メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

元旦、目覚めた瞬間浮かんできた言葉、それは「前提が変われば優先順位が変わる」ということ。

profile
松浦 愛
facebook 株式会社インユー代表取締役CEO/編集長 オーガニックブランドMineryプロデューサー 「すべての人にオーガニックな暮らしを」をコンセプトとして掲げ、オーガニックの普及と拡大を目指し、日夜活動中。 最近の趣味はアート、食べ歩き、乗馬など。 運営サービスはIN YOUや編集長自らが選りすぐったお気に入り商品を扱う、オーガニックオンラインマーケットIN YOU Marketなど。

あけましておめでとうございます。
元旦はどうお過ごしですか?

私は、いつもよりたっぷりと睡眠をとったり、少し仕事から離れることで思いつくアイデア、インスピレーションなどを大事に自分と向き合う時間を作っています。
頭がぼーっとする時にこそおすすめなのが、Mineryの飲むミネラルパウダーです。

家族にもMineryの飲むミネラルを飲んでもらって、私自身もゴクゴクと飲んでおり、体調も万全です。
普段から大きくペースを乱さないようにしています。

特に、私の場合は「完全OFFになる」と、頭がぼーっとしてしまうので、あえて完全にOFFにならないように、色々と新年から着手する計画について少しずつ考えたり、こうしてブログを書いたりして過ごしているのです。

寝てるだけの寝正月にならないようにね。


皆さんはどんな初夢を見ましたか?


元旦、目覚めた瞬間浮かんできた言葉、それは「前提が変われば優先順位が変わる」ということ。


私は、初夢は多分見ませんでした。

その代わりに、元旦に目覚めた時半分頭が朦朧としていたのですが気になるワードが突然浮かんできたので、何か重要な意味があるのではないかと思い、メモとして残しておこうと思います。

その言葉が「前提が変われば優先順位が変わる」ということ。

元旦早々なぜおきた瞬間こんなワードがフッと降りてくるのか本当に摩訶不思議ですね・・

洗面所でどういう意味だろう?と・・・

自分自身に問いかけて見て、いくつか「こういうことではないか」と感じたこといがあるので備忘録として記しておきます。


前提を常に疑うこと。


前提を疑う癖をつけるのが成功の秘訣だなんて言われていますね。

前提を疑う癖を作ることで、思いもよらなかったアイデアが浮かんできたり、誰も飛びつかないような突飛な商品が飛ぶように売れたりするそうです。

ものは考えようで、大衆が気がつかないことにこそヒントがあるのですね。

目の付け所が周りと違うことは、実は大事な要素です。

何故なら多くの場合「無理な理由」を勝手に作ったり、概念通りに動いて、最初から諦める人がほとんどなのですから。

この商品を作っても、高いから売れないだろうとか。

でも付加価値をつければどうですか?

希少価値が高ければ高くても売れるのでは?・・・

実は前提そのもの自体にとてもツッコミどころが満載だったりもするのですね。

ほとんどの場合、私たちは常に自分の中の前提という名の常識に、縛られて生きています。


例えば

・育ちが悪いし学歴が低いからいい会社にいけない
・お金がないから●●できない
・親が厳しいから結婚して専業主婦になるしかない
・自分には魅力がないから、あの人には振り向いでもらえないだろう
・自立して生きていけないと思いこんでいるからパートナーに依存しないといけない
・スキルに自信がないから、やりたいと思っていることも自由にできない


しかし・・・
本当でしょうか?

「できない」と決めつけているのは全て自分です。

そもそも、

●● だからXXX できない の●●という条件が本当に正しいのか?
ということを考えてみる必要があるのではないか。

例えば

お金がないからが、自分の前提になっているのだとしたら?
スキルがないからが、自分の前提になっているのだとしたら?
では今、お金とスキルがある状況になったらどうしますか?何をしたいですか?

●● だからのところが解決したら本当はしたいことってなんなのでしょうか?

●●だからのところが解決するための方法ってしっかり考えれば、いくらでもあるはずなのです。
ただ、やろうとしていないだけで。

「無理」だと決めつけてスタートすることは、私たちの潜在意識が、顕在化することで、ほぼ、その通りになってしまう。
自分に自信がない人に知ってほしい自分のブロックの外し方。想いを現実化するための8つのステップ。

だから、まず「前提を疑う」。

自立して生きていけないから、もそうですよね。
健康体で、動くことができるのなら、大体の人は一人で生きていけます。

要らぬ前提条件を作って勝手に諦めていませんか?

本当に大事なことってなんですか?前提が変わると優先順位も変わる


本当に自分にとって大事にしたいことってなんだろう。

例えば一番大事なことがある人にとっては、「名誉と地位」だとしましょう。

では、名誉が一番重要な理由ってなんでしょうか?


・認められたいという欲求を満たしたいから
・人にちやほやされたいから


これが根底の理由だったとして・・(ありえないと思うけれど)では、この世に誰一人いなくなったとしたらどうでしょうか?

それでも名誉を手に入れたいですか?

そもそも名誉ってなんでしょう?

あるいは名誉をすでに手に入れている前提なのだとしたらあなたは一番何を重視しますか。

その前提に「健康が失われていた」という前提が加わったとして、それでもあなたは名誉が大事ですか?

健康を最大に重視するのではないでしょうか?

うーん。
・・・・・・・・考えれば考えるほどに、ドツボにはまりますね。笑。

今まで思っていた「自分にとっての前提」って、なんだったのだろうと。



このように、ほとんどの人は自分が正しいと思い込んでいるからこそ、自分の前提を自分に押し付けます。

そして「むり」だと言い聞かせます。

果ては、他人にも押し付けようとします。


しかし、余程悟りでも開いていない限り、その前提というものは、ほとんど意味がないものであります。

ほとんどが思い込みであり、今考えている(思い込んでいる)優先順位すらも、曖昧な概念になってきてしまいます。

もちろん、ロジカルな考え方をする上で臨機応変に優先順位をつけてこなすことはビジネスシーンではとても重要なこと。

私もやっています。

しかしそういうビジネスの現場などで効率化効率化!と言われて久しいこの世の中で生きる今、

今年1年を過ごす上で、そして新しい1年という人生を歩む上で、新年に改めて立ち止まって自分にとっての「前提を疑う」ということが
公私ともに案外大事なことではなかろうかと思いこちらに綴りました。

今思い込んでいる「優先順位」すらも、果たして正しいものなのかどうか、
考え直す機会というのを私たち人間は、たまに持つことが大事なのではないかと思うのです。

関連記事としてこういうものも公開しています。
人生は、思い込みが9割だったということが発覚してから起きたこと。

それではみなさまいい1年をお送りください。

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

松浦ブログへ

松浦 愛
facebook 株式会社インユー代表取締役CEO/編集長 オーガニックブランドMineryプロデューサー 「すべての人にオーガニックな暮らしを」をコンセプトとして掲げ、オーガニックの普及と拡大を目指し、日夜活動中。 最近の趣味はアート、食べ歩き、乗馬など。 運営サービスはIN YOUや編集長自らが選りすぐったお気に入り商品を扱う、オーガニックオンラインマーケットIN YOU Marketなど。
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ