むくみ

東洋医学・望診法でみる梅雨シーズンにカラダが重い・だるいの原因。梅雨に弱い人は消化器系「脾」が弱い人!?湿気と水に負ける人はこんな人です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
people-400818_960_720

こんにちは、上級望診法指導士、国際薬膳師の霜崎ひろみです。

いよいよ梅雨に入りました。
台風も、もうすでに複数号になっていて、今年の夏は、どのような気候になるのかと心配になります。

梅雨
さて、梅雨は、ジメジメ気候が続き、「湿気」がいたるところに充満します。
ムワーっとして不快。暑ければ、蒸し蒸しサウナの中にいるようで、クーラーが効きすぎる涼しい環境にいれば、カラダがどんどん冷えてしまうことでしょう。

8c69cdc9eb6a1cfd2748f06e5d74e8cd_m
ただでさえ、不快指数が高いこの季節。
「湿気」だけではなく、「湿気と熱」「湿気と冷え」がいっしょにやってくることでより不調を招きやすくなります。

今日は、この季節を快適に過ごせるように、「湿気」を東洋医学で考え、
また、カラダの中の状態を外から予測する「マクロビオティック望診法」で、
「湿気」に弱い人のタイプや「湿気」にやられたとき、
カラダは私たちにどのような「目に見えるサイン」を送ってくれているのかをお伝えします。

「湿気」が邪気に変わる時


梅雨時期の空気はジメジメしています。「不快」と感じる方は多いでしょうが、
全員が「不調」を感じるとは限りません。

普段、「不調」を感じていなくとも、ある時、「不調」を感じてしまうことがあります。
「だるいな、、、」「頭が重いな、、、」などなど。

0943571e96d3051ce04e7e264c86fc30_m
「湿気」が邪気である「湿邪」に変化したのです!
その速度は、人それぞれで、ゆっくりと、または、突然に、、、。

では、「湿気」が悪者に変わってしまうのには、どんな条件や引き金があるのでしょうか?
それは、大きく2つのパターンに分けられます。

パターン1 「湿気」の勢いが強すぎる


「湿気」が強すぎて、避難する場所もない、乾燥させることもできない状態が一定時間続いたら、普段は「湿気」に耐えられる方も、辛くなってくることでしょう。
外の環境が、人間の限界を超えた時に、外気は「邪気」に変化するのです。

855a3b2f260f6686c94c69ab1e82cd02_m

パターン2 自分自身が弱っている

次のパターンは、「湿気」はそれほど激しくはなく、いつも通りでも、「自分」が疲れていたり、寝不足だったり、不摂生していたりして、免疫力が落ちている時です。

人物 憂うつ
いつもは耐えられるのに、「自分」の防御力が弱い時は、
「湿気」がドロドロで淀んだ水のような「湿邪」に変わり、私たちは、不調を感じてしまいます。

湿邪の特徴とこの時期に出やすい不調

このように、「湿気」が「湿邪」に変わり、カラダが耐えられなくなると、
私たちは不調を感じるわけですが、その不調を「湿邪」の特徴とともに、みていきましょう。

1、[湿邪」は気の流れを阻害する

湿邪は、各臓器や気の流れ道である経絡に居座り、動かず、気の流れを阻害します。
このことにより、以下の不調が出ることがあります。

胸がつかえた感じ、お腹の張り、冷え、めまい など

2、「湿邪」は重く濁っている

水は、流れずひとところに留まると、どんどん不透明になり、重く濁っていきます。
それが体にたまることによって、以下のような「重く濁った」イメージの不調が出ることがあります。

体が重い、体がだるい、むくみ、おりもの、湿疹、にごり尿 など

3、湿邪はネバネバしている

ひとところにとどまった水分は、徐々に粘稠度を増していき、ネバネバを伴う
さっぱりしない不調が起こることがあります。

ベタベタ便、残便感、残尿感、下痢、湿疹、痰、関節痛 など

4、湿邪は、下半身に影響を及ぼしやすい

水は低い方に流れていきます。重い「湿邪」はなおさら、下部に落ちていき、
留まり、下半身に不調を引き起こしやすくなります。

足のむくみ、下痢、尿の出が悪い、水虫、おりもの など


カラダの不調による「水」のトラブル

この時期、外からの「湿気」によって、不調を引き起こすこともありますが、
カラダの働きの悪さ、弱さから、体内の水分調節がうまくいかない場合もあります。

カラダを「家」と考えると、水道管や排水管が詰まったり、
蛇口や排水口が壊れたりして、「水のトラブル」が起きるというわけです。


水道
カラダの中の「水道、排水設備」にあたる臓腑は、
主に「脾」「肺」「腎」「膀胱」に当たります。
これらの臓腑は、それぞれ多岐にわたる仕事をしていますが、
「水」に関する仕事に限っていうと、以下のようになります。

「脾」

①食べたものから、栄養分、水分を取り出し、他の臓器と協力して
わたしたちのカラダを成している「気、血、水」を作り出す。

②カラダの中にある水分を吸収して、「肺」に転送する。

「肺」

上記「脾」が作り出した「水」を全身に散布する。

「腎」

尿を作って膀胱へ送り、膀胱に「排尿」の指令を出す。

「膀胱」

尿を貯め、排泄する。

これらの臓腑が、ひとつ、または複数弱ることによって、「水のトラブル」が起こります。

特に、梅雨の季節は、外の「湿気」が多いために、カラダの消化器にあたる「脾」が一生懸命働き、
「湿気」に負けないようにがんばっています。

しかし、もともと消化器系「脾」が弱かったり、暴飲暴食、冷たい飲食物の摂取などで
「脾」が疲れてしまうと、カラダの水分代謝が低下し、不調を感じるのです。
よって、「梅雨に弱い人は、消化器系「脾」が弱い人が多い。」とも言われます。

望診法でみる「湿気」「水」に負けそうな人の特徴

望診法とは、目で見て、顔色、舌の状態からカラダの中の情報をキャッチする方法です。
カラダは、「湿気」「水」に負けそうなとき、次のようなサインを出して、私たちに教えてくれています。

「湿気に弱い」「水分代謝が悪い」時

◻︎目の下がふくらんでいる

c88e7166b5e8c0bcd18228036b88198f_s
◻︎舌の脇が波打っている

波打ち舌
◻︎舌が水分でテカテカしている

◻︎舌の裏にポツポツがある

海ぶどう
◻︎イボがある

イボ など

「水分代謝」にかかわる代表選手「脾」が弱っている時

◻︎舌の苔が生えているところ、生えていないところがある

地図苔
◻︎舌に苔が多い

◻︎唇が切れるなどトラブルがある

など

カラダから「湿気」、「水」を追い出そう!
タイプ別お助け食材


カラダに「湿気」や「水」がたまっているのであれば、「外に出せばよい」ということ。
しかし、人によって、どうして「湿気」や「水分」がたまってしまうのか、原因はそれぞれです。

「湿気」が多い梅雨に弱い方だけでなく、季節に関係なくむくみがある方など、
ご自身の体調をよく観察して、当てはまる項目を見つけてください。
それぞれ、「不調」改善を助ける食材をあげてありますので、ひとつ、または、いくつか組み合わせて、ご自分に合った排出方法を見つけましょう。

汗をかかない人

発汗を促す食材: 生姜、ねぎ、しそ、パクチー、茗荷 など
*じんわり汗をかくような運動も忘れずに。

このタイプにオススメ

>無農薬のパクチー茶


冷えがあり、水の流れが悪い人

香りで湿気を取り除く食材:さくらんぼ、うど、カルダモン など
苦味で湿気を取り除く食材:うど、みかんの皮、だいだい、陳皮 など
*冷たい物や生ものはお休みし、体を温めましょう。

体の中が熱っぽく蒸している感じがする人

熱を取りながら、湿気を取り除く食材:
セロリ、せり、きゅうり、緑豆、豆腐、金針菜、しじみ、はまぐり、緑茶 など
*体の中に熱を持たせる可能性のある油脂の多い物、味の濃い物は避けましょう。

このタイプにオススメ

>有機緑茶


消化器系「脾」の働きが弱っている人

「脾」に元気をつける食材:
米、とうもろこし、長芋、じゃがいも、かぼちゃ、いんげん、きゃべつ、豆類、なつめ、干しシイタケ、たら、いわし、かつお、いしもち、すずき、さば など

*上記の食材は、次の「気を流す助けになる食材」と一緒に摂ると良いでしょう。
そば、らっきょ、玉ねぎ、刀豆、えんどう豆、みかん、ジャスミン茶 など

このタイプにオススメ

>無農薬玄米がゆ


尿量が少ない人

尿を出しやすくする食材:
はと麦、冬瓜、金針菜、とうもろこしのひげ、小豆、黒豆、大豆、そら豆、鯉、ふな、はも、しらうお など

このタイプにオススメ

>無農薬味噌


便秘がちな人

便を出しやすくする食材:
豆乳、豆腐、セリ、白菜、人参、バナナ、いちじく、
皮付きリンゴ、くるみ、ピーナッツ、松の実、ヒマワリの種、ごま、はちみつ、
きくらげ、玄米、長芋、きゃべつ、小松菜、キノコ類、玉ねぎ、海藻類、小豆、
梅干、梅肉エキス、発酵食品(納豆、糠漬け、麹など) など

このタイプにオススメ>

生蜂蜜天然わかめ


それぞれの方に合った食材を選び、重くてだるい季節を乗り切りましょう。

さわやか

しんどい気持ちになる梅雨シーズンにオススメのオーガニックアイテム

market_slider0509B (2) オススメのオーガニックアイテムはこちら今すぐここをクリック!


オススメの記事

梅雨の時期は「湿邪」にご注意を!梅雨を乗り切るための薬膳から見たおすすめ食材と対策。体調不良に陥らない正しい水分補給方法・食材選びのコツ

国際薬膳師が教える東洋医学からみた梅雨の時期にダメージを受けやすい『脾』の働きと、脾を補うため意識したい腸内環境を整える具体的な方法。2018年6月11日

梅雨の不調とむくみの原因とは?体に溜まった湿気を出してスッキリむくみを解消する方法。



IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

霜崎 ひろみ
突然の子宮がん宣告をきっかけに、『毎日の食事で体が作られていたこと』、『ストレスがどんなに体に響いていたかということ』を実感する。『体のこと』、『心のこと』を、マクロビオティックや各種自然療法で学ぶ中、望診法に出合い学びを深める。更に、漢方、薬膳も学び、マクロビオティック上級望診法指導士、国際薬膳師、国際薬膳調理師、漢方上級スタイリスト、養生漢方アドバイザー等の資格を持つ。現在、マクロビオティック望診法指導士養成塾の山村塾http://goash.jp/にて望診法講座講師、東洋医学や薬膳講座の講師、出張講座、食事相談、雑誌やWebの望診記事の監修などを行っている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. cans-791414_960_720 果糖=ヘルシーは間違い。果糖は「実は危険性の高い糖」だった!これ…
  2. 222e 免疫力を高め「病気を未然に予防する」ために。日本のスーパーフード…
  3. 30FAF1EC-C199-44E2-8BB1-28D1C3DDF3E6 意外と知らない天然の痩せ薬?!日本の伝統発酵調味料「お酢」が使え…
  4. Sweating_at_Wilson_Trail_Stage_One_1 東洋医学からみた「夏」の食養生・過ごし方。汗にまつわるトラブルと…
  5. IMG_4940 連載02 オーガニック・ライターだからこそ分かる、オーガニック最…
  6. 中島さんお子さん 「伝える」から「伝わる」へ!INYOUオーガニックエキスパート認…
  7. IMG_5315 5つのコツで誰でも美味しく作れる!ノンシュガー、ヴィーガン、グル…
  8. vegetables-750263_640 食べ物・農法だけがオーガニックじゃない。わたし達の手でオーガニッ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 遠藤
    • 2018年 6月 19日

    霜崎さんわかりやすくい記事でありがとうございます。
    気になることがあるのですが、なぜ望診や薬膳や漢方の指導をおこなっているのに東洋医学を基礎とする鍼灸の資格をお持ちでないのですか?必要がないからですか?
    少し疑問に思いました。

    • 霜崎 ひろみ
      • 霜崎 ひろみ
      • 2018年 6月 20日

      遠藤様
      コメントありがとうございます。また、いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
      鍼灸の資格の件ですが、私は自分が病気になったことで、「食」と「気持ち」の大切さを痛感しました。「食」を学ぶとともに、気持ちの「気」や「体」につながる、「気功」を学び、一時期、施術も行っていました。学んだことを実践したり、試したり、考えたり、体で感じてみる、ということをやっていると、あっという間に時間が過ぎていきます。チャンスがあれば、鍼灸も学びたいですが、一歩ずつ、と思っています。東洋医学は学べば学ぶほど、面白くなっていきます。東洋医学の知恵や面白さをこれからもお伝えできればと思っています。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。   霜崎

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • IN YOU 編集部
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • 越野美樹
  • 佐野亜衣子
  • 松永加奈恵
  • 工藤 万季
  • 品川まどか
  • izumi
  • hiroro
  • うちゅう
  • riko tanaka
  • 河口あすか
  • lelien
  • ZuYu
  • yuriesasaki
  • 福原真一郎
  • 前之園知子
  • amikuwamura
  • 煙山 昭子
  • 松橋佳奈子
  • yokosato
  • 池田 歩
  • 霜崎 ひろみ
  • Kawasaki Mariko
  • 中村 りえ
  • hata ikue
  • Akitsu Kitahara
  • 桺町 瑠璃
  • haruna
  • ayukotaniguchi
  • 永樂茶百合
  • 井村 政子
  • 柳千妃路
  • 滝野 清
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • みずしま さちの
  • mamiko
  • 加藤 晴之
  • 古村優里
  • MARIE
  • 柳原 里実
  • YoshiAraki
  • 清岡 美音
  • ゆみえこば
  • Kayo
  • AYANO
  • 加藤 貴大
  • 小西 尚子
  • UharaRisa
  • 山﨑 拓
  • 室谷 真由美
  • 森智世
  • 山口 りりこ
  • 薬膳 ともこ
  • 坂の上零
  • Ayako Endo
  • 豊池 晃
  • 大矢 純子
  • 深井ゆきえ
  • arikawatoshiko
  • 袴田 はるか
  • joko
  • AKIKO MIYAKAWA
  • 鈴木 こなみ
  • yumi
  • 小泉 沙耶
  • 栞
  • jyuan
  • keiko nakagawara
  • みふすや
  • Mao
  • 神戸 貴子
  • InayoshiKyoko
  • 坂田 まこと
  • 佐藤いづみ
  • LEONA
  • kana akiyama
  • akemi
  • 野上 きよ
  • kanekoyuka
  • ami iwasaki
  • 関塚 祥子
  • 佐々木 里奈
  • 由香
  • ネヤトネヤ
  • 石井ゆかり
  • 桜桃
  • 阿南 まどか
  • 三浦 郁惠
  • Nanas
  • nana
  • yoko
  • 平野浩靖
  • 水鳥川崇春
  • 高根 佳子
  • 高波 紗希
  • Ninomiya Koji
  • Nomura Yoshimi
  • 山片彩乃
  • ELINA HARMONY
  • suzuki ayuko
  • 岡田ゆみ
  • oyue
  • 藤本まりん
  • 池田 純一
  • NORIKO
  • ayumifukuda
  • 齊藤幸恵
  •  肖瑶
  • Jurio Miki
  • 細川 夏実
  • 日向葵
  • 原田 美穂
  • 瀧島 有
  • yoshimike

カテゴリー