アンチエイジング

朝食を減らして内臓を休めるだけで身体の調子はみるみるうちに整う!私が実践している半日断食のやり方と驚くべき効果。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
water-1160541_960_720

今、日本の糖尿病の人口が増え続けています。

image
厚生労働省の平成28年に行った調査では、
糖尿病有病者と糖尿病予備群はいずれも約1000万人いると推計されていることをご存知ですか?

この調査は3年に一度行っていますが、年々増えていっている傾向にあります。

さらに、厚生労働省では「国民健康・栄養調査」というリサーチを行っていて、
男性の15.5%、女性の9.8%が、糖尿病が強く疑われる「糖尿病有病者」であることがわかっています。

なぜ、ここまで糖尿病や予備軍が増えてしまったのでしょうか。

image

昔と食べ物が大きく変わってきている。

戦後、欧米の文化が入ってきてから食事もガラリと変わりました。

江戸時代の日本人は1日2食でしたが、
欧米化してからは1日3食。


一食分、余分に増えているから当然体型も変わりますよね、って話だけではないんです。

日本人と欧米人では根本的に違う点がありました。


インスリンの量が違う、日本人と欧米人

それは「インスリン量が違う」ことです。

image

インスリンとは?


インスリンとは、食べ物を食べたときに血糖が多くなり過ぎないように体内の糖をコントロールするホルモンです。

日本人と欧米人のインスリン量が違う点を挙げましたが、量が違うと、以下のような違いが出てきます。

・肥満になる程度が違う。
日本人では肥満でもある程度は生活に支障が少ない。
欧米人では動くことができないくらいの肥満なので、生活に大きな支障をきたす。

・日本人は欧米人に比べて糖尿病になりやすい
インスリン量が欧米人よりも少ないので、食べ過ぎると糖尿病になりやすい人が多い。

では、インスリンが出なくなってしまうという、「糖尿病」とはなんなのでしょう?

image

今や国民病とも言えるほどの、深刻な現代病、糖尿病とは?


簡単にいうと、身体の中の血糖を下げる「インスリン」というホルモンが出にくくなったり、出なくなる病気です。
1型と2型があり、1型は免疫の問題でインスリンがでなくなり、2型は食べ過ぎでインスリンが出にくくなります。

日本人の糖尿病の95%は2型です。
僕は理学療法士として病院で勤務していた経験から、糖尿病が悪くなっていき、他の病気を引き起こしてしまった方にたくさん出会っています。

中には、

・目が見えなくなる
・尿が出なくなる
・足先に血が通わなくなって、最悪の場合、足がなくなる


・・・・このような方にも、たくさん出会ってきました。

よくなる人と、そうでない人の圧倒的な違い


その中で、良くなるひととそうでないひとの違いは
「食にある」と思っています。

僕がよく出会った糖尿病の方々には、
「食べ過ぎ」と「肥満」の方が多くいました。


食べ過ぎでも、自分が食べ過ぎてても気づかない人が大変多いです。

ちなみに気づいていても、「とりあえずお昼だから食べなきゃ!」と、習慣になっているケースもあります。
こういった認識のズレが病へと進めていく原因になると思います。

食べ過ぎかどうかを1秒でチェックする方法

食べ過ぎかどうかのチェックしてみよう!

fist-bump-1195446_960_720
まず、食べ過ぎかどうかを知るために自分でチェックする方法があるのでぜひ、試してください。

起きてすぐ、両手をぐっと握りしめて、力が入りにくいかどうかで過食の判断ができます。


食べ過ぎのひとは、握りしめた時に、
「力が入りにくい」

「手がむくむ」
という反応があります。

過食から肥満、肥満から糖尿病、糖尿病から重篤な病へ発展していきます。

では、今日から食べ過ぎを変えていくにはどうすればいいのでしょうか?

ぼくも実践している半日断食という方法を紹介します。

image

半日断食とは?

water-1160541_960_720
断食は、基本的に「固形物を食べないこと」をいいます。

断食には一日中固形物を摂らない「1日断食」、朝だけ固形物を摂らない「半日断食」があります。

本来、朝は「排泄の時間」


午前4時から昼の12時は体内の老廃物を身体の外に排出する時間帯といわれます。

その時に、空腹が6時間以上続くと、腸内に「モチリン」という消化管ホルモンが腸の蠕動運動を促して排泄を手助けしてくれます。

お腹が空くときの「グルグル〜」って音がそのサインですね。

つまり、

身体としては本来、朝は昨日食べて消化して残ったものも含めて、「不要なものを身体の外に出したい。」となっているわけです。

昔の日本人は1日2食というのは、主に朝、食べていなかったということなんですね。

ただ、今まで食べていたのに、いきなり朝ご飯を食べないようにするのは、少し大変ですよね。


image

朝食を野菜や中庸のくだものといった消化のいいものに変えていく。

apple-1248839_960_720
まずは、くだものや野菜といった食物繊維が多く消化に負担のかからないものを摂るよう心がけましょう。
可能であれば、徐々に固形物を食べないようにしていく。

ミキサーでスムージーにするのはオススメです。
最初は空腹感を感じますが、徐々に少食に慣れてきます。

また、空腹時に摂り入れるものほど質にこだわったほうがいいでしょう。
オーガニックの果実や、野菜をを使いましょう。

IN YOUオススメの無農薬のりんご


急に朝を変えるのが難しい!という方にオススメのパターン

rice-2811266_960_720
以下に、急に朝を変えるのが難しい場合のパターンを述べておきます。

・1日の食事を全体的に減らす
毎度のお茶碗のごはんの量を一週間ずつ減らす。

・間食を無くす

・朝食に固形物を摂らない日を週3回など、決めてやってみる

途中で我慢できなくなったら、くだものを食べるなど。


これは、自身の実体験ですが…
僕も半日断食を朝食バナナ一本から始めて、最初の頃は、午前中の11時には空腹を感じていましたが、
しかし、段々と慣れてくると昼の12時まで平気になっていきました。

ち現在は朝食は摂らないで、野菜ジュースや飲みものだけで済ましています。
すると、朝のトイレの調子も良くなり、午前中に寝起きで、頭がぼーっとするようなこともなく、仕事をテキパキとこなせるようになったではありませんか。

image

糖質を摂らなくても平気なのはなぜ?!

糖だけがエネルギーではない!

rice-2294365_960_720
身体はエネルギー源にご飯から摂れる糖質エネルギー以外に…
体脂肪を分解した「ケトン体」を使うので栄養失調になることはありません。

約2週間もすれば身体が適応してきます。
(個人差はあります。)


空腹時には血糖値も下がりますが、
血液中の脂肪は筋肉に取り込まれ、筋肉は脂肪をエネルギー源にするので、スタミナがすぐになくなることはありません。

image

日本人の身体に一番いいのは日本食

「まごはやさしい」

seeds-2267092_960_720
日本には昔から伝統的な日本食があります。

ま…豆・大豆製品
ご…ゴマ
は…(わ)ワカメ・海藻類
や…野菜
さ…魚・小魚
し…シイタケ・キノコ類
い…イモ類


これらはどれも消化によく身体のバランスを整えてくれる食べものです。
消化に負担のかからない食べ物ほど、腹持ちも良かったりしますよね。

こうした和食を中心にゆっくり噛んで消化をしやすくしましょう。

image

内臓を守ることが病を防ぐことにつながる

french-fries-1735039_960_720
食べ過ぎることは、「自ら身体を傷つけていること」と同じレベルの話です。

しかし、最初から食べ過ぎる人はいないでしょう。
仕事のストレスから暴飲暴食であったり、不規則な生活からの食べ過ぎと様々な理由から過食に傾いていくのです。

生活習慣病は生活の乱れから起こるもの。
今一度、生活の仕方を食から見直すことが今求められているのです。

1日1個の無農薬りんごで病知らず!
IN YOUMarketの農薬不使用のりんごを食べてみよう。

market_mini1028
農薬不使用のりんごはこちらからご購入をいただけますよ。
ぜひあなたも美味しいりんご、食べてみませんか?

オススメの記事

毒素を必然的に取っている現代人に知ってほしいアーユルヴェーダ的「毒素をためない食べ方・飲み方」

体に蓄積した有害物質を出す!今日から始められる断食と少食法で病知らず。究極のデトックス法とは。

酵素を使ったファスティングの効果と正しいやり方。断食の努力を水の泡にしない酵素ドリンクとは?

参考書籍を
マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

ショップ

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

加藤 貴大
理学療法士 病院で勤務しながら、西洋医学のあり方に疑問を持ち始め、冷えとり、自然療法や東洋医学、食養生、薬膳など食に興味を持つ。自身も小児アトピーや花粉症が改善した経験があり、実体験と実践を通して感じたことを人に伝えたいと思っている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. pig-2115778_960_720 日本の食肉・畜産業の語られることのなかった本当の実態について獣医…
  2. walk-826580_960_720 子供に靴下は必要?病の元になる活性酸素を除去するアーシング・裸足…
  3. bed-1575491_640 眠れない原因を徹底解説します!現代人にありがちな4つの不眠症から…
  4. cashew-nut-1098177_960_720 テストステロンを高めてもう一度男性的な魅力を取り戻す方法。【筋ト…
  5. img_2639 じわじわブーム到来。[あるもの]を使って、便利なヴィーガン粉チー…
  6. IMG_5053 最強のスーパーフード梅干からとれる梅酢のすごいパワー。あらゆる不…
  7. baguette-1459943_960_720 薬や病院治療ができないリーキーガット症候群を、自力で完治させるた…
  8. fotorcreated 全ての女性に避けてもらいたい特にリスクと危険度の高い避けるべき添…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 池田 歩
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • yuriesasaki
  • haruna
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 煙山 昭子
  • lelien
  • 加藤 晴之
  • 工藤 万季
  • 室谷 真由美
  • クレイトンまき
  • 桺町 瑠璃
  • Mint
  • yokosato
  • うちゅう
  • ゆみえこば
  • 横田 浩
  • Mao
  • 佐藤いづみ
  • yumi
  • 坂田 まこと
  • 足立 由紀子
  • 加藤 貴大
  • akemi
  • 東條 由美子
  • jyuan
  • 霜崎 ひろみ
  • AYANO
  • AKIKO MIYAKAWA
  • yoshi.fukusawa
  • 結緒織
  • 高根 佳子
  • Halu
  • MARIE

カテゴリー

PAGE TOP