひどかった時にはその変化を感じやすかったです。

でも僕のように忙しく飛び回っている人は、自宅でゆっくり水素吸引をするのは難しいんですよ。
だから、どこでも持ち歩けて、いつでも水素吸引できて、水素水が飲める環境をキープすることが大切だと考えています。
活性酸素は24時間365日、僕たちのカラダの中で生まれ続けるものだから、毎日のケアが重要になってくるんです。

必死のリサーチの結果導き出した水素関連商品を選ぶ3つのポイント。その結果、谷口さんが出逢った「僕の人生を変えたアイテム」とは?



水素を「吸う」、水素を「飲む」を毎日続けた谷口さん。谷口さんご本人も驚く変化が起こり始めます。

『水素吸引を初めて僅か30分で、今まで病院の薬では全く変化のなかった手の腫れが引いた』

ご自身も信じられなかったその体験後、
谷口さんは毎日水素吸引そして水素水を飲む生活を始めました。

どうにかこの痛みを解消したい、
パンパンに腫れている手を元に戻したい。

その一心で、とにかく時間があるときは水素吸引、水素水の摂取を行ったという谷口さん。

そんな谷口さんの励ましとなったのは、水素吸引の即効性だったそう。

谷口さん:

少しずつではあったのですが、毎日、『痛みが楽になっている』、『腫れが引いている』という実感がありました。
薬を3ヶ月間のみ続けたのにも関わらず、何も変化がなく苦しんだ時期を体験していたので、
毎日毎日嬉しくてしょうがなかった『これだ!水素吸入を続けていれば必ず腕は治る』という自信と希望が持てました。

谷口さんが今でもお守りのごとく、毎日どこへでも持参しているのが、この「My水素ボトル」。



谷口さんが使っている「My水素ボトル」、詳しくはこちらから。

「いつでもどこでも高濃度の水素が吸える&水素水が自分で作れる
「My水素ボトル」」

谷口さん:

これ、本当に凄いんです。
通常、水素吸引器は大型なものがほとんど。
どこかへもっていくなんて、とても無理なサイズばかりなんだけど、僕が見つけたこの「My水素ボトル」は手のひらサイズ。
会社にも毎日もっていっているし(あまりにも便利だから会社用にもう一台買っちゃった)、出張や旅行にも必ず持参しています。

どこへでも持っていけるから、毎日時間があれば水素が吸えるし、水素水が飲める。高濃度な水素水が作れるから、
水素が抜けちゃう前に飲まなきゃとか急ぐ必要もなく、気軽に生活に取り入れられるのもメリットなんですよ。

この「My水素ボトル」が可愛くてしょうがない(笑)といったように、嬉しそうに語る谷口さんですが、
肩の骨折による痛み、腫れ、痺れ以外にも驚きの変化があったそう。

この「My水素ボトル」で、谷口さんのカラダや心の状態、そして毎日の仕事のパフォーマンス……、全てが変わったんです。

谷口さん:

肩骨折後、痛みや痺れ、そして腫れで眠れない日も続いたし、
確かに辛かったんだけど、でもそのおかげで、この「My水素ボトル」に出逢えたんだから、人生何が起こるか分からないよね。

たった1つのアイテムで、こんなに毎日が変わるなんて……、実はそこまで期待してなかったけど、知ってしまった以上は、
今度は僕がこの「My水素ボトル」を沢山の人に届けないといけないと思うようになったんです。

谷口さんが使っている「My水素ボトル」、詳しくはこちらから。

「いつでもどこでも高濃度の水素が吸える&水素水が自分で作れる
「My水素ボトル」」

「My水素ボトル」での水素吸引、高濃度水素水の摂取で谷口さんに起こったミラクル。



肩骨折の後遺症が完治しても、毎日「My水素ボトル」で水素吸引、高濃度水素水の摂取を続けた谷口さん。

毎日が驚きの連続という谷口さんの、その「驚き」の一部をご紹介します。

谷口さん:

健康的な食品やアイテムを販売しているのに、ちょっと恥ずかしいんだけど……、実は10年以上、花粉症に悩まされていたんです。
花粉症の時期は、目は痒くなるし、鼻水は止まらなくなるし、夜も眠れないから、
毎年花粉症の季節になると病院の薬を飲み続けていたんだけど……。
それが、今年は薬いらないんだよね。
花粉症が楽になったんです。
目がかゆい時もあるんだけど、水素水を目薬代わりにさすと、目のかゆみも収まるんですよ。不思議だよな~。

すっかり「水素のパワー」に魅了された谷口さん。

最近は、水素風呂もご家庭ではじめ、ご家族からも嬉しい声が上がっているそう。



谷口さん:

一時期、女優さんも使っているということで話題になっていた水素風呂。
僕は流行に乗るタイプではないのですが、やはり自分が水素吸引と水素水の摂取で体調が変わったので、
家族みんなで健康になれるアイテムとして水素風呂も始めました。藤原紀香さんが水素風呂を絶賛していた気持ちが今になって分かりましたね~(笑)。

水素風呂は、しっかりカラダが温まるため、今までよりも熟睡できるようになったそう。

肌質へも変化を感じているということですが、谷口さんが一番驚いたことは体の内側への変化。

谷口さん:

僕は男性だから、「美容」には疎くて(笑)、酸素風呂でお肌がスベスベになったのは嬉しいけど、
女性ほどその変化に感銘を受けなかったんだよね。
でも、慢性的な肩こりがなくなったのは流石に嬉しかったです。
あと一番驚いたのは、下肢静脈瘤があったんだけど、知らないうち良くなっていたこと。

病院では『手術しかない~』と言われていたのだけど、痛くもかゆくもないから放っていたんです。
酵素風呂入っていたら、いつの間にか固まっていた下肢静脈瘤が散らばっていっていた。
知人の医師曰く、血流が悪くなって、血管自体が機能しなくなってしまうのを「ゴースト血管」って呼ぶらしいのだけど、
水素風呂に入れることで効果的に血行が良くなり、「ゴースト血管」が再生されていくんだって。
大体の病気とか疾患って、活性酸素や血行不良が原因だから、
水素を生活に取り入れていれば大体の病気を予防できるということを実感しました。

谷口さんが使っている水素風呂の「My水素バス」、詳しくはこちらから。

「家族みんなで活性酸素を賢く除去!毎日自宅で水素浴が出来る夢のようなアイテム
「My水素バス」」



「My水素ボトル」と「My水素バス」をご利用のみなさんからの喜びの声を集めました!



谷口さんには、「My水素ボトル」と「My水素バス」を使っているみなさんから喜びの声が集まってきます。

その一部をご紹介していきます。

糖尿病のため病院に通っているAさん:「My水素ボトル」ご利用歴2年



私は糖尿病のため定期的に病院に通っています。
病院で毎回検査をするのですが、薬を飲んでいてもなかなか安定しなかった血糖値が、「My水素ボトル」で水素吸引、
水素水摂取を始めてから徐々に安定してきました。
以前は、病院やクスリに頼るしかなく、また、長年染みついた食べ物の好き嫌いを急に変えることも難しく、
『このまま糖尿病が悪化していったらどうしよう……』という不安でいっぱいでした。
「My水素ボトル」のおかげで『カラダに摂取するもので、カラダは出来ている。
自分の力で体調管理ができるんだ』という希望が湧いてきました。
今後は「My水素ボトル」に頼りながらも食生活も少しずつ改め、体調の管理をしていきたいと思います。

人工透析しているBさん:「My水素ボトル」ご利用歴1年



私は糖尿病のため定期的に病院に通っています。
病院で毎回検査をするのですが、薬を飲んでいてもなかなか安定しなかった血糖値が、
「My水素ボトル」で水素吸引、水素水摂取を始めてから徐々に安定してきました。

以前は、病院やクスリに頼るしかなく、また、長年染みついた食べ物の好き嫌いを急に変えることも難しく、
『このまま糖尿病が悪化していったらどうしよう……』という不安でいっぱいでした。

「My水素ボトル」のおかげで『カラダに摂取するもので、カラダは出来ている。
自分の力で体調管理ができるんだ』という希望が湧いてきました。
今後は「My水素ボトル」に頼りながらも食生活も少しずつ改め、体調の管理をしていきたいと思います。

「My水素ボトル」、詳しくはこちらから。

「いつでもどこでも高濃度の水素が吸える&水素水が自分で作れる
「My水素ボトル」」

アトピー性皮膚炎のCさん:「My水素バス」ご利用歴6カ月



大人になってから、ある日突然、原因不明の皮膚(足のすねの部分)のかゆみを感じるようになりました。
これがいわゆる「アトピー性皮膚炎」ということに気づかず、『放っておけばそのうち治るだろう』そう思って放置していました。

日に日に痒みはひどくなり、なるべく掻かないようにはしていたのですが、眠っている間、無意識のうちに掻いていて、真夜中に目覚めるという日々が続きました。
段々と赤みが広がり、気が付くと足のすね全体が真っ赤にただれ、皮膚もガサガサになってしまいました。

普段から薬に頼らない生活をしていたので、どうしても『ステロイドでかゆみを抑える』ということに抵抗を感じていました。
そんな時、知人(谷口さん)が「高濃度の水素」が痒みに聞くからといって、水素水が入ったスプレーボトルをプレゼントしてくれたんです。

ただの水のはずなのですが……、どうしても痒くて仕方がなかった時に、その高濃度水素水を吹きかけたら、痒みが楽になりました!
『水素で私のアトピーが楽になるかもしれない』そう思った私は、早速「My水素バス」で毎日水素風呂に入ることにしました。

私にとって「My水素バス」はちょっと高額にも感じましたが、病院へ行ってステロイドにお金をかけるよりも、
ずっとましですし、お風呂は毎日入るものなので長い目で見ればお手頃化と思い購入しました。

まだ、使い始めて間もないのですが、痒みと赤みが楽になってきています。
以前は、毎日悪化していると感じていたのが、今は毎日よくなってきていると感じるようになりました。

夏場になると足を露出するので、赤くただれた足を隠せなくなるのが憂鬱だったのですが、今では、
『夏にはアトピーが目立たなくなっているかも?!』という希望が湧いてきました。

上記の3人以外にも谷口さんの周りには「My水素ボトル」と「My水素バス」で「幸せ」を感じている方が沢山います。

『ただの水が、魔法の水に変わる』

あなたも「My水素ボトル」、「My水素バス」で毎日の生活を変えてみませんか?

「いつでもどこでも高濃度の水素が吸える&水素水が自分で作れる「My水素ボトル」」詳しくはこちらから

「家族みんなで活性酸素を賢く除去!毎日自宅で水素浴が出来る夢のようなアイテム「My水素バス」」詳しくはこちらから
この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

小林 くみん
小林くみん IN YOU Director/オーガニックスペシャリスト IN YOUオーガニックセルフセラピスト、IN YOUオーガニックアドバイザー代表講師 NYを拠点とし活動していたブロードウェイ・ミュージカルの元ダンサー。 日本を代表する自然療法活動家東城百合子の弟子の元で食養を学びアシスタントを務めていた経験を持つ。 陰陽五行、薬膳、マクロビオティック、アーユルヴェーダ、自然療法などの東洋医学を中心とした知見や資格をいかし、INYOUライター/エディター/INYOUライセンス講師代表として活躍中。 NYのIntegral Yoga Instituteにて全米ヨガアライアンス認定インストラクター(ERYT200, YACEP)の資格を所持し、国内外のスタジオやスクールで豊富な指導経験を持つ。(講師歴計10年)。 がん、心臓病、他の慢性疾患患者へのヨガの専門家としてアメリカで活躍するジャナーニ・チャップマン氏に従事。 ジャナーニ・チャップマン氏の監修のもとYCat Yoga(ガン&慢性疾患患者のためのヨガ)を提供できる唯一の日本在住日本人。
あなたにお勧めの記事
関連記事

LINE@

mailmagazine

minery

me

minery

ページ上部へ