くらし

初夏5月からシミの原因になる紫外線が降り注ぐ。活性酸素を抑える紫外線対策食品リスト作成しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tomatoes-1587130_960_720

春になり、温かくなり始めると日差しが気持ちよく感じる一方で、紫外線が気になり始めますよね。

紫外線の強い季節というのは
夏のとても暑い時期に紫外線は多いと思われがちですが、
初夏の5月から7月に1番多く降り注いでいます。


暑くなってきて夏が来たと思って紫外線対策を行っても遅いのです。

なので、今のうちから紫外線対策しておきましょう。

シミやしわだけじゃない!
やっぱり侮れない紫外線の影響力


日光
紫外線といえばシミやしわ、たるみやくすみなど、肌の老化、、、
でも、紫外線の影響はそれだけではありません。

皮膚がんはもちろんのこと、目の老化を促進し、白内障などの原因となり、
免疫力を低下させ、様々な病気にかかりやすくなるといった影響もあるのです。


年々進むオゾン層破壊により、増加する紫外線。

その影響力は、身近過ぎて忘れがちですが、意外と大きいものです。

そんな紫外線の対策と言えば、
日焼け止め、サングラスにアームカバー、帽子に日傘と様々な紫外線対策のグッズ。


個人的には、紫外線が気になる一方で
強い日焼け止めは極力つけたくないし、
帽子やアームカバーなどの紫外線グッズを身に着けると、
せっかくおしゃれをしても台無しになってしまう気がするし、本音を言うとなにもしたくない気分です。笑

同じように感じている方は私だけではないのではないでしょうか?


sunglasses-17432_960_720
もちろん、日焼け止めは今や必需品ですし、
サングラスや日傘、帽子、手袋などで紫外線対策をすることはとても大切なことです。

でもできることなら、紫外線対策グッズでガチガチにカバーするのではなく
より自然な形で、ストレスフリーに紫外線対策をしていきたいですよね。

今回はそんな読者様向けに、スキンケアや日焼け対策グッズではなく

「食事でできる紫外線対策」についてお伝えしていきます。

私と同じように、紫外線対策をするのが煩わしいと思っている方はもちろん。
しっかりと対策されている方にとっても、内側からのケアは大切なもの。

この機会に是非生活に取り入れてみて下さいね。

まずは紫外線が身体に及ぼす影響についておさらい

日焼け
そもそも紫外線とは、太陽光線の成分の一つで、目に見えることのできない「不可視光線」です。

不可視光線に対し「可視光線」は

赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の七色の「虹色」で構成されていて

最も波長の短い紫色の可視光線の外側の光線が、
「紫の外の光線」というわけで紫外線と呼ばれています。


UV-AとUV-B

オゾン層
紫外線は、UV-A、UV-B、UV-Cの三種類ありますが、
このうち

地上に到着できるのはUV-A、UV-Bの二種類

です。

◎UV-Aとは

波長が長く、天候に左右されず年間を通して地表へ到達するのが特徴です。
「生活紫外線」とも呼ばれていて、天候や季節を問わず、まさに日常生活で日頃から気を付ける必要があります。UV-Bほどの強いエネルギーはないとされていますが、活性酸素を発生させるエネルギーはUV-Aの方が強いとされています。
長い時間をかけて肌の真皮まで浸透し、コラーゲンを破壊するため、シミ、しわ、たるみといった肌の老化の原因となります。

◎UV-Bとは

UV-Aの「生活紫外線」に対し「レジャー紫外線」と呼ばれています。
非常に強い影響力で、その有害性は最大でなんとUV-Aの1000倍と言われています。
UV-Aが肌の真皮まで到達するのに対し、UV-Bは肌の表面に強く影響を与えます。
サイバーンと言われる赤い炎症を伴う日焼けや、シミやしわなどの肌の老化への影響はもちろん
皮膚がんや白内障、免疫力低下などの健康被害にも関係しています。
 

晴れの日や、真夏の暑い時期に紫外線を気を付ける方は多くても、
曇りや雨だったり、冬になり寒い日が続くと紫外線の影響を忘れがちな方も多いのではないでしょうか。

でも、UV-Aは天気や季節にその影響力が左右されないという特徴があることから、
年間を通して日ごろから紫外線対策をしていく必要があると言えますね。

紫外線を浴びることによって、発生する活性酸素。
病気の90%は、この活性酸素が原因であると言われています。

子ども あちゃー
60兆個もの細胞でできた私たちの身体。
活性酸素はその細胞を攻撃し、酸化させてしまいます。

細胞が酸化することで、

老化や癌、動脈硬化などの様々な生活習慣病が引き起こされるのです。

活性酸素は紫外線以外にも以下のものからも作られます。

・ストレス
・喫煙、飲酒
・科学的な食品添加物 農薬
・大気汚染
・激しい運動

紫外線や大気汚染などによっても発生する活性酸素。

食事に日ごろから気を付けていたとしても、活性酸素の影響を全く受けないことは難しいと言えます。

できる対策としては、まずは活性酸素の発生を最小限に抑えるために

・タバコを吸わず、副流煙も避けること
・お酒を飲みすぎないこと
・出来る限りオーガニックな食品を選択し、ケミカルな食品添加物、残留農薬を身体に取り込まないようにすること


それと同時に、

活性酸素を抑えるために、抗酸化作用のある食品を積極的に取り入れる

ということも重要となってきます。

活性酸素を抑えるために
積極的に取り入れるべき食品リスト

tomato

◎リコピン

トマト すいか

◎βカロテン

ニンジン かぼち+ゃ ほうれん草 大根の葉 アシタバ モロヘイヤ 小松菜

◎イソフラボン

大豆 黒豆 小豆 きな粉 豆腐 豆乳 味噌 納豆 おから 

◎アントシアニン

ブルーベリー ビルベリー アサイー クランベリー ラズベリー プルーン いちご 黒豆 黒米 黒ごま なす ぶどう レーズン 紫いも 赤しそ 

◎カカオポリフェノール

カカオ70%以上のチョコ(白砂糖や人工甘味料が不使用のもの) ココア

◎カテキン

緑茶 抹茶 煎茶 ほうじ茶 番茶 

◎ルチン

そば いちじく トマト

◎ビタミンC

アセロラ 赤ピーマン 黄ピーマン ケール ブロッコリー 焼きのり ニガウリ キウイ レモン 柿の葉茶
*ただし、キウイやレモンその他の柑橘系のフルーツは紫外線を吸収しやすくする成分「ソラレン」が含まれるため、朝の摂取は控えて夜食べるようにしましょう。
ソラレンはキュウリやセロリ、パセリにも含まれています。

◎ビタミンE

アボカド アーモンド かぼちゃ 抹茶 菜種油 米ぬか油 

◎オメガ3系脂肪酸

エゴマ油 亜麻仁油 いわし さば くるみ

これらを踏まえて、紫外線の影響が強くなる今からの時期に、より意識して取り入れたいレシピ


プレゼントにもぴったり【白砂糖・小麦粉・卵・チョコレート不使用】失敗しらずの濃厚生チョコタルトの作り方
almonds-1768792_960_720 ◎食べる日焼け止め「すいか」を使った美味しいドリンクレシピ
◎絶品味噌トマトソースの作り方
◎低糖質なアボカドチョコガナッシュの作り方
◎甘みはみりんで!そば粉とバナナで作るバナナブレッドの作り方

お勧めの日焼け止め対策食品をピックアップ!

soy-1888556_640
この季節、朝から焼き魚にご飯に・・・とあまり食欲が出ない方も多いのでは?
そんな時におすすめなのがイソフラボンがたっぷり含まれる大豆ヨーグルト。
IN YOUでも大変話題の丸ごと大豆ヨーグルトは朝食にもおすすめですよ。

その他のポイント

また、料理をする習慣がないという方も、

◎おやつとして、カカオが70%以上のハイカカオチョコや、アーモンドや胡桃、ミニトマトを食べる

◎エゴマ油や亜麻仁油を取り入れる(おすすめは納豆に混ぜる方法!油の香りが苦手な方にもおすすめですよ!)

◎水分補給として、緑茶 抹茶 煎茶 ほうじ茶 番茶 柿の葉茶を取り入れる。

◎夜、キウイやオレンジなどのフルーツを食べてビタミンCを補給する


などの方法で、対策していくことができます。

まとめ 
紫外線の影響を最小限に抑えるために

fitness-332278_640
活性酸素を発生させる一因となる紫外線。
日焼け止めやサングラス、アームカバーなどでカバーすること以外の食事での対策として

「抗酸化作用のあるフィトケミカルやビタミン類の豊富な食品をとること」

また、紫外線以外で活性酸素が発生する原因を出来る限り少なくしていくこと

「タバコを吸わず、副流煙も避けること」
「お酒を飲みすぎないこと」
「出来る限りオーガニックな食品を選択し、ケミカルな食品添加物、残留農薬を身体に取り込まないようにすること」


マイナスの習慣を減らして、プラスの習慣を増やす。
とてもシンプルなことですが、一番大切なことのように思います。


皆様のより健康でより楽しい毎日のお役にたちますように。

IN YOUMarketおすすめ!
本物のオーガニックサンクリーム

0210021652_589ca40433327



オーガニック原材料で作られたこだわりのサンクリーム使ってみませんか?
アロエベラエキス、トウキンセンカエキス、サクラ葉エキスが日焼け肌のダメージをケアしながらお肌を守ります。
そして一番の特長は、国産ダマスクローズに5種類のフルーツエキスの優しい香りと、ベタつかず、さらっとしたテクスチャ。
日焼け止めやUVクリーム特有の嫌な匂いもありません。

ボディはもちろんお顔にも化粧下地のかわりとしてもお使いいただけますよ。

おすすめの記事

サングラス、かけてますか?目から吸収した紫外線で肌まで日焼けする驚愕の事実。
子供に靴下は必要?病の元になる活性酸素を除去するアーシング・裸足健康法のやり方・メリットとは
アンチエイジングの女王「ゴールデンベリー」の正体・・実は「食用ほおずき」だった!ほおずきの知られざる効果効能とは


IN YOU一押しコンテンツ
究極のアンチエイジング。自然治癒力を高め老化抑制する方法。
本当に安全なオリーブオイルの選び方
ここまでこだわったのは初めて!体をととのえるオーガニックな酵素

オーガニックなオンラインストア IN YOU Market OPEN!

詳しくはこちら

ショップ

  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう


いいね!して、
IN YOUの最新記事を受け取ろう。

松永加奈恵
薬膳料理やマクロビオティック、糖質制限食などを扱うカフェでチーフとして三年間勤務。病院が開催する食育講座で講師も務める。野菜ソムリエ資格所持
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. sddf 「おばあちゃん、ありがとう・・」。人生を変える料理教室で起きた、…
  2. FotorCreated 便秘を放置しないで!女性死亡率第1位の大腸がんを引き起こす「悪玉…
  3. img_1689 材料4つ。砂糖不使用。もっちもちぷるるん!柿の栄養をまるごといた…
  4. strawberries-1955280_960_720 アトピー性皮膚炎の症状が、季節の変化によって症状変化するのは何故…
  5. baby-baby-with-mom-mother-kiss-tenderness-67663 健康は自分で作る。これからの社会に必要なホリスティック医療。日本…
  6. clay-pot-622750_960_720 その健康法、体に合っていますか?東洋医学「薬膳」から体質診断して…
  7. OLYMPUS DIGITAL CAMERA 時代の先を行く高級スーパー成城石井は何が違うのか。オーガニック志…
  8. jisin 大地震、その時。あなたとあなたの大切な人を守るための具体的対策

新着記事

デイリーランキング

IN YOU公式レギュラーライター 一覧

  • 松浦愛
  • 小林 くみん
  • くみんちゅ
  • IN YOU 編集部
  • 越野美樹
  • 品川まどか
  • ami tominaga
  • 松永加奈恵
  • tomomi
  • izumi
  • 佐野亜衣子
  • 河口あすか
  • 前之園知子
  • はりまや佳子/Yoshiko Harimaya
  • 松橋佳奈子
  • 室谷 真由美
  • 赤嶺 福海
  • 上村 歩
  • kei
  • kazukiimanishi
  • maejima kanako
  •  とっくん
  • jyunko
  • mimi saito
  • 池田 歩
  • watanabe  
  • 柿谷圭之助
  • yuriesasaki
  • Mint
  • emi tanaka
  • 飯塚 愛
  • Mai nakanishi
  • Mao
  • ookawahara
  • mariko ito
  • 加藤 晴之
  • ひかりあめゆうすけ
  • 齋藤 香帆
  • Nakamura Akitsu
  • 橋本佳子
  • fujisakishun

カテゴリー

PAGE TOP