よみもの

実は身近にあった!オートファジーとファスティング・断食の関連性。これからのスタンダード健康法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
lemon-1578377_960_720

10月3日、東京工業大の大隅良典栄誉教授が、ノーベル医学生理学賞を受賞しました。
オートファジーという言葉、あなたも最近耳にされたのではないでしょうか。

その内容は、細胞自身が不要なタンパク質を分解する「オートファジー」のしくみを分子レベルで解明し評価されたというものでした。

難しい言葉が出てきたので読者の中は「よくわからない」という方もいらっしゃるかと思います。

しかし実は、オートファジーは新しい発見のように世間で驚かれていますが、すでにとても身近な存在だったということをお気づきの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ではこのオートファジーとはどんなしくみなのでしょうか。

また、私たちにどんな良いことがあるのかご紹介いたします。

オートファジーとは

不要なたんぱく質を分解して新たにリサイクルする機能がオートファジー

オートファジー
60兆個の私たちの細胞1つひとつが生命活動を維持する上であらゆるタンパク質を合成しています。
私たちの体の機能維持に関わっている細胞小器官が存在します。

近年、その役割に注目されて皆さんがよく知っている「ミトコンドリア」も細胞小器官と呼ばれる細胞の中で機能を持っている構造体の1つです。

この細胞小器官や不要なタンパク質を分解して、新たに必要なものに作り替える、「リサイクル」する機構が「オートファジー」です。

さて、不要な細胞小器官や不要なタンパク質があると、細胞内の隔離膜が飢餓の信号をだし、膜で包み込みます。
この状態を「オートファゴソーム」といいます。
オートファゴソームに、細菌などの異物や古くなった細胞小器官などの消化酵素を含む「リソソーム」が融合します。

これにより「オートリソソーム」が形成されます。

そしてリソソーム由来の消化酵素により分解され、アミノ酸・脂質・糖にまで分解されていくのです。
その後、細胞内でこれらを材料に再利用されて新たなタンパク質や細胞小器官などの合成に役立てられます。

オートファジーとファスティング(断食)

赤ちゃんが何も食べなくても生きていられる、断食をしていても生きていける理由

19362619_l_diethyakka
さてここまでの話を見ていただいて

「じゃあ一体どういうことなの?」

と思われた方もいたかもしれません。

一番身近な例をお伝えしますが、

私たちが一定期間食事をとらなくても生きていけること。


こちらがわかりやすい例えです。

胎盤を介して母親から栄養を得ていた赤ちゃんが産まれてから母乳を飲めるようになるまでの間、
栄養不足にならないのも「オートファジー」があるからだとされています。

オートファジーの働きを抑えた新生児のマウスは、
通常のマウスに比べて栄養不足が激しく、寿命も短かいことが実験で確認されております。


オートファジーは、絶食することで亢進していきます。

細胞内に蓄積した老朽化した細胞小器官や異常タンパク質などを分解して除去してくれます。
細胞を若返らせることで、アンチエイジング効果・生体機能を高める効果があります。

近年、注目されているファスティングのように短期間断食を行うことで、細胞内でオートファジーが起きている可能性にファスティングの専門家の間では注目しております。 

ストレスや毒物に対する抵抗性を高める


他にも絶食によるオートファジーによって、細胞分裂の分裂速度を低下させ、様々なストレスや毒物に対する抵抗性を高めるタンパク質の合成を促進させる作用があります。

抗がん剤に対する抵抗性が10倍以上に高まる。

ストレスの抵抗力を高める遺伝子の発現の増加、酵母を使用した実験では

活性酸素や抗がん剤に対する抵抗性が10倍以上に高まること抗がん剤や放射線治療の副作用を軽減し、抗腫瘍効果を高めることが報告されています。

すでに一部の健康志向の方々の間では病気予防や病気の改善に対して常識となっている「断食健康法」ですが、
今後はさらに断食することによる有効性が世界的に広まる可能性がありそうですね。

オートファジーからわかる疾患の原因と治療薬

オートファジーが働かなくなるとアルツハイマーやパーキンソン病などにもつながる。

slide0004 出典:国立感染症研究所

何らかの原因でオートファジーがうまく働かなくなると老朽化した細胞小器官や不要なタンパク質などが細胞の中にたまっていくようになります。

この反応に関連して引き起こされる可能性がある疾患の原因解明と治療薬開発にオートファジーが注目を集めています。

神経細胞にアミロイドβタンパク質の蓄積が原因とアルツハイマー病、黒質神経細胞変性が関わるパーキンソン病が、オートファジー機能の低下と関係ある可能性が考えられています。

オートファジーがうまく働かなくなると、「がん化」と「老化」も加速。


また、糖質過多となる過食やインスリン過剰分泌は、オートファジーを抑制します。
これによって細胞の老化とがん化を促進することにつながると注目されています。

がんの分野では、がん細胞のオートファジー機能を阻害する(オートファジー阻害剤)ことによって増殖することを抑制させる治療薬開発も10年以上前から進められております。
治療の面でもオートファジーに注目が集まっていきそうですね。

オートファジー がん 出典:銀座東京クリニック

まとめ

オートファジーを最大限に機能させるには断食療法が有効。

juice-1271881_960_720
この研究が解明する前から、巷でファスティングが注目されていたことや、古くから断食による健康法、断食によって病気が改善する事例が多くあげられていましたが、この研究を通じてまた断食の有効性が明らかになった、ということだと思います。

オートファジーは、飢餓時にならないと起きにくい生体反応です。

現代の食生活では飽食と言われているように気軽にかつ、安く大量のものを購入し感触も増えるため食してしまう傾向があります。
食べ過ぎは体のシステムを壊し、多くの病気を招いてしまいかねません。

断食を行うことに少し抵抗がある方でも、過食が最大の要因となります。

1日3回の食事の量を制限したり、間食を減らすだけでも効果が期待できると考えられます。

ファスティングのような断食を行う場合には、しっかりした指導者の下で行ったりすると安心して断食することできますのでオススメです。

この記事を読んだ人におすすめの記事
体に蓄積した有害物質を出す!今日から始められる断食と少食法で病知らず。究極のデトックス法とは。

食べなきゃ治る?!一時的なブームではない究極の健康法「ファスティング」の本当の実力とすべて

腸が変われば人生が変わる!ファスティングでステロイド依存から抜け出した過去。ファスティングマイスター渡邊佑氏に訊く、ファスティングの醍醐味



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

宮本知明
薬剤師/GAJ認定ジェモセラピスト(植物療法士)/漢方ソムリエ。 病院薬剤師を経て“薬と共存しない生活”の念いからホリスティックな健康観と出逢う。新婚女性、新米ママさんを西洋医学・東洋医学・自然療法の良さを合わせた統合医療の知識をもった“ホリスティックな健康観を持つ女性”に育成する「ホリスティック医療家」として執筆業・講師業で活動中。 公式ブログ /公式HP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 3084923196_0d0dfd5dd9_b 元ジャンクフード中毒者が2週間毎に「1日断食」を続けて得られた健…
  2. hijikiyoko 黒のチカラで冬の養生。寒さに弱い「腎」を守ってくれる「黒い食材」…
  3. 22138356592_59cb2ba791_b 内臓を休め体を良くするため半日断食を毎日1週間やってみました!実…
  4. 元organicadviser.001 8/18 夏に輝くおとな女子へ!これで夏のデトックスは完璧。超豪…
  5. bath-1937412_960_720 体温が1度下がるごとに免疫力は著しく低下。シャワーだけじゃなく、…
  6. 7526979168_IMG_5399 簡単美味しい。グルテンフリー&ヴィーガン「和風かぼちゃモンブラン…
  7. 産後の体調不良・イライラ・鬱症状は「気」「血」「腎精」の不足が原…
  8. cell-3089947_960_720-min 200種類以上の働きをしている肝臓をパワーアップさせる食材ベスト…

新着記事

デイリーランキング

カテゴリー

PAGE TOP