くらし

明日からすぐ出来る!自然治癒力を高めるために必要な「朝起きてすぐにやるべき5つ」のこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然治癒力とは体が本来持っている力。

免疫力によって病気や風邪にかかりにくい状態にすることです。


未然に防ぐ力。
本来体には薬に頼らなくても
治そう、治そうという力があり、自然に治癒する力が備わっています。



しかし、これは人により個人差があります。

年齢、生活環境、遺伝子、食生活。

など様々な要因によって自然治癒力がじゅうぶんに発揮できていない場合もあるのです。

そして、ささいな生活習慣によって大きく異なってくるものです。

今回、筆者が自らの経験をもとに最も効果的だと感じた、
自然治癒力を高める為に必要な朝起きてすぐにやるべき5つのことをご紹介します。


これから紹介する朝の5ステップは、
いつの日からか、毎日に欠かせないものになりました。

事実、始めて1週間ほどたつと、
どれか一つが欠けるとなんだかその日1日の体の調子がすぐれない感覚を覚えるようになったのです。


これらの習慣を始めてからというもの、花粉症、インフルエンザはもちろん、大きな病気にかかることもなく、
さらには快便、美肌、という嬉しい変化も実感することができています。

それでは早速ご紹介してゆきます。

1 朝起きたらすぐに舌を磨く


人は寝ている間、舌の動きが少なくなり唾液量も少なくなるため、
舌苔という舌にコケのようなものができます。

これは硫化水素という食べカスや上皮カスが細菌によって腐敗されることによって発生するもので、
特に睡眠後3時間経過した頃には、この細菌が爆発的に増加します。

そのため朝起きる頃には口の中の細菌はとてつもない量となるのです。
ショッキングなのが起床直後の口腔内の細菌数は糞便1グラムの10倍量であるということ。

朝起きてすぐ舌を磨かずに物を食べたり飲んだりすることは、
糞便1グラムの10倍量の細菌を体内に入れていることになるともいえます。


これが原因で自然治癒力が下がることは想像に難くありません。

自然治癒力が下がれば、肺炎やがんなどをはじめとしたあらゆる疾患にかかりやすい体質になってしまいます。
何より朝一番のお口のニオイは決して良いものではないので、すぐ磨くことで目が覚めリフレッシュにもなりますよ。

注意点

ただし、必要以上に常に磨くことは、口の中の皮膚を傷つけてしまいます。
危険ですのでやめてくださいね。
舌磨き用の器具などでやさしく磨きましょう。
また、市販の強力な界面活性剤などが使われた安価な歯磨き粉を使って舌を磨くのも味覚障害などの原因になり、危険なので避けましょう。

参照http://hanoblog.com/tongue-plaque-8235

2 鼻から塩水うがいをする


インドのヨガの世界では日常的に行なわれている修行の一つである塩水うがい。
夜眠っているうちに全身の毒素が口や鼻に溜まるという考え方をもつインドの伝承医学からうがいが推奨されています。

そのため、そ浄化するために毎朝、日の出と共に鼻から塩水うがいをし、浄化することでポーズや呼吸法の効果をより得られ、心身を活性化します。

筆者も以前、ヨガの修行のためにインドを訪れた際、多くのヨガマスターたちは日常的に行っているのを目の当たりにしました。

筆者は学生時代に恩師から「風邪の悪寒を感じたらすぐに鼻から塩水うがいだ。」と散々言われてきたので、悪寒を感じたらいつも以上にやるようにしています。

おかげで頻繁に体を壊すことがなく快適です。

鼻は浄化や加湿、加温の機能があり、ウイルスや細菌、花粉をブロックし、鼻に入った空気を加湿・加温して気管や肺に入る前に刺激のない状態にする働きがあります。

洗浄することで鼻の穴の細菌が除去できたり保湿効果が高まり、
自然治癒力を高めて花粉症やインフルエンザなどの予防につながるわけです。

鼻から塩水うがいのやり方ですが、ネティポットと呼ばれる急須に似た形の専用のうがい器があります。
顔を傾け、口呼吸をしながら右の鼻の穴にポットの口を当てて注ぎいれると、左からたらーっと流れてくるという具合。

筆者ははじめはこのネティポットで挑戦したのですが、どうもうまくいきませんでした。
結局コップに入れて左鼻を押さえながら右鼻からずずーっと吸って口から出すというやり方で落ち着きました。
なんとも滑稽なのですが、鼻はすこぶるスッキリしクリアになった感覚を得られます。

参考URL:http://スポーツニュース.jp/hanaugai-5712

3 白湯を飲む


東洋医学において白湯は内臓機能や血液循環を高めるものといして推奨されています。

朝起きた瞬間のどがカラカラになっていることはありませんか?


朝起きたての体内は乾いている状態。
寝汗などから無意識のうちに、体内の水分が失われ気味になっているのです。

そこへ一気に冷たいものを入れると内臓、特に胃腸が驚いて代謝を下げる原因になります。
IN YOUでは以前白湯についてお伝えしていますのでご覧くださいね。

あなたは、朝一番に何を飲んでいますか。白湯に「あるもの」をプラスするだけで翌日もすっきりマル秘リセット法

ガンは低体温が大好き!ただのお湯じゃない、白湯の知られざる健康効果がスゴイ!10分でできる簡単な作り方。

体温に近い温度の白湯を飲むことで内臓が温まり、代謝もよくなります。

これにより腸内に溜まった老廃物も洗い流してくれます。
便秘対策にもなるので、女性の皆さんにおすすめしたい方法です。
これもアーユルベーダでは有名な手法です。

おすすめの朝食のとり方ですが、
白湯を飲んで内臓の働きを良くしてから数十分後あたりに朝食をとることで消化力が高まります。
いきなりご飯を掻っ込むのではなく白湯をはさむことで調子が良くなると思いますよ。

参考
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html


4 ストレッチ・ヨガをする


あなたは寝るときどんなポーズで寝ていますか?


お布団、ベッドは体にぴったりはまっていますか?
枕は使っていますか?

1日の中で一番長く取り続けている睡眠時の姿勢によって体には大きな負担がかかります。

寝起きに肩が凝っていたり、腰が痛かったり、なんだか調子がすぐれないことが多ければ寝る体勢に問題があるのかもしれません。

1日の中で一番長く取り続けていると言ってもいいくらいの長い時間である睡眠時間。

この大切な時間に、負担がかかる姿勢でいることによって、
血行不良を招いてしまうとどうなるでしょうか。

血液が滞り気味になるとあらゆる病気にかかりやすい体になってしまうことはご存知の方も多いでしょうが、
血行不良は病気を招きやすくする原因です。

そのため朝起きてから、ストレッチやヨガをすることはこの血行不良を早い段階で改善することにつながります。

血行が促進される
体全体、内臓全体がウォーミングアップされ消化力が高まる。


いいことづくめですね。

脳への血行も促進されるため頭が活性化してモチベーションも上がり仕事の効率も上がることで、
1日を快適に過ごせるようになるという嬉しいおまけも。

使うマットにもこだわって。
マットはケミカルなものではなく、オーガニックの布で出来たものを選んでみてください。

完全オーガニックのヨガ・マット


参考URL: 熟睡研究所http://komesan.co.jp/blog/2015/07/14/post-149/

5 果物を朝食べる


果物に含まれる水分は、お店で買うような水とは違う「生きた水」です。

この生命力ある水分とさらには果物が持つ酵素を朝起きて空腹時に好きなだけお腹いっぱい食べることで、
酵素が消化吸収を助けたり、毒素排出や新陳代謝を促進してくれます。

注意点

ただし普段から糖質を摂取しすぎている方や、
血糖値に問題のある人はサニーレタス、レタス、セロリ、きゅうりなどを一緒に食べ合わせることをおすすめします。

またあまりにも体が冷えすぎている方は、なるべく冷やさない果物(りんご)などを選びましょう。

果物は一種類にすることでデトックスパワーがアップします。

できるだけ水分量の多いものが望ましいです。

ナチュラルハイジーンの考え方は以下の記事も見てみてくださいね。

ダイエットは体と心を痛みつける自虐行為。不健康なダイエットに終止符を。もっとも自然な健康法「ナチュラル・ハイジーン」とは

例えばミカン、りんご、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系、イチゴ、キウイ、スイカ、ナシ、モモ、ブドウ、パイナップルなど。

また、選ぶくだものと野菜は必ずオーガニックのものを選びましょう。


出典元:著書「女性のためのナチュラルハイジーン」松田麻美子

最後に

筆者がこれら5つを欠かさずするようになったのは、ヨガを始めてからのことです。

朝気持ちよく目覚め、その日1日を気持ちよく過ごしたい
風邪をひいて心身が疲弊するのは時間もお金も無駄だということに気づいたこと
年齢を重ねるうちに外側だけでは補えないと気づいたこと
内側をキレイにすることが外見の美しさに反映するということ

これらの事実に気づいてから、基本の5ステップを毎日の習慣にするようにしました。

IN YOUの読者さんは普段から健康に対する意識の高い方が多いと思われますが、病気知らずのヘルシーライフを送るためにこの5つの方法で自然治癒力高めて快便・美肌という嬉しいおまけもゲットできますから、
まだ知らなかった情報があれば、ぜひ明日からでも始めてみることおすすめします。

IN YOUMARKETおすすめ!
世界初オーガニックなMYヨガマットを使ってみよう!

Yoga-Rug2 (1)




オーガニック認証を受けているラグは、世界初!
この認証は、ラグの製造に関して、 原料の入手先〜原料の紡績、染色〜製織〜仕上げまで 全ての工程でオーガニック。
GOTS(オーガニック・テキスタイル世界基準)の規定で検査を受け、 合格した製品のみに付けられる認証です。
ラグやカーペットの分野でこの認証を受けているのは こちらのブランドだけです。
実はGOTS規定では、数種類の化学染料は認められています。

しかし、100%オーガニックへこだわり、 オーガニックの天然染料(GOTS認定)や 定着剤を使っています。
ヨガラグはインドの女性支援からはじまり、 フェアトレード商品でもあります。

長年の経験と熟練の職人を抱えるインド経営者が指導を行い、 女性特有の器用さによって、上質の平織りラグを生産できるようになりました。 開発に2年以上を費やして仕上がった オーガニックラグの使い心地は、 言葉に表せないほど素晴らしいものです。

おすすめの記事

10分で出来る!風邪へ効果絶大。混ぜるだけ簡単!ハチミツしょうが大根の作り方。

身近な食材で体を養う。万病予防・自然治癒に自然のお手当て“里芋パスター”のやり方。

36.8℃で微熱感は異常! 体温が1℃低くなるだけで免疫力は30%以上も低下。がんリスクを高める『低体温』体質の圧倒的な改善法とは。


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

湊 綾香
秋田県にあるホットヨガ&エクササイズスタジオAshantiのディレクター兼講師。 日本初の不妊・子宮に特化したシャクティヨガを考案。現在は生活の拠点をバリ島に移し育児の傍ら、ヨガを教えたり独自の経験を活かし健康に関する記事を執筆中。オンラインによる食事管理サポートとダイエットパーソナルトレーニングも行っており、ヨガデトックスクレンズツアー、週末ダイエット合宿など健康と美に徹底した結果にコミットするツアーをバリ島にて開催中。www.yogastudioashanti.com
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. mv 心もひんやり気持ちいいフレーバーウォーター
  2. IMG_3423 和食にも洋食にも使い回せる便利レシピ!有機醤油で作る「万能マリネ…
  3. green-smoothie-2611407_960_720 生活習慣病対策とアンチエイジングが両方かなう!日本の万能食品、大…
  4. glass-18999_960_720 カルシウム不足を補う手段として「牛乳」は正しいのか?カルシウム不…
  5. 予防接種を「フルコース」ではなく「選んで」必要最小限に受けたらど…
  6. IMG_9982 アガベシロップは体に悪いって本当?メーカーに直撃質問!低GIブル…
  7. children-1217246_960_720 「我が子は大丈夫」と言えますか?なぜ子供たちはキレるのか。穏やか…
  8. toothbrush-571741_640 そのハミガキ粉、合成洗剤ではないですか?子ども向けハミガキ粉にも…

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • IN YOU 編集部
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 松永加奈恵
  • 佐野亜衣子
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • 池田 歩
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • 松橋佳奈子
  • yuriesasaki
  • haruna
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 煙山 昭子
  • lelien
  • 加藤 晴之
  • 工藤 万季
  • 室谷 真由美
  • クレイトンまき
  • 桺町 瑠璃
  • Mint
  • yokosato
  • うちゅう
  • ゆみえこば
  • 横田 浩
  • Mao
  • 佐藤いづみ
  • yumi
  • 坂田 まこと
  • 足立 由紀子
  • 加藤 貴大
  • akemi
  • 東條 由美子
  • jyuan
  • 霜崎 ひろみ
  • AYANO
  • AKIKO MIYAKAWA
  • yoshi.fukusawa
  • 結緒織
  • 高根 佳子
  • Halu
  • MARIE

カテゴリー

PAGE TOP