くらし

誰の体にも必ず備わっているホメオスタシス。良く耳にするけれど何のこと?ホメオスタシスが正常に機能しなくなる3つの原因と表れやすい不調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5751301741_aa8463e472_b

今、このカラダの中は何が起こっているんだろう??

3882FD98-A6AA-4428-A327-699FB640491C

一度でもこんなことを考えた事がありますか??


食事や健康法や環境やライフスタイル。
これらの事は日々、そして個人によっても目まぐるしく変化していますが、

人間の体のメカニズムというのは、
私たち人類が誕生した時から変わらないもの。

狩猟民族から農耕民族に移り変わる時代、
大きな食べ物の変化があった時も、体が少しずつ順応していくことはあったでしょう。

でもそれも、体が常に休みなく、心臓を動かし、呼吸をし、血液が循環し、消化をし、栄養を吸収し、要らないものを排出し、
病気の時はウイルスと戦い、免疫を作る。

こんな働きがあったから。

もちろんこの記事を読んでいる今もです。

いつも自分のために休みなく働いてくれている体のことを、
私たちは忙しい日々の中で立ち止まり、考えることはあったでしょうか?

私たちの体はどんな風に働いているのかを知ることで、食事やセルフケアも変わっていきます。


そんな私たちの体のメカニズムシリーズ。
今回は【ホメオスタシス】
みんなで眺めてみましょう。

誰の体にも必ず備わっているホメオスタシス

環境の変化に対応して、体内を一定の状態に保ち、調整がされる機能のこと。


人間の体には産まれた時から、
環境の変化に対応して、体内を一定の状態に保ち、調整がされるようになっています。

これを
ホメオスタシス(恒常性機能)
と言います。

イメージはユラユラと揺れる 起きあがり小法師。

1BC3AFD8-0801-4F0C-A9A1-30C41309A9FF
起きあがり小法師はツンとつつくと揺れますが、
反対にも揺れながら中心に戻ろうとします。

この戻る力がホメオスタシスです。

体や心のストレスなどでバランスが崩れると、
中心に戻りにくくなり、その事が続くと、体調不良やその先の病気に繋がります。

ホメオスタシス3つの機能

・自律神経→体の機能調節(交感神経と副交感神経)

・免疫系→ウイルスなどと戦い抗体を作る

・内分泌系→ホルモンを分泌する

がそれぞれがフィードバックしたりして、
手を取り合って機能しています。

09933FF8-20DB-4CE1-BA2E-3F5BAA3DEA11

これらが調節していることは、
呼吸から血圧、体温、体内の水分量やph、体の傷の修復まで、体に関わることすべてに至ります。

代表的な例では、
気温が暑くなると、カラダは汗を出して体温調節をします。
これもホメオスタシスの働きのひとつです。

ホメオスタシスが正常に機能しなくなる3つの原因と表れやすい不調

➀カラダのストレス

403083B4-8DA3-47CC-A220-0785B3EE7FA1 例えば、
不規則な生活で寝不足が続いたりしてもカラダに負担がかかります。


食事でいえば、
食べ過ぎたり、添加物を取りすぎたりして、
消化や解毒のために負担がかかったり。
CD58E4A6-DB77-4CBF-A9C4-897865B1B931
そういった事が続いてしまうことによりバランスが崩れやすくなります。

不調としては…
ダルい、やる気が起きない、消化不良、便秘、食欲不振、
カラダを支えられず姿勢が悪くなることからの歪みなどの不調が出てきます。

➁エネルギーの使われ方

7BB38FCB-FEA7-4C56-B56E-6225F924C280
カラダの機能を動かすエネルギー量は、
決まっている中でそれぞれ使われます。

そして、消化という機能は、
カラダの中で一番エネルギーを使う働きです。

8331220E-FA8C-4132-9969-6A9766BA00DC
眠る時間に食べ物が残っている状態だと
消化にエネルギーがまわされて、睡眠中のカラダの修復が間に合わなくなり、
目覚めが悪かったり、疲れが残ったり、お腹が重くなる原因になります。

もちろん、心臓を動かしたり呼吸をするのにも、休みなくエネルギーは使われていますから、
カラダの疲れが溜まってくるとエネルギー不足で追いつかなくなり、慢性的に体調不良が続く事になります。

エネルギーの元となる良質な脂質や糖を摂ったり、
深呼吸をしたり、風邪を引いた時も、食欲がないのに無理に食べずに休む

など、エネルギーの摂り方、使い方に注目してみるのも大事です。

➂ココロのストレス

E9D9A565-7EB0-4B2A-8F50-A004EAC6B6CB
ココロのストレスを受けた時、
人間のカラダは 緊張 した状態になります。
息を飲むように呼吸を止めたり、浅くなったり、
筋肉も緊張して、血管がキューっと細くなります。

緊張したカラダにより、
血流も悪くなり、
呼吸が浅いと酸素も送られなくなります。

不調としては…
酸素や血流が緊張によって行き届かないことからくる頭痛、
睡眠障害、お腹に表れやすい場合は、胃痛、急性胃腸炎など。

発散できないタイプの方の場合、気づかない間にカラダにストッパーのように突発性難聴などが出てくる人もいます。

このようにココロとカラダは必ずセットになっているので、どちらかが疲れてくると必ずそれに引っ張られます。

酷くなってしまった場合、
自律神経失調症や鬱病等にも繋がります。
29BE212D-04C3-499B-8BCC-8329FE9FEDC0
自律神経失調症のように、ホメオスタシスのそれぞれの3つの機能がフィードバックできなくなって混乱し、不調が少しずつ増え、
修復するエネルギーが足りなくなる前に、ひとつひとつの事から見直していく必要があります。

ホメオスタシスの起き上がり小法師を、常にゆらゆらとしなやかに柔軟にしておくためには、日々の積み重ねの生活習慣が大事と言えます。

ホメオスタシスを保つための大事な生活習慣

自律神経を狂わせない生活リズム

E98DFEFC-F993-4D38-AEFF-01EC1D85A46E
一番、ホメオスタシスが狂いやすい部分である生活リズム。

その中でも睡眠は特に大事と言えます。

睡眠は7時間程確保できると良いと言われていますが、
仕事もプライベート多様化していて忙しい現代人には、睡眠時間をそこまで十分に確保できない人も多いと思います。

それでも意識的に、休みの日に無理をせずエネルギーを蓄え、
カラダを修復する時間を持つ事を心がければ、ホメオスタシスが崩れることはないでしょう。


4B8C8D71-9991-494A-A1D7-67E483EB0A72
ただし、食生活の乱れがあったり、
体調不良が続いていて修復するエネルギーを
使いすぎている場合は注意が必要です。

一番気をつけなければならないのは……
昼夜が逆転にならないように気をつける事
です。

活動と休息に大事な自律神経

DE1EA9B5-8DC2-460E-912F-0F017C8742BC
自律神経とは…
交感神経副交感神経があり、

それぞれカラダの機能を
「昼間の活動」=働くモードに
「夜の休息」= おやすみモードに
切り替える事をしてくれています。

どちらもピークは
10時〜14時、22時〜2時とされており、

よく言われるお肌のゴールデンタイム、とはこの「副交感神経の働きの強い時間」に寝ていると、
きちんと体の修復がされていることを示します。
(その時に食べ物の消化が、ある程度終わっていると効果的です。)

このため、本来カラダの修復の時間とされる時間に頭を働かせていると、
交感神経の状態が続き、自律神経のバランスが狂ってきてしまいます。

前出したように、ホメオスタシスは3つの
「自律神経」
「内分泌系(ホルモン)」
「免疫系」


がそれぞれ手を取り合って働いているので、

そのうちのひとつの自律神経が狂うことにより、
脳に指令するためのホルモンの分泌も乱れ、
ウィルスと戦い抗体を作る免疫系にも不具合が出てきてしまいます。

規則正しい毎日はなかなか難しいものですが、
リズムが崩れそうになったら、調整ができるうちに休む、などを心がける事が必要です。

その他にも現代人は交感神経に傾きがちなので、
副交感神経を優位にするもの

・呼吸法
・ゆったりしたヨガ
・リラックス系のアロマ
・カモミールなどのハーブティー
・ぬるめのお風呂に浸かる


などを取り入れて
少しでもバランスを取る手助けをしてあげることも有効です。

CC9A25AA-2651-42C9-82C9-06C5EFBB0A09
72EABA04-BBA0-44BA-B60F-FA83D12F4F11
忙しい現代に、バランスが取りずらくなっている
ホメオスタシス。

カラダのメカニズムの入り口です。
まずはここを整えることを大切に。

次は自律神経と免疫の働きをもう少し深めていきましょう。

IN YOUMarketでホメオスタシスの調整にもオススメなリラックスアイテムをゲットしてみよう

0904165006_59ad05aea3ce6

使ったらもう手放せない!お風呂に入れるだけで体が洗える医薬品レベルの天然無農薬クマザサ入浴剤!


長野県蓼科の国有林で農薬や化学肥料などを使わずに自生する、パワーの強いクマザサの葉が主原料の入浴剤です。
クマザサの葉は、昔から、おにぎりを包むのに使われたり、
笹寿司にしたり、お料理に敷いたり、抗菌効果があることで知られていますね。
このクマザサのパワーを最大限に生かした、合成着色料や合成保存料などを使わない無添加入浴剤です。

1013203259_59e0a46b93b7c

究極にこだわった農薬不使用の愛情たっぷりのヘチマでできた富山県産 ヘチマ枕・タワシ・ヘチマバスター・ヘチマ中敷


富山県で農薬や化学肥料を使わずに育てられた天然へちまのたわし&バスターセット、カラーたわし、靴の中敷き、枕。
へちまは熱帯アジア原産のウリ科の一年草で、江戸時代初期に日本に伝わりました。
皮をはぎ、種を取り除いたあとのへちま繊維は、ほどよい触り心地で、吸水性と通気性にすぐれていることから、身の回りの生活用品として幅広く役立ってきました。
今出回っているへちま製品は、ほとんどが中国製で、すぐに切れてしまったり、触り心地がごわついていたりします。
国産の天然へちまならではの手触りと使い心地を一度知ったら、もう他のへちま製品は使えなくなることと思います。

オススメの記事

毎晩かゆくて全身血だらけのひどいアトピーだった私が薬を使わずに完治させた方法をお伝えします。

先進国で謎に増える骨粗鬆症の原因は何か?いつまでも健康でいられるよう酸性体質を抜け出そう!アルカリ性に調整する正しい食事の摂り方を教えます。

水道水をまだ飲み続けますか?人間の体は70%が水分なのに。体にとって一番大事な水が実は今一番危険なことになっている。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

AYANO
ライター/ホリスティックイベントプロデュースFor meディレクター/ホリスティックセルフケアマスター/アーユルヴェーダアドバイザー/ハーバルアストロロジー修了/インテグレイテッド心理学/醸師 喘息や薬漬けの病弱な幼少期を過ごす。 20代でヨガに出会い、カラダとココロの世界に興味を持つ。 2012年単身渡印。 ヨガやアーユルヴェーダを学び帰国。 ホリスティックセルフケアマスター140h修了。 ヨガ講師、醸師、星座別体質、アーユルヴェーダ、心理学、量子力学などを織り交ぜた講座やWSを企画、開催。 「星とカラダとココロ」「健康オタクから見たスピリチュアル」「自分らしく生きる」等、 カラダとココロの健康、星、宇宙、子育て、思想など独自の視点でホリスティックな記事を執筆中。 2016年クリスマス女の子出産。 できるだけお薬を使わない自然な子育てを実践中。 あれダメこれダメの視点ではなく、本来あるカラダの機能を邪魔せず、選択肢を増やすために、カラダの仕組みなどの勉強会やイベントなど開催している。 https://www.instagram.com/aynoooooooo/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スクリーンショット 2018-09-13 13.12.38 菜食主義者は糖質の摂りすぎ!? 体中の老化を促進する「糖化」の恐…
  2. image6 (1) アーユルヴェーダの書物に300もの病気を予防すると記載されるスー…
  3. 130318-F-XR514-078 意外と深刻な日本の「大気汚染事情」と私達の健康への影響。 大気汚…
  4. donut-2375243_960_720 砂糖が子供に与える深刻な影響。お菓子とおやつが一緒になっていませ…
  5. IMG_7976 合成界面活性剤・石けん成分・化学物質を一切使わない、スキンケアと…
  6. 一生のうちにあと何度ナプキンを使うと思いますか?「市販ナプキン」…
  7. baby-1266117_640 『アトピーの子供は3回風邪を引けば改善する』って?『そんな馬鹿な…
  8. sun-swimming-pool-color-hat-leisure-sun-hat-960082-pxhere.com 東洋医学薬膳から見た熱中症になりやすい人の体質と特徴。あなたはい…

新着記事

デイリーランキング

カテゴリー

PAGE TOP