マクロビオティック

ヨガとマクロビオティックが”素敵な関係”であり続けるたったひとつの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
grass

meditation

アウトドアやトレッキング、ジョグやワークアウトなどエクササイズが気持ちよい季節です。私はヨガが好きですが、時間をかけてやるときもあれば、ストレッチ風にすることもあります。ジョグやサーフィンもそうですが、やはりマシンや機具を使わないで”身ひとつ”でできるエクササイズがシンプルで気持ちよいですね。一生できそうです。

仕事に忙殺されたり、人間関係に疲れてたりするときの発散方法として買い物や旅行、おいしいものを食べる、などを挙げる人は多いですが、マクロビオティックとヨガをセットに一日を過ごすと非常に爽快で、身体的なことはもちろんですが、精神的にとても平穏に時間を過ごすことができます。これは贅沢な時間だと感じますし、定期的な”マインドリセット”をしたい自分にとっては欠かせません。いつでもどこでも瞑想できる、リラックスできるという知人がいますが、これもまたセルフコントロールの術としていいですね。

マクロビオティックとヨガの関連性についてご存知の方も多いと思いますが、両者は実に相性がいいのです。

ヨガは、インド古来(3000年ほど前)から伝えられているエクササイズで、美しいポーズをとることに加え、重要なのは呼吸法です。ポーズをとりながら自身の呼吸を整えることでとにかく自分を落ち着かせます。身体機能を活性化させ、バランスをとっていきます。センタリングという言い方をする人もいますが、肉体的・精神的疲労で乱れたマインドをリセットできるものです。

これはゆっくり時間をかけてやればやるほどその効果が体感できると思います。ひとりでグーっとやるのも気持ちがいいですし、少人数のクラスなどでも独特の世界観があります。大人数でやるイベント的ヨガでも「みんなの氣」を感じることができてどれもそれなりに楽しくできますよね。(4月26日の日曜日に私が主催するヨガイベントがありますのでお近くの方はぜひどうぞ。

grass

マクロビオティックは、玄米菜食を軸においたいわゆる食事療法ですが、あらゆる食べものを陰陽に分け、バランスをとることの大事さを説いています。(肉を食べない食事法という表現はいささか違います。)もう少し踏み込むと、身体のためによいとされている食物をとりいれ、身体によくないとされている食物を遠ざけることによって、人間の身体に元々ある機能(自然治癒力、代謝など)を高め、心身ともに健康な状態に導くことを目的としています。さらには玄米の炊き方や、料理作法法-例えば包丁の使い方など-咀嚼についても一貫した理念があることから、日常の食事という考え方を超越した自己形成の手段であると私は捉えています。

ヨガのポーズと呼吸で心身のバランスを整え、さらに玄米をメインに身体によいものを食事で取り入れるマクロビオティック。このふたつを組み合わせることによって、相乗効果が期待できると考えられますし、実践されている方も少なくないでしょう。イベントコンテンツとしてもおすすめです。

おわかりかと思いますが、マクロビオティックとヨガの相性が良いのは、

エクササイズと食の相乗効果で身体機能を高めることができ、「内なる自分と向き合う」ことで精神的バランスを整えることができるからなのです。

このふたつを長年続けていくと、生活習慣がかわり、肉食をはじめ、お酒やたばこなどの嗜好品、添加物の入っている食品などは受けつけられない身体になっていきます。マクロビオティックを伝え続けている日本CI協会会長の勝又氏によれば「マクロビオティックは肉を食べないのではなくて、(玄米菜食を続けていると)カラダがどんどん肉を欲しなくなるんです。」とおっしゃっていましたが、なるほどそうかと思いました。これは実感しないとなかなか伝わらないかも知れませんが、体感できると人生観が変わるといっても過言ではありません。

私は10年以上前は喫煙者でしたが、既にタバコの臭いに敏感になってしまい、禁煙のカフェでないと落ち着くことができなくなってしまいました。添加物は舌に違和感を感じるようにもなりました。これを神経質で面倒なカラダと考えるか、センサーが敏感で”鈍感でない”カラダと考えるか分かれるかも知れません。私がどう捉えているかは言うまでもありません。

 


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

戸田 耕一郎
東京と島根の二拠点生活中。仕事はイベント企画・制作やウェブ・広告・映像制作を行うフリーのコンテンツディレクター。2015年夏、スローフードな週末ベジカフェ「kuraniwa」と、毎日営業のベーカリー「tsumugi」による『蔵庭』をオープン。第12回Vege&Fork Market(神奈川)は2016年5月に開催予定。好きなことはサーフィン、ヨガ、ラン、アウトドア、ギター。 戸田耕一郎ブログ http://todakoichiro.com/ Vege&Fork Market ウェブサイト http://vegeforkmarket.com/ 蔵庭|KURANIWA http://kuraniwa.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 玄米おにぎり店「いろは 渋谷ヒカリエ」
  2. %e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-12-13-13-01-11 テレビで話題のB級グルメ「玉ねぎしゅうまい」。実は驚きのベジフー…
  3. horse-chestnuts-14726301841rf 身体に毒をため込まない「毒消し料理」って?「調和料理」で罪悪感を…
  4. gf01a201503300900 春の不調にさようなら!春を10倍快適に過ごす具体的なマクロビオテ…
  5. ファイル 2016-09-05 12 16 07 体内の石を溶かすスゴイ海藻「ふのり」のパワー。胆石・結石をも流す…
  6. healthy-1699537_960_720 髪が抜け落ちるほどのストレスに苛まれた私を救った植物。1日3個で…
  7. image 甘いものが苦手でもOK! かぼちゃ丸ごと食べられる「甘くないかぼ…
  8. rice-and-umeboshi 【実は身近にあったスーパーフード】こんなにスゴイ、発酵食品の力。…

新着記事

デイリーランキング

ライター

  • 松浦愛
  • manami sasao
  • 小林謙太郎
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 戸田 耕一郎
  • 宮本知明
  • izumi
  • まどか
  • 越野美樹
  • TakiAki
  • 佐次本陽子
  • kimuratomomi
  • IN YOU 編集部
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 宮崎麻実/Mami Miyazaki
  • ami tominaga
  • 松永加奈恵
  • 山口菜摘美
  • yuko matsuoka
  • 金戸 隆雄
  • Koyuri
  • 高橋直弓
  • 村井砂織
  • 加藤美希
  • 伊賀るり子
  • Shoko Fujii
  • 増田佳子
  • 穴沢悦子
  • 小池 桃香
  • 青山 ひかり
  • 千原 清花
  • 水川美希
  • ゆっか
  • 黒澤彩
  • Saori Tanaka
  • yuko funatsu
  • 宮浦 浩美
  • 室谷 真由美
  • 湊 綾香
  • 茂木紀三巴
  • 松原 よしり
  • Mika K. Alpay
  • 山田朋枝
  • iisa
  • isacoco
  • 西田 かおり
  • kanaho takahashi
  • tori
  • 奈南有花
  • TakeuchiMariko
  • あおき ヒカリ
  • タカ大丸
  • 佐野亜衣子

カテゴリー

PAGE TOP