くらし

ヘアカラーをする女性は悪性リンパ腫になるリスクが約50%も上がる。カラー剤の毒性は農薬の140倍!?私が1年間苦しんだ原因不明の頭皮の猛烈な痒みを解決した【ヘナ】が持つデトックスの力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hair-834573_960_720

4月。出逢いと別れの季節。イベントも多く人前に出る機会も多くなりますね。
イベントの前には髪を染める方も多いのではないでしょうか?

入園式、入学式、新しい職場、新しい環境…写真に残る機会や
第一印象が決まる瞬間には少しでもキレイにしたいと思いますよね。

ヘアスタイルもきになる要素の一つ。

そんなとき、あなたは白髪を何で染めていますか?
もしくは根元が伸びた部分を何で染めていますか?


時間がなければ市販のカラー剤。
もしくは美容室での白髪染めのカラーリングでしょうか。


ちなみにヘアカラーをしている女性は64.8%そのうち美容室で施術している人は66.1%人口数では1855万人の女性が美容室でヘアカラーをしています。


(全国理美容製造者協会調べ参照)


あなたもカラー剤を塗った時に1度はピリピリしてしまったり冷えを感じたことはありませんか?
またその成分や原因を考えてみたことはありますか?

無題

カラー剤に含まれる毒性はなんと農薬の140倍?

カラーをしたあとのピリピリや赤み、痒みはカラー剤(酸化染色剤)に含まれるパラフェニレンジアミン(PPDA)という成分が原因です。
2011年にEU諸国では発がん性の危惧から使用が禁止された成分です。

また、特定非営利活動法人・日本子孫基金の依頼で北里研究所病院臨床環境医学センターの坂部貢部長が研究を行い、
市販のカラーリング剤3種類を通常髪に塗る濃度の1/100万~1/1000億に薄めて乳ガン細胞に加えたところ、3種類のカラーリング剤全てが乳ガン剤を増殖させたそうです。

その割合は、最小で10%、最大で40%だそうです。これがカラーリング剤のホルモン作用だということです。
また体毛を剃った雌のラットに1/10に薄めたカラーリング剤を塗布して14日間観察したところ、免疫系に異常をもたらすタンパク質が最大で1.7倍発生していたそうです。免疫系が異常になると病気にかかりやすくなり、ガン細胞への抵抗も弱まります。

また、メスのマウスにヘアカラーを塗る実験では、マウスの子宮全体が萎縮する現象が観察されたということです。
(日本子孫基金発行「食品と暮らしの安全」より引用)

この、パラフェニレンジアミンの他にもバリアを壊して染色するための合成界面活性剤などのたくさんの化学物質が含まれています。

dabd5908cf3f6520732cc8f0b313875e_c856eedab7311cb95fab77a6c661ba22

想像以上に大量に含まれているカラー剤の化学物質はどんなもの?

以下、市販の人気商品の成分表です

1剤
有効成分:α-ナフトール、パラアミノフェノール、パラフェニレンジアミン、メタアミノフェノール、硫酸パラメチルアミノフェノール、レゾルシン、その他の成分:HEDTA・3Na2水塩、PEG-8、POEオレイユエーテル、POEステアリルエーテル、アスコルビン酸、アラキルアルコール、エチルヘキサン酸セチル、強アンモニア水、水溶性コラーゲン液-3、ステアリルアルコール、ステアルトリモニウムクロリド、タウリン、チオグリコール酸アンモニウム、月見草油、ブドウ種子油、ポリ塩化ジメチルメチレンピペリジニウム液、マイクロクリスタリンワックス、無水亜硫酸Na、ユーカリ油、黄203、香料

2剤
有効成分:過酸化水素水、その他成分:DPG、POEベヘニルエーテル、イソプロパノール、クエン酸、クエン酸Na、ジメチコン、ステアリン酸ステアリル、セタノール、ヒドロキシエタンジホスホン酸、ヒドロキシエタンジホスホン酸4Na、フェノキシエタノール、ベヘニルアルコール、ベヘントリモニウムクロリド、ミリスチル硫酸Na、ラノリン

1992年7月米誌『ニューズウィーク』ではアメリカ国立がん研究所の研究チームの調査では
『髪を染めている女性はガンの一種であるリンパ腫にかかる危険性が50%も増す』と発表しています。
また、カラー剤に含まれる危険性を確かめるため、バクテリアを使った実験では18種類79%のバクテリアが突然変異を起こしたデータもあります。

img_industry_002
このようなものを直接的に長時間塗りこむ行為はよく考えると恐ろしいことだと思いませんか?
『今まで平気だから大丈夫』…本当にそうでしょうか?

【今の自分の選択】が【未来の自分】を作ります。
大体の人が、病となって何か症状が現れた時に、過去の悪い原因を探すでしょう。その時に後悔しても、すでに遅いのです。

なんとなく悪いとは思っているけれど白髪は自分も人の目も気になる。
やっぱり染めたい!と思うもの。それを叶えてくれる植物由来のヘナとは?


誰もが一度は耳にしたことがあると思う『ヘナ』

ヘナは主にインド、ネパール、スリランカなどに自生しているミソハギ科の植物です。
インドでは古来から薬草として親しまれ人々の生活を支えてきた代表的なハーブです。

ヘナの成分はローソンとタンニン酸という2つの性質がうまく作用しあって肌や髪を染めることができます。

まず、ローソンは酸化型赤色色素が酸化することで強く発色する仕組みになっていてこの力で赤系やオレンジ色に染めることが可能になります。
もう一つのタンニン酸は色素を持っていませんが、収斂作用がありたんぱく質と結合するため染色効果を高めるというわけです。

henna_2007_1

美容師が嫌がるヘナはもう古い?

あなたにとって『ヘナ』のイメージってどんなものでしょうか?

今から10年ほど前一般的にヘナは『白髪染め』の美容商材としてのイメージがまだまだ根強く
実際にヘナを体験するまでのわたしのイメージはと言うと、あまり良くないものでした。

そのイメージがついた原因は、以前わたしが勤務していた美容室でのやりとりからでした。
お客様のカルテにヘナ歴があるとわかった瞬間スタイリストの顔は曇り染まらない可能性や結局オレンジ色になってしまう旨などを一生懸命伝えていました。
その頃の傾向はヘナの第1次ブームがあり粗悪なヘナがたくさん世の中に出回っていた頃でした。

需要が増えていたので不純物が混ぜられていたり古い葉なども混ぜられていたり農薬がたくさん使われていたりしました。
そんな背景を隠し、巧妙な謳い文句で世に出回っていました。

かぶれやアレルギーに繋がり天然100%として販売されていたヘナに化学薬品が配合されていたことが発覚し、自主回収に追われたメーカーもありました。

それでもヘナの『天然で優しい』とイメージされる部分と
それと同時に【お客様の希望のカラーに髪を染める】ということが同時に求められた美容業界。
そこで考えられたのがヘナにほんの少しケミカルな色素を混ぜた理想の色をあたかも【ヘナ】として謳ったカラー剤が出来上がりました。

ところがそれにより、ヘナに含まれるタンニン酸と冒頭でお伝えした化学色素のパラフェニレンジアミンが強力に結び付いたことによる髪の猛烈なダメージが増え、入れたい色が入りにくい状態やパーマがかからない状態のお客様が増加したことでヘナは粗悪なものと言うレッテルが貼られてしまったのです。

この頃、ヘナ経験がある方は美容師から嫌がられた経験があるのではないでしょうか?

現在では少しずつですがフランスの国際有機認定機関として世界最大の組織であるエコサート認証を取得している
ヘナカラーを扱ったヘナトリートメントサロンやヘナ専門美容室も増えてきているので、探して体験してみてはいかがでしょうか?

thBGS0TASK

女性が大好きな言葉『デトックス』
こんなにデトックスしたことない!というくらいの抜けていく瞬間が体験できるヘナ。
子宮や肝臓のデトックスもできるなんていいこと尽くめ


皮膚を介して吸収されたものは取り込まれたあと体を巡ります。
ヘナの葉に含まれる『ローソニアアルバ』という成分が毛根から毛細血管に浸透して肝臓の毒素を排出し体に溜まったストレスや余分なものをきれいにしてくれ、更には睡眠を深くする力もあるのでヘナを塗ったあと眠気が出る方も多いです。

また、同じく含まれる『ナフトキノン』という成分は子宮の働きを整えるのに有効と言われ1990年インド人科学者のチャンダヌビーケーが論文にて発表しています。

ヘナの葉にはこのような人の本来持っている生命力に働きかける作用があり
皮膚も体の内側からもまるごと体を元気に保つ力を引き出すと言われています。


つまり一人一人違うわたしたちの体に寄り添い、体質に合わせて働いてくれるというわけです。
更にはヘナパック中の感じ方も発色も一人一人違います。


わたしはすーっと何かが頭から抜けていくような感覚がありましたが、猛烈な眠気を感じる方もいます。
初めて経験し、デトックスしやすいヨガ関係の方だとヘナ塗布後に嘔吐してその後すぐまた生まれ変わったように更に元気になる方も。

hena

現代の便利と引き換えにして知らぬ間にコツコツと体内に蓄積され続けた食べ物による添加物や
環境ホルモンや化学物質などの毒素をデトックスすることができるヘナの力。やらない方がもったいないとは思いませんか?


お金と同じ位わたしたちにとって大切な時間。
『時間が足りない』そう嘆く家事や仕事に
めまぐるしい現代女性にオススメのセルフヘナとは?


わたしのヘナとの出逢いは、実は『白髪を染めたい』ではありませんでした。


きっかけは、突発性の頭皮の異常な痒みでした。
それはもう痒くて痒くて…我慢できなくなりました。

特に変わったことをしたわけでもなく、シャンプーを変えたわけでもなく、(むしろシャンプーには気を使っていました)どんな場所でも掻きむしらずにはいられなくなり、楽しみだった友人との食事の場や職場のプレゼンの場でも、痒みばかりが気になりそして頭を掻いている姿も恥ずかしくそのイライラにストレスを感じていました。

88580FE0-C832-4269-ACDD-F20DD058DCBF
どうにかしたいと思って調べていたところ頭皮のふけや痒みにも効果的で使用していくほど
健康に近づくというような言葉に惹かれてヘナに辿り着き、そこからヘナを定期的の取り入れたところデトックスも相まって頭皮の痒みはスルリと消えたのです。

それだけではなく、優れたトリートメント効果もわたしを驚かせてくれたのです。
わたしのコシのないペチャンコになりがちな髪は、ずっと手に入れたかったハリと艶が出てヘナパック後の乾かした髪はまるで美容室でトリートメントを受けた後のようにサラサラになったのです。

ヘナのやるべき周期は?

ヘナのペースですが最初は髪の痛みがあるようなら週1ペース。
その後は月1ペースで良いでしょう。

回数なども神経質にならず、自分にあったペースで習慣化していけたらいいでしょう。

セルフヘナで用意するもの

農薬不使用のヘナ
*泡だて器
*ボウル
*手袋(手や爪も染まるため)
*ハケ(手で塗布もOK)
*タオル
*ラップ
*シャワーキャップ
*頭皮に塗るオイル(お好きな植物オイル)


はじめての場合は入浴タイムにチャレンジするのがおすすめ
1011175708_59dddce4d9ad1

セルフヘナのやり方

1⃣ヘナをお湯で溶きケチャップ位の柔らかさにする
2⃣植物オイルで軽く頭皮マッサージをして馴染ませることで血行促進と乾燥対策に
3⃣白髪の気になる部分から頭皮が隠れるくらいたっぷりヘナをハケで塗っていきます
(手で揉みこむように塗ることも可)
4⃣同じように分け目を変えながらまんべんなく塗り終わったら毛先の方までも馴染ませ
頭頂部に全てまとめてラップまたはタオルでしっかりと包みシャワーキャップをして
ヘナの使用法に記載されている放置時間を守り湯舟につかり染髪するまでゆっくり過ごしましょう。
5⃣時間が経ったらそのまま洗い流すだけ。

※慣れてきたら、デトックス(排泄)の時間と言われる午前中にヘナを行うと
より効果的です。


美容室に行くとなると往復の時間+施術時間で半日または場合によっては
1日確保が必要なことを考えるとその分の時間が他のことに使うことができるのは忙しい女性にとって嬉しいことではないでしょうか。

ヘナは冷える。色がオレンジになるのはちょっと…。放置時間が長い…
そんなデメリットをどう捉えるか?


『ヘナは冷えるから生理中に行ってはいけない』そんな声を聞いたことがありませんか?

ヘナはデトックスの力が強いため、生理中は下から出しているときに上から(頭)からも出すのは自然の摂理に反すると言われています。
また足湯などを行いながらヘナをすることをすすめられるのは冷やさないことももちろんですが好転反応の軽減をし、またデトックスや染色を促すためもあります。

eddc10f061e7f7af21f04c448c4f2ee4f14c8ad3

『白髪の部分だけ染めたい』もしくは『茶系にしたい』という方が多いですが
白髪部分ではない黒髪部分にはヘナだけではほぼ色の変化はありません。
白髪部分や明るい髪にはオレンジ色に変化します。


そこへインディゴ(ナンバンアイ)をブレンドして使用したりツータッチすることで茶系に染めることができます。
絵の具をイメージしてみてください。オレンジ色に紺色を混ぜると茶色になります。そのイメージです。

thAW51DMN5
メーカーによってはすでにブレンドしてある商品もあります。
それを利用するのも便利でしょう。

色味を失敗してしまわないか心配な場合には、
まずはデトックスを目的としたトリートメントとしてヘナ体験してみることをおすすめします。

上記でも書きましたがヘナは植物の力で自分の体質や毛質により発色も違います。
理想の色にならないこともあるでしょう。

他の誰かのカラーが羨ましいと思う前にオンリーワンのその色味をありのまま受け止め
楽しむことができる心の豊かさも大切だとわたしは思います。


放置時間はメーカーによって違うけれど

新鮮さや種類により若干の違いはありますが30分~1時間位がメインとなっています。
上記である湯舟にゆっくりつかるのが難しければ塗布したあとしっかりと液だれ防止の対策ができればそのまま家事をしたって構いません。

時間の使い方はあなた次第。
セルフケアの時間がとれていない方には自分と向き合う良い時間ではないでしょうか


あなたのライフスタイルとして定着するためにも
まずはチャレンジしてみませんか?


髪や頭皮の修復はもちろん本当に大切なのは見えない体の中
ヘナは忙しい毎日を生き抜く現代の女性たちの支えとなる


白髪はもちろんヘナを使って染めることをおすすめしますが
これからは定期的にデトックスを目的としたヘナメンテナンスを取り入れる女性が増えることをわたしは願っています。

87CB23B4-340A-4A13-9718-3CAB854DBFF1
何かを足そうとするのは得意なわたしたち。
何かを抜くことややめることが苦手なわたしたち。

今まで知らぬ間に体内に蓄積されてしまった未消化物をそのまま体の中に溜め続けてしまうと弱い箇所にどんどん溜まっていきます。
それが病となって現れしまうその前に。溜まってしまった毒素や未消化物をこれ以上溜まらないようにそして速やかに出す努力がこれからは特に大切です。

意識的に毒出しやデトックスの時間を。
その為にあなたの生活に【ヘナ】を取り入れてみませんか?


『健康である』という当たり前のようでかけがえのないことを大切にできるのは
未来ではなく『今』ではないでしょうか?


IN YOUMarket推薦の農薬不使用のヘナをチェック!

PR: Recommended items by IN YOUMarket
1016105243_59e410ebba6bc 厳しい審査を受け、国内で唯一エコサート認証を受けた、一度で染まる高品質のオーガニック・ヘナ今すぐここをクリック!

国内で唯一、正規にエコサート・オーガニック認証を取得しているヘナ。
一般的なヘナは2度染めしないと黒茶色になりませんが、このヘナは一度でしっかり染まるため、二度染めの必要がないというのが特徴です。
肥沃な大地で育つ、上質なオーガニックハーブの原料だからこそ、濃厚な染色力を実現できるのです。
今、様々なヘナが出回っていますが、不純物が混じっていたり、古い葉や若い葉なども混じっていたり、
農薬がたくさん使われていたり、正直言って良質とは言えないヘナが多いのです。
このヘナは、世界で一番、厳しい安全基準をクリアしたエコサート認証のオーガニックヘナだから、品質が他とは違います。
また、ヘナには独特の香りがありますが、このヘナは様々なハーブを配合しているので、特有の香りが穏やかです。


0425200433_5ae060c1a2258



オススメの記事

スプーン1杯で死に至る劇薬が原材料に含まれるものも。ガンのリスク増加も不安視される、市販ヘアカラーと白髪染めの実態。

あなたの生活が2世代先の子孫の健康まで左右する!あらゆる不調を招く重金属有害ミネラルを体に蓄積しないために今すぐできるデトックス方法

日本の遺伝子組み換え食品の規制はヨーロッパの5倍以上も甘かった!一般的に語られない遺伝子組み換え食品の成分表示の裏側と実態



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

関塚 祥子
オーガニックビューティセラピスト NARD JAPAN認定 アロマアドバイザー 父の病死を経験したことで遺された家族や身近な人たちを守るために オーガニックセルフケアに辿り着き、自身の様々な不調も改善した ハーブやアロマの偉大な力に救われ、またタッチングのマインドへの大きな影響を実感し、それらを取り入れた【心と体温を1℃アップさせるためのオーガニックサロン】を2017年埼玉県熊谷市にOPENした また産婦人科にて産後の母体をアロマを用いてケアする 《産後アロマセラピスト》としても活動中 HP  →http://shochi.weebly.com/ BLOG→http://shochi.weebly.com/blog
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. b5910be61396817610236b43e9d2351f_s 隠れた日本原産のスーパーフード「明日葉」の驚愕のパワー。実は生活…
  2. hands-1662614_960_720 アレルギーやアトピーは母親から子供に移るって本当?知らず知らずの…
  3. kimchi-photos-709623_960_720 化学肥料・硝酸態窒素を含む野菜が引き起こす人体への影響と測定方法…
  4. jisin 大地震、その時。あなたとあなたの大切な人を守るための具体的対策
  5. hands-604127_960_720 子供の病気は添加物が作っている。添加物を気にしない親が多い日本、…
  6. ginger-803017_640 無理して毎日走る必要はない!西洋的観点と東洋的観点から見た「本当…
  7. spicemix 鮮やかなスパイスは女性の嬉しい味方!東洋医学の視点から見た、ター…
  8. herson-rodriguez-96102 コンビニよりジムの方が多いメキシコはなぜ肥満大国になったのか?メ…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 小林 くみん
  • 越野美樹
  • 佐野亜衣子
  • 松永加奈恵
  • 工藤 万季
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • うちゅう
  • riko tanaka
  • 河口あすか
  • lelien
  • yuriesasaki
  • ZuYu
  • amikuwamura
  • 煙山 昭子
  • 福原真一郎
  • 前之園知子
  • 池田 歩
  • 松橋佳奈子
  • yokosato
  • Kawasaki Mariko
  • 中村 りえ
  • 霜崎 ひろみ
  • Akitsu Kitahara
  • hata ikue
  • 桺町 瑠璃
  • 永樂茶百合
  • haruna
  • ayukotaniguchi
  • 井村 政子
  • 柳千妃路
  • 滝野 清
  • みずしま さちの
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • mamiko
  • 古村優里
  • 加藤 晴之
  • 柳原 里実
  • MARIE
  • YoshiAraki
  • 清岡 美音
  • ゆみえこば
  • 小西 尚子
  • AYANO
  • Kayo
  • 加藤 貴大
  • 山﨑 拓
  • UharaRisa
  • 室谷 真由美
  • 森智世
  • 山口 りりこ
  • 薬膳 ともこ
  • 坂の上零
  • Ayako Endo
  • 大矢 純子
  • 豊池 晃
  • arikawatoshiko
  • 深井ゆきえ
  • keiko nakagawara
  • jyuan
  • LEONA
  • 袴田 はるか
  • joko
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 鈴木 こなみ
  • 小泉 沙耶
  • 栞
  • yumi
  • 坂田 まこと
  • みふすや
  • 佐藤いづみ
  • 神戸 貴子
  • Mao
  • 野上 きよ
  • InayoshiKyoko
  • 関塚 祥子
  • 佐々木 里奈
  • kana akiyama
  • kanekoyuka
  • akemi
  • ami iwasaki
  • 石井ゆかり
  • 桜桃
  • 由香
  • ネヤトネヤ
  • 平野浩靖
  • 水鳥川崇春
  • 高波 紗希
  • 高根 佳子
  • Ninomiya Koji
  • 阿南 まどか
  • Nomura Yoshimi
  • 三浦 郁惠
  • nana
  • Nanas
  • yoko
  • 原田 美穂
  • 瀧島 有
  • 日向葵
  • yoshimike
  • 山片彩乃
  • 岡田ゆみ
  • ELINA HARMONY
  • suzuki ayuko
  • oyue
  • ayumifukuda
  • 藤本まりん
  • NORIKO
  • 池田 純一
  • 齊藤幸恵
  • Jurio Miki
  •  肖瑶
  • 細川 夏実

カテゴリー

PAGE TOP