メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

がん患者と共に断食合宿へ行った結果、2年後生還者はゼロだった衝撃の経験。その理由を、今からお話しします。

滝野 清
ハーモニックニュートリション代表講師。 日本大学農獣医学部農芸化学科卒業、業務用加工食品メーカーに就職後、食品添加物や食品の裏側を実態を目の当たりにする。 その後独立し酵素栄養学をベースとした、ハーモニックニュートリションセミナーを設立。 NPO法人日本酵素栄養学協会認定講師、米国NTI認定栄養コンサルタントなど。

こんにちは。滝野清です。
私は「美と健康」の世界に入って15年になります。

得意なのは最近の言葉でいうと「インナービューティ」 。
そう、「中から綺麗になりましょう」という食のプロです。

いろんな食事法や健康食品を試しましたが、酵素栄養学とオーガニックを合わせることが最も効果的であることを自分で体感し、確信しました。
そして将来の地球環境を考えるとこれを今、広げていかないと次の世代がとんでもないことになることも完全に見えました。

そこで、人生最後の使命感に燃えて、「ハーモニックニュートリションセミナー」を完成させました。



健康の要素は3つあります。

健康の3要素
食と体と心、この3つのバランスがしっかり取れないと本当の健康にたどり着きません。

「食」は文字通り食事、そう、口から体に入れるものです。

food-photography-2834549_1280
良い栄養素と水と空気を取り入れること。

「体」は外からの刺激です。

yoga-2959233_1280
運動(散歩、ヨガ、ジム、散歩、各スポーツなど)や
美容(エステ、保護的な化粧、ヘッドスパ、ヘアーカットなど)や
治療院(整体、整骨、鍼灸、マッサージなど)です。


姿勢を整え、適正な場所に骨、内蔵を持っていくこと。
姿勢が悪いと、病気になったり、老化が早まったりしますよね。

運動して、適正な体重を維持することもとても重要です。

そして、「心」

people-1492052_1280
これはストレスと言っても良いでしょう。
ストレスはだれでもありますが、これが重くなると病気になります。
うつ病やADHD、統合失調症など、日本人はすぐに病名を作りたがりますが、そんなに重くなくても、私たちは日頃、ストレスに囲まれている、いつも抱えていると言っても良いでしょう。

逆にストレスが無ければ成長出来ないということでもあります。
問題はどうストレスを乗り切るかです。

私達はこの3つの要素をいつもベストに保とうと脳をはじめ、
体全体が頑張っているのですが、これがなかなか整わないので、体調不良になるわけです。

私は食のプロですので、最近では体のプロの人からコラボでやりましょう!と声がかかります。
体(運動)と食を合わせると、これはかなりのスピードで体に変化を起こします。

特にダイエット系には抜群に効果が出ます。

ここでよく話が出るのが、心の問題です。

そう、ストレスは体にものすごい影響を与えるので、食を乱れさせ、体の動きも止まります。
せっかく教えても、ストレスの負荷で元のもくあみ、積み上げて来たものが一瞬で元通りになってしまう事もしばしばあります。

そこで、私の体験談をみなさんにお伝えします。

ある日ドクターから、今度患者さん数名とファスティング合宿に一緒に行ってくれないか?との打診が


7年ほど前の話です。
当時、代替医療のドクターのもとで「酵素栄養学」を学んでいる時でした。

ドクターから

「今度患者さん数名とファスティング合宿に一緒に行ってくれないか?」
「あなたも体験出来るし、勉強になるよ、一週間長野でやります、ただ私が行けないのでサポートをしてもらいたい。」


これは勉強になると思い、参加を即答しました。
当日を向かえ、参加者は6名(30代1名、40代2名、50代2名、60代1名)全員女性で、がんの患者さんでした。

1人はかなり重傷、後の5人は乳がんなどの手術はしていますが、見た目にはわからず、皆元気でピンピンしています。
顔色も良い感じでした。

がん罹患経験のある患者さんたちと、7日間ファスティング合宿開始。しかし、結果は・・・?

road-815297_1280

朝は6時起床、昼は散歩と入浴、食事は朝夜の2回、大根などの野菜のおろし150gと梅干しのみです。

夜は私が酵素栄養学の基礎講座を行いました。
夜11時就寝。

ドクターからは毎日電話で食事や患者さんのフォローを指導されます。
これを一週間行いました。

立ち上がりの2日間くらいは好転反応でとてもつらいのですが、3日目くらいからは快適になってきます。
4日目すぎるともうこのまま何も食べない方が良いかも!と思えてきました。本格的なファスティングの気持ち良さを体験出来ました。

一週間も一緒にいると、皆とても仲良くなります。

最終日には旅館の近くのスナックにカラオケに行って元気に歌いまくりました。
当然お茶だけですが。

あっという間に一週間がすぎ、お別れとなりました。

「もう大丈夫だよ!これからもドクターの言うことをしっかり聞いて実行すれば必ず治るよ!頑張ってね!」

私は治ると確信していました。

しかし、この後2年の間に全員が亡くなりました。


doctors-2607295_960_720

30代、40代の若い年代さえもが、がんが転移してしまいました。


これはショックでした。

なぜ? しっかりドクターのいう通り食事も変えていたのに! 


hospital-1802680_960_720

中には、治る方もいるんです。



黄疸が出て、車椅子に乗ってきた末期のがん患者さんが、ドクターの治療で完全に治っている姿を見ています。

70歳近い方で一緒にゴルフもしました。

また、もう絶対に治らないと他の病院で言われ、車椅子に乗って来院した、多発性硬化症の女性も今や車を運転しています。完治しました。

こんな末期のがんや他の医者に見放された患者さんが完治したのに、
あんなに若い、しかも普通にピンピンしている人が同じ治療で治らないことに私は納得出来ませんでした。


care-3031259_960_720

亡くなってしまった方と生還された方の大きな違いとは?

hand-2634753_960_720
そこでドクターに勇気を持ってきいてみました。

「先生、合宿に行った6人が全員亡くなったと聞きましたが、ご存知ですよね。」
「がんの末期から助かった人もいるのに、簡単に亡くなる人もいる、いったいどうなっているんですか?」


「先生の治療はどうなっているんですか?」


ドクターは静かに答えました。

「大変申し訳なかった、言ってなかったが、彼女たちが治らないのはわかっていたんだ!」

「え、わかっていたってどういうことですか?」

「彼女らは、自分で治そうとしていないんだ、私(医者)に治してもらおう、薬が、サプリメントが治してくれる、そう思ってる。」

「まして、がんになった事自体、人のせいにしている、自分は悪くない、あの人が私をいじめるから、責めるから、いや遺伝だ、体質だ、だからしょうがないんだ、なんて思っている。」

「これは1時間もカンセリングしていればわかる、でもこの意識はなかなか変えられない、そこをつっこむと逃げるからね。」

「だからもう無理だと思い、最後に楽しんでもらおうと思い合宿を企画したんだ。」


さらに、

「治る人は、その場で腹をくくる、<そうか!自分でがんを作ったんだから自分でしか治せない、よし!絶対に自分で治してやる!先生、何をやれば効果的ですか?>こんなふうにね。」

「ただ、残念ながらこういう人は少ないんだ、だから私は気づかせようとカウンセリンクに時間をかけるんだ。」


こうおっしゃりました。

「んー!!なるほど!よく解りました!」

「それは人に依存している人と自立している人の違いですね!」


そうだ、自立させることが一番重要なんだ….!

私は目の前がパッと明るくなりました!

「依存している自分から自立出来る自分に気づいてもらうこと」


これをこれからのテーマにしよう!

そう決めました。



依存だらけの人間関係・依存だらけの資本主義社会で、あなたが唯一できること

それは自分で全ての原因を作っているということを自覚すること。

breakfast-1149903_960_720
思えば、テレビで販売している商品でも、これさえ飲めば体質が変わりますよ!
なんて今の時代、これであなたは変わります、これさえあれば大丈夫的な世界で成り立っています。

人に依存させて金が回るのが資本主義なんでしょう。

会社の組織も依存だらけですよね。
私も体験していますが、「私は悪くない、あの上司があの部下がこうだから、どうしょうもないんだ。」
だからどうのこうの、帰りの飲み屋でグチを言い合う習慣。

主婦どうしの会話も「旦那がこうだから、子供がこうだから」
悪口のうらには「私は悪くない、あの人が私をこうしたんだ」などの依存的な会話。

ましてや、加工食品などは、また食べたくなるような食品添加物さえ使って依存させている。
依存を作ることで社会が成り立っているのかもしれません。

では、本当の自立を手に入れるのにはどうしたら良いのでしょうか?

woman-2608204_640

基本の原因は全て自分が作っているということです。100%です。


これを自覚することです。


病気は自分で作った、だから自分で治す。

薬は対処療法で、症状を緩和するだけ、治してはくれない。
そう思って使う。

自分の体重が増えたのは100%自分が作った、だから絶対に自分でやせる。

人間関係が悪くなったのはまず、自分が作っていないか、冷静に考えてみる。

そして気づいたことをやると決める。


こんな風にまずは決めることです。

自分でやると決める、それだけです。

これが大きな進歩になるのです。

決めると方法が付いてきます。
その気持に引き寄せられるだけ。

それだけです。

私はこの「依存」に気づき、自分の商品の販売スタイルを変えました。
どこどこに良いよ!というアプローチばかりだと、人間に対してまた、依存を作ってしまいます。




「依存」を作った方が売れるかもしれない、でもそれだと自立を広げていけない。
だからこちらから販売するのをやめました。

slider02

売るのでなく、伝えていこう!

自分で変われることを伝えていけばいいのだ。

自分で原因に気づき、自分で変えると決めることが出来ればこんな幸せはない。

そんなセミナーを作って体験してもらおう

「食からの切り口なら作れそうだ、やってみよう!」


と決めたのが5年前です。
そして今までに約500回のセミナーをやり続け、リニューアルを続け、完成したのがハーモニックニュートリションセミナーです。

私は、出来るだけ多くの方に食を通じて、美しく、健康になって、幸せになっていただきたい!
それを自分自身で変えられたと自立の体験をしていただきたい。

そんな思いからの特別な、日本唯一のプログラムになっています。
ぜひ会場でお会いできることを楽しみにしています。


この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

滝野 清
ハーモニックニュートリション代表講師。 日本大学農獣医学部農芸化学科卒業、業務用加工食品メーカーに就職後、食品添加物や食品の裏側を実態を目の当たりにする。 その後独立し酵素栄養学をベースとした、ハーモニックニュートリションセミナーを設立。 NPO法人日本酵素栄養学協会認定講師、米国NTI認定栄養コンサルタントなど。
あなたにお勧めの記事
関連記事

LINE@

IN YOUメルマガ

LLE82

minery

 class=
ページ上部へ