よみもの

「顔に刻まれるシワの正体」顔のシワ⇄硬い内臓の深い関係。眉間のシワをなくしたければ、まず内臓を弛めよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_4261-1

以前「顔ヨガ」が流行った時に、顔の筋肉を使う事で体全体の血流が良くなり、
その結果シミやシワが消えていくと言う話を聞いた事がある方も多いと思います。

でも実際には、顔の筋肉と全身の血流って、どんな相互関係があるのでしょうか?

いつまでも若々しく過ごしたい!それには、お顔のケアだけではなく内臓から若返らせる事が大切です。


こんな経験ありませんか?

例えば目薬をさす時に「口を大きく開けたまますると、瞬きせずに目薬をさせる」など。

顔の筋肉とはもちろん目から顎へと繋がっています。
それ以上に実は、顔の些細な筋肉は、内臓へと確実につながっているのです。

例えば

・目を上げると、骨盤の前側の筋肉が上がる
・舌を前に突き出すと、骨盤底が上がる
・舌を喉の方に引っ込めると、横隔膜が上がる
・ほうれい線の深いシワは、腸内環境の反射
・下顎を前に突き出すと、耳下のリンパが緩む
・眼球の裏の筋肉は、腎臓に繋がってる
・眉間にシワを寄せると、肝臓が萎縮する
・口角が下がると、肺機能の低下につながる


IMG_4262のコピー
全く感じませんが、実際に体の中はどこまでも繋がっているのです。
つまり、顔のシワやタルミを「内臓の表れ」だと理解すると、内臓を強化することで顔にハリが出ると言う事にもなるし、逆に顔の筋肉を使っていると、内臓の強化に繋がると言う相互関係にあるのです。

医学的にも解剖学の見解からみると、「舌」とは喉で途切れている訳ではなく、舌をツーッと引っ張ると骨盤底まで組織は繋がっています。

IMG_4263のコピー
要するに「筋肉の塊」である舌をよく動かしていると、横隔膜を介して、最終的には骨盤底の活動へと影響しているのです。
これは体感できない微弱な連想活動の領域なので、意識を持ってしてもなかなか実感として感じる事は難しいのですが、理論上はその繋がりがお互いに影響をし合っていると言うことです。

なので、逆に舌を使わず(柔らかい物ばかり食べてる、スムージなどの飲み物を主食としてる場合)は、長い年月をかけて舌の筋肉が弱っていくことで、連動している横隔膜の動きも弱まり、結果として背骨をズラしてしまう可能せもあり、それが体全体の歪みへと繋がる場合があるのです。

体が歪むとどうなるのか?


①「命の臓器」腎臓機能の低下

体が歪むことで、特に大打撃を受ける内臓は「腎臓」です。


IMG_4266のコピー
腎臓の主な働きとは

・血液中の老廃物をろ過して尿として排出する
・血液を洗浄する
・水分の調節を行う
・血液をアルカリ性に保つ


つまり「命の臓器」と呼ばれるに相応しい基礎的な働きを担っている腎臓は、
これだけ医学やテクノロジーが発達している現在でも「人工腎臓」が作れない理由とは、その働きの巧妙さと機能の多さを人間の頭脳ではまだ作り出せないからです。

腎臓の機能が弱まると、新陳代謝が衰えて、排出機能低下、血液洗浄機能低下、ホルモンバランスの乱れ、
抵抗力の低下など、私たちが生きていく上で必要な機能のほとんどが連鎖的に弱まります。

②「第二の心臓」肝臓機能の低下

肝臓が活発に働かない限り病は治らない、とも言われるほど病気の種類を問わず、何かしら影響をモロに受けるのが「肝臓」です。

IMG_4265のコピー
肝臓の主な働きとは、添加物、有害物質、毒素、化学物質、老廃物など全て肝臓が取り除き、
分解し、体内で使えるように加工され、また全身に戻すと言う大仕事をこなしてる上に、その他500種類もの働きを担っている臓器だと言われています。

・血糖値の調整
・血液の循環の調整
・胆汁(脂肪を分解する消化液)を作る
・殺菌力を上げる
・毎分1.5Lもの血液が流れ込んでいる
・心臓から出る血液の25%が流れ込む
・全身の血液量の15%は肝臓に集中

etc

③心臓の負担を減らす

もちろん心臓の負担を減らす事が、体内全ての内臓機能を活発にして、血流をよくする効果につながります。

IMG_4267のコピー1
心臓は一日10万回もの拍動を繰り返していて、約4リットルの血液を体内に循環させています。
そして鼓動の原点である「呼吸」と共に動く横隔膜は、一日2万回以上の伸縮運動を繰り返しています。

つまり、心臓の働きを優雅に行う為には、深い呼吸によって呼吸を整える事で神経が安定します。

顔の筋肉を動かし⇨内臓を活発にする方法


簡単な運動ですが毎日少しでも繰り返す事が大切です。

・眼球を大きくクルクル(ゆっくり)と回したり、上下運動をする。その際、眼球だけではなく眼球の裏の筋肉を使うように意識する。
→骨盤周辺の血行を良くする

・舌を顎にできるだけつけるように伸ばす
→骨盤底が上がり背骨が整う

・舌をクルッと喉の方へ巻く
→横隔膜の広げ呼吸を深める

・ほうれい線を伸ばすようにほっぺたを膨らませ、口角を上げる
→噛む力を強め、腸内環境を整える

・眉間の間や額を指で優しくさする
→リラックスする事で中枢神経が休まり、肝臓のストレスが軽減する

テレビを見ながら、パソコンを使いながら、お風呂に入りながら、是非試して見てください。

内臓を活発にして⇨顔にハリを持たせる方法


①深呼吸

Sky
深呼吸する事で背骨の両側の筋肉が緩みます。
背骨の両側には「経路」と言うツボの通り道があり、その経路は六臓六腑のどこかに必ず繋がっています。

(六臓六腑とは(六臓:肝、腎、脾、心、肺、心包 ・ 六腑:胃、小腸、大腸、胆のう、膀胱、三焦)つまり、深呼吸する事で
背骨の経路を通して内臓が刺激され、中枢神経から末梢神経までの連動作用をスムーズに行います。

こうした一連の何気ない動作が、人間が生まれ持って与えられた「呼吸」と言う生命線の働きなのです。

②食生活

misosiru-kariumu5
内臓に負担がかかってるようであれば、できるだけ糖分、脂分、インスタント食品などの消化に負担がかかるものを減らし、
下記のような日本古来の食事に戻していく事で、全身の70%以上の免疫力を司る「腸」が活性化され、内臓全体のパワーの復活が期待できます。

・発酵食品
・漬物
・味噌汁
・野菜

etc

③温める

pexels-photo-235494
基礎体温を36度台に維持する事は、血行を良くするだけではなく体全体の内臓の機能を高めます。

高体温は、健康体でも一日5千個生まれると言われている癌細胞をも消滅させる事が可能な強い免疫力を育てるので、
できるだけ体を内側(食事、呼吸等)と外側(運動、入浴等)の両方から温める事が大事だと考えます。

こうした体全体の調節が整うと、腸が活性化され、排泄機能も高まり、睡眠も深まる事で人間の3大欲求(食・睡眠・排泄)が満たされて、
思考も前向きになる事で顔つきや肌のハリが変わってくるものだと思います。


IN YOUMarketで体を温めるアイテムを探そう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よく見かけるオーガニックの生地は 実際には100%オーガニックではないものがほとんどのため、今まで使用してこなかったそう。
しかし今回、希少な100%オーガニックコットンと出会えたため、より本物の下着を目指し、今回取り入れることを決意されたそうです。
また、一般的な生地は、そのままだと肌触りが良くないため、風合いを出すために化学処理をして、柔らかく加工されているものがほとんどです。
今回使用されている生地は、そういった化学処理は一切されていないにも関わらず、とてもやわらかな付け心地。
天然の生地でその良さが出せるのは、今まで生地を扱ってきた方からすると、驚異的だそうですよ! 


空気パンツは、履いているだけで勝手に身体と心の力を取り戻し 「自分に生まれてよかった!」 と、本来の自分を愛せる人を増やすことを目的としています。
「本物を身に着けて、本当の自分を取り戻して、自分の人生を楽しみましょう!」という思いから より「本物」を目指して作られたのが、オーガニックコットン100%空気パンツ&空気ブラです。


オススメの記事

市販日焼け止めクリームやコスメはシミ・シワの原因になる危険な成分が。万能ココナッツオイルで簡単・手作りシンプルスキンケアのやり方。

その食べ物と習慣があなたのシワ・たるみ・老化の原因に直結!老化現象は体内からの危険サインです。

なぜ生活習慣病は改善しないのか。不調だらけの体質を改善するには対処療法ではなく代謝機能を正常に戻すこと。健康の秘訣は筋肉にあり!?健康と筋肉とホルモンの意外な関係性。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

清岡 美音
健康優良児だと思っていた自分が、ある日突然「乳癌ステージ3と余命宣告」を受ける。しかし 医師から勧められた化学療法を全て断り「独自の方法」で食事を始めとして、思考の転換や前向 きな姿勢により体を整え、わずか半年で7センチ以上あった巨大な乳癌腫瘍を5センチ以上縮小させ る事に成功。現在、その方法、経験、経過をブログで配信中。乳癌を敵視するのではなく、乳癌 を育てあげた体と心の根本を見直す方法に共感する読者は連日数千人にも及ぶ。二児の母として、 ヨガインストラクターとして、心理セラピストとして、360度の視点から「生きる」を見つめる 情報をカナダから配信しています。『ブログhttp://kenkohuntermio.hatenablog.com/entry/2018/05/ 31/180000』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. hetero-steamed-2336198_960_720 万能風邪対策!すぐに入手できる身近な予防薬膳食材リストと、風邪予…
  2. raisin-bread-3190980_960_720 害のあるイーストフードを使い大量生産されるパンは農薬を大量に使っ…
  3. daizunohimitu 未発酵の大豆製品は体に毒?!貴重なタンパク源「大豆」を摂る時に気…
  4. avocado-878958_640 東洋医学から見た年齢別に起こりやすい身体の変化と加齢にオススメな…
  5. bc1800e8266dde8ad9afcdc08b7f9f20 今おにぎりが熱い!オージャスを高める和ーユルヴェーダ流 進化版「…
  6. natural-3324125_640 国が推進する諫早湾干拓事業が引き起こした農民と漁民との対立。オー…
  7. kuromamesaiyoko 血不足になりがちの女性の味方。黒豆で血を増やし腎を癒す。材料2つ…
  8. rooibos-2675473_960_720 万病・老化の原因〝活性酸素〟には体内酵素〝SOD〟が有効?!活性…

新着記事

デイリーランキング

カテゴリー

PAGE TOP