メニュー

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り

  • LINE

メニュー

Organic Life to all the people.

  • LINE
  • facebook
  • Instagram
  • twitter
  • お気に入り
  • LINE

野菜についた農薬を安全にしっかり落としたい! ハイクオリティな野菜洗浄剤を選ぶための5つのポイント徹底解説

うちゅう
地方在住の5児の母です。「肉好き・甘い物好きでも、誰もが大満足できる身体と地球に優しい料理」を考えて発信していくのがライフワークです。2009年頃に野菜中心の食生活になりましたが、きっかけは「崖っぷちの節約」でした。次第に料理に目覚め、主婦・子育てをする中で医療にも疑問を持ち、2015年には第5子を無事に自宅プライベート出産でき、人として女性としてこの上ない貴重な体験ができました。 オーガニックで健康的な食生活はお金がないと無理だと思われがちですが、誰もが自分の工夫次第でいくらでも心豊かで健康に生きられることを伝えていきたいです。 Blog☆うちゅう食堂は今日も実験中。 https://ameblo.jp/w-enlightenment

IN YOU読者の皆様であれば、
食材の産地や、農薬・添加物を使っていないかどうかなど、
普段から気をつけて食材選びをされていると思います。

それでは、野菜や果物の洗い方については、
どのくらいこだわっておられますでしょうか。

お子さんのいるご家庭では、
心身ともに健康に成長してくれることが何より大切ですし、
大人であっても普段からの食の積み重ねが健康寿命を伸ばすことにつながります。

いくら毎日の食事に気を使っていても、
食べるものをすべて無添加・無農薬でそろえることは難しく、
無農薬の野菜であっても生産や流通の過程で大気汚染物質が付着するなど、
避けられないリスクは存在します。

そこで活躍してくれるのが「野菜洗浄剤」ですが、
最近さまざまな商品が販売されるようになり、
どれを選んだらよいかわからないという方も多いと思います。
また、現在お使いになっているものよりも高品質なものが見つかるかもしれません。

そこで今回は、
よりハイクオリティな野菜洗浄剤を選ぶための5つのポイントをお伝えします。

IN YOU限定販売!洗う前に「洗う」という新習慣!


無農薬というだけでは安心できない!
意外と見落とされがちな食材のリスクって?

野菜や果物は国産であっても安心できない



「国産の野菜なら安全だろう」と思って購入する人がまだまだ多い日本。

しかし読者のみなさんもよくご存知の通り、日本の農薬使用量は世界第3位であり、
欧米諸国とは比較にならない多さです。
オーガニック農業の耕地面積の割合についても中国や韓国以下というのが現状です。

つけ置き洗いで栄養価を減らしている!



日本でも、雨で農薬が流れないようにするための展着剤が広く使用されていますが、
これは水洗いでは簡単に落とせないものです。

そういう理由からつけ置き洗いをしている方もおられますが、
水溶性ビタミンなどの大切な栄養素が流出してしまいます。

ただでさえ日本の農産物の栄養価は失われていると言われているのに、
さらに低下させることになってしまいます。

まな板や包丁など調理用品からの二次汚染



梅雨時や夏場をはじめ、
まな板や包丁などの調理用品からの二次汚染にも注意が必要です。

除菌のために塩素系漂白剤を使う方もおられますが、
漂白中に子どもが誤って触ってしまう危険性や肌荒れの心配、
すすぎ残しの不安などを考えると使い勝手が悪いと言わざるを得ず、
その割にはすべての菌に対して効果が期待できるわけではありません。

毎日の積み重ねが、後で大きな違いを生む!



私たちがどんなに健康に留意して、食べ物に気をつけたり、
定期的に運動をしたりしても、
このように、PM2.5や放射性物質、残留農薬、食品添加物など、
目に見えず、避けることが難しい要因によって、
私たちの健康が脅かされている現実があります。

たとえオーガニック食材を選んだとしても、
大気汚染物質は雨と混ざって地面の野菜に降り注いでいるのです。

毎日繰り返される「食事」の影響は、
子どもの成長・発達に大きな差を生みます。

以前の記事では、
子供の脳の発達と農薬(とりわけネオニコチノイド系農薬)との関連性をお伝えしましたが、
この時期は、集中力・思考・自発性・感情・理性などを司る前頭葉を鍛えていく、
非常に大切な時期
です。

また、近年では健康寿命(医療や介護に依存せず、自立した生活がどのくらいできるかという期間)
が注目されるようになっています。

単に寿命が長ければよいわけではなく、
何をするにもまず健康がすべての基本です。

毎日の積み重ねで、
子どもの脳の発達、日々のパフォーマンスに圧倒的な差が出ます。
大人であれば「寿命2年」の差になって現れます。

毎日の食事をおいしく、
そして、誰といつ、どこで、何を、どれだけ食べるか。
家族そろっての楽しい食事の大前提となるのは、
何よりも「食の安全」です。

IN YOU限定販売!洗う前に「洗う」という新習慣!

健康意識の高い人にとっては必需品の野菜洗浄剤。
商品が多すぎてどれを選んでいいかわからない時は、
5つのポイントをチェック!




最近では野菜洗浄剤がずいぶんメジャーになってきましたが、
試しに大手ECサイトで検索してみると、
数えきれないほどの商品が出てきます。

1つ1つ見るのも大変ですが、
仮に1つずつ見て原材料をチェックしたとしても、
まだよくわからないというのが実際のところです。

「界面活性剤」「エチルアルコール」くらいなら判断できても、
それ以上のことは素人にはよくわからないですし、
むしろ『書かれていないところ』に落とし穴が存在することも珍しくありません。

どの商品も安全・安心・使いやすさなどをうたっていますが、
やはり最もクオリティの高いものを選びたいですね。

たとえば、EU諸国の消費者の傾向として、
たとえ国が安全基準を設けていても決して鵜呑みにはせず、
常にその基準よりも品質の良いものを求め、
口コミに惑わされることなく自分の目で確かめる傾向が強いそうです。

日本ではどうでしょうか?

それでは、ここで野菜洗浄剤を正しく選ぶためのポイントについてお伝えします。

野菜洗浄剤を選ぶ5つのポイント


1 安全・安心かどうか



商品数が増えた野菜洗浄剤ですが、
水の電気分解によって製造された商品が数多く存在します。

例えば、水に炭酸カリウムを混ぜて電気分解して作られた商品がありますが、
「含まれる成分は純水とカリウムだけなので安全」と謳われています。

水と炭酸カリウムを混ぜて電気分解すると、
確かに溶液中にはカリウムが存在するものの、
実は劇物である水酸化カリウムが発生するということは一般に知られていません。

(少し難しい話になりますが、そもそも炭酸カリウム自体の生成方法が
「塩化カリウムを電気分解して生成された水酸化カリウムに、二酸化炭素を混和させる」
というものですので、それをさらに電気分解すると、
強制的に「水酸化カリウム」と「二酸化炭素」に分かれます。
そこで二酸化炭素は気化しますが、溶液内には劇物である水酸化カリウムが残ります)

水酸化カリウムは極めて腐食性の強い物質であり、
その作用は苛性ソーダよりも強力です。
粉じんやミストを吸入すると気道の刺激や肺炎を起こし、
誤って飲んでしまうと口腔や喉を激しく刺激して、
悪心・嘔吐・吐血・腹痛・下痢を起こします。
目に入ると角膜の細胞と反応して壊死を助長し、
その後角膜潰瘍を起こすことが知られています。

また、天然の原材料を電気分解して作られた商品も存在しますが、
「天然」であれば安全・安心というわけではなく、同様の危険性があります。



「でも、商品サイトやパッケージに『安全・安心』って書いてあるじゃないの」
「赤ちゃんやペットにもやさしいって書いてあるのに」
そのように思われた方もいらっしゃるかもしれません。

そういう時は、ぜひその商品の『使用上の注意』を読んでみてほしいのです。
以下のような記載がないか、確かめてみてください。

・子供の手の届かない所に保管してください
・飲用しないでください
・アレルギー体質の方や通院中の方は使用前に医師や薬剤師に相談してください
・誤って目や粘膜に付着した場合は水で十分洗い流して、医師の診断を受けてください
・誤飲した場合はすぐにうがいをし、2~3杯の水を飲む等の処置をして医師に相談
・本製品はアルカリ性のため、アルミニウム製品・銅製品へのご使用はお控えください


本当に赤ちゃんやペットにもやさしい安全な商品であれば、
小さな子供が誤って触ろうが、飲み込もうが、目に入ろうが、
アレルギー体質や通院中の方が使おうが、
どんな素材の製品に使おうが、まったく問題がないはずです。

なぜこのような注意書きが必要なのか、考えてみてください。

急性の症状は現れなくとも、
毎日少しずつ体内に蓄積すれば、
やはり将来何らかの悪影響が出る可能性は大いにあります。

さらに、こういった商品を使って野菜を洗浄したり浸け置いたりすると、
栄養価が失われたり細胞が壊されたりするケースがある事も、
消費者にはほとんど知られていないのです。

IN YOU限定販売!洗う前に「洗う」という新習慣!

2 第三者機関による除菌・抗菌性能など各種エビデンスの豊富さ



除菌効果を謳った商品も数多くありますが、
これらはどのくらいの時間で、どのような細菌を除菌できるのでしょうか。

例えば、消毒用エタノールはインフルエンザウイルスには有効であっても、
ノロウイルスには効きづらいということが知られるようになりましたが、

このように「どんなものに、どのくらいの時間で効くか」
ということが明らかになっているかどうかは非常に大切で、
使用する私たちの安心感もまるで違ってきます。

なんとなく効きそうだからと使っていたけど、実は除菌しきれていなかった!
なんてことも考えられるのです。

3 生成の際に問題点はないか



電気分解によって作られた商品では、
その製法上必ず2種類の電解水が発生し、
商品として販売し続ける方の電解水と同じ量だけ、
もう一方の電解水(多くが酸性の液体)を廃棄する必要があります。

そのまま廃棄したのでは環境に対して悪影響を与えてしまいますので、
排水処理のためには莫大なコストと労力がかかっているということは
ほとんど知られていません。

また、有害な水酸化カリウム・水酸化ナトリウム・塩素といった
副産物が発生することもあります。

4 どれだけ使いやすいか



日々の食事の準備は、時間との勝負だったりします。
本当に時間がなくて1分1秒でも早く作りたい時は、手間と時間がかかる野菜洗浄剤はパスしたいものです。
また、ほんの少量しか野菜を洗わない時にもごく少量で対応できるものがいいですね。

5 野菜洗浄以外にも多様な使い道があればなお嬉しい!

野菜の農薬を落とす以外にも、PM2.5や放射性物質など大気汚染物質も落とせたり、
食中毒予防や消臭もできたり、さまざまな使い方ができるものだと嬉しいですよね。

IN YOU限定販売!洗う前に「洗う」という新習慣!

5つのポイントをクリアしたパーフェクトな野菜洗浄剤
『ベジタブルウォッシュ』

ベジタブルウォッシュは、最先端、次世代型の新特許技術で作られた、
特殊還元ミネラルイオン水です。



確かな防腐、防カビ、防サビ、防臭、抗菌・除菌作用。
pH12で強力な除菌・洗浄力を持つ

一般的に、菌類は高アルカリ性の中では繁殖できません。
野菜洗浄剤にも使われるアルカリ性電解水は比較的安全と言われていますが、
電気分解の際には高アルカリが生成されるため人体への危険性が高まります。

ベジタブルウォッシュは特許技術により、高アルカリを生成せずにpH12を保ち、
大量のマイナスイオンを保っているのでイオンの力が強力で、
汚れに対して剥離現象を促進する効果を促し、とても迅速で高い洗浄力を持ちます。

そのため、農薬や大気汚染物質はもちろん、放射性物質まで落とすことが可能です。

これからの季節は食中毒が気になりますが、
ベジタブルウォッシュは主な食中毒原因菌について除菌・抗菌のエビデンスが得られています。
(O-157、MRSA、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ、サルモネラ等)

もちろん生肉・生魚などの洗浄や除菌にも使えます。
特許製法により、たんぱく質を破壊しないため素材を傷めることもありません!

電気分解の生成物が弱アルカリで安全。
各種安全性テストに合格しているので安心!

一般的な電気分解でできる水酸化ナトリウムなどの強アルカリは、
皮膚への刺激が非常に強く、皮膚のタンパク質を溶かしてしまうほどです。

しかし特許技術で電気分解を行って生まれたベジタブルウォッシュは、
このような強アルカリは生成されることはなく、非常に安全性が高いのです。


肌に触れた瞬間にはpHが5~6の弱酸性にまで下がりますので、
肌への刺激性も低く、
誤って飲んでしまっても、
まったく問題ありません。

各種安全性試験にて安全性も確認済み!

・急性毒性試験
・眼刺激性試験
・急性経口毒性試験
・腐食防止効果試験
・消臭効果試験
・殺菌効果試験
・飲料水水質検査


これらの検査はすべて基準値以下であり、
FDA(アメリカ食品医薬品局)の飲料テストにも合格していて非常に安全性が高く、
しかも界面活性剤や防腐剤、添加物も一切使用していません。

廃水処理の問題もない!

一般的には、電気分解によってアルカリ性電解水を生成すると、
同時に酸性水が生成されますが、
その処理には莫大な労力とコストがかかるものです。

しかし、ベジタブルウォッシュは特殊な電気分解で生成されるため、
同時にできた酸性水も非常に安全性が高く、
排水処理の問題もまったくありません。

とても簡単でスピーディに使えるのでアウトドアでも大活躍!

野菜の漬け置きの必要がなく必要なだけスプレーをしたらよいので、
使い方がとても簡単です。

食べ物に付着した農薬や接着剤大気汚染物質などの汚れを洗い落とすだけでなく、
まな板や包丁などキッチン周り赤ちゃんのおもちゃなど、
様々な場所の除菌・掃除にも幅広くベジタブルウォッシュ使えます。

アルコールや次亜塩素酸ナトリウムなどとは根本的に違って、
体液と同じようなミネラル構成なので、人体にはまったく無害です。

また、食品を冷蔵庫に入れる前にひと洗いすれば食品の酸化を防ぐので、
鮮度を長く保つこともできますし、
調理前に使用すれば、なんと食品の持つ食感を引き出します!

スプレーボトルに小分けして詰めて持ち歩けば、
外食でサラダなどの生ものを食べる時に直接スプレーしたりできますね!
これからの時期であればアウトドアでの使用もおすすめです。



料理をするときや食材を放置してしまって少し心配な時、
うっかり食べ物を落としてしまった時などに、
直接スプレーすることもできます。

IN YOU限定販売!洗う前に「洗う」という新習慣!

ベジタブルウォッシュの高性能で、
安心・安全な品質に、多くのメディアが大注目!

商品があまりに凄すぎて、インユー限定販売なのに、各紙で取り上げられ始めました!

ESSE(エッセ)で



まずはご存知、全国の主婦層から絶大な信頼を集めるESSE(エッセ)から。

出来るママはESSEをみて献立決めている!
・・・とは、言い過ぎでしょうか?

ともあれ、日本の食卓に影響を及ぼす雑誌であることには、変わりありません。

こちらの雑誌の5月号に、ベジタブルウォッシュが取り上げられているではありませんか!

Biz Life Style(ビズスタ)で


また、あのハイクラスな男性のバイブル
『Biz Life Style(ビズスタ)』でも、ベジタブルウォッシュが紹介されました!



◆ 『Biz Life Style(ビズスタ)』とは
日経新聞を定期的に読まれる40代〜60代のビジネスリーダーや、
医師にも好んで読まれる衣食住を中心に取り上げるマガジンです。


ご覧頂いていないという方に、中身をこっそりお伝えします・・・!

ベジタブルウォッシュのリピーターの方々からは、このような声が上がっています。
食品の洗浄剤をいろいろ検討して、一番安全に感じたベジタブルウォッシュを選びました。
時間も手間もかからず、安心して家族に食事を提供できるのがうれしいです。
子どもの能力に影響する不安は取り除きたいので、積極的に使っています。
孫が生まれて、いつまでも健康でいたいから使い続けています。

そのような声の中には
2012年ロンドン五輪 選手権に出場した水泳選手・外舘 洋さんの声も!

『安心して食べるの大事な事だと思います。同じものを食べるにしても、
どのような精神状態で食べるのかによって変わってきます。
失ったエネルギーを回復するのは質の良い食事。
安心安全な食材が手に入りにくい今だからこそベジタブルウォッシュを使っています。

日々、身体を使うアスリートはやはり誰よりも身体の事を考える人と言えます。
そう考えれば、アスリートがベジタブルウォッシュを使用している、
という事は重みのある言葉ですね。

ベジタブルウォッシュを使った人からは、
ほぼ100%「食への安心が高まった」との声が得られています。

ranKing ranQueen(ランキンランキン)で




駄目押しは、
ranKing ranQueen(ランキンランキン)での「キッチン周りグッズお役立ち1位獲得!

◆ ranKing ranQueen(ランキンランキン)とは
流行に敏感な20代・30代女性を中心に人気の都内の駅ナカに店舗を構える、流行発信スポットです。

・・・こうしてみてみると、
主婦層・ビジネスリーダー・流行に敏感な女性などなど、
ベジタブルウォッシュという革新的な商品にやっと時代が追いついてきたと言えるでしょう。

食や暮らしへの意識の高いIN YOU読者にこそ、
ベジタブルウォッシュを使ってほしいから。



今回は、よりハイクオリティな野菜洗浄剤を選ぶためののポイントをお伝えしました。
ベジタブルウォッシュの意外な使い方もお伝えできたので、
これからのシーズン、より多くの場面で活躍できますね!

ベジタブルウォッシュは、商品に妥協を許さないIN YOUだからこそ取り扱える商品です。
食・暮らしへの意識の高いあなたにこそ使っていただきたいのです。


IN YOU限定販売!洗う前に「洗う」という新習慣!

この記事のタグ
お気に入り登録する
シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うちゅう
地方在住の5児の母です。「肉好き・甘い物好きでも、誰もが大満足できる身体と地球に優しい料理」を考えて発信していくのがライフワークです。2009年頃に野菜中心の食生活になりましたが、きっかけは「崖っぷちの節約」でした。次第に料理に目覚め、主婦・子育てをする中で医療にも疑問を持ち、2015年には第5子を無事に自宅プライベート出産でき、人として女性としてこの上ない貴重な体験ができました。 オーガニックで健康的な食生活はお金がないと無理だと思われがちですが、誰もが自分の工夫次第でいくらでも心豊かで健康に生きられることを伝えていきたいです。 Blog☆うちゅう食堂は今日も実験中。 https://ameblo.jp/w-enlightenment
あなたにお勧めの記事
関連記事
ページ上部へ