お悩み別

えっ20ー30代で閉経?若い人もなる恐れのある若い女性にも忍び寄る若年性更年期障害の恐怖と、気をつけるべき3つのポイント。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
people-2558290_960_720

20代から不調に襲われている。
産後に生理前の不調が辛くなった。


そんな現代人が増えています。

bed-1836316_960_720
生理10日位前から、

  • 朝起きれない
  • めまい
  • 吐き気
  • 微熱
  • 寝つきが悪い

などの症状が強くなった・・
そんな悩みを抱えていませんか?

本来20代は体力もあり、エネルギーに満ち溢れている

年代です。
しかし、もしそうではなく、不調の方が多いと感じるのであれば、「若年性更年期障害」と呼ばれる症状かもしれません。

人によっては20代で閉経を迎える疾患なので早い段階での対処が大切です
最近になって急激に増えだしている疾患の一つです。

早いうちから閉経を迎えると、他にも深刻な疾患の原因につながることはもちろん、体に大きな負担であることは言うまでもありません。
そうならないためにも、日頃の小さな「不調」から改善していくことが大事です。

ここからは若者に忍び寄る若年性更年期障害の原因と対処法についてお伝えします。

若年性更年期障害とは


近年は20代後半~30代の女性にも、更年期障害のような症状があらわれています。

身体的な症状としては、
  • のぼせ
  • 異常な発汗
  • 頭痛
  • めまい
  • けん怠感

などが挙げられます。
精神的な症状としては不眠や不安感なども現れ、うつ症状と勘違いされやすいのも特徴です。

そもそも更年期障害の原因となるものとは、加齢によるエストロゲンという女性ホルモンの分泌の減少です。
周りからの理解が得られにくいのも症状を悪化させる原因です。

若年性更年期障害の原因とは

diet-1161153_640
20~30代といった若年層に更年期障害が起こる主な原因は、

  • 過度なダイエット
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 不規則な食生活

などです。


そのためこのような症状に陥る人は、普段から月経不順が起こっている人が多いですね。
ホルモンバランスが崩れることで現れます。

また、近年の初潮年齢の低年齢化も原因と言われます。
なぜなら、生涯で排卵される卵子の数は生まれたときから数が決まっているので、人によっては30代での早発閉経もありうるからです。

これは、食生活の変化で肉食などが増えてきたことも関係していると考えられています。
また、スナック菓子やファーストフードなどを食べて、きちんとした食事を食べていない人にもみられる症状です。

普段の生活が若年性更年期障害を招く

不規則な生活を繰り返すと体内のリズムが乱れます。
若いうちは体力がありますので、徹夜をする人も多いのではないでしょうか。

ホルモンバランスの乱れには睡眠不足も大きく影響します。
ホルモンの多くは寝ている間に分泌され、朝起きて朝日を浴びることで体内時計のスイッチが入り、ホルモンを作る準備を始めます。


さらに夜更かしや朝寝坊を繰り返していると体内のリズムはさらに乱れます。
さらに忙しい毎日が拍車をかけて身体を疲れさせます。

疲れた状態で体内のリズムが乱れると自律神経の働きが乱れやすくなります。
自律神経は体内のバランスを保ちますが、自律神経の働きが低下することでホルモンの分泌が低下します。

結果として若い人でも更年期障害のような症状が出てくる場合があります。

ホルモンバランス

更年期障害の原因は、ホルモン分泌を行う卵巣機能の低下です。
一般的には、閉経期に卵巣の機能が低下し、エストロゲンが分泌されないことで起こります。
エストロゲンの分泌量は、年齢によって変化しますが、エストロゲンが急激に変化する時期を、更年期と呼びます。

産後は生涯で最大のホルモンバランスの変化が現れます。
そのため、20代の人でも若年性更年期障害が現れるのはホルモンバランスの変化が激しくなってしまっていると考えられます。
ホルモンバランスの崩れが起こる原因は前述した通り不規則な生活や食事などからです。

エストロゲンとプロゲステロンの分泌はメラトニンの分泌量にも影響するために不眠症や睡眠障害などの現れると考えられる国立精神・神経センター

 渋井 佳代

ホルモンバランスの変化に伴って起こるのが不眠症や睡眠障害などの症状です。

最も身体を蝕むのはストレス

stress-391654_640
精神的な負担も身体に大きな影響を与えています。
仕事やプライベートでストレスを感じることが多いと自律神経が乱れます。

ストレスが女性にとって悪影響な理由は、最もエストロゲンを低下させるからです。
そもそもエストロゲンとはコレステロールから合成されるホルモンなので、他のホルモン分泌が増えると分泌量が減ってしまいます。

また、ストレスを感じた際にはコルチゾールという抗ストレスホルモンがコレステロールから作られるので、エストロゲンの分泌量が低下します。
抗ストレスホルモンの方が優先度が高いために、結果としてストレスが多い人はエストロゲンの分泌量が減ってしまいます。

エストロゲンの原料を摂取する

healthy-food-2811269_960_720
ストレスを減らすのが難しいときは、エストロゲンと似た働きをする成分を適度に摂取するのがいいですね。

イソフラボンを多く含む食品は大豆製品で、
  • 納豆
  • 豆腐
  • きな粉
  • みそ
などから摂取できます。

さらに吸収率をアップするためには腸内環境を整えましょう。
食物繊維も意識するなら毎日、
  • 一パックの納豆
  • 一杯の味噌汁

などを意識すると良いですよ。

漢方を活用してみる

漢方を効果的に活かすには自分の体質と合わせることが重要です。

同じ若年性更年期障害の症状でも、
体力がなく倦怠感が強い気虚タイプには気血を補う当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)がおすすめです。

身体は強いが、イライラや頭痛、肩こりがある実タイプには、熱を散らす桃核承気湯(とうかくじょうきとう)がおすすめです。

胃腸が弱くてイライラしやすい気滞タイプには、気を巡らせる抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)がおすすめです。

虚弱で冷えやすく、肌荒れなどが目立つ血虚タイプには、身体を温める温経湯(うんけいとう)がおすすめです。

漢方は医師と相談して決めるのが良いですが、可能なら専門性の高い漢方医に相談してみましょう。

良質な睡眠を意識する


若年性更年期障害が現れると不眠症や睡眠障害に陥ります。
ですが、若年性更年期障害になる原因にそもそも睡眠不足があります。

産後に若年性更年期障害が起こりやすいのは、ホルモンバランスの乱れに加えて、夜泣きや授乳で睡眠時間が減るためです。

そのため、普段から12時前には寝るように気をつけるのが大切です。
子供が小さいうちは、周りの協力や保育施設などを活用して昼寝の時間などを確保しましょう。
一日に7時間以上は睡眠時間を確保できるのが理想です。

また睡眠の質を高めるためには朝日を浴びて体内時計を整えましょう。
休みの日でも遅くまで寝ていると体内時計が狂って睡眠の質が下がるので注意しましょう。

まとめ


若年性更年期障害の原因をまとめると、ホルモンバランスの乱れです。
ホルモンバランスを乱すのは、

  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足

などが挙げられます。

過度なストレスを減らすのが難しいときは、ストレスによって分泌が減ってしまった分大豆加工食品などの食事から補給しましょう。
合わせて漢方の服用は体質にあったものを選べば大きな効果が期待できるので、もし摂取を考える場合は東洋医学専門の漢方医と相談して選んでください。
子育ての際には睡眠不足にはなりやすいので、一時預かり施設や家族の協力を。

IN YOUMarketでオススメの女性特有のお悩み向けサプリメント

ホルモンバランスを整えよう。

p2_2のコピー 女性特有のお悩みに!自然の力100%でセルフケアができる4種類のオーガニックサプリメント今すぐここをクリック!
壮大な自然が広がるカナダ・ノバスコシア州で生産されている、 ハーブの力をメインにしたオーガニックのマルチビタミン&ミネラルサプリメントです。
USDA・JAS認証で、世界中から取り寄せられる全てのハーブのトレーサビリティが明確になっています。
農薬や添加物などの化学品、遺伝子組み換え技術、放射線照射などは一切用いられていません。 ローフードの考えから低温加工で酵素を壊さずに製造し、動物実験は行わずに製品づくりをしています。
グルテンフリー、ビーガン仕様。 安全性に加え、効果と手軽な続けやすさも究極に追求されています。
初潮、妊娠・出産、閉経と激しい身体の変化、 またライフステージごとに環境への変化を求められる女性に。
体調を崩さず活き活きと毎日を送り続ける為に、自然の力100%でセルフケア。

オススメの記事

10代からずっと生理痛で悩まされ、たどり着いた結論。「子宮」への意識、向いていますか?意識するだけで変わる「冷えないからだのつくり方」とは。

電磁波過敏症で辛い私の日々を救った最強のアルカリ性ドリンク。材料3つの「手作りレモンソーダ」の作り方。 酸性化した私たち現代人の体を救うお助けレシピ。

春特有の不調「憂うつ」「疲れやすさ」「イライラ」の原因を東洋医学から解明!春のモヤモヤを解消して、新生活をスムーズに始める東洋医学的対策とヒント



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

HANA化粧品

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

福原真一郎
鳥取大学の農学部で生物学や化学を学んだ後、鍼灸師とマッサージ師を別に取りに行ったので、長く東洋医学について学んできました。 今は整骨院で東洋医学と薬膳、栄養学の知識を活かして、治療と生活指導を行っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. mung-beans-390017_960_720 小さな粒に秘められた驚異のデトックスパワー!梅雨時期から夏にかけ…
  2. fotorcreated 【星座別性格診断】黄道十二宮から見る性格と体質から自分を見直すヒ…
  3. Wasabi_in_shoyu 原材料表示に隠された衝撃の事実。あなたの使っている醤油は大丈夫?…
  4. img_2743 10分で出来る!風邪のひきはじめに効果絶大。混ぜるだけ簡単!ハチ…
  5. 薄皮_クリームパン 日本の遺伝子組み換え食品の規制はヨーロッパの5倍以上も甘かった!…
  6. IMG_4940 連載02 オーガニック・ライターだからこそ分かる、オーガニック最…
  7. 640px-Chikuwa 原材料に記載されるあやしい「カタカナ甘味料」の見分け方。本当に危…
  8. hairdressing-1516345_960_720 抜け毛と薄毛の原因はコレだった!東洋医学からみる正しい薄毛・抜け…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 越野美樹
  • 佐野亜衣子
  • 松永加奈恵
  • 工藤 万季
  • 品川まどか
  • hiroro
  • izumi
  • うちゅう
  • riko tanaka
  • lelien
  • 河口あすか
  • 煙山 昭子
  • 池田 歩
  • yuriesasaki
  • yokosato
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • 桺町 瑠璃
  • haruna
  • 霜崎 ひろみ
  • ZuYu
  • 福原真一郎
  • hata ikue
  • 永樂茶百合
  • ayukotaniguchi
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • Akitsu Kitahara
  • 柳千妃路
  • mamiko
  • 加藤 晴之
  • MARIE
  • 中村 りえ
  • 滝野 清
  • 加藤 貴大
  • Kawasaki Mariko
  • ゆみえこば
  • AYANO
  • 山﨑 拓
  • 井村 政子
  • 室谷 真由美
  • Kayo
  • UharaRisa
  • YoshiAraki
  • 山口 りりこ
  • Ayako Endo
  • 森智世
  • 古村優里
  • 桑村 亜美
  • 柳原 里実
  • 豊池 晃
  • 深井ゆきえ
  • arikawatoshiko
  • 鈴木 こなみ
  • 小泉 沙耶
  • keiko nakagawara
  • joko
  • 近藤 栞
  • yumi
  • jyuan
  • 坂田 まこと
  • 佐藤いづみ
  • みずしま さちの
  • 袴田 はるか
  • Mao
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 小西 尚子
  • ami iwasaki
  • 関塚 祥子
  • akemi
  • 佐々木 里奈
  • 桜桃
  • 三浦 郁惠
  • 高根 佳子
  • nana
  • 坂の上零
  • yoko
  • 平野浩靖
  • 阿南 まどか
  • みふすや
  • 薬膳 ともこ
  • 日向葵
  • 水鳥川崇春
  • yoshimike
  • Ninomiya Koji
  •  肖瑶
  • ayumifukuda
  • 由香

カテゴリー

PAGE TOP